5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【西日本新聞社説】国会延長 安保法制は仕切り直しを [6/20]©2ch.net

1 :餡子 ★ 転載ダメ©2ch.net:2015/06/20(土) 11:28:37.87 ID:???*
 政府と与党は、24日までの今通常国会の会期を大幅に延長する方向で調整に入った。安全保障関連法案の成立を確実にするためだ。

 安倍晋三政権は当初、関連法案を衆院特別委員会で80時間以上審議し、24日までに衆院を通過させ、8月初めまで延長した国会で成立させる日程を描いていた。

 しかし、安倍首相のやじ問題などで特別委が何度も中断し、審議時間は確保されていない。
さらに衆院憲法審査会で参考人の憲法学者3人がそろって「法案は憲法違反」と指摘したことで、国民の法案への疑念が深まり、大幅延長が必要と判断したようだ。

 安倍政権は、法案成立の戦術として、維新の党との連携に狙いを定めたとみられる。
自民、公明の与党だけで突き進むのではなく、修正協議を通じて維新の党を取り込み、強行採決の印象を薄めようという狙いなのだろう。

 安全保障以外の重要法案も審議中であり、一定の会期延長はやむを得ない面がある。
また「安保法案への理解を深めるためにも、会期を延長して審議する」という主張も成り立つかもしれない。

 しかし、「集団的自衛権の行使容認は違憲」という憲法学者たちからの批判は、一連の安保法制の根幹部分に関わっている。
安倍政権が集団的自衛権の行使をあきらめ、法案を全面的に書き換えない限り、「違憲」の評価を「合憲」に変えるのは難しい。
多少の修正でクリアできる問題ではない。

 安倍首相が今国会での安全保障法案成立にこだわるのは、
4月の米議会での演説で「この夏までに必ず実現させる」と約束したからではないか。
国民の理解よりも「対米公約」を優先しているのだとすれば、本末転倒である。

 安全保障法案成立ありきの会期大幅延長は必要ない。ましてや「数の力」で強行採決を繰り返して早期成立を目指すのは論外だ。

 安倍政権は「法案は憲法違反」との指摘に謙虚に耳を傾け、国会を閉じていったん廃案にした上で、憲法論議からじっくりやり直すべきではないか。


=2015/06/20付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/sp/nnp/syasetu/article/176835

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/20(土) 11:32:40.09 ID:bHVQ4lmB0
フィリピン沖の島に人民軍の自走砲が運び込まれてる時に
のんきなものだ

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/20(土) 11:38:11.91 ID:5R3eDqSc0
新聞がそう言う時は、今のうち決めといてしまえって事だな。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/20(土) 11:43:27.45 ID:9WL00sjm0
本国からの指令だからね  マスゴミは本当に分り易い

5 :田中耕太郎長官の補足意見:2015/06/20(土) 11:49:33.72 ID:1wFXzRJ70
>>1
>衆院憲法審査会で参考人の憲法学者3人がそろって「法案は憲法違反」と指摘したこと

こいつらの言動こそ「憲法学」ではなく、政治主義的プロパガンダでしかない。

こいつらは完全に無知を曝した。アホだろう。
立憲主義の趣旨から言えば、ケンカをする相手を間違っている。
ケンカをする相手は砂川事件全員一致の確定判決で集団的自衛権を事実上合憲と判断した最高裁判所だ。
★その手段は<憲法訴訟>によって、判例変更することだ★

内閣は憲法の最高解釈権限をもつ最高裁確定判決内容によって国家行為を行う義務がある。
この「立憲主義」にしたがっている安倍内閣はケンカの相手ではない。

集団的自衛権について、砂川事件最高裁全員一致!の確定判決において、
旧安保条約の明確な文言、
★『すべての国が個別的および集団的自衛の固有の権利を有することを承認し』の文言を事実上合憲と判断している!!
その趣旨は、砂川事件での最高裁長官の田中耕太郎裁判官の補足に明確だ。
『★一国が侵略に対して自国を守ることは、同時に他国を守ることになり、
 他国の防衛に協力することは自国を守る所以でもある。★
 換言すれば、今日はもはや厳格な意味での自衛の観念は存在せず、自衛はすなわち他衛、他衛はすなわち自衛という関係があるのみである。
  従って★自国の防衛にしろ、他国の防衛への協力にしろ、各国はこれについて義務を負担している★ものと認められるのである。』

昭和26年当時に、日本政府は「集団的自衛権の行使」を認め、国会も承認し、最高裁判所も積極的に容認しているのだ。
以降、50年以上安保法制の実効性のある根本規範として機能してきたのである。

今ごろ火がついたように何をわめいているのだ?
支那共産党の工作に乗っているのか、成りすまし「学者」連中は!

集団的自衛権が完全に合憲であることは最高裁判所判決によって確定している。
この厳然とした事実の上で議論すべきである。

長谷部も小林の言動は「学問」ではなく、「政治的プロパガンダ」でしかない。

彼らはまったく<落第>である。

6 :条約および国際法規の遵守義務 :2015/06/20(土) 11:55:01.28 ID:1wFXzRJ70
日本国憲法 第98条  
『この憲法は国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部はその効力を有しない
★日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする★ 』

サンフランシスコ講和条約 第5条
・連合国は、日本が主権国として国連憲章第51条に掲げる個別的自衛権または集団的自衛権を有することを承認する

日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 前文
・両国が国際連合憲章に定める個別的又は集団的自衛の固有の権利を有していることを確認する

★ 結論:集団的自衛権を認めない事がそもそも憲法98条違反である★
 安倍内閣は憲法98条および立憲主義にに極めて忠実である、なんらの問題も存在しない。

成りすまし「学者」wが根拠として示す憲法9条には集団的自衛権を禁じる文言は存在しない 。
また、砂川事件最高裁全員一致の確定判決で事実上合憲であることは承認され実効規範となっている。
憲法の最高解釈権限である最高裁判所の判断に従うのが立憲主義である。

★集団的自衛権は時の政府の国際情勢を踏まえた政策判断問題である。

7 :条約および国際法規の遵守義務 :2015/06/20(土) 12:06:26.64 ID:1wFXzRJ70
>>1

西日本新聞の論説委員の誰でもいい。

>>5>>6を論破してみろ!

かかってこい。

8 :条約および国際法規の遵守義務 :2015/06/20(土) 12:14:48.77 ID:1wFXzRJ70
【集団的自衛権】
米上院、行使容認を「支持」 国防権限法案を可決
http://www.sankei.com/world/news/150619/wor1506190050-n1.html

米下院、集団的自衛権行使を支持 国防法案可決
http://www.sankei.com/world/news/150516/wor1505160023-n1.html

9 :条約および国際法規の遵守義務 :2015/06/20(土) 12:18:45.66 ID:1wFXzRJ70
【安保法制】
日本大の百地章教授「9条に集団的自衛権禁ずる明文規定ない」「学者の意見はあくまで私的解釈」
http://www.sankei.com/politics/news/150620/plt1506200005-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/150620/plt1506200005-n2.html

10 :条約および国際法規の遵守義務 :2015/06/20(土) 12:22:49.85 ID:1wFXzRJ70
【日米2プラス2】
日米防衛協力の指針再改定 集団的自衛権で5分野例示
http://www.sankei.com/politics/news/150428/plt1504280003-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/150428/plt1504280003-n2.html

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/20(土) 13:02:28.07 ID:MEic5xva0
憲法違反の指摘は、当たらない。そもそも保安隊・自衛隊設立で憲法違反だよね。
いわゆる違憲合法状態。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/20(土) 13:06:13.73 ID:xpc2BYY30
基地外左翼新聞の妄想www

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/20(土) 13:25:20.04 ID:F6Zmfmpf0
ブサヨ新聞の反応なんて、中共機関誌と変わらないからな

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/20(土) 13:36:24.52 ID:xpc2BYY30
片や憲法違反
片や合憲
意見が正反対なんだから、あとは最高裁に憲法判断してもらうしかないだろ。
憲法判断してもらうには、法律が存在しなければならない。
廃案にして議論し直せなんて、負け犬の遠吠えでしかない。
左翼新聞ざまぁ〜www

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/20(土) 15:14:55.87 ID:GWxjoSXT0
政権は堂々と前に進むべし

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/20(土) 22:36:13.45 ID:YYTTfvfR0
>>15
日本は立法府・行政府が暴走しない様に憲法で縛っているのだから、その憲法の解釈を変えるなら主権者である国民の意思を確認するべきです。
選挙では政党や候補者にしか投票できなくて政策毎の民意は明確にならないし、現憲法下でも諮問型の国民投票は可能なので、解釈変更の是非について国民投票で民意を明確にすればいいです。

17 :条約および国際法規の遵守義務 :2015/06/20(土) 23:30:47.23 ID:1wFXzRJ70
>>16
>その憲法の解釈を変えるなら主権者である国民の意思を確認するべきです。

現政権は、憲法に対してなんらの解釈変更も加えていない。
立憲主義の精神(憲法98T)により、憲法の最高有効解釈権限(違憲立法審査権)をもつ最高裁判所の趣旨に忠実なだけである。

・集団的自衛権が完全に合憲であることは最高裁判所判決によって確定している。
 この厳然とした事実の上で議論すべきである。 (>>5

・★集団的自衛権は時の政府の国際情勢を踏まえた政策判断問題である。 (>>6
・昭和26年当時に、日本政府は「集団的自衛権の行使」を認め、国会も承認し、最高裁判所も積極的に容認しているのだ。
以降、50年以上安保法制の実効性のある根本規範として機能してきたのである。(>>5

⇒日本国憲法の正式なルート→★その手段は<憲法訴訟>によって、判例変更することだ★(>>5

佐藤幸治にしても長谷部にしても政治的プロパガンダ剥き出しでお話にならない。
要するに、象牙の塔で身分保障された蛸壺で妄想オナニーに耽っている専門バカ連中でしかない。

いまさら、突然ヒステリーでなにを無能踊りをやっているのだ?
まさに、学問ではなく、売国プロパガンダでしかない。 哀れなものだ。

18 :条約および国際法規の遵守義務 :2015/06/20(土) 23:54:13.86 ID:1wFXzRJ70
・国連憲章51条(集団的自衛権の保証)は「確立された国際法規」(日本国憲法98条U)ではないのか?
 それなら、なぜ日本は国連の一員なのか? 集団的自衛権違憲論者はなぜ国連脱退を主張しないのか?

・サンフランシスコ講和条約は日本独立の根拠条約だが、
 同条約第5条「連合国は、日本が主権国として国連憲章第51条に掲げる個別的自衛権または集団的自衛権を有することを承認する 」が
 日本国憲法に照らし合わせて違憲だというなら、なぜ日本の独立そのものを否定する議論がないのか?

・旧安保条約前文「国連憲章第51条の権利の行使として「個別的又は集団的自衛の固有の権利を有していることを確認する」
 上記を砂川事件最高裁全員一致で事実上肯定していることは>>6の通りだ。

集団的自衛権違憲論はまったくナンセンスとしかいいようがない。

 

19 :名無しさん@お腹いっぱい。 [ニダ]:2015/08/03(月) 06:01:19.33 ID:phsiTJXN0
アメリカと自民党
http://live.fc2.com/79752690/

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)