5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【コラム】冤罪被害の恐怖…ヘイトスピーチ規制法(人種差別撤廃施策推進法案)の危険な正体‐産経 [転載禁止]©2ch.net

1 :ケマルパシャφ ★ [US]:2015/09/02(水) 08:58:31.78 ID:???*
【異論暴論】冤罪被害が安易に作り出される恐怖 「ヘイト」規制法案の危険な正体 10月特大号
http://www.sankei.com/column/news/150901/clm1509010008-n1.html 2015.9.1 10:15更新

 冤罪(えんざい)は、ただ検事や警官によってのみ作られるのではない。
裁判所による厳密な証拠の吟味を経て、初めて無実の者に犯罪者の烙印(らくいん)を押すことができる。逮捕にも裁判所の令状が必要である。
人に罪の烙印を押すにはそれだけ高い条件が課され、それでもなお誤りが生ずるから権力には慎重さが求められるのだ。

 しかし、いま驚くべきことに、証拠はおろか裁判も令状もなくとも、「被害者」を称する者が「人種差別だ」と言えば、権力が乗り出すという法案が参院で審議されている。
ヘイトスピーチ規制と呼ばれる法案はあらゆる人種差別を対象とするが、その危険を麗澤大教授の八木秀次氏は「差別の定義が曖昧な中、関係者が『差別』と称する行為が差別とされる」と指摘する。

 ゴミ捨てルールを破る人がたまたま外国人で、注意して「人種差別だ」と“逆ギレ”されたら…。
「人権擁護」と呼ばれた悪夢の法案の再来だが、今回の「ヘイト」法案では、「差別」を監視・断罪する権力システムに外国勢力の介入が可能になるのが恐ろしい。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)