5ちゃんねる >>894
で、そのバンドはradioheadのトムやU2のボノより偉大なバンドなの?
この二人はロックシーンのカリスマ、その二人からも支持されるカート。
重箱の隅から引っ張り出してカートを叩こうとしてもカートがカリスマなのは変わらないよ。
ついでにいうならアクセルは色物だし
モトリーのメンバーがアメリカのケーブルテレビでダイヤモンドユカイ的に笑らわれてるのも事実だしな。 /test/read.cgi/nanmin/1458777455/">★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50
 

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【腐女子カプ厨】巨雑6429【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :名無し草 転載ダメ©2ch.net (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 08:57:35.10 0
考察雑談ホモノマドリ百合単体厨みんなで仲良く語りましょう

※【禁止】支部、ツイ、他スレ等のヲチや晒し、出禁メンバーのプロファイルやお触り、凸行為、半生ネタ(実写のカプ萌えは他で)
※【出禁】ヲチ厨、対立厨、キャラアンチ、カプアンチ、厨アンチ
※ヲチネタにレスつけるやつは全員キャラアンチとカプアンチ認定
※このスレの転載禁止
※エログロリョナ話はpinkで
※実況(番組放送中)は絶対禁止
※スレ立ては>>800がIDを出して宣言してから立てに行くこと(IDは名前欄に!id:on)
※スレ立ての際にテンプレ一行目冒頭に
!extend:none:vvvvv:1000:512で半コテ化【vは5つ】

前スレ
【腐女子カプ厨】巨雑6428【なんでもあり】 [無断転載禁止]󾬩2ch.net
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458574270/

避難所
巨避難19 [無断転載禁止]2ch.net
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1455166036/
外部の避難所
http://jbbs.shitaraba.net/comic/6922/
おエビ
http://www16.oekakibbs.com/bbs/jhdokoya/oekakibbs.cgi
絵茶
http://www.takamin.com/oekakichat/user/oekakichat3.php?userid=622606
★☆★☆★☆★
VIPQ2_EXTDAT: none:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

2 :名無し草 (ワッチョイ 1eda-EdJM):2016/03/24(木) 09:44:06.39 0
リジオンリー・リハオンリー本が予約開始し始めて進撃シェア増えとるで

お粗末38 刀24 進撃9(リジ7、リハ2) 黒子4
ちな全年齢・18禁別200冊中に進撃本は14冊ランキンで、リジ12、リハ2やで

3/23付  特に表記ないものはB5、価格は税抜き表示やで
 ※順位かぶりを無視した絶対順位では下から10番目の順位は54位、20番目は34位や

1 刀 全年齢 A5 56p 692円 予約1日目
2 排球 18禁 46p 819円 予約1日目
3 お粗末 18禁 36p 719円 予約1日目 完売
4 オリジナル 全年齢 30p 781円 完売
5 刀 18禁 A5小説 72p 970円 予約1日目
6 リジ 18禁 A5小説 32p 448円 予約1日目
7 刀 18禁 24p 570円
8 お粗末 全年齢 40p 896円
9 オリジナル 全年齢 20p 299円
10 リジ 18禁 44p 896円 予約1日目
11 刀 全年齢 28p 560円 予約2日目
12 お粗末 全年齢 A5 40p 746円 予約3日目
13 お粗末 全年齢 A5 22p 448円 予約2日目
14 刀 全年齢 32p 700円
15 お粗末 全年齢 サイズ表記なし 52p 830円
16 お粗末 全年齢 40p 691円 予約1日目 完売
16 お粗末 全年齢 32p 672円
18 刀 18禁 24p 554円 予約1日目
18 お粗末 18禁 28p 746円
18 お粗末 全年齢 36p 747円

その他の進撃カプの最高位
23 リハ 18禁

同人グッズの進撃グッズは32位にルリストラップなど2点ランキンや
ちな32位が55点、17位が15点順位かぶりやで

男に売れとる女向け本の上位に進撃本ランキンなしや

男向け本と合わせての総合ランキングの7位まで女向け本が独占や
女向け本は全部で90冊と微増やで


とらのあな通信販売 進撃の巨人同人作品ランキング♪
【3/23更新】 集計期間:2016/3/16〜2016/3/22
http://www.toranoana.jp/bl/cot/pagekit/0000/00/05/000000056258/index.html
上位30冊中18冊がリジやで
イベよりかなり遅れて販売開始する本増えてきとって最低送料300円のせいで買いにくくてしかたあらへんは


女王のデイリーは99位におプロ様の女王専売ルリ本ランキンや


>>1
お通夜

3 :名無し草 (ワッチョイ 1eda-EdJM):2016/03/24(木) 09:46:43.13 0
>>2続き

明日朝2で出かける用事あるから最近みたいにとらのランキング更新が遅いようやったらランキン貼りは午後になるで

4 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:23:11.21 d
浮気 良いぞジャンもっとやれ! ジャンそのままエレンを奪っちゃいなYO!! ジャンエレを幸せにし隊 ジャンー!!!早く助けてあげてー!!!! ジャンエレを援護し隊!!
リヴァイさんに絶望を見せる準備はできてます! エレン!俺と結婚しよう!! ぜひ、私と結婚しておくれ!!!
さーて、包丁を買いに行って来よう! エレンをかっ浚い隊!! ゲス兵長 ジャン頑張れ!超頑張れ(つД`) ジャンエレを全力で援護し隊参上! 浮気は許さない、けど愛ゆえならば何だって出来るよな? エレンを幸せにし隊! エレンの幸せ笑顔がみ隊!!
浮気男以外とエレンが幸せになりますように エレン頑張れ!幸せを掴んで!! 浮気性治んないならエレンといる資格ないっしょ ジャンイケメンすぎるじゃん! ジャンの逆転の可能性は? 切ないジャン ジャンエレを全力で援護し隊参上!
エレンを世界で一番幸せにし隊 はい!私も参加希望です!! フルボッコ参加枠まだありますか?! フルボッコ参加列、最後尾プレート持ちます エレンを幸せにし隊 心底後悔するといいよ!! 浮気者に制裁を!! 浮気リヴァイ これは許さないエンドを!!
エレンを保護し隊 リヴァイさんを後悔させ隊 エレンを幸せにし隊 エレンを今すぐ抱きしめ隊 よしエレン、私と結婚してくれ! リヴァイさんをぶん殴り隊今宵も参上! エレンをかっ浚い隊! リヴァイ殴らせろ隊ここに見参!!!

5 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:23:27.58 d
             _i⌒r-.、    
           ,,-'´   ノ
          ./     .l
          /       l     チ
   ((  ◯  .l  エレン  l     ン
      .ヽヽ、l  i      .l      ポ
       \ヽ l      l   ))  コ
      ,-'´ ̄`ゝ´ ̄`ヽ  ノl      ポ
     .,'    .,'   ◯ニ.ンl      ン
     i    i        .i
     ヽ、  丶      .ノ
      `'ー-.'´`'ー- ''´i .|
        凵      .凵 

6 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:23:53.53 d
魚食えないの無様すぎる自作自演!

914 名無し草 [sage] 2015/01/19(月) 09:55:05.86
わいの神様壁博でオフ発参加やねんけどこの人自分の神ぐあいなめてらっしゃるは
売り子なしとか神が亀で叩かれるの見とうないで

920 名無し草 [sage] 2015/01/19(月) 09:58:04.72
>>914
その神一人やしってトイレの心配してた人?

942 名無し草 [sage] 2015/01/19(月) 10:04:47.25
>>929
あの人か!
あの神在庫は凄く持っていく言うてたけどわい最初にあそこに向かう予定や
わいあの神の描くカプ厨やないけどあの人の絵が好きやねん

968 名無し草 [sage] 2015/01/19(月) 10:14:33.49
>>942
わいもや!
鉢合わせしたらよろやで///
神絶対余るは〜言うてたけど倍率高いと思うねん
通販もやらん言うてるけど支部作品の続編ぽいしな
素敵な絵描かれるよな
量産絵やないしカラーも特徴あってめっちゃ綺麗や
あんな絵描いてみたいで

7 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:24:03.37 d
アズ(魚食えない)
(マジか)o。(눈"눈)そして追加したシーンのせいで注意書き必要か迷ってます...リヴァエレなのにリヴァイの出産直前の妊婦姿なんて誰もみたくないですよね...
わたしもワーイって喜び勇んでもえるようなオプションじゃないので困ってる...あっまだドン引きしないで下さい
2015年1月12日 - 9:43pm

804 名前:愚痴
ABですがAの出産間近の妊婦姿があります????
それはABじゃなくてBAもしくはA受けですよね??????
信者もサークル者も誰も突っ込んで無くて???????
本当ABサークル者って馬鹿とリバ厨ばっか

806 名前:愚痴
>>804
>ABですがAの出産間近の妊婦姿があります
ワロタ
女体化(Ω?)の時点で勘弁お引取りだけど、攻め妊娠とか更にわけわかんねw

811 名前:愚痴
>>808
>肉体的BA描写もないし作者がABと思ってるのならABなんじゃねえの
やることやってなきゃ妊娠はしないだろw
仮に支部だとしたらキャプションだけじゃなくタグにABAとかAB、BAしてもらいたい案件
ABだと思ってキャプ読んだらA妊婦ってもはや魚雷レベル
オフ本で知らずに買ったら即効で中古やへ叩き売るわ

8 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:24:29.28 d
一日で製本してくれた印刷所に愚痴るアスペルガー魚食えない
※2015年3月20日(金)ツイッターから愚痴を削除

印刷所からメール来てこないだのやっつけ不備あった(想定内)から直して返信したのが月曜日の夜で火曜日に印刷すっどー連絡来て「出来上がったので今日発送しました」(想定外)←今ココ
早くないですか?これ普通??こんな早くてちゃんと本になってる???納品日22日に設定してたのに
2015年2月19日 - 9:38pm
(嗚咽...)もういい...寝る
2015年2月20日 - 12:03am
-------------------
同人誌は画力が低くてもなぜか売れるリヴァエレのみに終始するも本当はエレリが大好きな魚食えない
アズ(魚食えない)
@ くろかわさんです!リヴァエレリ変換できると幸せに気持ちになりますね...
2015年2月20日 - 11:31pm
アズ(魚食えない)
@ えっストーカーだっていいたいんですか?否定はしない...(噛みしめる)自滅してケツ差し出すちこさん潔すぎて感動しました(さわさわ)見る専でならリヴァイ受も!
他CPはエレヒスとか?ジャンエレとか?やだな呼んでませんよいいから尻から手を離しなさいバシッ
2015年2月22日 - 7:24pm
http://i.imgur.com/QGK4jR1.jpg
http://i.imgur.com/v5tbq7q.png
http://i.imgur.com/Zp4YGQF.png
http://i.imgur.com/YNN5M6O.jpg
http://i.imgur.com/tL4AKFF.jpg
http://i.imgur.com/ChERJZI.jpg
http://i.imgur.com/HUpHXL6.jpg
http://i.imgur.com/UmpQHOV.jpg

9 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:24:34.46 d
http://twitter.com/az_0x/
http://twitter.com/__o30/
http://twitter.com/__0l0l/
http://touch.pixiv.net/member.php?id=120203

単行本を15巻以降読んでおらず原作も知らないくせに壁博で本を売り更にリヴァイ幼少時の回はネットの違法画バレで見たと平気でツイする魚食えない
http://i.imgur.com/U4uYVsGh.jpg
-------------------
リヴァイを踏み台にしてエレンのケツを追いかけるリヴァイヘイターアスペ魚食えない
アズ@魚食えない
http://i.imgur.com/YxWpi6Ih.jpg
こないだ初めて人様に自分のリヴァエレ観語れてすごいたのしくてそこで改めて分かったのは自分エレン厨でした
進撃ハマるきっかけも進撃初描きもリヴァイだったんですがいまや彼を踏み台にしてエレンのケツ追いかけてる 『リヴァイ>>>>>薄い壁<<エレン』薄い壁=なんらかの障害
2015年3月08日 - 1:25am
-------------------
ディズニーホテルを模写してリヴァイの部屋にする魚食えない
http://i.imgur.com/FnxguJv.jpg
http://i.imgur.com/Y36F3tK.jpg
-------------------
リヴァイのディズニーホテルをリヴァペトに使い回す魚食えない
http://i.imgur.com/SPkduti.jpg
http://i.imgur.com/ucXpU3u.jpg
-------------------
審議所躾シーンは公式DVと言い張る魚食えない
http://i.imgur.com/iN1PGnZh.jpg
-------------------
魚食えないが描いたエレンとミカサに処刑前にセックスさせてエレンの子を産ませてリヴァイにその子供を渡すミカサヘイト
-------------------
魚食えないが描いたリヴァエレなのにリヴァイが孕むリヴァイヘイト
http://i.imgur.com/MftT1XV.jpg

10 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:24:59.71 d
277 名無し草 sage 2015/05/06(水) 21:17:57.24
アズ(魚食えない)
http://twitter.com/a0_3a
恋した人はレンズの向こう側
http://i.imgur.com/eQOai9K.jpg

379 名無し草 sage 2015/05/06(水) 21:29:15.77
>>277
魚またパクったん?
サークル名も直木賞作家の本のタイトル「サラバ!」からもろパクリの「さらば!」やしパクらななんもできんのやろか?

文学賞
さばえ近松文学賞2014〜恋話(KOIBANA)〜入賞作品
松平昌親賞「レンズの向こう側」
漫画
愛はレンズの向こう側
http://i.imgur.com/10hqyfL.jpg

450 名無し草 sage 2015/05/06(水) 21:36:39.41
>>379
個人サイトやってた時のサイト名
雛が道を横切ったのは何故?
ていうのもアメリカでは有名なジョークて言われてるこれからのパクリやからなぁ草
Q: ニワトリが道を横切ったのは何故?
A: 反対側へ行くためさ!

11 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:25:05.12 d
自分のツイ垢に反応する瀬早めろんウンスジ
http://twpf.jp/shymln
http://twpf.jp/shymln18
http://i.imgur.com/nrV5z71.jpg
282 名無し草 sage 2015/05/07(木) 01:03:19.98
>>271
ツイッターアドレスはだめなん?
295 名無し草 sage 2015/05/07(木) 01:06:04.60
誰か>>282に答えてや
ツイッターアド晒しは通報できんの?
-------------------
このスレでなんの脈絡もなくエルドエルド言い出した時にツイでもエルド言うててほんまメロンは難民におるの隠さんのやな
【腐女子カプ厨】進撃の巨人雑談4519【なんでもあり】
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1432342337/
mln– ‏@shymln
エルドかっこいいな…エルドと付き合いたい(顔覆い)
18:33 - 2015年5月23日
-------------------
搾乳パクラー瀬早めろんうんこ
882 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! sage 2015/04/18(土) 17:38:01.39 ID:1vnQXrCn0
メロンは自分が2を出入りして愚痴ったりヲチったり難民に入り浸ったりしてることを本当に隠さないんだねwww
http://i.imgur.com/49Vya8Y.jpg
http://i.imgur.com/E7QRo5N.jpg

12 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:25:48.53 d
ワンドロのために一時間で描いたと言い張るリヴァエレ婆1

http://pbs.twimg.com/media/CCKKETVUIAEIETi.jpg
http://pbs.twimg.com/media/CB1YsRNVIAA2udG.jpg
http://pbs.twimg.com/media/CBlwJfMUkAAMJT9.png
http://pbs.twimg.com/media/CBgypgsUUAAZW5N.jpg
http://pbs.twimg.com/media/B94_iIjCQAATpks.jpg
http://pbs.twimg.com/media/B9U-7HYCIAAGKtw.png
http://pbs.twimg.com/media/B9U8tm1CcAEXmDa.png
http://pbs.twimg.com/media/CBRV1cqUQAAVBia.png
http://pbs.twimg.com/media/CBRV1bnUUAAioeH.png
http://pbs.twimg.com/media/CC9yrilVIAEt28-.jpg
http://pbs.twimg.com/media/CC9hZQVUUAAs0ms.jpg
http://pbs.twimg.com/media/CFxr5yTVIAAWvEO.jpg
http://pbs.twimg.com/media/CFxrt81VAAEIpje.jpg
http://pbs.twimg.com/media/CFxrr3rUIAEHu4-.png

13 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:26:02.36 d
ワンドロのために一時間で描いたと言い張るリヴァエレ婆2
http://pbs.twimg.com/media/CFxsZnxVIAAT5Gl.jpg
http://pbs.twimg.com/media/CFxtAPZUMAAUCeo.png
http://pbs.twimg.com/media/CFxtI_WVEAAfTsP.jpg
http://pbs.twimg.com/media/CFxs7kuVEAA-JEX.jpg
http://pbs.twimg.com/media/CFxtdRaUUAIOsOs.png
http://pbs.twimg.com/media/CFxtbyDVEAIy5Wc.png
http://pbs.twimg.com/media/CFxueZHUEAEDhDX.png
http://pbs.twimg.com/media/CFxthmXVAAEcbWd.png
http://pbs.twimg.com/media/CFxtjOTUIAE_6L8.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CYSOteKVAAEyjUR.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CYVhy6LUoAAnVQ2.png
https://pbs.twimg.com/media/CYShuwJUQAEjnUb.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CYSKgAgUMAAcdMJ.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CYSI7UmUsAIyUOs.jpg

14 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:26:36.64 d
ワンドロのために1時間で描いたと言い張るリヴァエレ婆3
https://pbs.twimg.com/media/CWcuqocU8AE9oKo.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CWB9zI0UEAENGai.png
https://pbs.twimg.com/media/CWB-LfeUsAInsO8.png
https://pbs.twimg.com/media/CWB_KKkUYAAVt1P.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CWB4ZksUEAA9g2x.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CWB-KXaUwAAwJ0K.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CWCH9juUYAIaUan.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CWCUmEcUYAERwh8.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CWCbZ33UwAAFwGK.png
https://pbs.twimg.com/media/CWD4jlMUsAAYcLV.png
https://pbs.twimg.com/media/CWFRD5wUkAAUZbF.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CWF7K-vW4AAD5wM.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CWCK8moUYAAbK44.png
http://pbs.twimg.com/media/CFxuSpPVIAED9wq.jpg

15 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:26:41.88 d
ワンドロのために一時間で描いたと言い張るリヴァエレ婆4
http://pbs.twimg.com/media/CFxv33wUgAASxWH.png
http://pbs.twimg.com/media/CFxvO6bUgAAy8Bd.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CWB8t49VAAAOlvU.png
https://pbs.twimg.com/media/CWmJLgYVAAA6xDe.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CWmANUKVEAEcvoA.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CWmAX1_VAAEWUXm.png
https://pbs.twimg.com/media/CWmAir-UsAAbedv.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CWmDPuPUAAALb8X.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CWmEutuU4AAyo7W.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CWmJGhnUwAAvMbF.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CTaBFUbXIAAj7zm.png
https://pbs.twimg.com/media/CTotXFRUsAE9rmK.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CWG_9k2VAAA-rvS.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CTx7dp2UwAIK3bi.png

16 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:27:09.17 d
エレン厨キチガイ婆

124 名無し草 sage 2015/04/28(火) 18:42:17.17
>>119,123
ほんまやひどい!;;;;

452 名無し草 sage 2015/04/28(火) 20:03:06.21
イサヤマングリジェル描いてや;;

863 名無し草 sage 2015/04/29(水) 11:28:16.35
イサヤマンが美人や…いうたわいの春馬ジェルなんで白目向いちゃったん?;;

937 名無し草 sage 2015/04/29(水) 11:37:30.07
マギーの逆壁ドンジェルにやって欲しい;;

25 名無し草 sage 2015/04/29(水) 11:46:03.31
ふええ;;

244 名無し草 sage 2015/04/29(水) 14:16:27.09
>>227
かわええねかわええね;; ジェルすごい看病したんやろなあ

301 名無し草 sage 2015/04/29(水) 14:30:00.36
ああん;;

378 名無し草 sage 2015/04/29(水) 14:39:33.76
はあん;;ドラゲナイ

774 名無し草 sage 2015/04/29(水) 23:55:12.89
>>758
なんやの意地悪ババアやな…わいめっちゃ平和的なレスしたやん泣いちゃうで;;

17 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:27:13.07 d
好きになったほうが、
by sekaE 
負け。
お久しぶりです。リア友にホモの二次創作してるのがバレた私です。
リヴァモブ♀要素大有りです。
昔はエレンに一途だったのに今では来る者拒まずろくでなしな兵長を好きなエレンの報われない転生リヴァエレ。
兵長、きっとあなたは後悔する。
こんな話ばかり書いてますが私はエレンが一番好き。

--------------------

まょこ エレン、エレン、エレン!!!! 読みながら号泣てしまいました・・・・・・・・。゚(゚ノД`゚)゚。 リヴァイさん酷い!! でも、エレンには、リヴァイと幸せになって欲しいです(。-´ω`-) エレンを幸せにできるのは、兵長だけだから・・・・・・
2015-05-12 03:05

にゃお エレンを幸せにしてあげて下さい。兵長は死ぬ程後悔して頂いた後に死ぬ程頑張って頂いてエレンを幸せにして貰いたい…と思います。
2015-05-11 22:01

toa リヴァイさんを後悔させてやってくださいぃぃいいっ 。・゚・(ノД`)・゚・。
2015-05-11 10:56

陸 どうか、エレンを幸せにしてあげてください(;_;) エレンが幸せなら相手は問いませんので…ただ兵長にはどちらにしても相応の報いがあって然るべきだと思います。 それとリアばれ、御愁傷様でした……
2015-05-11 09:25

凛咲 エ、エレンを幸せにしてあげてくださいぃぃぃぃぃ( ; ; ) ただし兵長以外で というか後悔する兵長を私は見たいです(笑) どんな結末であれ続きをお待ちしております。
2015-05-10 21:32

18 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:27:42.03 d
芦菜> 陸さん はい、アウトですよね(^◇^;)勿論リヴァイさんもこのままじゃ済みませんよw暫くどちらも苦しいターンです(⌒-⌒; )
2015-10-22 19:03

芦菜> ハルさん もうスーパーアウトですよね(^◇^;)ケツバットですかね?w
2015-10-22 19:02

芦菜> MJカリンさん ああっ、対リヴァイ氏最強女子組ですねw私も一緒に交渉しますw
2015-10-22 19:01

芦菜> やえさん 勿論リヴァイさん、今のままじゃ済みませんよw
2015-10-22 19:00

陸 読了後、前作読み返してbeloved最後の二人の約束にうわあぁ(泣)となりました。 リヴァイさんも辛いんだろうけど、恋人がいることも相手も分かっているのにあれはアウトです…。
この後大人組がどう動いてくれるのか楽しみにしています。エレンがドン底なら次はリヴァイさんを…!
2015-10-22 12:36

ハル リヴァイさん!アウトーーーー!!
2015-10-22 07:04

MJカリン みんなでリヴァイさんフルボッコにしたら思い出す? ちょっとハンジさんやペトラさんと相談してきますっo(`^´*)
2015-10-22 01:49

やえ 早く!リヴァイ氏に八つ当たりを早く!!( ノД`)…
2015-10-21 22:45

19 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:27:51.37 d
このお方はわいの神や…刀で爆死してしもて刀の支部垢も0時前に消す宣言して消してしもたは…;;
やっぱり進撃のルジがええて気付いてくれたねん…評価してあげてや…;;

赤井百合
エルエレ垢
http://www.pixiv.net/novel/member.php?id=5560178
http://touch.pixiv.net/novel/member.php?id=5560178


エレン「おっ♡おっ♡おっふぉ♡おっほおおおおっ♡ちんぽっ♡ちんぽっ♡ちんぽっ♡ちんぽっ♡もっとっ♡おくっ♡おくっ♡
おまんこのおくっ♡ごりごりしてぇっ♡ソコッ♡きもちいいのぉおっ♡女の子になっちゃうっ♡えれんっ♡孕んじゃうぅうっ♡
おとこにゃのにっ♡えうびんしゃんにっ♡ちんぽぽぽっ♡いれられてっ♡ザーメンっ♡そそがれてっ♡孕んじゃうぅうっ♡おなかっ♡くるしいよおおっ♡♡」

20 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:28:44.04 d
mrs
太陽物語
リヴァエレ
古代エジプトをテーマにした究極のラブロマンス(笑)
王家の紋章のもろパクリ(笑)

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ 太 陽 物 語 ゚・*:.。..。.:*・゜゚・* ゚・*:.。..。.:*・゜゚・*
http://i.imgur.com/ncR03az.jpg
http://touch.pixiv.net/member_illust.php?mode=manga&illust_id=51504695
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=manga&illust_id=46861107
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=manga&illust_id=47227804
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=manga&illust_id=48628633
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=manga&illust_id=50208927


自分で自分にタグを付ける可哀想なリヴァエレ婆4名様をご覧下さい(笑)
http://i.imgur.com/A7AXzVZ.jpg
http://i.imgur.com/CuyEjDs.jpg
http://i.imgur.com/juxgvT8.jpg
http://i.imgur.com/kLEd0Gb.jpg

21 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:28:52.61 d
エ「兵長…まさか、リヴァイ班にあのこと言ったんじゃないでしょうね?」
リ「あ?言ってねぇよ。んなことして一体俺になんの得があるって言うんだ?…それより、ナイフなんか持ち出して何をするつもりだ」
エ「何をするかですって?あなたには殺しても殺しきれない恨みがある…オシッコを見られ…オシッコをかけられ…そしてっ…俺の大事なモノを汚した恨みが!」
リ「あぁ!?」
エ「覚悟してください…あなたにとってこれまでの人生で最も恐ろしく!最も恥ずかしい夜にしてやる!!」
リ「おっ、おい、ちょっと待て!なんでナイフ握り締めながら俺のイチモツ駆逐してやるみてぇなツラしてやがんだ、てめぇ!」
エ「いいからちょっと黙っててくださいよ!!」
リ「おい、エレン!落ち着け!エレン!エレエエエェェェンッ!」

22 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:29:24.96 d
ー数分後ー

エ「はい。これにしてください」
リ「…あ?」
エ「あ?じゃないですよ。さっさとオシッコしてくださいよ。この後訓練があるんですから」
リ「(…よかった!あのナイフはエレンのケツに数々の不貞を成した俺のエリンギをバッサリするためのものじゃなかったのか!)」
エ「溢さないようにちゃんと飲み口の所も切ってあげたんだからとっととやってくださいよ!」
リ「…わかった(バサァッ!!)」
エ「なっ!?なななっなんでズボン脱ぐんですか!」
リ「やってやるよ。見たいんだろ?さぁ、その木筒を持っていろ。小便が出るところを見せてやるよ」
エ「なんで!?なんで兵長はそんなに堂々としてるんですか!?恥ずかしくないんですか!?」
リ「おら、持ってろよ。出してやるから」
エ「なんで俺が持つんですか!自分で持って出せばいいでしょ!」
リ「だめだ。俺は右手を股間に、左手を腰に添えながらでねぇと上手く小便ができねぇ。じゃねぇと、そこら中に小便が飛び散ることになるぞ」
エ「なんだよ!なんなんだよあんた!チビオヤジのくせに!チンコ出したくらいでえらそうにしやがって!!……逃げちゃダメだエレン!俺はやられたらやり返す男!そうだ!いつもいつも兵長に負けてられないっ!!(バサァッ!!)」
リ「!?てめぇ、なんでパンツごとズボンを脱いだ!?」
エ「なんでですって?あんたにオシッコぶっかけるからに決まってるでしょ」
リ「俺に小便をぶっかける!?俺も今からするのに!?…ハッ!同時にするのか!?(頭の中は完全に69でぶっかけ合いの図)」
エ「さぁ!恥ずかしがってください兵長!」
リ「クソッ…何してるのかわからなくなってきやがったが…一つだけ言えることがある…俺の人生にこんな場面(アブノーマルプレイ)があるとは夢にも思わなかった!…よし、エレン。もう御託はいらねぇ。やるぞ(ドサアッ!!)」
エ「えっ!?ちょ、なんっ、えっ!?ええええっ!?なななななっなんで押し倒すんですか!?なんで俺の顔跨ぐんですか!?なんでお互いのチンコがお互いの顔のまえにあるんですか!?なんでっ!?」
リ「さぁ出せエレン!俺の顔中に小便をぶっかけろ!俺もお前にぶっかけてやるぞ!小便と言わずザーメンまできっちりとな!」
エ「えええっ!?なんで!ちがっ、そうじゃなっ、えっ!ちょっ、待っ…………アッー!」

23 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:29:28.74 d
エル「……では、エレン・イエーガーくん。リヴァイの秘書というのは誰よりも辛く何よりも厳しい激務になると思うが、君ならリヴァイの意に沿う立派なルーキーに成長してくれると信じているよ。存分に我が社で君の能力を発揮したまえ」
エレ「はいっ!スミス社長!非力ではありますが、オレ…じゃなかった!わ、私は今後もスミス社に貢献できるよう全力で頑張ります!」
エル「うん、エルヴィンでいいよ。それに私の前でも堅苦しくしなくていい。これからも一緒に頑張っていこう」
エレ「はっ、はい!エ、エルヴィン社長!では失礼します!」

エル「……彼はいい子だね」
リヴ「そうだろ?」
エル「とても真っ直ぐで汚れのない目をしている。今はまだ少し頼りない部分もあるが努力家だ。新たな業務にもすぐに慣れるだろう」
リヴ「当たり前だ。オレが直々に躾けてるんだからな。…それと、エレンがわざわざオレの側で働けるよう計らってくれたことに感謝する」
エル「よせよリヴァイ。君が妻としてパートナーとして選んだほどだ。エレンくんは見た目も君好みで美しいし、彼の秘められた能力もきっと我が社に酬いてくれると信じているんだ。
…何より珍しく君からの頼みだったからね。このくらい造作もないさ」
リヴ「お、おいやめろ…触んじゃねぇ…会社だぞ。誰か来たら…」
エル「私の許可が降りるまで社長室には誰も入って来れない。知ってるだろ?」
リヴ「よせっ…オレはもう決めたんだ…エレンがオレの生涯のパートナーで、オレの妻だ。オレはもうエレン以外とは誰とも」
エル「誰とも…なんだい?寝ないとでも?困ったな…私は君のためならなんでもしてあげられるが、なにもなかったことにすることだってできる。例えばエレンくんの人事を今すぐ取り消し、君とは別の部署に配置することもできるんだよ?」
リヴ「おい、エルヴィン…!てめぇっ…!」
エル「…いい目だ。ゾクゾクするよ…ほら、リヴァイ。こっちに来なさい。エレンくんのためなら、なんだってする…そうだろう?」
リヴ「…エルヴィン…」
エル「さぁ、早く…」










エル「…ここで私を抱くんだ」
リヴ「えええええー…」

24 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:30:08.46 d
ミ「アニ…!アニを使うのはどうでしょうか…!?ロッドにアニを喰わせればエレンを犠牲にする必要はなくなる…!」
リ「…そうだな…それが一番の最善策だと俺も考えていた」
エ「そッ、そんなのだめですよ!」
リ「なぜだ?奴はお前ら、引いては人類にとっての裏切り者だ。そして奴は俺達の仲間を沢山殺している…償いとしては上々じゃねぇか」
ミ「エレン…私もそう思う…ので、巨人になってアニをロッドの口に投げて放り込んで!時間稼ぎならなんとかできる!」
エ「そんなの…そんなの駄目だ!俺が犠牲になればいいんだ!アニは沢山の人を殺した…だけどあいつにはあいつなりの正義と事情があったはずなんだ…!」
リ「…なぜそこまで奴を庇う?共に過ごした3年で築かれた友情ってやつか?それとも…あの女になにか特別な感情でもあるってのか?」
ミ「…ッ!そうなの?エレン!アニが…アニが好きなの!?」
コ「今はそんなこと話してる時じゃねーだろ!」
エ「そんなんじゃない!!もともと俺は好きで巨人の力を手に入れたわけじゃないんだ!この力を元の持ち主に返して人類を救う!それが最善策だ!」
リ「エレン」
エ「なんですか兵長!俺の意志はもう決まってます!だから…だから俺が奴に喰われて…んッ?!」
リ「もう黙れ」
(エレンを引き寄せておよそ5分のディープキス) 
エ「……ッ、はッ……はぁッ…へい、ちょ…」
リ「いいかエレン。俺はお前を失う気はさらさらねぇ…いいから黙って俺に全部投資しろ…お前ごとな…」
エ「……はい…」
ミ「(白目)」

25 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:30:40.38 d
エ「アルミン!俺…病気かもしれない」
ア「えッ!?どうしたの急に!どこか体調が悪いの?」
エ「それが…」
ア「うん」
エ「朝起きたら…ちんこからなんかネバネバした白いのが出てた…パンツがベトベトになるくらい」
ア「…」
エ「最初は、この年になって漏らしちまったのかと焦ったんだけど、どう見ても小便じゃねぇし…」
ア「うん…」
エ「俺すげぇ怖くなって…もしかしたら巨人化と関係があるのかもしれないし…けど、兵長に報告したら団長にも伝わるだろ?
そこから憲兵にまで知られちまう可能性だってあるし…そしたら人類への脅威だとか言われて今度こそ殺されちまうかもしれないし」
ア「そんなことでエレンが殺されるわけがないじゃないか」
エ「え?!だ、だって異常だろこんなの!」
ア「異常なんかじゃないよ。エレンは初めてだったんだね?おめでとう。男になった証だよ」
エ「えっなに言ってんだアルミン!それじゃまるで今まで女だったみたいじゃないか!」
ア「エレン、落ち着いて!これは健全な男なら誰だって通る通過儀礼だよ。エレンや僕だけじゃない、ジャン達だって経験してることなんだ」
エ「そッ、そうなのか?ミカサも?」
ア「ミカサは女の子でしょ。エレンの言うその…男性器から出た白くてネバネバしてるのは精液で、エレンがその体験が初めてならそれを精通って言うんだよ」
エ「せいつう」
ア「うん。これからは定期的にその性欲処理をしなきゃならないんだけど、エレンはその調子だと自慰も知らないよね?」
エ「知らねぇ…これからどうしたらいいんだ?いつも寝て起きたらパンツにその精液が付いてたら洗うの大変だし、毎朝こんなことじゃ兵長に怒られちまう!エルドさんやグンタさんにも笑われちまう!」
ア「大丈夫。兵長も怒らないし先輩たちだって笑わないよ。エレンがパンツを汚さないようにするために自慰行為が必要になってくるんだよ。まぁ…女の人を相手にして解消する手もあるけど、
僕らはまだ娼館に行けるほどの給金もないからね…僕たちぐらいの年代だと自分で処理してるのが大半だよ」
エ「なんだよそれ…ちッ、ちんこから精液出るのになんで金払って女に処理してもらわなきゃいけないんだよ…そんなの嫌だ!」
ア「僕はジャンにしゃぶらせて出してるけどね」 
エ「えっ」
ア「えっ」

26 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:30:50.81 d
アーケード版『進撃の巨人』

名前:エレン・イェーガー
年齢:15才
性別:男
誕生日:3月30日
身長:170cm
体重:63kg
出身地: ウォール・マリア南端シガンシナ区
格闘スタイル:対人格闘技、刺殺
好きなもの:チーズハンバーグ
嫌いなもの:服を破く奴、裏切る奴、人間の姿をした害虫
特技:拐われること
キャッチコピー:人類の希望、あざとイェーガー
必殺技:(技名/セリフ/説明)
・駆逐/「駆逐してやる!この世から…一匹残らず!」/スタンダードな対人格闘技。カウンターヒットすると5連コンボに持ち込める。
・駆逐改/「頑張ってお前らができるだけ苦しんで死ぬように努力するよ」/5連コンボ成功時に発動。6連目がクリティカルヒットした時に10連コンボに持ち込める。
・駆逐零式/「このッ…裏切りもんがあああああ!!」/ゲージMAX時に→←ABD同時押しで発動。 巨人化する。
・真駆逐/「死んじゃえよクソ野郎!!」/刃物で襲いかかる。一撃必殺。
超必殺技:
・へいちょ/「責任…取ってくださいね…」/リヴァイを強制召喚(ほぼ勝手にリヴァイが現れる)してエレンの代わりにリヴァイが戦う。相手のゲージを瞬時にして0にする。
挑発:「服が破けちゃうだろ!!」
勝利:1「このッ…腰抜けどもが!!」2「やった!討伐数1!」
敗北:「俺が…選択を間違えたばっかりに…」

27 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:31:49.14 d
【 エレンジェル 〜 咽び泣く幼い性器 1 〜 】

「ぐッ…!ぐぐうッ…!がッ…!!」

猿轡を噛まされたエレンの薄っすら紅く色付いた唇が悔しさに歪む。
睥睨する鋭い金目の眼差しの先には、ニヤニヤと表情を緩ませ、全裸で逆さに縛られたエレンを見下ろすダリス・ザックレーの姿があった。
股を左右にがばりと開かれたまま全身を固定されているエレンの恥部はまだ明るい陽射しの下に曝され、幼さを残す皮被と薄桃色の性器は縮み上がったままの形でザックレーの前に曝け出されている。
男の象徴とも言うべきそれは、エレンの殺意に満ちた眼と殺気に反し、余りにもトートイ。

「どんな気分かね?エレン・イェーガーくん。人類の希望と呼ばれた君ももはや用無し、ただの塵じゃ。こうして私のオブジェとしてまだ息をしていることを光栄に思うのだな!」
「うううッ…うぐッ…!」

かつて自らの手を食い千切り巨人化していた丈夫な歯は、今や猿轡を噛み締めるただの道具でしかない。
自分の置かれた情けない姿に、そして目の前にいる憎むべき老人に、エレンの殺意は益々増幅していく。

「ん?なんだ?その目は。私のおかげで未だ生き長らえることを許されている身でありながら、生意気な…」

途中からは半ば呟くようにぶつぶつと文句を溢しながらもザックレーは側にあったランタンの中から蝋燭だけを取り出し、ゆらゆらと火を灯すそれをエレンの開かれた白く小振りな尻に近付け、すぼまった慎ましやかな尻の穴にゆっくりと傾けた。
視界の端にその光景を留めたエレンの目が見開かれる。
ぐうぐうと言葉にならないくぐもる声を上げ、自由にならない体を必死で動かそうと試みるが、頑丈な手枷と全身を拘束する器具はびくともしない。
それどころか拘束する器具は更にエレンの若くしなやかな体に食い込み、ますます加虐心をそそるザックレーを喜ばせた。
手元にある蝋燭が溶け、熱を持った蝋がエレンの淡い色の肛門目掛けてポタリと落下する。
そのあまりの熱さにエレンから瞬時に殺意が消え、代わりに一気に言い様のない恐怖が襲い掛かり、エレンは喉元を仰け反らせ、両目をカッと見開いた。

28 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:31:53.52 d
【 エレンジェル 〜 咽び泣く幼い性器 2 〜 】

「あ゛っっっづっ!!あ゛あ゛っっ!あ゛か゛あ゛っ!!」
「ダハハハ!愉快愉快!そぉれ!ケツの穴がどんどん蝋で固まってきとるぞ!?」

ザックレーは、エレンの肛門の入り口のすぼみに溜まっては固まってゆく蝋を爪でカリカリと削って払い除け、また現れた皺の合間までをも丹念に埋め尽くすかのように、
再び蝋燭を慣れた手付きで微妙に移動させ、また肛門を蝋で固めては爪で剥ぎ落とす行為を繰り返した。
そうすることで絶え間無い熱がエレンの小さなすぼまりを攻め立てる。
時にはザックレーの節くれ立ち老いた指先が直に肛門を引っ掻き、エレンの内部に細やかな変化を見出だしていった。
ふるふると震える小さな性器が徐々に主張を始める。
なんなんだと自らに問うまでもない、この感覚は知り尽くしたもの…勃起である。

ー 違うッ…こんなのは違うッ……! ー

己が反応を必死に否定しながらも、あ゛ッ、あ゛ッ、と掠れた声を上げ始めたエレンの先程までとは違う色の混ざり様にザックレーはニタァと頬を持ち上げた。

「…そう言えば君はリヴァイの情婦だったな。ここにリヴァイのイチモツを夜な夜なくわえこんでいたのじゃったな?
こんな拷問では生温いかね?……いや、この下品で厭らしい腰のくねらせ方からして、これは拷問ではなくご褒美になっておるかのう?」

空いた手で顎髭を擦っていたザックレーはふむ…と嘯くと、その手をエレンの尻に伸ばす。
親指と人差し指でエレンの肛門をぐっ!と左右に拡げると、それでもひくひくと痙攣するすぼまりに火を灯したままの蝋燭を頭から一気に突っ込んだ。
火の消えた蝋燭が先端から煙を燻らせながらずぶずぶとエレンの肛門から腸内に姿を消していく。
エレンは獣のような叫び声を上げながら、射精することなく死に際のゴキブリのように足の指先まで全身隈無くびくびくと痙攣させて拷問が始まって初めての絶頂を迎えた。
火を灯したままエレンの直腸深くに埋め込まれた蝋燭は、腸液によって完全にその役目の戸張を落とし、結合部分から淡い噴煙をくゆらせるだけであった。

29 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:32:33.22 d
【 エレンジェル 〜 咽び泣く幼い性器 3 〜 】

蝋燭の煙か、巨人化能力を持つエレンの特異な体が回復を遂げる際のそれか。
暫しの間ザックレーは、蝋燭の太さの形にぴっちりと拡がりヒクヒクと蠢く紅く熟れた肛門を興味深く眺めていたが、
逆さに拘束されたエレンが半ば白眼を剥いて涎を垂らしながら意識を飛ばしているのを確認すると、ブーツの先でエレンのこめかみ辺りを蹴り上げて飛んだ意識を現実に引き戻してやった。
虚ろなエレンの目がさ迷い、冴え冴えとした目で見下ろしてくるザックレーを視界に捉える。
その目はエレンを死に急ぎと言わしめるほどの狂気とも言える獣の眼差しではない。ただひたすらに快楽を求め続ける雌の獣の目であった。

「うぐぅッ…ぐうぅッ……」
「まだ齢15じゃと言うのにとんだ売躱な体をしよって…そんなに蝋燭は気持ちよかったか?ん?わしの指二本分もない太さじゃぞ?」
「んッ!んぐッ!ぐぎぎぎいいいいぃッ!」

肛門の奥深くまで挿し込んだ蝋燭をヌウウゥゥ…と引きずり出し、抜ける寸ででまたヌブヌブと挿入する。
何度もそれを繰り返すうち、エレンの呻き声は徐々に色を含んだものに代わり始め、ザックレーの手が生み出すピストン運動に合わせるように腰を蠢かし出す。
エレンの意に反して勝手に前後左右にゆるゆると動く腰は艶かしくザックレーを誘った。

30 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:32:37.72 d
【 エレンジェル 〜 咽び泣く幼い性器 4 〜 】

蝋燭を引き抜くたびにそれに吸い付くようにぬぷぬぷと盛り上がって山の形を彩る肛門は、挿し入れるとまた容易に異物を迎え入れ呑み込み窪んでいく。
ピストン運動を素早くしてやると肛門の入り口がその動きに連動して盛り上がり窪むという動きを繰り返して益々ザックレーを歓ばせた。

「ガハハハハ!!エレンよ!お前の尻の穴は糞をするだけでは物足りんようじゃな!ほぉれもっと腰を振り乱して踊れ踊れぇ!ダーッハッハッハ!」
「んごッ!?ぐごごごごぼぉッ!いぎっ!いぎっ!ひぎいいいいーーーーっっっ!!!!」

抜き挿ししては直腸に深く突っ込んだままぐりぐりと大きな円を描くように蝋燭で内部をかき回す。
腸液が入り混ざった結合部分からはブチュブチュとはしたない音を立てて汁を飛び散らせた。
エレンは逆さに固定されM字に足を開いたまま狂ったように腰を振り、後頭部を何度も背後の柱にぶつけては下半身の疼きから解放される瞬間を待った。
出したいッ!射精したいっ!思いっきりぶちまけたいっ!最高の快楽を早くっ!
涙と鼻水と涎を垂れ流しながら目を見開いてガクガクと自らの腰を揺さぶる。
全身がっしりと拘束された体で唯一エレンの思い通りに動かせるのが下腹部から尻にかけてのか細いラインのみ。
完全に勃起したぺニスからは先走りのカウパーがだらだらと糸を引き、縦横無尽に揺れ動くぺニスは時にエレンの腹を叩きながらもエレンの桃色に染まる体のあちこちを思う存分透明の粘液で汚した。

続く

31 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:33:07.97 d
某リジに長期間に渡り粘着しているルリンチ虎糞

724 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! sage 2015/05/02(土) 02:43:01.55
>>722
難民でまで暴れて恥ずかしくない?
108 名無し草 sage 2015/05/02(土) 02:15:24.46
あかん高尾みたんのリジ草や
ドエロのルリジリ見た後やと生温いにも程があって大草原不可避や

735 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! sage 2015/05/02(土) 15:44:11.01
このスレで犬か毛玉の主しか描かないって笑われたら人間体主の単体表紙の本出すし
ドエロは兵受けしか描かないって笑われたら兵主18禁ログ投稿するし温くても18禁本出すし
本当に孝雄身たんは強がるのが大好きでダンシング楽しませてくれる弗だよな

12 Classical名無しさん sage 2015/05/02(土) 19:17:36.11
そんなにエロ描きたくないなら無理して描かなきゃ良いのにずっとエロ原稿描きたくないエロ原稿描きたくないって言っててなんなんだろこの人…結局固定じゃなくて逆カプ推しなんでしょ。さっさと逆カプに移動してエロでも何でも描けば良いのにな

206 名前:Classical名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/19(金) 10:09:47.81
まあそれでもAB固定を装いつつ裏垢でA受けどエロ描きまくってるあの人よりずっとマシだけど

488 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! sage 2015/07/26(日) 01:49:07.62
>>423
高尾見が兵主本命はないは
兵受けエロの気合いの入りようと兵主エロのやる気の無さを見たらね

506 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! sage 2015/07/26(日) 07:35:56.40
>>502
団兵厨乙

32 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:33:11.85 d
某リジに長期間に渡り粘着しているルリンチ虎糞

395 Classical名無しさん sage 2015/09/27(日) 14:10:24.05
火花で予約してた分厚い本のサークルが個人サイトの裏で逆カプエロ作品大量に上げてるのを知って予約キャンセル申請した
いくらプロフでABメインの雑食と言ってたって支部投稿作品はABだけだし
ツイもサイトもAB固定みたいなこと書いてるから騙されたよ…
道理でこの前から作品ブクマもRTも激減してたわけだよ

402 Classical名無しさん sage 2015/09/27(日) 17:11:36.54
描く方も雑食ならツイと個人サイトのプロフにも雑食と書いておけばいいんだよ
固定と思ってほしいからAB専門垢でーすと言いつつ裏に大量のBAエロ隠しているんだろう

431 Classical名無しさん sage 2015/09/27(日) 23:56:07.99
雑食なら堂々と支部でもBA作品上げたらいいのになんで隠すんだろうね
逆カプ萌えより固定厨が落としてくれるお金の方が大事なのかなやっぱり

↓虎糞↓
168 名無し草 sage 2015/10/06(火) 10:06:07.38
3日連続で同じ本がワンツーやは信者の多いサークルはすごいは草
4位・11位の刀本はぼったくリリやなぁ
裏垢でリリ受けエロ絵描いとった5位のリジ専業の本はお手頃価格やな

720 名無し草 sage 2015/10/07(水) 09:49:06.00
ルリ厨は高尾身たんがどれだけ多くのサークルと海鮮に嫌われとるか知らんのやな

33 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:33:40.76 d
ルリ晒しミンチ=エレナの特徴
・極度のリジ厨、特に魚食えないが大好きっ!!!!!
・リジが貼られるとルリを貼り返す
・支部のみならず個人サイトやメアドまで晒す
・1月に壁博での殺害予告をしたババア=エレナ
・ルリは瀬早めろんの牛ジェルをパクった!と言い張るが全く似てない
・口癖はルリ婆(※ババアではなく婆と表記する)
・リジが命より大事で日々スレ荒らしに奮闘している30代後半喪女
・リジが晒されると荒らすがジリが晒されてもスルーすることから同じリリ受けが晒されていることには興味を持たない
・↑を指摘されると翌日からジリも晒すがリジだけは絶対に晒さない
・このルリンチババアがいる時はミンチがミンチコピペをしない……ルリンチババア=ミンチ=エレナ確定
・↑を指摘されるとミンチコピペをして時間を置いてまたルリジリ晒しをするわかりやすい荒らしミンチ=エレナ婆

34 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:33:45.79 d
8 名無し草 sage 2015/03/16(月) 02:22:03.60
アズ(魚食えない)@リプ放置すいません...ありがとございますまた来週!
2015年3月16日 12:01am
http://pbs.twimg.com/media/CAJZSbsUwAApca2.png
-------------
>魚食えないのブログや
>http://blogs.yahoo.co.jp/jsay367gugdsg/folder/75635.html 
>るーる草が痛々しいやろ 
------------- 
こんな腐れブログに来てくれてありがとう!!
  るーる
1 訪問した際にはコメントを残してください
2 画像を貰う時はコメ&ポチ忘れずに!!
3 荒らしは禁止
4 ファンポチしてくれた人はゲスブか報告所へGO!!
           以上です
守れない人はこないでください。

35 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:34:13.43 d
自分で*500usersタグを付けてたのにここで話題に出てすぐに米印を外して複垢で500usersタグを付け直した恥ずかしい難民ババアがこれな


http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6042292

365 名無し草 sage 2016/01/11(月) 15:55:14.03
昨年の11月に初投稿した作品がもうすがブクマ1000いきそうや
支部デビューしてまだ2ヶ月くらいやのにわい文才ありすぎやろ

36 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:34:17.09 d
IPアドレス 153.189.239.10
ホスト名 p69010-ipngn200301toyamahon.toyama.ocn.ne.jp
国 日本
都道府県(CF値) 富山 ( 95 )
市区町村(CF値) 富山市 ( 55 )
接続回線(CF値) Bフレッツ ( 95 )

37 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:34:47.29 d
 
 
 
 
 
      こう@壁博8け48a
      http://twitter.com/ko_m06
 
 
 
 

38 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 12:34:53.47 d
http://twitter.com/az_0x/
http://twitter.com/__o30/
http://twitter.com/__0l0l/
http://touch.pixiv.net/member.php?id=120203

アズ(魚食えない) ‏@az_0x
このアカウント今月いっぱいで消します見てくださってありがとうございました!こっちで飽きるまで息抜きしてます→@__0l0l
特殊性癖描きたいがために作ったR18鍵アカでしたが描けてません…そのうち公開します承認待ちしてくださってた方ごめんなさい


             _i⌒r-.、    
           ,,-'´   ノ
          ./     .l
          /       l     チ
   ((  ◯  .l魚食えない l     ン
      .ヽヽ、l  i      .l      ポ
       \ヽ l      l   ))  コ
      ,-'´ ̄`ゝ´ ̄`ヽ  ノl      ポ
     .,'    .,'   ◯ニ.ンl      ン
     i    i        .i
     ヽ、  丶      .ノ
      `'ー-.'´`'ー- ''´i .|
        凵      .凵


今月いっぱいも待たず2月14日az_0x削除(大爆笑)

39 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:04:25.41 d
 エレンは女遊びの激しい部類の人間だ。それ故、セックスフレンドは何人かいたりする。
 それでも社内で変な噂がたたないのは、大人になって相手を選ぶ目が肥えたからだろう。
 この女性ならば面倒なことにはならないと思った相手としか夜を共にしない。それは主に年上の女性が多かったが、それ以外でもエレンは女性から誘われることが多く、異性から好かれることが多い。
 一番面倒なのは年下で、自分のことを可愛いと思っている女だ。そういう子には「君にはもっといい男がいるよ」と困ったように笑って言えば、なんやかんやあっても最終的には丸く収まってくれる。

「イェーガーさん、今夜空いてますか?良かったら、ご飯でも一緒にどうかなと思って…」

 少し頬を染めて上目遣いで窺う年下の女性社員は可愛く、不安そうに身を縮ませるものだから胸が寄って柔らかそうに弾んだ。あー、ヤりてぇな。その胸に顔を埋めたらどれだけ心地よいかと想像すると、今すぐにでも誘いに頷いてしまいそうだ。
しかし、この子は明らかに“彼女”という地位に拘るタイプだろう。エレンは面倒なタイプだな、と心の中で溜息をつく。

「あー、ごめん。今日はちょっと約束があって」

 眉を下げて心底申し訳なさそうに謝る。
 本当は約束などなかったし、できればその柔らかそうな体を堪能したかったが、秘書課のお姉さんの家にセックスをしにいく予定ができた。たった今。

「そうなんですか…残念です」
「ごめんな。また今度、皆でどこか食べに行こう」
「はい…」

 決して“二人で”という約束はしない。下手に期待させて踏み込んだ関係を少しでも築いてしまえば面倒な事になるのはわかりきっている。

40 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:04:54.03 d
 彼女は“皆で”と言ったことに少々不満げな顔を見せたが、すぐにその場から去ろうとはしなかった。エレンの顔をじっと見つめてくる彼女に、まだ何か用があるのかと首を傾げて見せる。

「何?」
「イェーガーさん、受付の先輩と付き合ってるって本当ですか?」

 拗ねた口調で問われ、エレンは「は?」と聞き返した。
 確かに受け付けには一人、体の関係を持つ女性がいたが…どうやら、二人で会っている所を社員に見られていたらしい。

「いや、付き合ってないよ。ああ、たぶん飲み会が終わった後で、帰る方向が同じだったから送っていった時じゃないかな」

 にっこり笑って答えると、彼女は「そうですか」と言って頭を下げて去って行った。
 受付の子と遊ぶのはしばらくやめておこう。今日行こうと思っていた秘書課のお姉さんの所もやめて、社外のセフレの家に行こうかと思案し始める。
 けれど、考えるのも面倒だ。学生の頃は良かった。何も考えずにセックスできたし、責任だって今ほど重くはない。
 あの頃は感じなかった色々なものが重くのしかかって来て、呼吸がし辛くなる。息苦しくて生き苦しい。
しかし、そうは思っても、まあどうにでもなるか、と思ってしまう程にはエレンは楽観的だった。だからこそ、こんなにも簡単に“下”を味わうことになってしまったのだ。

41 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:05:32.69 d
 今日は金曜日で、本来ならば喜んでセフレの家へと向かうところだが、生憎と飲み会の予定が入ってしまった。
 なんでも、今日の飲み会は他の課の社員も一緒にやるらしく、大人数だった。これなら途中で抜けてもばれないだろう。セフレには途中で抜けてそっちに行くから、と連絡をいれておいた。
 しかし、エレンの隣をずっとキープしているのは先日ご飯にでも、と誘ってきた女の子で、今日は絶対に逃がさないと言うオーラをひしひしと感じる。
 店についた時点で、「鞄こっちに置きますね」と彼女の後ろに置かれ、人質のようにとられてしまった。
 こうなったら酔いつぶして隙を見て帰ろう。…と、思ったが、彼女は酔っても面倒なタイプだったらしい。
 豊満な胸を押し付けられ、甘えた声で名を呼ばれる。周りにいる男性社員も羨ましいとばかりに視線を向けて来て、今日は最後までちゃんと面倒を見ろよ、とまで言ってくる始末だ。

「イェーガーさんも二次会いきますよね?」
「あー…悪いけどオレ、これから約束があるんだ」
「なんで!?やっぱり女ですか!?」
「いやあの、」

 まぁ、女には違いないんだけど。
 彼女は離さないとばかりに腕を掴んでくる。
もういい加減にして欲しい。体だけの関係で面倒なことは絶対に言わないと言うのならば喜んで抱く。こっちは胸を押し付けられ、足に手を置かれ、早くセフレでこの欲を発散したいと言うのに。だが、彼女に手は出せないのだ。本気にされては困るから。

「あのさ、本当に離して」
「嫌です!行かないでください!他の女の所になんていかないでください!」
「…いい加減に、」 
「おい、離してやれ」

 泣きそうになりながら喚く彼女にいい加減にしろ、と言いかけた時、後ろから声がした。周りははらはらしながらエレン達を見ていたので、無遠慮に彼女の腕を掴んだその人にエレンはぎょっとした。

「か、かちょう…」

 彼女に課長と呼ばれたその人は彼女の上司だった。リヴァイ・アッカーマン。別の課のエレンでもその人がどれだけ優秀なのかを知っている。有名な人だ。

42 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:05:36.90 d
「こいつは俺と約束があるんだ」

 エレンは、えっ、と声を上げそうになる。

「どうして課長がイェーガーさんと…?」
「大学の後輩だ」

 本当に?と彼女がエレンの顔を見上げてくる。リヴァイがどういうつもりなのかはわからないが、これで腕を離してもらえると言うならうまく合わせるしかない。エレンは曖昧に笑って頷いた。

「…わかりました」

 彼女もリヴァイに言われたら従うしかないのだろう。渋々ながらも腕を離した彼女の顔は明らかに納得していなかったが、エレンはホッとした。
そうして、二次会へ行くメンバー 早くこの場を去りたいとばかりに頭を下げる。が、

「っ!」

 ぐい、と強い力で腕を掴まれて足が止まる。先ほどまで掴まれていた柔らかい手じゃなくて、固くて大きな男の手だ。

「おい、助けてやったんだ。少し付き合え」
「あのオレ約束があるんですけど…」
「キャンセルだ」

 それを決めるのはお前じゃねぇ!と叫びそうになるのを堪えて、じっとリヴァイを見つめる。男に腕を掴まれても全く嬉しくない。エレンは柔らかくてすべすべで、暖かい肌が好きなのだ。

43 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:06:02.22 d
 リヴァイは片手で器用に煙草を取り出すと、一本口に咥えるとキンッといい音を立てる金属製のオイルライターで火をつける。煙草吸うんだ、と単純な感想が頭に浮かんだ。

「…、吸い終わるまで待ってやる」

 その間に女に連絡しろと言うことなのだろう。リヴァイは、エレンのこれからの約束がセフレに会いに行ってセックスをするだけの大した物ではないことだと気が付いているのだ。
 試しに腕を引いてみてもビクともしない。力であってもこの男には勝てそうにない。エレンは諦めてスマートフォンを取り出すと、女に電話をかける。目の前で電話をさせるのだから性質が悪い。
 相手が電話に出る間、リヴァイは余裕で紫煙を吹かす。様になっているのが少し腹立たしい。
 エレンは煙草を吸わない。女が煙草を吸った後はキスしたくないと言ったからだ。まぁ、エレンも特に吸いたいとは思わないし、だからと言って喫煙者を責めるようなことも言わない。単に興味がないのだ。

「…もしもし。悪い、今日は行けねぇわ。…うん、また今度」

 電話越しの会話はたったのそれだけだ。相手もその辺は割りきっているから文句を言われることもない。そう、この程度の約束なのだ。
 エレンが溜息をつきながらスマートフォンをスーツのポケットにしまうと、リヴァイはちょうど足で煙草を踏み消していた。

「行くぞ」

 そしてそのまま強引に腕を引かれて歩き出す。
 どこに行くのか全くわからない。リヴァイとは本当に接点がなかったし、これから飲み直すと言われたって決して楽しくはないだろう。

44 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:06:06.10 d
「どこに行くんですか?」
「ついてくればわかる」
「はあ…、とりあえず手を離してもらってもいいですか?」

 男が腕を引かれて歩くのはおかしいだろう。逃げるつもりはないから手を離して欲しい、と思っているのにリヴァイは離そうとしなかった。
 一体何だと言うのだ。リヴァイのことは周りの評価と自分の想像でしかわからない。
 先ほど言ったような余裕があって、仕事ができて、金も持っている。それは周囲とエレンの共通のリヴァイへのイメージだ。いわゆる完璧。
 だが、今目の前にいる男はどうだ。強引で、人の約束をキャンセルさせるような非常識さ、おまけに煙草も吸う。
 社内は全面禁煙だから、どれだけの人がリヴァイが喫煙者だと知っているのかは知らないけれど、少なくともエレンは知らなかったし、イメージもなかった。
 思っていたような完璧な人ではなさそうだ、という考えはエレンを油断させた。

 腕を引かれたまま連れてこられたのは結婚式なんかもできる高級そうなホテルだった。
 もしかしてここのラウンジで飲むのだろうかと少しわくわくする。こんな場所めったに来ることができないし、酒は美味いに決まっている。
 しかし、連れてこられたのはホテルの一室だ。リヴァイはこのホテルをよく利用するのか、それとも元々部屋をとってあったのかはわからないが、名前を言えばすぐに鍵を渡された。

「あの…?」

 オレは何故ここに連れて来られたんだ、と途方に暮れる。

45 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:06:39.07 d
 ようやっと離してもらえた腕を摩って、リヴァイに声を掛けると、彼は何食わぬ顔で上着を脱ぎ始めた。

「エレン」
「えっ、はい」
「お前、先に風呂に入って来い」
「は?どうして風呂に入る必要が?っていうかオレはどうしてここに連れて来られたんですか?」
「うるせぇ。いいから入って来い。俺は潔癖なんだよ」

 こちらの質問は全く無視で、とにかく風呂に入れと言われる。リヴァイには何を言っても駄目だということはこの短時間でよくわかった。
 エレンは、まぁ、こんないいホテルの風呂なんてめったに入れないからラッキーくらいに思うことにして、大人しく従った。

 結果的には満足だった。風呂はエレンが足を伸ばしても十分すぎるほど広々としていて、何しろジャグジーバスだった。
 さっぱりした気分で部屋に戻ると、リヴァイはこんなところだというのに仕事をしていた。本当に仕事人間なんだな、とエレンはイメージ通りなことを一つ見つけた。

「上がりましたけど」
「…ああ」

 リヴァイはパソコンから視線をエレンに向ける。なんだか本当に変な感じだ。
 今までろくに会話をしたこともない他の課の課長と高級ホテルの一室に一緒にいて、自分は風呂上がりでバスローブを着ているなんて。何だこれ、とエレンは心の中で呟いた。

「えーっと、リヴァイ課長もどうぞ」
「リヴァイでいい」
「? はい。じゃあリヴァイさん?」

 言うと、リヴァイは緩めてあったネクタイをしゅるりと抜いて、こちらに近づいてくる。風呂にはいるんだろうな、と思って場所を退く。

46 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:06:43.04 d
だが、それは叶うことなく、まだ機構に新しい手に腕を掴まれて強引に引きずられてしまった。

「えっ!?ちょ、なんですか!?」

 そのまま大きなベッドへと乱暴に転がされる。そして、何も言わないリヴァイにマウントポジションをとられてしまった。両腕を掴まれたままベッドに押し付けられて全く起きあがることができない。

「お、い!何すんだよ!」
 
 エレンはその手が逃れようと必死でもがくが、驚くほどにリヴァイの体はビクともしなかった。
 嫌な汗が流れる。やばい、この状況は危険だ、と頭の中で警報がなっている。

「何をするって?あんだけ女食っておいて今からテメェが何をされるのか本当にわからねぇのか?」
「っ、どけ!」

 わかる。わかるから焦って、逃げようとしているのだ。

「…ハッ、男にこんなことして何が楽しいんだよ、頭おかしいんじゃねぇの…っ?」

 リヴァイを睨み上げ、わざと吐き捨てるように言った。怒らせて、少しでも隙ができれば逃げられる。

「生憎、お前をどうにかしたいと思うくらいには頭がイカれちまってるからな。そういう口を利かれるとかえって興奮する」

 顔は笑っていないから到底興奮しているようには見えなかったが、腹に押し付けられている固いものが何なのかくらい分かる。エレンは本格的にまずいと焦り、顔を引きつらせた。

「ちょ、ちょっと待ってください、リヴァイさん。落ちついてください、」
「俺は落ちついている。ああ、でも、興奮するなっていう意味ならそれは無理だな」
「ほ、本当に待ってください!オレ男ですよ!?」
「さっき言っただろうが、頭がイカれてるって」

 エレンの抵抗はもうないようなもので、リヴァイは言いながらエレンの両手をネクタイで纏めあげた。
 そして器用に片手で自分のワイシャツを脱ぎ始める。徐々に見えてくる筋肉質な体が、今自分の上にのっているのは柔らかい女ではなく男なのだとエレンに分からせた。

47 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:07:08.19 d
「なんで、こんなこと…!」
「お前、女とセックスすんの大好きだろ?そういう奴を自分の雌にしてぇんだよ」
「ク、ソ…!変態野郎…!」

 リヴァイはわざとエレンの耳元で吐息交じりに囁く。こうすると相手の体が震えることをエレンはよく知っていた。
 ごりごりと腹に固くなった性器を押し付けられてゾワゾワと不快感が体中に広がった。

「ん!…っ、ゃ、んぅ…っ」

 頭の上で両手を押さえつけられ、顎も掴まれると強引に唇を塞がれる。少し唇がカサついていると思ったのは最初だけで、下唇を食まれ、ぬるりと舌をねじ込まれるとすぐにそんなことは忘れた。
 男の舌は思っていたよりも柔らかかった。それに、気持ちのいい場所を的確についてくる。
 いつもは自分が相手の唇を好きに貪っているのに、今は逆に貪られている。リヴァイの深いキスは食べられてしまいそうなほど強引で、獣のようなキスだった。

「ん、は、ぁ…ぅ、」

 くちゅくちゅと音を立てながら舌で口内をかき混ぜられて、だんだん頭がぼうっとしてくる。何も考えられなくなって、リヴァイに支配されてしまったのかもしれないと馬鹿なことを考える。だから体に力が入らなくなって、されるがままになっているのだと。
 唇を離したリヴァイが「良い子だ」とでも言うように頬を撫でる。エレンは浅く呼吸を繰り返しながら、潤む瞳でリヴァイを睨みあげた。

「おいおい、キスなんて飽きるほどしてんだろうが。ちゃんと応えてみろよ。それとも女にしてもらってんのか?」
「っはあ!?んなわけねぇだろ!」
「じゃあやってみろよ」
「クッソ…!」

 暗にキスが下手くそだと笑われてた。これでも女にはうまいと褒められる。

48 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:07:11.86 d
 そもそもそっちが無理矢理キスしてきたというのに上手いも下手もあるか、とエレンはプライドを傷つけられたようで安い挑発に乗ってしまった。
 縛られた腕をリヴァイの首の後ろに通されて、顔が近くなる。
 エレンはその腕でリヴァイの顔を自分の方へ寄せると、その唇に噛みつくようにキスをした。
 初めは唇をあむあむと食んで、その後で湿った舌を口内にねじ込む。上顎をなぞり、相手の舌の裏を舐めあげる。じゅる、と唾液を吸って柔く舌を噛んだ。

「ん、は……ん、……っんん!?」

 いきなりれろりと舌を絡められ、エレンは驚いてくぐもった声を上げる。先ほどとは打って変わって大人しかったリヴァイの舌が突如動きだしたのだ。
 頭を枕に押さえつけられて、リヴァイの口内に入りきった舌を吸われ、甘噛みされる。

「ふ、…っん、ぅぅ……はぁっ、」

 先ほどまで握っていた主導権はいとも簡単に奪われて、また食べられてしまいそうな程深いキスにエレンは息をするのも精一杯で、必死にリヴァイの背中をどんどんと叩いた。

「んっ…んぅ!?」

 肌蹴てしまったバスローブの隙間からリヴァイの指がエレンの体に直に触れて、ビクリと跳ねた。相変わらず口内への刺激を止めてもらえず、体に力が入らない。
 リヴァイの指がエレンの乳首に触れて、ゆっくりと捏ねられる。指の腹でぐりぐりと押しつぶされると、そこからビリビリとした快感が走った。

「ふ、ん、ぁ……ゃめ、っ!」

 そしてぷっくりと腫れてきてしまったそこを、今度は指先で弾かれるように弄られる。その度に体がビクビクと跳ねてしまう。
 エレンが女にやるようなことを自分の体にされていた。もし自分がするならば次は軽く摘んで少し痛くした後に、それを労わるように舌で愛撫する。でもエレンは女じゃない。こんな所で感じるわけがないし、リヴァイがそれを男であるエレンにするはずがない。

49 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:07:40.87 d
 エレンは祈るような気持ちでリヴァイの腕から逃れようと必死になった。しかしそれは、リヴァイから逃げたいのではなく、確かに感じる快感から逃れたかったのだと気付く。いつの間にか唇は解放されていた。

「ああっ…ぁっ…!」

 散々弄られた乳首にリヴァイの暖かい舌がべろりと這った。エレンは目を見開いて体を仰け反らせ、高い声を上げた。言い訳のしようもない喘ぎだった。

「良い声で鳴くな。女の前でもそうなのか?」
「ちが…っん、やめ、…っひぁ!」

 ガリ、と歯を立てられた。
 ビクンッと体が勝手に跳ねる。

「なぁ、気付いてるか?テメェのここ」
「あっ、や…なんで…っ」

 リヴァイの指が触れたソコ。
 熱く、固くなって上を向いている。獣のように唇を貪られ、女のように乳首を弄られただけだというのにエレンの性器は固く勃起していた。それはリヴァイの愛撫に感じて、興奮してしまったという紛れもない証拠だった。
 エレンは自身が勃ってしまっているということに唖然とした。一方でリヴァイは心底楽しそうに笑って、エレンの性器を撫でている。

「一回出させてやる」
「ぁ…っや、やだ…っ」

 もう逃げられないと思ったのか、リヴァイはエレンの上から退くと、その足の間に移動して性器を両手で扱いた。

「あっ…さわんなっ!…ぁ、っく、」

 女のよりもごつごつした掌。性器を包みこんで、少し乱暴にも思える扱き方は女にされるそれとは全然違った。
 そして、ぱくり、と大きく口に咥えられた瞬間、エレンは身を捻じって声を上げた。

「ひぅっ!っ、あっあっ、ゃめ、…っ舐め…っぁ!」
「初めてでもねぇだろうが」
「ぁ、ゃだ…っこんな、っ」

50 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:07:48.52 d
 リヴァイの口は大きくて、キスの時のように食われてしまうと思う程深い口淫だった。
 わざとじゅるりと音を立てながら舐めしゃぶられて、尿道の入り口にも強引に舌をねじ込まれる。

「やぁ…っ!たべないで…はぁっ、ぁ」

 クスリとリヴァイが笑った気配がしたけれど、強すぎる快感にエレンは気がつかない。

「あっ、で、でる…っ、んっ…あっ?」
「気が変わった」
「ぁ、なに…っ」

 リヴァイの言っていることの意味を理解できないまま、乱暴にひっくり返される。そして尻を高く上げさせられて、四つん這いの格好にされた。

「やめろ…っ何する気だ…っひあ!?」

 べろ、とありえない場所に湿った舌の感触がした。

「ケツでイかせてやる」




このあとめちゃくちゃに奥まで突かれてメスにされた。


中途半端になっちゃったけど時間切れじゃった

51 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:08:14.57 d
 エレンが手の内に堕ちてきたことにリヴァイは少なからず喜んでいた。
 触れるそばから薄い体が跳ねて、嬌声が上がる。
ぐずぐずに蕩けた後孔に己の性器をねじ込めば、女のようなそこはうねり、きつく締め付けられた。
 気持ちいい、もっと、と向けてくる視線と甘い声が腰にくる。普段は澄ましたような顔が真っ赤に染まるのは気分が良かった。支配する感覚。

 エレンのことは大学を卒業しても繋がりのあった後輩から話を聞いたことがあった。
 すごくモテる奴がいて、めちゃくちゃ女食ってるんですよ、とかそんな感じだったと思う。中には女をとられた奴もいるとも言っていた。
 本当に女にモテる奴と言うのは自分からいかなくても勝手に女から寄ってくるものだ。
 きっとそいつは“とった”んじゃなくて女が馬鹿だったのだろうな、とリヴァイは思った。

52 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:08:18.33 d
 そして、そのエレン・イェーガーが同じ会社に入社していたと知ったのはリヴァイが課長に昇進して何年か経った頃だった。
 女性社員がよく騒いでいる男性社員の名前を聞かされた時、リヴァイは記憶の端にあった女遊びの激しい男の名前がエレン・イェーガーだったことを思い出したのだ。
 合同の飲み会の席で、リヴァイは初めてエレンを“エレン”だと認識してその人物を見た。隣にはリヴァイの部下である女性社員が座っていて、体をべたべたと触られている。
 他の女性社員も皆、控えめながらも羨ましそうに視線を向けていた。
 エレンは女遊びが激しいようには見えなかった。年下の女性に圧され気味で、ずっと眉を下げて困っているようだったし、どちらかと言えば女性経験が少なそうにも見える。
 しかし、部下が豊満な胸を押し付けているというのにエレンは全くそれには動じずに、上手に自分を制御しているようだった。
 ああ、わざとか。
 と、すぐにわかった。初心な男のような顔をして、おそらくエレンは遊ぶ女をちゃんと選んでいる。
 面白い。あの男を自分のモノしたい。
 リヴァイは酒を煽るふりをして口元を歪ませた。
 エレンを組み敷き、その澄ました顔が快楽に歪んで喘ぐ姿を見たくて堪らなくなった。だがそれは、エレンを陥れたいというわけではない。
 女が挙って手に入れたがるエレンを男である自分が支配して、お前らが欲しがる男はこんなにも可愛い顔で強請るんだ、と言う優越感に浸りたかったのだ。

53 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:08:46.13 d
 自分にだけ見せる顔。雄の顔ではない、男のリヴァイだけが見ることのできるエレンの雌の顔が見たいのだ。

 結果的には…そう、結果的にその顔は見ることができたし、自分のモノにもできたと思う。だが、エレンは心までは許してくれなかった。

「ぁ…っん、ァ、…っ…っ」
「良さそうだな、エレン」
「んっ、…は、ぃ…気持ち、いいで…すっ…はぁ、アッ」

 エレンの背中にちゅ、ちゅ、と吸いつきながら、腰を掴んでぐちゅぐちゅになって解れている後孔を何度も穿つ。
 外気に触れれば熱を持つローションがエレンの内側の肉をますます敏感にしてしまうようで、中は火傷しそうなほどに熱かった。
 こうしてセックスするようになって、どのくらい経つだろうか。季節は冬から春に変わっていた。
 エレンはやたらセックスをねだるようなことはしなかったが、我慢ができなくなるとリヴァイのところにやってくる、そんな感じだった。
 まだ少し、リヴァイに抱かれることに戸惑っているようだったが、指先でも触れればその体は素直になった。
 だが、エレンは最初の頃よりも声を抑えるようになった。息ができているのか心配になるくらい顔を枕に押し付けて、くぐもった喘ぎだけを漏らす。手はシーツを強く掴んでいて決して離そうとはしなかった。
 まだ男に抱かれる屈辱に耐えているのかと思いきや、気持ちいいか、と聞けば素直に気持ちいいと言うのだ。だったら我慢などせずにもっと喘げばいい。縋りつけばいい、そう思っているのにエレンは頑なにそうしようとはしなかった。

「おい、エレン」
「ぁ…な、なに…っン、ぁっ、っ、…アッ、ひあ!」

 声を我慢されるのが不愉快で、一度性器をずるりと抜くと、その体をひっくり返してこちらを向かせた。

54 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:08:49.85 d
 顔を真っ赤にして瞳を潤ませ、荒い息を繰り返すエレンは驚いた様子でリヴァイのことを見た。

「な、なん…っ」
「たまにはいいだろ。声、我慢するな」
「えっ、ちょっと待っ…アッ、」
「いいな?」
「あぁ…っ、待っ…リヴァイさ、まだ、いれないで…っ」
「ああ?」

 抜いたばかりでまだ少し開く後孔に性器の先端を押しあてようとした所で、エレンがそこに手を伸ばしてそれを阻んだ。

「こっちでするなら、…っ手、縛ってください…っ」
「……なに?」
「お願いします…っ初めての時みたいに、両手、縛ってください…!」

 リヴァイはその懇願に頭がくらくらした。
 確かに初めてエレンとセックスした時はネクタイで両手を縛ったが、あれはエレンが抵抗するからであって、別にリヴァイに緊縛の趣味があるわけではない。

「…理由は?」
「………なんとなく、…っいいから!早く縛れよ!」

 じゃないと入れさせない!みたいに叫ぶものだから、リヴァイは不本意ながらも床に放られた自分のネクタイをとる。だが、エレンに「皺にしちゃうからオレのにしてください」と言われて、言うとおりにエレンのネクタイでその両手首を縛った。

「痛くないか?」
「平気です…もっときつくてもいいくらい」

 これでも結構きつめに縛ったのだが、少しの隙間にエレンはまだ不満そうだった。

「跡がついちまうだろうが」
「いい…明日、休みだから」

 そして、手首を縛るために起きあがらせていた上半身をどさりとベッドに横たえると、エレンはリヴァイを見上げて言った。

「ひどく、してください…」

 エレンが何を考えてこんなことを言うのかがわからなかった。

55 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:09:15.40 d
 最初が無理やりで、その後も手ひどく抱いたから、こうして抵抗もなく抱かれに来るようになってからはうんと優しく抱いてやりたかったのだけれど。

「お前、何考えてる?」
「…別に。この方が、興奮するから」
「…、」
「…早く。もう良いから、いれてください…」

 まだ納得のいかないリヴァイの、少し萎えてしまった性器を、エレンが縛られた手を伸ばして撫でた。
 エレンの様子がおかしいと思いつつも、ぬるりと裏筋をすくい上げるようにして指先で撫でられて、リヴァイの性器は簡単に固さを取り戻した。
 太ももの裏側を掴んで少し前に倒すと、また後孔に自分の熱を埋めた。ぐぐぐ、と入っていく感覚に息を詰める。根元まで入りこめば、はぁっ、と熱い息が零れた。

「アアッ…んっ…あ、いつもと、違う所にっ、当たってる…っあぅ、」

 これまでとは違う角度で入りこむ性器にエレンが身を捩った。
 縛る方が興奮する、というのが本当か嘘かはわからないが、エレンがリヴァイとの最初のセックスで縛ったことがきっかけでそういうプレイに目覚めてしまったというのならば付き合うしかない。
 それに、縛られたエレンの抱くことができるのは自分しかいないのだと思うと、ますますリヴァイに支配されていくエレンに正直興奮した。

「んあっ…あっ、あっ、は、ンンッ、あっ…もっと、もっとして…っ」
「っ、く」

 口元を塞ぐものがなくなったからかもしれないが、先ほどよりも気持ち良さそうな声が聞こえてくる。縛られた手が二人の間を少し彷徨った後、身を捻じらせて、やはりシーツを握りしめた。

56 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:09:19.56 d
・・・

「…それで、それを聞かせられた私はどうすればいいの?」

 わいわいと騒がしい居酒屋でリヴァイは正面の女性に冷ややかな視線を向けられていた。
 話していた内容は、到底人のいるところでは出来ないほど下世話な話で、この居酒屋が辛うじて個室になっているということだけが救いだった。
 隣の声はもちろん聞こえる。まぁ、両隣ともすでに酔っぱらって大騒ぎなので、こちらの会話が聞こえてはいないと思うけれど。
 エレンが縛ってひどく抱いてほしい、と言ってくる。
 と、リヴァイは酒が届くなり言ったのだ。

「俺はアイツと普通にセックスがしたい。優しくしてやりてぇ」
「…すればいいじゃない。」

 自分の話をする時はあんなに嬉々とした表情でマシンガンのように話すくせに、リヴァイの話にどうでも良さそうに答えるのは幼馴染で腐れ縁のハンジ・ゾエだった。

「必死に頼むアイツの顔に弱いんだ」
「それでもしたいならすればいいんだよ。」
「でもアイツは受け入れようとしねぇ。縛れと言われる度に一線を引かれているような気がする」

 ハンジの溜息が聞こえてきた。

「ていうか、もう自分のモノにしたんでしょ?それでいいじゃん。そうして欲しいって言うならやってやりなよ」
「そうだが…いや、そうじゃねぇだろう…」

57 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:09:46.97 d
 それはそうなのだが、リヴァイはそれでは納得できないのだ。

「どうして?だってさ、君の可愛いエレンはセックスしたい時に来るわけで、リヴァイだって自分の所にきてくれて満足。
彼は気持ちいいし、お互いそれだけの関係でしょう?実際それだけの繋がりでしかないんだし。むしろそれだけの関係ならもっと気持ち良くなりたいと思うんじゃない?」

 女だというのにはっきりと言うハンジに若干ひきつつも、リヴァイは一理あるその言葉に眉を潜めた。

「それじゃあ体だけみてぇじゃねぇか。アイツはセフレじゃない」
「は…本気で言ってる?セフレじゃなかったらなんなの?」

 リヴァイは黙考した。
 エレンはセフレじゃない、と思う。
 確かに会う度にセックス…というかセックスするためにしか会わないけれど、リヴァイの中ではそうではないのだ。
 それだけの関係にしたくない。男のエレンが同性のリヴァイに抱かれる。
 そんなのは普通では考えもしないことで、彼が自分の手の中に堕ちてきただけでも僥倖だと言うのに、リヴァイはそれ以上をエレンに求めているのだ。

「リヴァイがそう思ってなくても、きっと彼はそう思ってるよ。だからリヴァイの所に行くし、セックス自体に嫌とも言わない」
「…それでも、アイツは」

 正直に話そう。
 リヴァイはエレンのことを自分のモノにしたいと思っていた時から、たぶん、彼に好意を抱いている。支配したいと思うのも、自分のモノにした優越感に浸りたかったのも、全てただの独占欲だったのだ。

58 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:09:51.67 d
 こんな関係になる前、二度も強引に抱いてしまったことを少なからず後悔していたリヴァイは言うなればただの不器用で、これ以上嫌われてしまわないようにするにはどうしたらよいかわからなかった。
 とりあえずもう無理矢理に手を出すことを止めよう。そう思っていた。
 けれど、あの日エレンに初めて呼びとめられた。何か言いたいことがあるのだろうと、あまり人の入らない保管室に連れていった。エレンは何も言わなかった。
 体に触れてしまうと抑えが利かなくなるから、出来るだけ触れないようにした。
 煽るようなことを言ったのも、エレンがいつでも逃げ出せるように逃げ道を作ったつもりだった。
 けれど、エレンは顔を仄かに赤くして、潤んだような瞳を期待に染める。以前とは違う反応だった。
 物欲しそうにリヴァイを見つめ、自分から顔を近づけてくる。ああ、可愛い。思わず少し笑って、エレンが逃げ出す前に唇を塞いでいた。
 その可愛い顔をもっと見たくなった。でも、離れようとしても強くスーツを引き寄せられて、求められた。可愛すぎる、このまま食べてやろうか。
 だが、このまま流されてまたセックスしてしまっては関係は変わらないと思った。エレンを抱きたい欲求ばかりで埋め尽くされるこの脳みそを冷やす必要がある。
 ちょうど明日から出張だし、この間に頭を冷やして、帰ったらすぐにハンジを呼びだそう。
 そうしてエレンがリヴァイに責任取れと言ってきた日にハンジを呼びつけたのは、一刻も早くエレンとのことをどうにかしたいからだった。
 けれど結局、他の男と寝るなどと言いだしたエレンに腹が立って、強引に腕を引いていた。もっと触れて欲しくなるから離せと言うエレンは可愛くて、でも男の所に行くから離せと言うエレンは可愛くなかった。他の男などに触れられてたまるか。

59 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:10:19.54 d
 男であるエレンに女を抱くなとは言わない。異性を抱きたくなるのは人間として当然のことで、そこまでエレンを縛りつけることはできない。
 リヴァイが抱くのは女も男も関係なくエレン一人で十分だけれど、それはリヴァイが勝手に決めたことだ。でも、どうしても、エレンを抱く男は自分だけでありたかった。
 そうしたらエレンは、苦しそうに顔を歪めて自分の元に堕ちてきた。女の人のところには行かないで、と声を震わせて。
 エレンももしかしたら自分以外を抱かないでほしいと思ってくれているのかもしれないと思った。
 己だけを求めて欲しいと。エレンもリヴァイと同じ気持ちなのかもしれない、と。
 そう思ったら我儘だとわかっていてもエレンの心が欲しくなった。優しくして、甘やかして、体だけじゃなくて心も満たせる存在になりたいと思いはじめてしまった。
 けれど、エレンは頑なにリヴァイとの間に濃い一線を引いているのだ。それが嫌でたまらない。

「エレンに距離を置かれるのが嫌なんだ」

 は?とハンジが声を上げる。

「あー…ちょっと待って。話が食い違ってる気がする。この話は緊縛プレイじゃなくて普通にセックスしたいんだけど…っていう話?それとも、セフレじゃなくて恋人にしたいんだけど、っていう話?」
「……後者だ」
「リヴァイは言葉が足りないよ。不器用すぎる」

 ハンジが呆れたように言った。

60 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:10:24.48 d
 自分の頭の中だけで考えすぎて、ハンジとの会話が飛んでしまったらしい。昔から、肝心なことが伝えられない。
 仕事になれば話は別だけれど、リヴァイは自分の気持ちを言うのが苦手だった。

「てっきりリヴァイとエレンはただのセフレだと思っていたよ。でも、リヴァイは彼が好きなんだね。
…だったら初めからそう言ってくれる?何で悩んでるのかわからないけど、そんなの好きだって言っちゃえばいいんだよ」

 簡単に言ってくれる。
 けれど、女とのセックスをそれなりに楽しんでいたエレンを無理矢理にでもあんな体にしてしまったのに、心までも手に入れようだなんてリヴァイは思えなかった。
 好きだと告げてしまえば、彼は二度とリヴァイを求めようとはしない気がする。
 リヴァイがエレンを抱く理由をエレンは聞いてこない。それはきっと聞く必要がないからだ。
 そんなことどうでもいいからただ抱いてほしい、と、それだけを望んでリヴァイのところにきているのかもしれない。二人の間に気持ちは不要だと言われているような気がした。

「言ったらエレンはもう俺の所にはこない。…離したくねぇ。でも、同じように気持ちを返して欲しいと思うのは、ただの俺の我儘だ」
「…すいぶん拗らせたね。どちらにせよ、恋人にしたいならセフレのままじゃ駄目だよ。それはわかるよね?」

 私はそのエレンと話したことはないからわからないけど、と続ける。

「好きって言えないなら言わなくてもいい。でも、もし本当に一線を引かれているっていうなら、一度踏み込んでみるべきだ。踏み込めば、エレンが何を考えているかわかるんじゃない」

 ハンジはそう言うと、荒技だけど、と笑いながら酒を煽った。

61 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:10:50.53 d
・・・

 その日、就業間際に『今日空いてますか』とメッセージがきていて、前回セックスしたのは一週間程前だったから、結構間が空いたな、と思った。
 エレンからの誘いを断ったことは一度もなかった。一度でも断れば、きっとエレンとの次はないと思ったからだ。
 幸いにも残業のある日と被ったことはない。そのメッセージに『いつのも場所で』と返せば、ただ既読とついただけだったが、それは了解の意だった。
 そしていつものホテルに向かう。エレンは周囲の目を気にしてなのか、時間をずらしてその部屋に訪れる。
 そして大して休むこともなく、ベッドになだれ込んで唇を貪り、しばらくその体を愛撫すれば、エレンは「縛って」と言いだすのだ。

 今日もいつものように部屋に訪れたエレンは、足を踏み入れるなり「風呂に入ってもいいですか」と言ってきた。
 リヴァイは初めこそ潔癖などと言ったが、あれは目の前で女に触られていたのが不快だっただけで、本当は大して気にならない。
 とは言っても、不思議な事にエレン限定なのだが。
 常であれば、もう我慢できないとばかりにエレンから手を伸ばし、キスをねだってくる。珍しいな、と見つめれば少し俯いたエレンがぼそりと言った。

「さっき、女の人に抱きつかれて」

 それは一体どういう状況だ。大方、告白されただとか、ここに来るまでに変な女に捕まったとかそんなことだろうと安易に予測はついたが、そんなこと言わなければわからないのに、わざわざ風呂に入ろうとするなんて、余程不快だったのだろうか。

「…入って来い」

 エレンは少しホッとしたように息を吐いて、バスルームへと向かった。手持無沙汰になってしまったリヴァイは窓際の椅子に腰を下ろして煙草に火をつけた。

62 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:10:54.27 d
 戻って来たエレンは性急に求めてきた。
 温まった体はしっとりとして仄かに赤く色づいている。作り出された香料の香りが鼻についたが、いつものエレンの香りではないそれを纏っていると、他人のモノになった彼を抱いているようで少し興奮した。
 唇が腫れてしまいそうなほど貪りながら、エレンが弱いところを攻める。
 乳首はすでにぷっくりと固くなって主張し、指で捏ねたり弾いて引っ掻いたりすれば、エレンはアッ、と短く喘いだ。
 性器はもうとっくに固く勃ち上がっていて、ふるふると震えながら先走りを垂らしている。
 触れたらすぐにでも弾けてしまいそうなそれに何の予告もなしにしゃぶりつけば、エレンは背を反らせて一際大きく喘いだ。

「ひあっ、はぁっ……ゃめ、ん〜っ…」

 女とのセックスが好きだったエレンが口淫されたことがないはずはないだろうに、いつだって彼は嫌がる素振りを見せる。
 初めてエレンとセックスした時は「たべないで」と舌ったらずに言われて、早急に入れたくなるほど興奮した。
 女よりも深く、激しい口淫に食べられちゃうかもしれない、と思っているのだとしたら可愛くて堪らない。

「ンッ、も、でちゃ…から、…あっあっ」

 じゅぶじゅぶと音を立て、吸いながら唇で扱き、舌を性器に絡みつかせた。だんだん呼吸が短くエレンに、もう限界なのだと察すると、先端をじゅっと吸ってから口を離した。

「あ、くっ…、〜〜っ」

 イきそうなところで口を離されて、思わず出してしまいそうになるのを耐えるように指がシーツを握りこんだ。はぁっはぁっ、と詰めていた息を整えるように呼吸を繰り返して、体を震わせる。
 リヴァイが体を起こせば、エレンは敏感になった体に必死に力を入れて慣れたように背を向けて尻を上げた。
 やはり後ろからがいいのか、と思った。リヴァイがこうしろと言う前に、エレンはこうして後ろから受け入れる体勢をとる。後孔をほぐすのも入れるのもこの方がやりやすいのであまり気には止めなかったが。

「ぅあ…っ、っ」

 ローションを後孔に垂らし、自分の指にも纏わせた。

63 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:11:21.01 d
 きつく閉ざされたそこを指の腹でゆっくりと撫でる。
 くちゅ、くちゅ、と音がしてだんだん温まってくると、エレンの口からも熱い吐息が漏れ始めていた。

「は、ん…はぁっ…ぁ、…っ」

 次第に後孔がヒクつき始め、固く閉ざしていたはずのそこが早く入れてと指に吸いつく。
 指先を少し入れて抜く、を繰り返す。
 そして、思い切りそこに指を一本、根元までぐっと差し込んだ。

「あああっ!」

 油断していたのだろう。入った瞬間、指がぎゅうっと締められて、エレンの性器からぱたぱたと精液がシーツに零れおちた。

「ぁっ!待っ、まだ、動かさな…っ、あっああっ」

 射精した余韻に浸る暇を与えずに、指を動かした。
 これまで何度もリヴァイの性器を受け入れてきた後孔は、ローションの滑りを借りて難なく動かせた。エレンも痛がる様子はない。

「んぅ〜〜っ、ぁ、はぁっ、アッ」

 徐々に解れ、柔らかくなっていく後孔にリヴァイもそろそろ限界だった。

「あ…、ぁ…も、入れて…っは、ぅ、」
「エレン、」

 指を抜くと、広がったままのそこが欲しがるようにぱくぱくと口を開けた。そこに、ガチガチの性器を押しあてる。

「んあ、ぁ、〜〜〜っはぁ、んんんっ」
「っ、」

 にゅるる、と中に入り込む感触。柔らかくなったそこが食いちぎられそうなほどきつく締まってうねった。エレンがどう感じているのかがわかる。

64 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:11:27.57 d
 強張っている背中を撫でればビクビクッと震えて中もヒクつく。
 背中に覆いかぶさって乳首をきゅうっと摘めば中もリヴァイの性器をぎゅっと締め付けた。

「動くぞ、」
「あ…っ、はぃ、突いて、奥、いっぱい突いて…っんっ、ああっ、」

 エレンの顔の横に手をついて、エレンの言う通り奥まで突いてやる。
 その度にガクガクと体が震え、ぢゅ、ぐぢゅ、と中をかき混ぜる音とエレンの甘い声がリヴァイの耳にまで届いた。

「あっ、もっと、ひどくして…っ、んぅ、はぁっ、アッ、アッ中に、中にだしていいからぁっ…もっと、してっ…ひああっ」

 また、エレンは「ひどくして」と乞う。
 瞳を潤ませ、快感に熱い吐息を洩らしつつも、その顔は苦しそうに歪められていた。
 これはエレンの本意ではないと思った。だとしたら、何故そんなことを言うのだろう。
 リヴァイは頭の片隅でそんなことを考えながらも、快感には逆らえずに腰を振った。
 奥を突き、ぎりぎりまで抜く度に聞こえるぐじゅ、ぬりゅ、といやらしい音が思考を鈍らせようとしていた。

65 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:11:52.41 d
 リヴァイの放った白濁がうつ伏せになった状態で荒い呼吸を繰り返しているエレンの背中を汚していた。
 セックスを終えた二人の間に甘い時間などは訪れない。
 リヴァイは口下手であるし、エレンは最近リヴァイに控えめな態度で、セックス中以外はあまり言葉を発しなくなった。
 エレンの背中に吐き出したものを雑に拭ってやる。その足でベッドから降りると、なんだかやりきれないような気分になって、断りもなく煙草に火をつけた。

「…中に出していいって、言ったのに」

 独り言のように呟かれたエレンの声はしっかりとリヴァイの耳に届いていた。

「体きつくなるだろうが」
「別に。女じゃあるまいし、子どもができるわけでもねぇんだから中出しでも何でもすればいいじゃないですか」

 やけに棘がある言い方だった。

「そういうことじゃねぇ。お前のことを心配してんだ」
「男なんだからそんなに弱くありません」
「…おい。お前さっきから何を言ってる?」

 リヴァイはまだろくに減ってもいない煙草を灰皿に押し付けて、ベッドに近づいた。いつの間にかエレンはリヴァイに背を向けるようにして横になり、体を丸めていた。

「だから、優しくすんなって言ってんですよ」
「ああ?」
「ひどくしていいって何度も、」
「俺にそんな趣味はねぇ」

 最初は無理矢理だった。だからこそ、今は優しくしてやりたいし、エレンの体にあまり負担がかからないようにしてやりたいと思っているのに、エレンは何故か苛立っているようだった。

66 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:12:01.34 d
「何が気に入らない?」
「…、」
「何でもすればいいって言うなら、俺はお前にひどいことはしたくねぇ」

 言うと、エレンは体を起こして泣きだしそうな声で叫んだ。

「オレは男なんですよ…っだから、女みたいに抱くんじゃねぇよ…っ」

 リヴァイは目を瞠った。

「そんな風にするなら、他を当たってください」
「エレン」
「女みたいにするなら、女とセックスした方がいいに決まってる」
「おい」

 ベッドから降りようとするエレンの腕を思わず掴んだ。
 エレンを女の代わりだと思ったことはないし、女のように抱いていると思ったこともない。
 ただエレンの体を気遣いたくて、甘やかしてやりたかっただけなのに、それが裏目に出ているというのか。

「離してください」

 ハンジが言っていた。
 長い付き合いの私でさえ勘違いするんだから、エレンはもっとわかっていないよ。
 リヴァイは言葉が足りないから、無理やりにでもわからせるしかないかもね。

67 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:12:31.56 d
 ああ、その通りだ。エレンは何もわかっていなかった。
何も伝えていないのだから、理解しろと言う方が無理かもしれない。
 でも、今リヴァイが何を言ったとしてもきっとエレンは信じようとはしないだろう。
 だったら、わからせてやる。
 その腕を引き寄せ、ベッドに組み敷いた。
 顔には出ないが、明らかに苛立っているリヴァイを見て、エレンが目を大きく見開いて驚いた。

「な、離せよ…っ」
「うるせぇ、黙ってろ」
「んぐっ」

 リヴァイは大きな掌でエレンの口元を塞ぐと、そのまま押さえつけて耳元で囁いた。

「そんなに言うなら、俺のやりたいように抱いてやる…テメェが言ったんだ、何されても文句言うんじゃねぇぞ」

 






こりゃ続いちまうやつだ

68 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:14:13.32 d
 ベッドの上に座ったまま、男の腕の中で唇を貪られる。

「ん…」
「エレン…」
「んん…。はぁ…」

 キスだけで蕩けそうになる。舌先を差し出せば、リヴァイがその舌を吸い舐る。ぞくぞくと快感が背筋を這い上がってくるのを、男の背にしがみついて耐えた。

「ん、う…」

 リヴァイがエレンを抱えたまま、仰向けにベッドに倒れこんだ。エレンは男の胸の上だ。
 髪を撫でる手。それが気持ち良くて、うっとりと目を閉じる。男の胸の鼓動が聞こえる。

「気持ちいい…」
「寝るなよ」

 その言葉に、エレンは顎を上げてリヴァイを見た。リヴァイと視線が絡む。

「夕べは…、すみませんでした」
「ん?」
「オレ、すごく眠くて…」
「疲れてたんだろう? 気にするな。それに…」
「それに?」
「寝ぼけてグズるおまえも可愛かった」
「うー…」

 顔が熱い。きっと真っ赤になっているに違いない。

「なんか…、性格変わりました?」
「うん?」
「そんなにストレートに感情表現する人でしたっけ?」

 エレンがそう言うと、男は苦笑した。

「そうだな。何も言わないと、何も伝わらないかも知れないって…、学習したんだ」

 男はそう言いながら、エレンの首筋から顎へと指を滑らせた。

69 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:14:49.97 d
「おまえが居なくなって、正直堪えた。二度と逢えなくなるんじゃないかと思ったら、居ても立ってもいられなくなった」

 眉根を寄せて、エレンを見つめる瞳。

「会社に休暇を申請して、査証を取得して…。おまえが何処に居ようが、探して、追いかけて、捕まえて…、連れ戻すつもりだった」
「リヴァイさん…」

 男の腕がエレンをきつく抱きしめる。

「このひと月は、とても長かった…」

 胸が締め付けられるようにきゅんと痛んで、エレンは唇を噛んだ。そして、リヴァイの頬に手を添えて、その薄くて形の良い唇を塞いだ。

「ん…、あ…」

 喘ぎながら、自分を見下ろす男の顔を見つめる。
 腰は半ば男の膝に乗り上げたような格好で、熱を持った中心は男の手の中に、そして後肛にも指が2本挿入されている。
 その長い指が、ゆるゆると屹立を扱き、一方ではエレンの中の悦いところを探り当てた指が、掻くように蠢く。

「あっ、ああっ」

 前も後ろも同時に責められて、イキそうになる度にはぐらかされる。もどかしくて堪らない。

「やっ、も、イキた…い。ね…、リヴァイさ…。ああっ」
 
 より強い快楽を求めて、無意識に腰が揺れる。

「あ…、あっ。もう、だめ…」

 もうこれ以上じらされたら、おかしくなりそうだ。

70 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:14:54.06 d
 いやいやをするようにエレンは首を振った。ダークブラウンの柔らかい髪の毛がシーツに当たってパサパサと乾いた音を立る。

「んんん…、はぁ…、あう…」

 後肛から指が抜かれる。
 男が腰を上げて、エレンに覆いかぶさるようにその顔を覗き込んでくる。
 欲の滲んだ表情。なのに、細めた目はどこまでも優しい。
 エレンは男の首に腕を回した。

「も、…きて」
「ああ」

 リヴァイが唇を重ねてくる。唇を舐めるように何度か触れて離れた。
 片膝を抱え上げられ、宛がわれる熱。ゆっくりとエレンの中に侵入してくるそれ。

「あっ…」

 エレンは身震いした。挿入の際のこの感覚に、未だに慣れることができない。
 そんなエレンの背を男の片腕が抱いてくれる。

「息を詰めるな。ちゃんと呼吸しろ」
「んっ、…は…ぁ」
「いい子だ…」

 ゆっくりと男を飲み込まされる。その間も、リヴァイはエレンの様子に注意を払い、無理を強いたりはしなかった。
 エレンが男の熱を全て受け入れると、リヴァイは暫く動きを止めてエレンの様子を窺っていた。

71 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:15:19.97 d
 ああ…。好き。この人が好きだ。

「リヴァイさん、…好き」
「ああ、エレン。俺もだ。…愛している」

 唇が重なる。啄ばむように、小さな音を立てて、幾度も交わすキス。

 やがて男が上体を起こし、エレンの片膝を掴んだ。
 最初はゆっくりと浅く、腰を揺らし、エレンの悦い場所を擦り上げる。その刺激で、エレンの屹立がぴくぴくと跳ねる。
 男は反応を探るかのように、エレンを見下ろす。 
 快楽に上気した頬。涙の膜の張った蕩けそうな蜂蜜色の瞳。浅く早い呼吸。甘い喘ぎ。男の腕にすがる手。花びらのように肌に散る性的紅徴。
 エレンの全てが媚態となって視覚的に男を誘うのだが、エレン自身はそれを知らない。

「あ…ん、は、ああっ」

 男はエレンの屹立を握り、自らの律動に合わせてそれを擦り上げた。

「エレン」
「あ・・・。んん」

 エレンは男の与える快感に身をゆだねた。波に浮かんでいるかのように、ゆらゆらと…。

「あ…、気持ち、いい…」
「そうか」
「リヴァイ、さんは…?」

 涙で潤んだ金色の瞳。その少しぼやけた視界で、エレンは男を見上げた。

「ああ、すごく悦い」

 かすれた声。その吐息の熱を感じた気がして、エレンは男に向かって手を伸ばした。

72 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:15:23.51 d
「リヴァイさん、激しくしていいから…」

 その言葉が男を煽ると知っていながら、エレンはわざと口にした。

「もっと、オレで気持ちよくなって…」

 そう言った途端、男にきつく抱きすくめられる。

「あっ、あっ。リヴァイさ…」

 激しい抽挿。肉のぶつかる音。動く度に粘ついた音が響く。
 男の屹立が奥を穿つ時の圧迫感。そして引き抜かれる度に粘膜ごと持って行かれそうな、肌の粟立つ感覚。そのどちらも、エレンを痺れさせていた。
 何よりも、惚れた男に抱かれているのだという、満たされた想い。
 自分の胸に顔を埋めた男の吐息。汗。肌に触れる髪。何もかも、全てが愛おしい。
 エレンは、自分がとろとろに溶けてしまうのではないかと思うほどの快楽を味わっていた。

「んっ、あっ」
「エレン、あぁっ」
「あんっ、もうイクっ。イカせて…。ああっ」

 エレンの熱は再びリヴァイの手の中に握られ、律動に合わせて扱かれる。

「ん、あああぁっ」

 悲鳴にも似た嬌声を上げて、エレンは達した。自身の腹に精を散らして…。

「あ、あ…」

 絶頂の余韻に震える体。男の指に根元から扱かれ、樹液を搾り取られる。とろりと先端から溢れる白濁は、ひどくエロティックだった。

「エレン、もう少しつきあえ」

 男が律動を再開する。達した直後のエレンの後肛はひくひくと息づき、咥え込んだままの男を締め付け、煽った。

「ひっ、あっ」

 再びあがる喘ぎと嬌声。潤む視界。

「んっ、はぁ、ああっ」
「エレン」
「あう…」

 男の下で揺すられ、達したばかりの敏感な体は快楽に喘ぐ。白濁する意識そのままに堕ちて…。
 いつ終わったのか、いつ眠りについたのかさえ、エレンは覚えていなかった。

73 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:15:49.88 d
「エレン・イェーガーさん、お待たせしました。はじめまして、ぺトラ・ラルと申します」

 ぺトラは笑顔で挨拶をすると手を差し出して握手を求めた。エレンも挨拶を返し、差し出された手を握って握手をする。
 他愛ない会話を交わしながらエレベーターで14階へ上がり、いくつかのオフィスや部屋を横目に長い廊下を奥まで歩くと大きな窓のある会議室に通された。
 席を勧められ、テーブルを挟んだ手前の椅子に掛ける。お茶をお持ちしますね、とペトラは足早に部屋を出て行った。
 高層ビル群の隙間に飴玉のようなオレンジの夕陽が浮かんでいる。窓は出窓になっていて、観葉植物が飾ってあり、室内に細く影を伸ばしていた。
 遥か遠くにミニチュアのように小さな人々が忙しなく行き来するのが見える。目の前に窓硝子があるのは分かっているのに、腹の底がざわざわとするような、まるで落ちていってしまいそうな錯覚を覚えた。
 そこで唐突に室内にノックの音が響き、ぺトラが戻ってきたのかと慌てて乗り出していた身体を引っ込めた。扉の開く気配に振り返る。
 しかしそこに立っていたのはぺトラではなく、リヴァイだった。
 深い緑のネクタイを締め、グレーのスーツに身を包んだリヴァイは相変わらず凛として美しい立ち姿で、感情の読めない冷たいブルーグレーの瞳でエレンを見ていた。
 今度会ったら殴ると勇んでいたものの、今日はペトラとの打ち合わせのみで終わりそうだったのでまさか対面するとは思っておらずエレンは茫然とリヴァイを眺めてそのまま動きが止まってしまう。
 暫し無言で見つめ合っていたが再び室内にノックの音が響いた。今度こそぺトラが紅茶と茶菓子をトレーに乗せて室内に入ってくる。

「すみませんイェーガーさん、お待たせしてしまって。リヴァイ課長がちょうど会議から戻られて、良ければ一緒にお話お伺いしたいのですが宜しいですか?」
「あ…はぁ、大丈夫です…あっ、でも資料が2組しか…」
「私コピーしてきます!よかったら紅茶、お召し上がりください。リヴァイ課長、紅茶に詳しくて、いつも差し入れに下さるんですけどこの茶葉とても美味しいんですよ!」

 どうぞ、とにこやかに紅茶を出されエレンはたじろぎながらも椅子に腰を落ち着ける。正面にリヴァイが腰掛けた。落ち着かない。

74 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:15:53.64 d
 正直言ってペトラにはこの部屋を出て欲しくなかったがそうもいかない。リヴァイの前にも紅茶を置いたペトラは、コピー行ってきますね、と言ってエレンが置いた資料を抱えた。

「悪いなペトラ」
「いえ!すぐお持ちします!」

 ハキハキと張り切った返事をするとペトラは部屋を出て行った。沈黙の中、目の前に座ったリヴァイがカップの縁を掴み、紅茶を飲む。
 変わった持ち方だった。エレンは暫くその手を眺めていたが、徐にリヴァイから紅茶は嫌いですかと尋ねられる。
 目の前に置かれたティーカップからは湯気が立ち上り、ほんのりと良い香りがした。
 リヴァイは静かに、どうぞ、と紅茶を勧める。エレンは一言礼を言うと、カップに口をつけて紅茶を啜った。
 ベルガモットの芳香が鼻腔に広がる。上品で香り高いアールグレイだ。エレンは特別紅茶を嗜むような質ではないが、この茶葉の香りは純粋に好きだと思えた。
 酒とはまた違う味と香りが心地よく、ほうっと息を吐いた。
 リヴァイと2人きりになればまた妙なちょっかいを出されるかと身構えていたがそんな事はなくてただ事務的にお忙しいところありがとうございます、という挨拶を交わして私的な会話は一切なかった。
 何だか拍子抜けだった。暫くしてペトラが部屋に戻るとごく普通の打ち合わせ会議が始まる。
 落ち着いていかにも真面目な様子で話をするリヴァイが一体何を考えているのかエレンは全く分からない。
 書類を捲り、鋭い目で資料を辿る。エレンの説明に分からないことや問題点があれば指摘し、効率良く代替案を提示する。
 部下のペトラへの指示もその都度行い適切で、阿吽の呼吸でやりとりをする2人の様子には互いの厚い信頼が窺えるようだった。
 目の前の人物はエレンの知るリヴァイとは別人のようだった。先日の食事会の席でも感じたが、自身の知るリヴァイの印象との差がどんどんと開いていくのを感じる。
 エレンにとってリヴァイは欲深く狡猾で、強かで、尚且つ人を平然と欺く最低な男だった。

75 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:16:18.84 d
 だが目の前に座るこの男は真面目で誠実、部下からの信頼も厚く真摯に仕事に向き合う姿勢は夜に垣間見る肉欲など微塵も覗かせはしない。
 この冷たい瞳が熱に溺れたときの熱さをエレンは知っている。書面を辿るごつごつとした指先がどんな風に肌を辿って、あらぬ場所を探し当て、そこを抉るのか。
 薄くて綺麗な唇がどんな口付けをするのか、そこから覗く舌がどこを舐めしゃぶり愛撫するのか。
 澄ました様子で会話をするその声が、最中にどんなに切羽詰まって名前を呼ぶか。
 それらがもたらす容赦の無い強烈な快感を、エレンは全て知っている。仕事中だというのに頭の中はリヴァイと過ごした夜の記憶でいっぱいだった。
 目の前に座るスーツの男の、服の下の肉体をまるで焦がれるかのように思い出してしまう。
 どくどくと脈打つ心臓がうるさい。身体が熱い。皮膚の神経が過敏になってしまっているみたいだった。動く度に衣擦れをする胸元や脇腹がむずむずとした感覚に襲われる。
 下肢が震える。ずっと根を詰めて仕事をしていたから、ついに体調を崩してしまったのだろうか。だがしかし体調不良にしては明らかに様子がおかしい。
 エレンの陰茎は触れてもいないのに軽く勃起していた。確かに少々淫らなことを考えていたかもしれないがこれはおかしい。いくらなんでもおかしい。

「それではこれらの件については今お話した通りに、実用化に向けて調整を進めていきましょう」
「ぁ、は、はい」
「…イェーガーさん?顔が真っ赤ですけど、大丈夫ですか」

 いつの間にか打ち合わせ会議はひと段落しており、ペトラが資料を揃えていた手を止めてエレンの顔を覗き込む。

76 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:16:25.38 d
 身体の変調を知られたくなくてエレンは口元を覆って顔を逸らした。

「っすみません、ちょっと最近、忙しかったものですから」
「熱が出てきてしまったのかしら。大変、医務室で薬を貰ってきましょうか…?」
「いえ、そんな、お気遣いなく!今日はもう直帰するので、家に帰ってよく休みます」
「でも、帰りに何かあったら…」

 尚も心配するペトラを振り切ろうと、大丈夫ですと答えるが下肢の状態を考えると今ここでスムーズに立ち去ることはできない。
 身体の熱は尚も増すばかりで下着の中がしとどに濡れているのが嫌でも分かった。
 内に積もってゆく衝動をなんとかして解放したくてたまらない。呼吸まで浅くなってきた。

「…少しここで休んで行かれたほうがいい。そんな様子で下手に歩いて、倒れでもしたら大事ですよ」

 リヴァイが嗜めるように言った。エレンは熱い顔を俯かせて小さな声ですみません、と呟く。腹の奥がざわざわする。膝の上に置いた手を強く握り締めた。

「落ち着くまでここで休んでください。これ以降今日は使用する予定もありませんし」
「ありがとうございます…」
「私、やっぱり薬を貰ってきます」
「いや、俺が行く。今日はもう手が空いたからな。ペトラ、すまないが先の会議で至急作業を頼みたい案件がある。指示はエルドに出しておいたから、今日はそれを仕上げてくれるか」

77 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:16:53.16 d
 リヴァイの指示にペトラは一瞬戸惑いを見せたが、リヴァイが俺がついて様子を見ているから、と言うと漸く納得したようだった。
 エレンに一言、お大事にしてくださいね、と声を掛けると失礼しますと言い置いて会議室を出て行った。
 室内に再び静寂が訪れる。リヴァイは徐に扉の前まで歩いていくと、かちゃり、と音を立てて会議室のカギを内側から施錠した。
 振り返ったブルーグレーの瞳をエレンは前屈みになりながらも睨みつける。もう身体が熱くて仕方ない。

「…なんで、鍵を」
「一応な。仕事とは別件でお前と話したい」
「今はお互い仕事中ですよ…公私混同はやめてください」
「随分と辛そうだな?大丈夫か」
「っ…」

 リヴァイは無表情のままエレンの隣に歩み寄ると頬を撫でて顔を覗き込んだ。それだけでもぞわりと背筋を妙な感覚が走る。
 リヴァイの冷たい手の平が今は気持ちいい。撫で摩る手が首筋を辿りうなじを擽って、エレンはこくりと小さく喉を鳴らした。
 机に手をついて屈むリヴァイの顔がゆっくりと近づく。焦れったい。身体の内側でざわざわと騒ぐ衝動を抑えられない。
 エレンは熱い息を吐いて自分から噛みつくように唇を重ねた。ぴちゃり、くちゅりと音を立てながら何度も角度を変えて食いつく。
 リヴァイの薄い舌を吸い、食み、時々噛み付いて夢中で口付けに没頭する。目の前に垂れるネクタイを引っ張り、身体を自分に引き寄せて、エレンは荒々しくその唇を弄った。
 リヴァイも息が上がってきた頃漸くエレンが唇を離す。ぴちゅ、と濡れた音を立て、細く唾液が二人の間に糸を引く。

「はぁっ…はっ…はぁ……」
「…なんってツラだ、てめえ」

 息苦しくて夢中で呼吸するエレンを見てリヴァイが舌打ちをし、低く唸るように言った。
 興奮で顔を真っ赤にしたエレンは唇の端から涎を垂らし、潤んだ瞳でぎらぎらと物欲しげにリヴァイを見つめる。
 身体の内側から突き上げるように湧いてくる肉欲はエレンを昂らせる一方だった。ぱんぱんに張り詰めた股間をリヴァイが手の平で撫でる。

78 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:16:57.49 d
 エレンの身体が一瞬強張り、もぞもぞともどかしげにリヴァイの手の平に股間を押し付けた。
 焦らすような手つきでそこを揉み込む。音を立てて顔や耳に口付けながら片手で柔く弄び、もう片方の手でエレンのスーツの上着をゆっくりと脱がせた。
 エレンが焦ったような、苛立ちを隠しもしない様子でリヴァイを睨む。

「リヴァイさん…っ」
「なんだ?どうした」
「……そこ、…その…手…」

 もじもじと言い辛そうにするが身体は正直でより強い刺激を求めるように腰が揺れる。
 はっ、はっ、と犬の呼吸のように短く荒いエレンの息がリヴァイの耳をくすぐった。
 リヴァイはエレンの座った椅子の向きを変え、正面に屈みこんでゆっくりと焦らすようにベルトのバックルを外す。
 チャックを下ろしスラックスの前を寛げると中に篭っていた熱気を手の平に感じた。
 下着を押し上げる陰茎がはっきりと形を露わにしている。指先で弄ぶように竿をぐにぐにと揉めばエレンが小さく呻いて脚が跳ねた。

「ぐちょぐちょだ」
「うっ…く……っ」
「どうしてほしい?」
「…っ」

 意地悪く問い掛けるがエレンは潤んだ瞳でリヴァイを睨みつけるだけだ。リヴァイの指の動きに合わせるように細い腰が揺れた。
 エレンの苦しそうな、荒い呼吸だけが静かな室内に響く。リヴァイは陰茎を揉んでいた手を離すと、エレンの下着とスラックスを纏めて掴み、一気にずり下げた。
 エレンは驚いて慌てて椅子の肘掛けに捕まる。椅子に腰掛けていた身体が引っ張られ尻の位置が浅くなり、リヴァイの眼前に下肢を晒すような体勢になってしまった。
 スーツと下着はエレンの脚から抜き取られ、ワイシャツはきっちりと着込んでいるのに下半身を丸出しにし、靴下と革靴だけを履いた間抜けな格好だった。
 エレンが羞恥で更に赤くなる。脚を閉じて陰茎を隠すように丸まった。

79 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:17:26.82 d
「なにすんだよ…っ!!」
「こんなに濡らしやがって、スーツが汚れるだろうが」
「余計なお世話っ…アッ…!」
「なぁエレン?てめえが上手におねだりができねえみたいだから、俺はどうしたらいいか分からない。だから、なあ」

 肘掛けを掴んでいたエレンの手をリヴァイが無理矢理掴んで、脚の間に隠した陰茎へと導く。
 エレンは小さく声を上げ抵抗したが問答無用で陰茎を握らされ、その上からリヴァイの手が陰茎ごとエレンの手を握りこんだ。

「どうしたいか、お前がやりたいようにやってみろ」
「は……!?」

 目の前の男が何を言っているのか分からず目を見開いて聞き返す。手を離そうとしてもリヴァイに握り込まれ叶わない。
 身体が熱いせいで上手く力も入らなくてエレンは唇を噛んだ。リヴァイが意地悪く目を細め、緩々と手を動かしながら囁く。

「このままじゃ辛いんだろ?俺に頼むのが嫌なら、自分でなんとかしろ」

 エレンは羞恥でぶるぶると震え顔を真っ赤にして瞳を潤ませる。
 ほらやってみろ、とリヴァイに無理矢理促されるように手を動かされ最初は抵抗していたが、徐々に断続的に続く緩い快感に焦れて無意識のうちに自分で手を動かし始めていた。
 カウパーを零した陰茎を自らの手の平でゆるゆると扱く。強張っていたエレンの表情は次第に快感に蕩けて緩み、荒く短く息を吐きながら燻る射精への欲望に忠実に手を動かす。
 リヴァイの存在も気にならないほど頭の中がぼうっとして肉欲に埋め尽くされ、早くもっと気持ちよくなりたくて仕方がなかった。
 カウパーが次から次へと陰茎を零れ落ち、手の平に絡んで水音はどんどん大きくなる。エレンの手の動きも大胆になっていった。
 
「はぁっ…ぅ…ぅっ、ぁ…」

 エレンは小さく喘ぎを漏らし、ちゅくちゅくと音を立てながら陰茎を必死で扱くがしかし上手く射精感が高まらない。もどかしい。

80 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:17:30.58 d
 イきたいのにあと少し絶頂に手が届かない。俯いて喘ぎ、自慰に夢中になっていたエレンの顎をリヴァイの手が掴み無理矢理上を向かされる。
 エレンは熱に浮かされたような蕩けた表情でリヴァイを見上げた。

「…イけないのか」
「ぁっ……」
「手伝ってやろうか?」

 リヴァイは意地悪い笑みを浮かべると、エレンの口の前に指を差し出した。

「しゃぶれ」

 短く命令され、エレンの口内にごつごつとした男の指が2本入ってくる。舌を弄ばれ口内を撫で付けた指を喉の奥まで突き入れられてエレンは思わずえずく。
 視界が滲み口の端から唾液が垂れ落ちた。顎を伝いワイシャツに染みをつくる。
 ぐちゅぐちゅと音を立てながら口腔内を出し入れされ、まるで性行為を連想させるような動きにアナルがじくじくと疼いた。

「ンッ…!ぐ、ぉ……」
「脚を開け」

 指をエレンの口から引き抜いたリヴァイがエレンの内腿を掴んだ。エレンは羞恥から身を捩り脚を固く閉じる。自分の方へ脚を引き寄せ身体を丸めた。

「エレン」
「っ嫌だ…!」
「イけないままでいいのか」
「…っ」
「なあ。ケツ穴弄ってほしくて堪らねえだろう。ヒクヒクしてる」

 リヴァイの指がアナルに押し当てられた。エレンの唾液が絡んだ人差し指がクニクニと皺を弄ぶ。
 リヴァイは会陰を辿り零れ落ちたカウパーを更に指に絡め、アナルに指を突き立てた。エレンの身体がびくりと跳ねる。

「やっ…!やめ、やめろ…」
「てめえが丸まってるおかげで指が入っちまうぞ、ほら」
「やだ…!嫌だ!あっ…あっ…」

 リヴァイが人差し指を突き入れるとエレンのアナルはすんなりとそれを受け入れてしまった。
 脚を閉じて身体を丸め、力が入っているせいでアナルが開きリヴァイの指は引っかかりもせずズブズブとエレンの中に埋まる。内壁を押し広げられ中で指を動かされてエレンは呻いた。

81 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:17:55.73 d
 必死で手を伸ばしリヴァイの動きを止めようとするがそんなことはお構いなしに抜き差しを何度か繰り返した指はゆっくりと引き抜かれ、体内から出て行くかと気を緩めたところで強く前立腺を押し上げられる。

「あっ!!あっ、や、そこやだ…!あっ、アッ…!」

 コリコリとしこりを何度も指が押し上げ、痺れにも似た快感が腹の底から迫ってくる。
 しつこく教え込まれたその感覚に恐怖と、焦燥にも似た期待が湧き上がる。
 そこを弄られ続けると頭が蕩けて真っ白になるくらい気持ちが良くなってしまうことを、エレンは目の前にいるこの男に嫌というほど思い知らされていた。
 自身で陰茎を扱いても達せない快感に、この男はいとも簡単に引きずり上げる。
 リヴァイはエレンの内腿に掛けた手で肌を撫で上げると、閉じた股を割り開くように力を入れた。

「エレン。脚を開け」

 イきたいだろ?低く耳元で囁かれエレンの身体が震える。リヴァイの、アナルを弄る手とは反対の手がエレンの陰茎を撫でて尿道口を擽る。
 エレンは羞恥と肉欲に板挟みにされて頭が沸騰してしまいそうで、リヴァイに促されるまま恐る恐る脚を開いた。
 勃起した陰茎がピクピクと跳ねる。リヴァイはエレンの痴態を見つめると息を荒げてアナルに埋めた手の動きを再開させた。
 エレンはひっきりなしに喘ぎ、リヴァイは容赦なくエレンを高めていく。

「エレン、ほら、ちんぽ、自分で扱け」
「あっ、あっ、ああぁ…ぅ、や、ぁあ…」

 いつの間にか2本に増やされた指が前立腺を挟みこむようにして内部で蠢き、射精を待ち望んでぱんぱんに膨れた陰嚢がリヴァイの指に揉みしだかれる。
 エレンは過ぎる快感に身悶えながら脚を限界まで開いて喘ぎ、じゅくじゅくと夢中で自分の陰茎を扱いた。
 リヴァイの強い視線を感じるがもうそれどころではない。前からも後ろからも追い立てるように激しく快感が迫ってくる。
 開きっぱなしの口から喘ぎ声と唾液が溢れ、エレンは我を忘れてただ熱の解放と快楽のために自慰をした。

82 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:18:04.59 d
「うう、ぁ、ィッちゃう、イく、イく…ッ!!」

 エレンの身体に力が入り再びきゅうっと丸まる。リヴァイがエレンを追い込むようにアナルに入れた指を突き上げた。
 柔らかい肉壁がリヴァイの指を締め付ける。エレンは一度大きく身体を跳ねさせると、小さく呻いて絶頂した。
 手の中の陰茎が白く濁った精液をぴゅくりと垂れ流す。
 エレンが達する間もアナルに入ったままのリヴァイの指は前立腺をコリコリと掻き、エレンは掠れた喘ぎ声を上げて身を強張らせた。

「ぁっ…ぁっ、う…」

 絶頂の余韻に震える陰茎からそっと手を離す。陰茎も、その周りの陰毛も、エレンの零したカウパーと精液でベトベトに濡れていた。
 肩で息をして呼吸を整えようとする。だがしかし過敏になった陰茎にリヴァイの手が触れ、その手が亀頭を再び激しく扱き始めてエレンは引きつった声を上げた。

「ゃっ…!?リヴァイさ、やめて、イッた、イッたから、やだ、嫌だ!!離して…ッぁ!離せ!!」

 ぐちゅぐちゅと音を立てて扱かれる陰茎からの刺激にエレンの身体が痙攣する。
 リヴァイは獰猛なほどの眼光でエレンを見つめ、舌舐めずりをして荒く息を吐いた。
 容赦ない追い込みにエレンは腹の底から再度せり上がるような痺れを感じる。脚を閉じようとしてもリヴァイの身体が割り込みそれを許さない。
 震える手で肩にしがみつき、なす術もなく喘ぐ。

「アッ、あっ、あっ、やめて…やだ、なんかくる、アッ…でちゃう、でるっ、離して…やっ!…アアァア!!」

 ぷしゅ、とエレンの陰茎が勢いよく透明の液体を噴き出しリヴァイの手とエレンの腹を汚した。
 びしゃびしゃと溢れ続けるそれを搾り取るようにリヴァイの手が陰茎を扱き上げる。
 エレンは涎を垂らし喘ぎ、自身の陰茎から垂れ流れるそれを見ていた。意識が飛んでしまいそうなほどの気持ちよさに身体の痙攣が止まらない。

「上手にできたじゃねえか、潮吹き」
「し…しお…?」
「床までびしょ濡れだ」
「う…」
「はっ、エレン、気持ちよくてお漏らしか?可愛いな」
「ぁっ…!」

 リヴァイが意地悪く笑って指を引き抜いた。思わず声が漏れる。中に埋まっていた指が出て行き、アナルが物欲しげに疼くのを自分でも感じた。

83 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:18:35.17 d
 リヴァイの手が尻たぶを割り開き、指先がそこを撫でる。指が穴を掠める度にぱくぱくと乞うように開く。
 それを全部リヴァイに見られている。エレンは恥ずかしくて仕方がなかった。
 それなのに、アナルを撫でられるたびに、女でもないのに感じて声が漏れそうになる。
 早く中を犯してほしくて腰が揺れそうになる。身体と気持ちがバラバラになって快楽に支配されてしまいそうで、怖くてたまらない。
 こんなのは自分じゃない。らしくない筈だ。
 それなのに抗えない。再び中に入ってきた3本の指が無遠慮にエレンのアナルを蹂躙し、前立腺を掠めては肉の壁を押し広げる。
 エレンの陰茎は達したにも関わらず勃起が治まっておらず、ぱんぱんに張りつめて震えていた。

「あっ、あ、ゃ、なんでっ…なんでおれ…っ!」
「紅茶飲んだろ。美味かったか」
「え…?」
「あれは俺が淹れた。ぺトラに運ばせる前にちょっとした仕込みをな。…よく効いてるな。まだイけるだろ?」
「ンッ…!」

 会議中から物欲しげに見つめてくるお前、エロくてヤバかったぞ、と耳元で囁かれ、そのまま耳たぶを舐めしゃぶられて声が漏れた。
 最初から仕組まれていた。またこの男の策略に嵌ったのか。エレンは熱に浮かされ茫然とリヴァイにされるがままになる。
 唇を吸われ、アナルを弄られて漏れる喘ぎがリヴァイの口の中に呑み込まれる。
 ぐずぐずに解れたアナルが指よりも熱くて固いものを求めて疼き始めていた。
 悔しくてたまらないのに、身体はリヴァイの施す愛撫に歓喜し、飢えるように次を期待し求めてしまう。昂りが治まらない。苦しい。ほしい。

「エレン…いい子だ、気持ちよくしてやる」
「っぁ…!」

 アナルから指が抜かれ、腕を引かれて無理矢理立たされる。ふらつく身体を冷たいテーブルに押しつけられ、テーブルにうつ伏せの状態でリヴァイに尻を突き出させられた。

84 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:18:42.64 d
 背後でリヴァイがベルトを外し、ジッパーを下げる音がする。2人分の荒い呼吸が会議室に響いていた。
 パッケージを焦って強引に破く音と、それがパチンと嵌められる音がする。続いて熱くいきり立ったリヴァイの陰茎を扱く湿った音がした。
 はぁはぁと荒い呼吸が背後で聞こえる。エレンのアナルに熱い肉の塊がぐにぐにと押し付けられ、先端を咥えるようにアナルがくぷりと開く。
 その温度のあまりの熱さとこれから訪れる快感への期待にエレンの身体がぶるりと震えた。

「エレン…っ」
「アッ…あっ、あ、ああぁ…」

 リヴァイの陰茎がエレンのアナルにずぶずぶと埋まる。熱くて気持ちがよくてたまらなかった。
 身体が快感に震える。入れられただけでイってしまいそうだ。リヴァイが息を詰めてあまり締めるなと囁く。
 ぴったりと奥まで嵌められたリヴァイの陰茎はエレンの胎の中でどくどくと脈打って、ゆっくりとした律動が始まると、突き上げられるのに合わせてエレンの口から喘ぎが漏れる。
 テーブルがガタガタと音を立てて揺れた。

「あっ、あっ、ひ、う…!あっ、ぁぅっ、あっ…」
「エレン、やべえ、クソ、気持ちいい…ッ」

 薬のせいで感度が高まったエレンの身体は熱く、アナルはリヴァイの陰茎を包み込んで強く搾り取るように蠢く。
 突き入れれば柔く包み込む肉の感触がし、引き抜けばまるで留めるように強く吸い付いてくる。
 リヴァイは低く唸ると息荒く律動を早め、エレンと自分を追い立てるように奥を突いた。
 机の下でカウパーを漏らし続けるエレンの陰茎を少々乱暴に扱く。その強引さにエレンの身体がびくびくと痙攣する。気持ちがいい。

「アッ、アッやだ、また、イく、イ、イっちゃう、やだ、アッ…りヴぁいさっ…あっ」
「くっ…!」

 エレンはひっきりなしに啼いて早い段階で絶頂を極めた。身体を満たす強烈な快感と充足感に頭が溶けてしまいそうになる。
 エレンの陰茎から垂れた精液が糸を引いて床に落ちた。それでも陰茎は萎えず、未だ勃起して張りつめている。

85 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:19:11.07 d
 リヴァイは一度陰茎を抜くと、エレンを抱え上げて机の上に寝かせ、足を大きく開かせて再びアナルに陰茎を埋め込む。
 エレンが女のような掠れた高い声を上げた。びくびくと痙攣する足を割り開いて抑え込む。根元までぐりぐりと押しつければエレンが身悶えた。

「はぁっ、あっ、あああぁ…」
「足りねえ、クソッ…!エレン、もっとだ、エレン…!」

 最奥ばかりを抉るように腰を打ちつけ続ける。陰嚢が尻に当たる度にぱつぱつと乾いた音と、ぐちゅぐちゅと濡れた水音が止まらない。
 エレンは身体を仰け反らせて最早声すら無く喘いだ。
 リヴァイは晒された喉仏に噛みつき、シャツの下で勃起した二つの乳首を強く摘まみ、指先でコリコリと転がす。
 同時にエレンのアナルが強くリヴァイを締め付け、リヴァイは気持ちよさに堪らず喘ぎを漏らした。
 日が暮れて真っ暗になった今、会議室の大きな窓は鏡のように室内の2人の姿を映し出していた。
 エレンの目にはリヴァイに組み敷かれ、足を大きく開いて、真っ赤な顔をして涎を垂らし、だらしなく喘ぐ自分の姿が映っていた。
 ワイシャツにネクタイを締め、下半身は丸出しで、靴下と靴を履いた足が間抜けに揺れる。
 まるで女だな。リヴァイにゴツゴツと腹の奥を激しく突き上げられながらどこか他人事のように思った。
 エレンの瞳から涙が溢れた。複雑な感情と身体に与え続けられる快感が混ざり合って零れ落ちたそれを、リヴァイの舌が舐めとって吸い上げる。
 
「はっ、ぁ、あぅ、あ、あ、っあ…!!」

 エレンの身体が一際大きく跳ねあがり、リヴァイの陰茎を強く締め付けた。頭が真っ白になるくらいの絶頂がエレンを満たす。
 腹の奥のほうがきゅうっと強く引き攣るような、先程までの絶頂とは違う感覚だった。エレンの陰茎からは触れられてもいないのにとろとろと精液が溢れて止まらない。

86 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:19:14.78 d
 怖くなるほど、たまらなく気持ちがいい。射精感が長く続きすぎて、意識が飛びそうになる。

「アッ…あ、あ、あああ…」
「ぅっ、く、エレン、エレン、イく…ッ!」

 エレンのアナルに締め付けられ、リヴァイが呻きながら達し、どくりと精液を吐き出した。腹の中で肉の塊が大きく脈打つのを感じる。
 それすらも気持ちがよくてエレンは熱の籠った溜息を吐いた。じんじんと痺れるような強い快感が続いて止まらない。
 リヴァイは快感に身を震わせるエレンに口づけて、ワイシャツを捲り乳首にちゅうっと吸い付き、しゃぶり、脇腹を撫で擦り、エレンの絶頂を引き延ばすように殊更丁寧に愛撫した。
 エレンがあまりの刺激の強さに身体を強張らせる度に宥めるように優しい手つきで肌を撫でる。
 埋まったままのリヴァイの陰茎は再び熱を帯び始めていた。

「く、…っは、も、いや…いやだ、こわい、こわい」
「何が怖いんだ、エレン」
「き、きもちい、こわい…」

 リヴァイによって自分の身体が自分の意思の及ばないものに作り変えられてゆくようで怖い。こんな自分は知らない。
 幼子のように啜り泣き始めたエレンを宥めるようにリヴァイが口付けを繰り返す。
 何度も優しく頭を撫でてやると、その心地よさにエレンは更に涙を浮かべ、身体を震わせて泣いた。

「怖くない。エレン、大丈夫だ」
「俺は、こんな…こんなんじゃなかったのに。あんたのせいで、あんたが…っ」
「ああ、俺のせいだな。エレン」
「こ、恋人が、いるくせにっ…俺を、おれにこんなことして、あんた最低だ…クソ野郎っ…」
「…恋人…?オイ、ちょっと待て、何の話だ」

 エレンに寄せていた身体を起こして、リヴァイが怪訝な顔で問いかける。エレンはリヴァイを睨みあげると、ぽろぽろと涙を零しながら言った。

「この前の、バーで会った人…あんたの、恋人だろ…!しらばっくれんな…!」
「この前の…ナナバか?あいつが?俺の恋人だって?なぜそうなる」
「一緒に飲んでたし、それに、あの人が、パートナーがいるからって…あんたのことだろ…!」

 それなのに俺とこんなことして、申し訳なくならないのかよとエレンはリヴァイの胸倉を掴んで詰め寄った。

87 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:19:45.09 d
 リヴァイは茫然とエレンの顔を眺めたあと、目元を覆って長く重い溜息を吐く。
 エレンのアナルに埋めたままだった陰茎をずるりと抜くとエレンの顔の横に手をついて瞳を覗き込んだ。

「ぁっ…!」
「エレン、お前が何をどう勘違いしたのか知らねえが、あいつは、ナナバはな、ミケのパートナーだ」
「……は?」
「店の常連なら皆知ってる。知らないのはお前くらいじゃねえか。あいつとも付き合いが長いからな、あの日はたまたま一緒になって、久しぶりに飲んでただけだ」
「そ、…そんな、嘘」
「嘘じゃない」
「じゃ、じゃあなんであの日、俺に声を掛けなかったんですか…!いつもしつこいくらい着いてくるくせに!ナナバさんがいたから、後ろめたかったんじゃ…!」
「違う。あの日はお前があんまり疲れた顔をしていたから、無茶はさせられねえと思ったんだ。…お前が側にいると、俺は加減がわからなくなる」

 ブルーグレーの瞳が切なげに細められてエレンを見つめる。エレンは頭が混乱していた。
 ナナバはリヴァイの恋人ではなくて、リヴァイはあの日エレンを気遣っていた。
 裏切りはどこにもなくて、じゃあ、この男が自分に執着し、組み敷く理由は一体何なのだ。
 言葉を失くしてリヴァイを見上げるエレンの唇に優しく口付けを落とすと、リヴァイはエレンをそっと抱き起こす。
 冷たいようで、奥底に秘めた感情を湛えた瞳がエレンをじっと見つめていた。

「……エレン、話したいことがある。俺たちは、始まりこそあんまり良いものじゃなかったかもしれないが……俺は、お前が――」

静かに言葉を紡ぐリヴァイを遮るかのように、室内に突如電子音が響いた。

88 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:19:48.93 d
 リヴァイが苛々と舌打ちをしてスーツのポケットからスマートフォンを取り出す。
 悪い、と一言詫びて応対する彼は、またエレンの知らない男の顔をしていた。
 澄ました顔で通話をしながら一方で、つい先程までエレンの中に埋まっていた陰茎を下着に仕舞い、チャックを上げて身形を整える。
 エレンは会話のやりとりをぼんやりと聞き流していた。身体の熱はさすがにゆっくりと鎮まってきており、同時に少しずつ冷静さも戻ってきて、下肢がひどく汚れていることが不快だった。
 通話中のリヴァイを押しのけて机から降り、カバンの中からハンカチを取り出して尻を拭う。
 まだじくじくと熱いアナルは意識するとまた妙な気分になってしまいそうで、エレンはなるべく無感情に下肢を拭って下着を履いた。
 ハンカチはカウパーと、精液塗れだった。もう使い物にならない。捨てよう。
「大丈夫か」

 通話を終えたらしいリヴァイが自分のハンカチを差し出す。エレンは無言でそれを受け取ると飛び散ったり垂れた体液で汚れた床を拭いた。

「…部屋の片づけは俺がやっておく。悪いがオフィスに戻らねえといけない用事ができた。お前、もう歩けるか」
「…歩けます」
「そうか。なら良かった」

 何が良いんだ。なにも良くない。エレンは心の中で反論しリヴァイに背を向けてスラックスに足を通し、ベルトを締めて身支度を整える。
 早く帰ってシャワーを浴びたかった。先ほどまでの全ての出来事を、シャワーの水で流して無かったことにしてしまいたい。
 ひどく気持ちがささくれだっていた。スーツの上着を着たところで、後ろからリヴァイに抱き締められる。

「…離してください」
「エレン、話したいことがある。ミケの店で待っててくれるか」
「…俺は別に、話すことなんか―
「エレン」

 強い口調で名前を呼ばれ、強引に振り向かされて口づけられる。薄くて熱い舌がエレンの口内に入り込み、縮こまっていたエレンの舌を絡め取って、吸いつき、噛みついて嬲った。

89 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:20:24.76 d
 落ち着きかけていた熱が再び温度を上げる。呼吸が浅くなって、足元が震え、壁に追い込まれ押し付けられてされるがままに弄られる。
 くちゅくちゅと濡れた音を立てて、リヴァイは執拗に口付けを繰り返し、エレンが肩で息をする頃になってやっと唇を解放した。
 離れる直前にエレンの唇をリヴァイの舌が名残惜しそうに舐める。

「…待っててくれるか」
「っ……」
「エレン。なあ」
「ゎ、わかり、ました…っ」

 耳元に吹き込むように囁かれ、エレンは小さな声で返事をした。
 リヴァイはいい子だなと囁くとわざと音を立ててエレンの耳に口付けて身体を離す。エレンは崩れ落ちないように立っているのがやっとだった。
 赤くなっているであろう顔を見られたくなくて、俯いて目を逸らす。

「なるべく早く片付ける。すぐ行くから、ちゃんと待っててくれ。エントランスまで送った方がいいか?」
「っいいです、一人で帰ります…!」
「そうか。なら、また後でな。ここを出るときは内側から施錠してから扉を閉めろよ」

90 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:20:28.49 d
 俺が片付けるまでに誰かが部屋に入っちまったら面倒だ。そう言い残してリヴァイは先に会議室を出て行った。
 廊下を歩く足音が次第に遠ざかる。エレンはずるずると壁伝いに崩れ落ち、膝に頭を埋めて蹲った。
 長く深い溜息を吐く。心臓がどくどくと煩く音を立てている。
 顔が熱い。行為の最中の獰猛な雄のような表情と、優しく慈しむような瞳と、冷たくて知らない顔をした男の姿がぐるぐると頭を巡る。
 自分勝手で強引で、狡猾なくせに時々見せる優しさに酷く惑わされる。リヴァイという男のことが心底わからなかった。
 何を考えているのかも、何がしたいのかも。考えるのもしんどくなって、エレンはのろのろと顔を上げて時計で時刻を確認する。
 20時を少し過ぎたところだた。ミケの店まで、ここからなら電車一本で30分もあれば着く。
 店に着いたら、何か強い酒を飲もう。エレンは頭の中で考えながら身支度を整え、コートを着込んでカバンを掴むと、一度だけ振り返ってその部屋を出た。
 勿論、内側から施錠するのは忘れなかった。

91 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:22:27.61 d
リヴァエレがオーラルセックスしてるだけの小話。



 もうしないと決めたのに。


「ぐっ、うぶ……っ!」
 赤く染まった目元。赤い頬。赤い唇。赤い舌――……
 エレンの赤さを見ていたら、もうだめだった。
 その赤さの中に、自分の欲望をつっこみたい。
 奥の奥まで。他の誰も知らない場所まで、自分という存在で蹂躙してやりたい。真っ白な欲望をはき出してやりたい――そう思ったら止まれなくなった。
「ン! ンンンっ!」
 赤黒いグロテスクなものを懸命に咥える後頭部をつかんで、がんがんと腰をぶつける。健康的に焼けた綺麗な肌に陰毛が影を作る。それが、何ともいえずヤらしかった。
 嘔吐きながらも舌を出して。手はすがりつくようにリヴァイの腰に回っている。
 こんな状態でも決して拒絶を選ばない彼の愛情に、熱はさらに膨張した。
 苦しいだろう。
 苦しいよな?
 でも、気持ちいいんだ。
 この上なく、気持ちいいんだ。
「……ふっ!」
 リヴァイが息を吐き出す。
 ぽたぽたとあごを伝う汗がエレンの顔に落ちていく。
 目を開けていることもできなくなったエレンは、まぶたを伏せ、たくましい腰に回した腕に力を入れて、ぐぽぐぽと出し入れされる熱へ、その激しさへ、なんとかついていこうと必死だ。
「ン、ぐ、ん……!」
 赤い唇が、唾液とリヴァイがこぼした粘液でてらてらと光る。
 時折わざと口腔から出して、性器をエレンの美しい貌(かお)に押しつけてやる。

92 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 14:22:54.54 d
 白くにじんだ粘液が頬に、額に、唇に道筋を作り、にじんだ汗と一緒にうなじへ流れていく様は、これ以上ないほどに征服欲を感じさせた。
 ちゅ、とエレンが口付ける。先端を優しく吸って、カウパーの苦みに眉を寄せる。血管が浮き出た竿を愛しげに撫でて、再び口腔に招き入れたとき、その再びの熱さに果ててしまうかと思った。
 それほどに――嗚呼、求められている。
 リヴァイは再び腰を突き入れた。



 ――しばらくして、リヴァイはエレンの動きが変わったことに気付く。
 のどの奥につっこんでいたはずの亀頭が、エレンの口の内側の粘膜を蹂躙している――それは、角度を変えて、時には舌に、時には上顎にこすれていて。
「……はっ、なんだ……」

 ――全部、愛して欲しいんだ?

 そう呟いた低い声音に、エレンの前からカウパーが漏れる。だらだらと。それはもう、漏らしているのではないかという勢いで。
「り、……ヴァい、さ……」
 ぐぽっ!
 丸い後頭部を思い切り引き寄せて、のどの奥の奥まで。それこそ、その奥まで蹂躙するかのように。
「……イク……っ!」
 短い宣告。戒告のように清廉な音で、みだらな予告をして、リヴァイはエレンののどの一番奥で果てた。
「う……ぶっ! おぇ……っ!」
 たまらず、エレンが無理矢理顔を離す。
 髪はぐしゃぐしゃ、顔はどろどろだった。
 そんなエレンを愛しい眼差しで見下ろしながら、リヴァイはご褒美のように、すでに兆して兆していっぱいいっぱいの熱を、軽く踏んでやった。
「――っ!!」
 びゅく! びゅくっ!!
 白い粘液が、カウパーよりねちっこい体液が、リヴァイの足を汚す。
 それは、ひどく背徳的な光景だった。


     *


「……やっちまった……」
「いや、オレ、気持ちよかったですよ?」
 翌日、裸で寝台(ベッド)に横になるリヴァイは、前夜の狂騒が嘘のように頭を抱え、そして、エレンはけろっとしていたのだった。

93 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:32:17.90 d
「あ…っ、はぁ、ん!…やだ…どいて…」

 誰かの喘ぎ声がする。女にしては低い気がするが、男にしてはやけに高い。舌足らずな言葉は快楽に溺れているせいか。
 人並みに経験はあるのでこれが情事の最中に漏れているということはわかる。一体このバカ共は何時だと思っているのか。
 少子化対策万歳、ヤるなとは言わない。だが頼むから静かにしてくれ。千円やるから。
 何ならきのこの山のビスケットの部分も付けてやっていい。レオなパレス並みに横の部屋のセックスが気になってしょうがない。
「やだっ…て、言ってんだろぉ…!ふ…あうっ…」
 いやしかしこれは…結構本気で嫌がっていないか。演技にしてはリアルすぎる。鼻水をすする音までよく聞こえてくる。
 もしかして憲兵団を呼んだ方がいいだろうか。いや、あんなクズ共を呼んだらきっと一緒になってこいつに乱暴するに違いない。
 助けてやる義理はないがこのままだと寝付けないし、そうなれば明日の訓練に支障が出るかもしれない。
 新兵に示しが付かないのでそれは避けたいところだ。仕方ねえなと目を開けることにした。

94 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:32:32.62 d
 ぼんやりと霞む視界の中に小ぶりな桃を見つけた。いや、小ぶり…というレベルではない。よく見えないがたぶん、小指の爪よりももっと小さい。
 頬にあたたかさを感じて自分がうつ伏せに寝てることを知った。起き上がるよりも先にその控えめな桃へと手を伸ばす。人差し指と親指で摘まんでみた。
「ひゃあぁっ」
 生あたたかい床が跳ねて近くでまた誰かが喘ぐ。全身を揺さぶられたその衝撃で少し意識がハッキリしてきた。
「あ…なんでっ…やだ…!うあっ、」
 両手で床を触ると柔らかい。絹のような触り心地の細い糸にも触れる。そこから腕を少しずつ下げていく。
 薄い布の上からでもわかるしっかりとした芯、美しい曲線をなぞって下がっていけば弾力のある詰め物に触れる。
 そのまま流れて綿が詰まったようにふっくらとした枕を過ぎ、磨いた石のようにすべすべな棒にたどり着く。
「いやだって…ひっ、あ、あ、ん…」
 右手が自分の足に触れた時、ようやくこの織物の上に寝ていたことに気付く。起き上がろうと横に手を付けば固い床があった。力を込めると同時にまた誰かが喘ぐ。
「ふあっ、や…!ゆるし…リ、ヴァイへ…ちょぉ…」
 自分の名前が耳に入るやいなや飛び上がる勢いで上半身を起こした。透明の滴が飛び散る。汗をかいたのは自分ではなくて、その下で寝ているもう一人だ。

95 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:33:09.35 d
「エレン…?おまえ、」

 涙でぐちゃぐちゃになった顔は一瞬知らない人間に見えたが、間違いない。
 これは自分が管理すべきあの子どもの顔である。
 頬がりんごみたいに赤くなっているので熱でもあるのかと手を伸ばす。一緒に腰もグッと近付ける。

「ひあああっ…!やめっ…」
「う…っ」

 エレンが悲鳴を上げるのと同時に下半身を締め付けられる痛みを感じて動きが止まった。懐かしい感覚に戸惑う。
 嘘だろまさかと思って下へ目を向けると、下着まですべて脱がされたエレンの尻の穴にみっちりと自分の逸物が収まっている。その光景が目に入った瞬間、下半身に熱がこもった。
 潔癖症なので試したことはないが、これは世にいうアナルセックスだ。
 自分は面倒を見なければならない部下を現在進行形で犯しているということになる。飲み会のあと酔っ払って目が覚めたら隣で裸のエルヴィンが寝ていた時よりヤバい状況だ。
 夢なら覚めてくれと願ったが股間の痛みと見え隠れする快感が現実を主張していた。

「ううう…ひど…なんで、こんな…」
「お、おいエレン…泣くな」
「やぁ…もおぬいてくださ…!」
「あっ…悪い…」

 部下の弱々しい訴えにそれもそうだとゆっくり腰を引いた。なるべく刺激を与えないように。
「ふあぁっ…あ…」
 切ないような名残惜しいような声に妙な気分になる。いやいや何をバカなと首を振った。

96 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:33:12.99 d
 外気に晒された息子は油でも塗りたくったかのようにテカテカと輝いている。
 とても紳士的とは言い難い外見に加えて、気の強い少年の泣き顔がちらつき罪悪感でいっぱいになった。
 まったく記憶がないのだが、この状況じゃあどうみても自分が加害者でエレンが被害者だ。嫌な汗が出る。
 ベタベタのペニスを拭きたかったがあいにく自分の着ている衣服以外に布らしきものは見当たらなかった。
 とにかく今はどうしてこんなことになっているのかを知らなくてはならない。

「おいエレン、その、悪かった…どうしてこんな状況になったかわかるか」

 裸のまま横になって背を向けたエレンは首を横に振った。辺りを見渡してもエレンの服はない。

「わか…りません…。俺が起きたら兵長が俺の上に重なってて…それで、」

 エレンが言いにくそうに言葉を詰まらせている。
 ここは大人の自分が代わるしかないと思い、「おまえの中に突っ込んでたのか」と訊いた。途端に生まれたての小鹿の如く震えていたエレンが起き上がり自分の方を向く。
 その顔は「巨人をぶっ殺したいです」と目を輝かせていたあの時と同じものだ。
「俺のケツの穴犯しといて、よっくもそんな他人事みたいに言えますね!」
「おいちょっと待て。俺だって記憶がねえんだ。起きたらおまえに突っ込んだ状態だったんだよ」
「そんな都合のいい話なんてギャルゲーでもあるはずないでしょうが!!」
「おまえの口からギャルゲーとは」
 それもそうだと思ったが嘘は言っていない。最後の記憶は自室のベットで横になっているところだ。次に気が付いた時にはここにいた。自分の意思でエレンを襲ったなんてありえない。きのこの山のチョコ部分を賭けたっていい。

97 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:33:53.06 d
「だいたいな、おまえを犯して俺に何の得があるんだ。俺は野郎のケツの穴掘って喜ぶ変態じゃねえ」
「じゃあ何でこんなことになってるんですか!っていうか、ここどこなんです?」

 エレンは鼻水をすすりながらピンクの床の上に立ち上がった。
 天井も壁も全部気色悪い色で統一された部屋のようだ。広さは特別作戦班で使っていた古城の食堂ほどだろうか。
 ろうそくもないのに部屋全体が明るかった。何となく、ここは天国で自分たちは死んだのかもしれないと思った。不思議なことにこの部屋には扉がない。
 四角い箱みたいだ。

「何だここは…」

 少し枯れた声で呟くエレンに近寄って上着を渡してやった。さっきあんなことがあったのできっと触れられるのは嫌だろうと配慮して、顔もろくに見ないで差し出した。
 エレンは少し迷っていたが、同じサイズのジャケットをしっかり受け取ると素肌の上から羽織った。
 これだけじゃ下がモロ出しだということに気付いて、腰布も渡してやる。
 余計に変態みたいな格好になった気がするが、股間のブレードをブラブラ見せつけられるよりはマシだ。

「兵長、扉がありませんが、俺たちはどうやってここに入ったんでしょうか」
「さあな。…ちょっと待て、おまえの目の前にぶら下がってるもんは何だ?」 

 エレンが驚いた顔をして自分の股間を見たのでバカかてめえはと殴った。股の間じゃなくて目の前だ。

98 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:33:57.36 d
 そう言ってやると目を限界まで細めて自分の指の先を追った。キラキラと光る蜘蛛の糸のようなものが天井から垂れ下がっている。
 このショッキングピンクが目に悪い部屋にある自分たち以外の唯一の物体なので、それを調べる他はなさそうだ。

「地獄に蜘蛛の糸…こういうもんは二人で欲張っちゃいけねえな。エレン、おまえが引け」
「それ兵長が蜘蛛嫌いなだけじゃないですか」

 文句をぶつぶつ言いながら、素肌に皮ジャン、ノーパンに腰巻というお笑い芸人並みの変態チックな格好をしたエレンは蜘蛛の糸に手を掛けてそれを下へ引いた。
 途端、チャララチャッチャチャーという未来の世界のネコ型ロボットがひみつ道具を出す時と同じ音が響き渡る。
 少し遅れて色紙とカラーテープが宙を舞い、白い布がどこからともなく垂れてきた。
 自分たちには見えなかったがくす玉的な仕掛けだったらしい。
 この部屋に連れてきた人間が何をしたいのかわからない…と思ったのも束の間、エレンと二人で見上げた白い布に書かれた文字を読んで犯人がド変態のクソホモヤローだということを理解した。
 そこにはオルオの私服に負けず劣らずの前衛的なデザインの文字でこう書かれている。

99 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:34:26.17 d
「ん?んんんー?あれ?リヴァイ兵長、ちょっと俺の耳の穴に手を突っ込んで視神経を引っ張り出してくれませんか。目の調子が悪いみたいです」
「奇遇だな。同じことを頼もうと思っていたところだ」
 一緒に見上げた天井から垂れてきている布に書いてある文字に間違いがなければ、この部屋から出るにはセックスをしないといけないらしい。
 誰と誰が、とは考えない方がいいのだろうか。どっちにしろ今この空間にいるのは二人だけだ。しろと言われてできるのは自分とエレンしかいない。

「いや、いやいやいやいや!おかしいでしょこれ!何で部屋から出るのにセックスする必要があるんですか!」
「俺のペニスが鍵でおまえのケツが鍵穴ってとこか」
「ぶっ飛ばしますよ」

 さて困った。何が困ったってセックスしないと出られないかもしれないということに困っているのだが、そもそもセックスならさっきまでしていたはずだ。
 自分のペニスはエレンのケツ穴にこんにちはしていたし、何だかんだこいつも喘ぎまくっていた。
 あれがセックスでなければ何をセックスと呼べばいいのだろう。それとも何か、意識がない時の行為はノーカンとかそういう舐めくさったルールでもあるのか。これはもう犯人を見つけたら最後、その尻にアツアツのフランクフルトを叩き付けてやらなければ気が済まない。
「兵長!出口を探しましょう!絶対どこかにあるはずですから」
「そうだな」
 エレンが壁を調べ始めたので反対側の壁から調べてみる。固いけどどこか柔らかみも感じる不思議な素材でできた部屋だ。

100 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:34:30.53 d
 叩いてみると鈍く響く音。隙間は見当たらない。叫んでも外に声が漏れることはないだろう。助けを呼ぶのは絶望的だ。

「何だこれ」
「どうした」

 声を上げたエレンの元へ向かうと、小さな紙切れを拾い上げて「落ちてました」と言った。
 さっき部屋の中を調べた時にはなかったから、もしかしたらあのくす玉を割った時に一緒に落ちてきたのかもしれない。
 四つ折りにしてあったので広げてみると、中には綺麗に塗られた絵が描いてあった。
 黒髪の男同士が裸で抱き合っている後ろで、金色の扉がその口を開けている。
 向こう側に広がるのは青空だ。現状とは対極にあるその清々しい景色にため息が出る。家畜じゃないんだから何回も言われなくたってわかる。
 ようするに「この部屋から出たいならセックスしろクソホモ野郎」って言いたいんだろう。てめーを掘ってやろうかクソホモヤロー。
 ここから出られたら最後、そのケツ穴を鍋代わりにクレアおばさんもびっくりのクリームシチューを作ってやる。
 それにしても、困る。本当に困る。何が困るって、野郎のケツとはいえさっきまでセックスしていた自分の息子だ。中途半端な快楽で未消化な欲望をどこへ逃がせばいいものか。
 記憶はないが感覚的に射精はしてない。刺激だけ受けて解放できていないというのは、男にとって酷く辛いことだ。

101 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:34:59.16 d
 それは人類最強だとか何とか言われている自分にしたって変わらない。
 触れば勃つし、勃てば挿れたくなるし、挿れれば出したくなる。人間のオスってのはそういう生き物だ。
 誰が悪いわけでもない。見たところエレンにも射精した様子はなかった。
 挿入してた時も勃ってはいたし喘いでもいたが、達することはできなかったようだ。若い分向こうの方が辛いのかもしれない。
 ピンク一色の部屋の床と壁はすべて調べ終わり残りは天井だけになったが、この天井が厄介だ。
 高さが目算で10メートルほどある。とてもじゃないが手は出せそうにない。ここまでの疲れがどっと襲ってくる。

「おい、仕方ねえから抜くぞ」

 そう言うとエレンは首を傾げた。「何を抜くんですか?」と訊いてくるその瞳が純粋すぎて生きるのが辛い。
 別に自分が穢れているわけじゃない、こいつが綺麗すぎるだけだ。これは処女どころか童貞に違いないだろう。

「オナニーするっつってんだよ」
「おなっ…はあ!?何バカなこと言ってんですか」
「さっき中途半端に刺激されたから気持ち悪いんだよ。おまえもそうだろうが」
「俺は別に…」
「考えてみろ。もしかしたらこれで部屋から出られるかもしれねえだろ。ひとりエッチって言うじゃねえか」
「ひとりセックスってのは聞いたことないですけどね」

 可愛くない文句を垂れまくるエレンを無視してジッパーを下げた。下着をずらして取り出したペニスはすでに天へ向けて勃ち上がっている。

102 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:35:02.68 d
 我ながら元気だなと呆れてしまうくらいだ。それをキツく握ってしごく。
 バカみたいに単調な動きでも締め付けていれば快感は得られる。閉じた口から空気が漏れるのを感じた。
 快感を追うために瞑っていた目を開けると、少し離れたところでうずくまったエレンが信じられないものを見るような目で自分を捉えている。
 上司のオナニーを見なければならないなんて哀れなヤツもいるもんだ。

「…っは…」

 漏れた声が自分のではないことに気付く。座り込んだエレンは腰布の盛り上がりを両手で隠していた。
 その行為がすでに「勃起しています」と言っているようなものなのに必死な姿に、何だか妙な気分になった。女よりはたくましいが、男よりはか弱い。
 微妙な時期を生きているこの子どもの中は熱かったと、さっきまで感じていた熱を思い出す。あの喘ぎ声が脳内で再生される。
 正直に白状すれば、悪くない。頭の中に出てきたハンジに「ショタコンきめえwwwww」と言われて少しムカついたので眼鏡を割っておいた。
「……っ」
 もう少しでイケる。そう思って握る手を締めたタイミングでエレンが大きな声を上げた。
「リヴァイ兵長っ!て、天井が下がってきてます!!」
「ああ?」
 そんなインディ・ジョーンズみたいな仕掛けがあって堪るかと上を向くと、さっきまで10メートルほどあったはずの空間が6メートルほどになっている。

103 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:35:33.11 d
 よく見ればどんどん床との距離が狭まってきている。
 このままいけば自分たちは巨人に踏まれて死ぬのと変わらない、むしろもっとみっともなく情けない最期を迎えることになる。
 エレンに至ってはほぼ全裸のままだ。
「冗談じゃねえぞ」
「リヴァイ兵長、これ!」

 エレンが指差したのはバカでかい辞書くらいの大きさの黒い物体だった。さっきまでこんなものはなかったのにいつのまにか現れている。
 この部屋の中で起こることに常識は当てはまらないんだと改めて理解した。黒い物体には0から9までの数字に『♯』と『*』という二つのマークがある。
 ジリリリリリという音が鳴り響く。発信源はその黒いものだ。本体から伸びた線が繋がる小さな部品を手に取ってみると音は鳴りやんだ。
 代わりに小さな穴がいくつも開いたその部品から奇妙な音が漏れてくる。
『セックスしないと出られませんルームへようこそ♡』
 機械でいじられたような子どもの声で確かにそう言った。さっきのくす玉とまったく同じセリフだ。エレンが「何がようこそだクソヤロー」と黒い物体ごと蹴り飛ばす。
「何だよこれ!」
「聞いたまんまだろ。セックスしねえと出さねえってよ」
「何呑気なこと言ってるんですか!早くどうにかしないと天井がっ」
 そう騒いでいる間に残りは4メートルを切っている。

104 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:35:49.05 d
 早くしないとコンドーム並みの薄さの肉にされてしまうかもしれない。
 焦ってもおかしくない、むしろ焦るべき状況でも驚くほど冷静でいられたのは、手の中で脈打つ我が愚息のせいだったのかもしれない。
 出口はない、武器もない、時間もない、ここまで言い訳が揃えばもうしょうがない気もしてきた。

「おいエレン」

 わざと低めの声で呼べば自分より細い肩がビクンと跳ねた。珍しくもないその反応すらどこか扇情的に見える。

「セックスするぞ」
「絶対いやです」

 表情という表情が死んだ状態できっぱり拒絶されて少しビビった。命よりもケツの穴が大事なんて、死に急ぎ野郎と言われるだけはある。

「じゃあここで死ぬか?上を見ろ。あと2.5メートルってとこだな」

 上を確認したエレンの顔色はますます悪くなった。

「じゃあ、ひとつ条件があります。俺に挿れさせて下さい」

 その言葉を聞いたら今度はこっちの顔色が悪くなった。見えないけどたぶん、いや絶対そうだ。
 セックスと聞いた時に何の疑いもなく自分が挿れる側だと思った。まさか部下に掘られるだなんて想像もしていなかったので危うく聞き逃すところだった。

105 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:36:45.92 d
「時間を考えろグズ。今から童貞のおまえが俺のケツを掘るだなんてリスクが高すぎる。それならさっきまで突っ込まれていてダラダラのおまえのケツを使う方が現実的で安全だ」
「ひとのケツをダラダラって…!そもそもあんたのせいじゃないですか!嫌です、俺絶対に女役なんてやりませんから」
「わがまま言うな。そんなもん死んでまで守るもんじゃねえぞ」
「その言葉そっくりそのままお返しします!」

 諦めの悪い子どもと言い争いをしているうちに天井は2メートルを切った。
 1メートル70センチのエレンはそろそろ身の危険を肌で感じているようだ。
 恐怖に震える中でも意地を張り続ける強さには感服だが、こっちだって譲るつもりも汚い押し花みたいになってやるつもりもない。
 隙を見て細い足首を払った。エレンは突然のことに声も出せず床に倒れた。おまけにM字開脚のサービス付きである。割り開く手間が省けていい。
 すぐにエレンの足の間に自分の体を滑り込ませて閉じられないようにした。

106 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:36:55.66 d
 驚いて目を見開くエレンの腕を頭の上で縛り上げる。ジャケットにシワが付いてしまうのは面倒だが命には代えられない。

「ちょっとリヴァイ兵長!これ強姦ですよ!犯罪ですよ!」
「あーあーうるせえ。聖人として死ぬか犯罪者として生きるか…俺は後者を選ぶ」
「やだって言ってんだろ!離せって!!」
「そう騒ぐな…そうだ、無事にここを出られたらきのこの山を買ってやる」
「お菓子一つで男のプライド売れるわけないでしょうがぁぁ!」

 大体俺はたけのこ派なんですとかほざくエレンを無視して菊門にきのこを当てる。エレンの顔色は、それはもう目も当てられないほどに悪くなった。
 可哀想だとは思うが、放っておけばこの子どもだって死ぬのだからこれは人助けでもある。そう信じているからこその行動だ。
「ちょ…!本当にやめ…っ」
「力を抜いてろ」
 グッと押し当てたペニスが体液で滑ってなかなか入らない。入り口付近を擦られたエレンは体を震わせた。悪いな、と心の中でだけ謝る。背中の向こうに迫ってくる天井の気配を感じて躊躇する暇なんてなかった。

107 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:37:29.87 d
 先っぽが入ればあとは体重を掛けて押し進めればいい。ズプッと肉を割る音がした。

「あっ、くそ、バカああああああっ」
「く……っ」

 エレンの中はさっき感じていたよりもずっと狭い。全力で拒絶されているのがわかる。

「やだ!いたいぃぃ…ぬいて、ぬいてくださ…」
「……悪い」
「ひぁ!?あっあ…やだ、おく…!おくはやえてぇ…」

 腰を進めるとさっきまでの威勢はどこへやら、エレンは泣きじゃくり始めた。痛いのか気持ちよすぎるのか、きっと前者だろう。
 さっきまで処女だったヤツがいきなり挿れられて後ろで感じるなんて難しい話だ。
 上へ目をやると天井の下がってくるスピードが遅くなったように感じる。だけど完全に止まったわけじゃない。
 セックスってのがどういう状態を指すのかがいまいちわからなかったが、結局子づくりが目的なんだということを考えれば答えは一つ。

「おい、痛いか?」

 エレンは声も上げずに首を上下に振った。涙が赤く染まった頬を伝う。自分は酷いことをしているんだと実感した。
 犯人はクソヤローに違いなくこの部屋を出た暁にはそのペニスを花瓶に花でも生けてやるかと思ったが、自分も大概クソヤローだ。

「時間がねえから動くぞ。力抜いとけ」
「え…やだ…うごかないでくださ…っ、あぁ!あっあっあっ」
 せめて負担を軽減してやろうとゆるゆるしたピストンを始める。いくら締め付けが強いとはいえ挿れてるだけでイくのは無理だ。

108 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:37:33.52 d
 エレンには悪いが自分が射精するためには動かなければならない。
 発情期の犬みたいに腰を振れば同じリズムでエレンが鳴くので何だか堪らない気持ちになった。
 セックスなんて性欲処理としか考えていなかったが、それだけではない何かが見つけられそうな気がした。
 きゅうきゅうと締め付けてくるエレンの肉壁が愛しい。その表現で合っているのか自信はなかったが、とにかくこの子どもを抱きしめて、べたべたに甘やかしてやりたかった。
 空いている左手でエレンのペニスを優しく掴む。肉の塊がピクッと跳ねる。

「あっ…?やあ…!」

 避けようと身をよじるエレンの腰を右手で掴んで固定した。
 きっと尻だけ弄られているよりはこの方がまだ辛くないと思う。
 切りそろえられた爪を鈴口に引っ掛けてかくと悲鳴が上がる。そのままカリの裏までなぞるといよいよこどものように泣き始めた。

「やあああっ…も、やあぁ…ひゃんっ…」
 声色が最初の時と違う。同じ泣き声でも今のは気持ちよくて鳴いているのだ。

109 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:38:03.76 d
 たぶんその涙の理由に男に犯されている情けなさなんかもあるんだろうが、それも今だけの我慢だ。
 この気色悪い部屋から出たら犬にでも噛まれたと思って忘れてしまえばいい。そして一緒に犯人のケツ穴にアメリカンドックをぶち込みに行こうじゃないか。

「エレン、泣くな。おまえは情けなくなんかねえ。全部俺のせいだ」
「ひぁっ、あん…っ、うあ!」
「これは悪い夢だから、今は快楽を追ってろ。その方が楽になる」
「か、…らく…あっ」

 また鈴口に爪先を当て、もう片方の手で乳首を転がす。同時に腰を突き上げて内壁を抉った。

「やああああぁっ!…うあっ…あ、そこっ、や、」
「ここか?」
「あああっ!だめ、そこへん…!やえてくらさ…」
「やめるのか?」

 両手を離して腰を引くと「あう…」という切なそうな声が漏れた。涙で濡れた目で自分を見上げてくる顔は普段からは想像もつかないほど色っぽかった。
 虐めたいし可愛がりたい。許されるならこのままめちゃくちゃにしてやりたかった。
 男同士のセックスに思ったほど嫌悪感を感じていない自分に驚く。むしろ女を相手にした時より気持ちいいかもしれないくらいだ。
「あ…はぁ…リヴァイ兵長…」
「どうした」
 まだカリの部分は入ったままだが動きは止めて他の部位にも触れないようにしている。

110 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:38:07.98 d
 天井の動きはほとんど止まっているので、今しかないこの時を楽しむ余裕も少しだけならあった。エレンはまた泣きそうな声を出す。

「部屋…出るのには、し…ないと」
「何を?」
「…セックス」
「でも、おまえ嫌がるだろう。酷いことはしたくねえ」
「しないと…死んじゃいます」
「おまえを苦しめるくらいなら死ぬ方を選ぶ」

 言ってみて違和感はなかった。もしも今本当に自分に犯されるくらいなら死んだ方がマシだとエレンが言うのなら、世界で一番くだらない自殺に付き合ってやるかもしれない。
 事故みたいなセックスを通してこの子どもに愛情のようなものが芽生えた。組み敷いたエレンの顔を見れば、悔しそうに唇を噛み締めている。
「俺は死にたくない…です。だから…」
「だから?」
 耳元に口を近付けて囁くと、自分の下で汗ばんだ体が小刻みに震えた。今すぐ抱きしめてやりたい衝動に勝つのは一苦労だ。
「な…んでいじわるするんですか…はやく、」
「言って貰わなきゃわからねえよ」
 そう言った自分はもしかしたら笑っていたかもしれない。少なくとも心は笑っていた。反してエレンはうーっと唸って言葉を探している。

111 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:38:34.17 d
 流れる涙にまた堪らない気持ちになった。腰を少し動かして中を擦ってやると鳴く。

「あうっ、だ、」
「だ…?」
「抱いて…ください」
 
 そう言われた瞬間、一気に腰を押し付けた。
 ズプッと中から粘液が溢れてくる。それらを追い出して中へ押し進む肉にエレンは震えて悦んだ。

「ひああああぁっ、あ、んっ!」
「っバカ、締めすぎだ」
「ああう…ひっ…バカ、はどっちっ…やさしくしてくださ…っ、あう!」

 キツく目を閉じて快楽に耐えるその顔はとても十五歳には見えない色気があった。
 エレンはセックスでも嘘を吐けないらしく、いいところを突けばすぐ表情なり声なりでわかる。
 素直な反応が自分の雄の部分を満足させていく。いつもより早い高まりを感じた。

「おまえ、末、恐ろしい、ヤツ、だな」
「ふあっ、や、くそっ、あっ、ひう!」

 予想以上にかわいい。すごくかわいい。もっと鳴けばいい。もっと感じて乱れたところを見たい。まさか生意気なクソガキにこんな一面があるだなんて知らなかった。

112 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:38:37.60 d
 自分が支配しているように見えて、エレンに支配されている。
 今この瞬間、リヴァイ・アッカーマンは夢中になって腰を振るだけのバカな生き物と化していると感じた。
 冷めた目で自分たちを見下ろすもう一人の自分が呆れているのがわかる。だけど止まらない。
 いつの間にかそもそも何の目的でセックスをし始めたのかも忘れてしまっていた。

「ああああぁぁっ!ひゃあああっ、やぁっ、」

 涙でぐちゃぐちゃになったエレンの口からは意味のある言葉がなかなか出てこない。加虐心がくすぐられる。自分も結構いい性格をしているのかもしれない。

「ふああぁっ、やあぁ…ん…も、おかひくなる…」

 なればいい。そう思ってピストンを早めた。置いて行かれまいと絡みついてくる肉壁が熱い。エレンは首を左右に振って乱れる。
 小指の爪で鈴口をくすぐってやると一際高い悲鳴が上がる。そのまま爪の先の細く尖った部分を入れる。ツプッと肉を割る感覚がした。

「やああああ!?やだ、いやだっ…いた、あ…ひどくしな…でっ…」
 酷い?何をバカな。女相手だってこんなに丁寧に抱いてやることはないくらいだ。

113 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:39:07.42 d
 最初こそいきなり突っ込んだが、そのあとはこれ以上ないくらい丁寧に扱っているつもりだ。
 男には受け入れるための器官がない。ケツを弄っても尿道を弄っても本来出すべき場所に入れるんだからその異物感は凄まじいはずだ。
 とても気持ちいいとは思えないのだが、目の前の子どもは面白いくらいに感じている。

「あっやああっ、あんっ、そ、んなとこいやぁ…!」
「いや?…嘘つけ。アホみたいに濡らしやがって、俺の指がベタベタじゃねえか」
「ちがっ、あっ、うぁ、うそっ」

 何が違うんだよ。そう言って腰を引いたあとに一番奥まで一気に突くとエレンは全身に電気を流されたように跳ねた。 金を取ってもいいレベルの感度だと思う。冷静にそんなことを考えるのは油断するとすぐに持っていかれそうだからだ。

「やっ、もうこれ、あんっ、解いて…くださ…っ」

 目線をエレンの頭の上へ移す。ジャケットで縛られた両手が震えているのが見えた。
 抵抗されないようにと拘束したが、今の様子じゃ両腕が自由になっても大したことはしてこないと思えた。それよりも食い込んだ袖が痛そうで楽にしてやりたい気持ちが勝る。
 キツく結んだそれを解いてやると、エレンの両腕は久しぶりの自由を喜んだ。再び責めてやるとまた嬌声が上がり、今度は空いた両手を自分の背中に回してきた。ぎゅうううと抱き付いてくる。

「あっあっあっあっへいちょっへいちょっへいちょおおおおぉっ…」

 なるほど。どうやら縋りつく場所が欲しかったらしい。挿れられる方の感覚はわからないが、思い返せば今までの相手もこんな風に抱き付いてくることは多かった。男でもこうなるんだなと、他人事のように思った。

114 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:39:11.00 d
 これ以上翻弄されたら本当に止まらなくなる。この部屋の中でしか許されないなんてウソのようだ。
 股間が疼く。早くイきたくてしょうがない。
 予想外によかったこの時間を終わらせるのがもったいなくて耐えていたが、何も考えていなければとっくに射精している。
 自分がこの子どもを抱けるのも今日が最初で最後だと思うと、呆気なく終わらせてしまうのがもったいなかった。

「やだって…そこ、ああぁ…ひぃっ!」

 エレンのいいところは大体わかった。加えて乳首を摘まむと「ひゃあ」と声を上げる。
 その姿がかわいくてもっと虐めたくなる。どうやら元から感じやすい体質のようだ。普段の男らしい姿からは想像もつかない痴態に興奮する。
 このギャップが癖になりそうで怖い。閉め忘れた蛇口のように先走りが溢れているエレンのペニスを再びしごくと中もいい具合に締まってくる。
 手のひらに感じる脈と下半身の疼きでお互いの絶頂が近いのを感じた。

「ひあぁっ、でちゃ…!やぁ、こわいぃ…リヴァ…たすけ…っ」
「大丈夫だ」

 この様子じゃオナニーすらろくにしたことはなかったんだろう。いきなりこんな風に責められれば未知の快感に怯えるのも無理はない。
 どうしたら落ち着くのかわからなかったのでペトラが泣いている子どもにしていたように頭を撫でてやる。
 サラサラだったはずの髪は汗で湿っていた。エレンは背中に回した手でシャツを握り締めて額を自分の肩に押し付けてくる。全身で縋りつかれているのがわかって我慢できそうになかった。

「エレン…悪い、出すぞっ」
「ひうっ!?あっあっあっうぁっなかっ…やああぁ!」

 ドクドクと脈打って、エレンの中で自分が、自分の手の中でエレンが果てた。引き抜く時に肉壁に引っかかってまた悲鳴が上がる。

115 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:39:42.39 d
 ペニスのあとから泡だった白濁液も溢れてきた。エレンの穴は圧迫感がなくなったことに安心しつつも寂しそうにピクピクと収縮を繰り返している。
 下手なAVよりずっと抜ける映像だと思った。二人分の乱れた呼吸が1.9メートルの天井まで響く。
 ピンクで統一された趣味の悪い部屋は目覚めた当初よりずいぶん狭くなってしまったが迫ってくる仕掛けは完全に停止したようだ。

「はぁ、はぁ、はぁ…あ…」
「おい、大丈夫か」
「リヴァイ兵長…こっち来てくださ…」

 気を遣って離れたのに呼び戻されてまた股間が疼く。
 涙を流して余韻に浸る扇情的な少年に「頼むから反応しないでくれ我が息子よ」と祈るしかない。
 近寄った自分のシャツの襟を掴んだエレンに引き寄せられて、一瞬キスをされるのかと勘違いした。
 次の瞬間、エレンの整った顔は自分の顔の横を通り過ぎて、景色がぐるっと回る。
 特に抵抗はせずされるがままになっていると、いつも通り生意気な表情をした部下が自分に馬乗りになっている。
 呆気に取られているとすぐに顔を寄せてくる。今度こそキスだろうかと思って固まったが、期待を裏切った子どもは大きく息を吸って吐いた。

「よっくも2回も突っ込んでくれましたねこんのクソ上司!!絶っっ対許せません。今すぐ兵長のケツもガンガン掘らせて下さい。ほら早く脱いで」

116 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:39:45.96 d
 さっきまでのかわいらしさは光の如きフットワークで宇宙の果てへ飛んでいった。

「アホか!何で意味もねえセックスしなきゃいけねえんだ」
「だって俺だけ女にされるとかずるいですよ!!兵長もなって下さい!ここは平等にいきましょうよ」

 そう言うエレンの顔は完全にヤバい薬をキメてる。地下街にいた頃よく見ていたからわかる。
 涙で頬濡らし抱いてと強請ってきたあの姿は自分の見た幻覚なんじゃないかと思えてきた。

「ずるいっておまえ、恨むなら俺たちをここに閉じ込めたクソヤローを恨めよ。俺だって一応被害者なんだぞ」

 呆れて言うと「犯人は犯人で別の仕返しを考えます」と純粋無垢な瞳で訴えてきた。本当にセックスの時以外はかわいくない部下である。
 だけど今回の出来事でその顔を知ってしまった。男を満足させる名器に表情、喘ぎ声、行動…兵士じゃなく女だったら恋人にしたいところだ。
 こんな固い床の上でなく、綺麗でふかふかなベッドの上でたくさん遊んでやりたい。虐めて鳴かせてやりたい。きっとしばらくの間、夜のオカズはエレンになるなと思った。

「あーくそ、気持ちわりい」

 エレンは自分の腹の上にぶちまけられた自分の精液を手で拭いながら顔をしかめた。その意見には同感だ。
 汗もかいたしとっとと風呂に入って寝たい。そして自分と部下をこんな目に遭わせた犯人を捕まえに行って同じ目に遭わせてやる。
 そう思っていると正面にいつの間にか金色のドアが現れている。黙って顔を見合わせてから観音開きのその扉の両側に立った。
 エレンの足にこっそり目を向けると、太ももを白い粘液が伝っているのがわかる。あれはエレンじゃなくて自分が出したものだ。
 ケツから溢れているんだろう。一体これはどんな悪夢なんだと頭を抱えたくなった。巨人と戦う日常がずいぶん懐かしく思える。

117 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:40:15.98 d
 股間にぶら下がる哀れな雄も再び硬さを取り戻し始めていた。

「よし、開けるぞ」
「はい」

 合図と同時に扉を向こう側へ押しやる。ギイイイイと建て付けの悪そうな音と共に、ようやく密室は開かれた。
 何時間ぶりかの外の空気に涙すら出そうだ。イカれた悪夢は覚め、仲間の待つ現実へ帰れる。
 横を見ればエレンもここに来てから一番生き生きとした表情だ。やっぱりこの子どもにはこういう顔が似合う。
 怯えて泣くよりも何かに立ち向かう意志の強いこの顔だ。目が合ったのでどちらともなく頷く。
 二人で白い檻の外へ大きな一歩を踏み出した。その扉の向こうには―――――


 また、同じようなピンク色の部屋が続いていた。

「は……?」
「えっ…?」

 マヌケとしか言いようがない声の後ろでバタンという大きな音。慌てて振り向けば自分たちが入ってきたはずの扉がその姿を消していた。
 この場にあるのは桃色と呼ぶには些か激しい色みで光る壁だけである。四方を壁に囲まれ他に窓も扉もない。
 天井を見上げれば目算で30メートルほどだろうか。血の気が下がるのがよくわかった。真横で佇むエレンを確認すると怒りに震えている。

「なんすかこれ…」
「さあな、とりあえず」

 目の前に垂れ下がっている蜘蛛の糸を掴む。大体流れは読めた。

118 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:40:20.87 d
 割れたくす玉にはまたこの部屋から出るための条件が書かれているんだろう。
 犯人を捕まえたら最後、ケツの穴と尿道にバイブを突っ込んで地下街2丁目に放り込んでやると誓った。
 エレンに確認してから勢いよく蜘蛛の糸を引く。
 これで今度こそ地獄から這い上がれるようにと祈る中、赤や青、黄色や緑の色紙が舞い落ちてくる。
 最後に白い布が垂れ下がってくるので下がった。少し離れた位置からそこに書かれた巨大な文字を見る。
 自分とエレン、合わせて四つの瞳に映ったその黒い字は相変わらず解読困難なものだったが、何とか読める。
 読んで、目をこすった。おかしいのはあそこに書いてある文字か、それとも自分の目か。後者に賭けたのだがいくらこすっても景色はまったく変わらなかった。

「リヴァイ兵長…俺、この犯人のケツの穴にライナーの腕突っ込んでぐちゃぐちゃにしたあと裏町でガチムチのゲイたち専用肉便器にしてからはちみつを塗りたくって森に放ちたいです」
「……悪くない」

 自分の想像を超越した行動で報いようとするエレンは、自らの足を伝う白濁液をすくってねちゃねちゃとこねくり始めた。
 何を言いたいのか、それは考えなくともわかる。冗談じゃねえ。
 もう一度白い布を見上げてその文字を読んで犯人への怒りを募らせた。天井が再び、前の部屋よりはゆっくりと近付いてくる気配がする。
 タイムリミットが無情にも迫ってくる。エレンも黙って黒い文字を見上げ、大きく息を吸って震える声と共に吐いた。

赤ちゃん作らないと出られませんルームへようこそ♡


「つ、次こそは兵長で!」
「だが断る」


おわり♡

119 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/24(木) 20:46:22.28 a
>>1
おつやで

120 :名無し草 (ワッチョイ 409f-tcWT):2016/03/24(木) 20:46:44.43 0
お通夜で
うたた寝しとったは

121 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:46:59.04 d
>>1おつ
知らん間にめっちゃ進んだかと

122 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/24(木) 20:47:35.17 a
次スレここでええ?
番号飛びすぎてて動揺したは

123 :名無し草 (ワッチョイ 041e-tcWT):2016/03/24(木) 20:48:29.12 0
>>1
おつんぽこ
基地外発揮しすぎぃ

124 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/24(木) 20:49:50.72 0
お通夜で
えっこれ全部あぼん!!!????

125 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/24(木) 20:54:01.83 a
おつやで
120レスとかこれは流石に通報したら動いてくれる量ちゃうか

126 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 20:55:58.28 d
>>121

127 :名無し草 (ワッチョイ bbae-tcWT):2016/03/24(木) 21:22:45.02 0
>>1お通夜で

128 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 21:23:40.94 0
>>1
わいおつやけどレス番とレス数が一致せんすぎてもう…

前スレ984BBAおるやろか
ふぁいきなりこんなすごいの作れる訳ないよ
料理も菓子作りも全く!出来んやった
味噌汁は作り方ようわからんやったしリンゴ剥くのも手間取ったしあかん子まっしぐらやったアホのわいに必要なのは
洋裁わいにも出来るかも!?的な取っ掛かりやねん
あのポーチはすごすぎて尻込みや

129 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-tcWT):2016/03/24(木) 21:23:46.87 0
怖い!
NG解除する勇気無いんで聞くけど120レスも何書いてるんや?

130 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 21:25:00.88 0
>>129
わいは確かめないで非表示貫くどこまでもや

131 :名無し草 (ワッチョイ 6a7d-ZcPW):2016/03/24(木) 21:25:21.29 0
わいも怖くてNG解除でけへん

132 :名無し草 (ガラプー KKbb-L4pu):2016/03/24(木) 21:29:39.52 K
はああああ嫁が天使

133 :名無し草 (ワッチョイ 409f-tcWT):2016/03/24(木) 21:29:57.51 0
オンラインほぼアッカーマンズしかおらん草

134 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/24(木) 21:30:54.52 0
わいも見る勇気がでないねん

135 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 21:32:43.75 0
今一体感を感じてるで

136 :名無し草 (ワッチョイ 409f-tcWT):2016/03/24(木) 21:35:06.25 0
(^p^)?

137 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-ZcPW):2016/03/24(木) 21:36:28.27 0
裁縫はまず巾着袋からスタートや
次にエプロンや

138 :名無し草 (ワッチョイ f9a7-foXx):2016/03/24(木) 21:36:37.28 0
ふと痛バッグ作りたいな思い立ってググってんけど今痛バッグ用バッグてのが出てんねんな
オタクに優しい世の中になったな

139 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 21:37:42.64 0
>>137
わいボタン付け雑巾ガタガタ縫い…までなら出来ます!

140 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 21:38:30.63 0
自分で作れるようになると絶対楽しいと思うは

141 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-ZcPW):2016/03/24(木) 21:38:54.13 0
>>139
ボタン付けは上級技や
BBAにはまだ早いで!

142 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 21:40:12.89 0
>>141
えええ!?それマジ?
せやかてそれはやるでボタンとれるもん

143 :名無し草 (ワッチョイ 18f3-4hIc):2016/03/24(木) 21:43:03.21 0
>>128
ならかわええ布2枚とファスナーでできるこのぽーちはどうやろ
https://m.youtube.com/watch?v=GGCrmFIhWf0&feature=youtu.be
動画でなかなか分かりやすいと思うねん
ミシン使うてるけど手縫いでもいけるで

144 :名無し草 (ワッチョイ bbae-tcWT):2016/03/24(木) 21:44:21.14 0
わい人形の服とか作ってみたいは
ツイでねんどろの衣装うp見るとときめくねん

145 :名無し草 (ワッチョイ 3257-9dd0):2016/03/24(木) 21:44:56.88 0
>>133
わい見られへんけどツイで知る限り
ほぼリリでたまにミカちゃんみたいやな

146 :名無し草 (ワッチョイ 329f-ZcPW):2016/03/24(木) 21:46:36.52 0
今日久しぶりにここ来たけどすごいことになっとるんやな
>>129
リジ小説の晒しやと思う

147 :名無し草 (スプー Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 21:48:15.72 d
こんだけ過疎ってるのにいつまで800でスレたてするんや?
はよ改めたらええのに

148 :名無し草 (ワッチョイ 18f3-4hIc):2016/03/24(木) 21:49:41.91 0
百以上連投なんやな

149 :名無し草 (ワッチョイ e1ef-vHhq):2016/03/24(木) 21:52:30.34 0
>>147
一回900にしたけど勢い出る時は出るから問題あって800に戻したんやで
勢いある時は800で〜て決めても混乱するしな

150 :名無し草 (ワッチョイ bbae-tcWT):2016/03/24(木) 21:53:03.21 0
>>147
前それで埋め立て荒らしが湧いてえらい目に合ったねん
800は変えらんでええと思うで

151 :名無し草 (ワッチョイ 041e-tcWT):2016/03/24(木) 21:53:24.31 0
900にするとクソ荒らしが埋めようとすんねん

152 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 21:54:30.07 0
>>143
わい途中でちんぷんかんぷんで巻き戻しては見たで
ふぁ…動画やと画像だけより分かりやすいは
わい失敗するの確実やから100円ショップとかで端切れとファスナー買って練習して本番に挑みたいは
緑とオレンジのポーチ作ったろ
これ参考なったは!

153 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 21:57:42.28 0
ホンマここフィギュア持ってるBBA多いし自分で嫁に好きな服着せるのも素敵やん
でも小さいと難易度高くなりそうやな

154 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/24(木) 22:10:31.86 0
ねこあつめの壁紙ええなLINEの背景にしたで♡
LINE通知ずっとないけど♡

155 :名無し草 (ワッチョイ 3257-9dd0):2016/03/24(木) 22:12:08.40 0
うあああああああああああクライフ死んでもうたあああああああああああああ

156 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 22:12:16.07 0
漫画の布って手芸屋さんにあるよな?アンパンマンとかあるし

157 :名無し草 (ワッチョイ 18a8-mXvj):2016/03/24(木) 22:17:08.54 0
(´・_・`)わいの本田さん活躍した?

158 :名無し草 (ガラプー KKbb-L4pu):2016/03/24(木) 22:18:23.57 K
サンリオとかディズニーとかプリキュアマリオポケモンとか有名どころだけな

159 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 22:18:32.54 0
そう言えばわいの昔の知り合いに
絶対正社員にはならずリゾート地のバイトしてお金貯めては海外旅行って人おったは
今物騒やから出歩いてないとええけど
リゾート地温泉地のバイトは金が貯まる言うてたな

160 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/24(木) 22:19:13.80 0
リゾートバイト?

161 :名無し草 (ワッチョイ 3257-9dd0):2016/03/24(木) 22:19:51.06 0
>>159
わいこれ人生の選択肢の一つや
両親見送ったらこれやって老後資金貯めるねん

162 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-ZiM/):2016/03/24(木) 22:22:25.79 0
ふぇ…怖い話思い出してしまうは

163 :名無し草 (ワッチョイ 3257-9dd0):2016/03/24(木) 22:23:24.70 0
>>162
言わんといてや

164 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 22:23:25.95 0
>>160
うん
その人いわくなるべく辺鄙な所を選ぶねんて娯楽がないところは金を使わんて
衣食住には困らんし金は丸っと貯まるしさっと契約終えたら海外満喫らしい
>>161
その人はケセラセラな人やったからな
老後とか考えると正社員とかの方が良くないか?

165 :名無し草 (ワッチョイ 3257-9dd0):2016/03/24(木) 22:26:06.16 0
>>164
わいの性格と能力と希望する人生の形態などの諸々を考慮すると
今のところこのスタイルがベストっぽく思われるねん

166 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/24(木) 22:26:18.82 0
ビターンビターンッ

167 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 22:29:52.74 0
>>165
海外旅行とかせんで貯める事に専念するならええかもな
給料ほぼ全額貯金に回せるって
ただリゾートとかは数ヵ月やから夏と冬あわせて正味半年位しか働けんのがあれやな

168 :名無し草 (ワッチョイ 18f3-4hIc):2016/03/24(木) 22:29:56.98 0
>>152
よかったは!
手芸関連つべでググるとわかりやすい動画作っとるひと結構おるで見るの楽しいねん
ええの出来るとええな

169 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 22:31:57.93 0
>>168
入れ口がファスナーとがま口はどっちが初心者向き?
わいがま口好きやねん///妙な婆臭がツボやねん

170 :名無し草 (ワッチョイ 3257-9dd0):2016/03/24(木) 22:32:42.37 0
>>167
せやなー
贅沢したいわけやないから
何とか暮らしていけるだけ稼げたら御の字やは


わいのクライフ…はぁ

171 :名無し草 (ワッチョイ 18f3-4hIc):2016/03/24(木) 22:35:52.89 0
>>156
あるで
大きいとこやないと子供向けのやつしかないっぽい
アメコミ 布 で検索したらかわええの出てきたで

172 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 22:38:01.10 0
クライフって誰やろ思ってググったらサッカー選手?亡くなったって出てきてビックリした…R.I.Pや

173 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 22:39:05.53 0
>>171
せやな行って探さないとって思ったけどググったらええんよなトンや

174 :名無し草 (ワッチョイ 3257-9dd0):2016/03/24(木) 22:39:58.42 0
>>172
せやねん
わいも世代ではないけどレジェンド好きやから昔のプレーとかつべで見てたねん
オランダの英雄や

175 :名無し草 (ワッチョイ 18f3-4hIc):2016/03/24(木) 22:41:50.94 0
>>169
わいがま口やったことないからわからへんけど
https://m.youtube.com/watch?v=cvibSBK_iNM
つけ方こうらしいねん
がま口は百均で売ってるしペンチと紙紐もありそうやからそう難しくない感じするで!

176 :名無し草 (ガラプー KKbb-L4pu):2016/03/24(木) 22:42:03.34 K
>>169
わい的にファスナーやな
がま口はがま口と布を接着させるんがむずいんや
紙ヒモ噛ましてボンド接着(がま口の口金に穴が開いてるやつは手縫いで付けるで)
が大変なんや
ペンチいるし

177 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 22:44:08.02 0
>>174
わいも知らなかったけど世界でサッカー言ったら一番人口多いしスターやったらこの訃報にショックうけた人世界中におるやろな…

178 :名無し草 (ワッチョイ 18f3-4hIc):2016/03/24(木) 22:46:37.86 0
>>176
結構難しいんやな

179 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 22:47:03.98 0
>>175
トン!差し込む工具もあるやろか
なければ手芸屋やろな
がま口から飴ちゃんとかむっちゃ興奮するで///

180 :名無し草 (ワッチョイ 33bb-ZcPW):2016/03/24(木) 22:50:11.99 0
みんなお待たせー!
わいやで!
今日も今から勉強するで!

181 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 22:50:53.68 0
>>174
あっ昔のプレーならわいロベカルのフリーキックが好き!あとはベッカムも騒がれたな

182 :名無し草 (ガラプー KKbb-L4pu):2016/03/24(木) 22:52:19.48 K
>>180
芋は?

183 :名無し草 (ワッチョイ 3257-9dd0):2016/03/24(木) 22:52:57.46 0
>>177
超絶ヘビースモーカーやったから肺がんは納得やったねんけどな…
最高の治療受けてたやろしまさか60代で逝ってまうとは…
監督やってた時スーツ姿でタバコの代わりにチュッパチャップスくわえたりしてお茶目なとこもあったねん
ググると出てくるけど名言集とかもあってキャラ立ってた人やったは
つくづく惜しい
早すぎる

184 :名無し草 (ワッチョイ 18f3-4hIc):2016/03/24(木) 22:56:39.38 0
>>179
差し込むのは百均で見た記憶ないからわからへん
がま口あるからありそうな気はするねんけど
難しくないて適当言ってごめんやで
うまくいくとええな

185 :名無し草 (ワッチョイ 33bb-ZcPW):2016/03/24(木) 22:59:05.61 0
>>182
今日芋焼き失敗したんや
干し芋みたいなん出来たは

186 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/24(木) 23:01:02.17 0
進撃の話題がなくて寂しいで

187 :名無し草 (ワッチョイ 582b-ZcPW):2016/03/24(木) 23:02:38.22 0
>>186
わいも進撃の話したい
ゲームの話題に乗りたいけど夏までお預けや

188 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 23:02:48.30 0
>>183
治る人は治るんやけど発見が遅かったんやろか
実際予後よくて元気な人知ってるし医学も進歩してるのにからいな…
>>184
いやいや動画見てやる気わいたで
最初は怖じ気づいた草あんなポーチ無理りやったから

189 :名無し草 (ワッチョイ 3257-9dd0):2016/03/24(木) 23:03:48.37 0
>>181
ロベカルも怪物やなー
まだ現役で嬉しいは
ベッカムはあの顔と体で一流選手て天の配剤はどないなっとんねんほんま

190 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/24(木) 23:04:31.87 0
>>186
わいも結局ゲームは買ってないんや
わいあと3日でこのスレ書き込めなくなるねん

191 :名無し草 (ワッチョイ 3257-9dd0):2016/03/24(木) 23:05:27.02 0
>>186
今ちょうど発売日から半月やからな
進撃サイクルで言うと新月の状態やねんきっと

192 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/24(木) 23:06:20.41 0
間違えて自分にレスしてた草
最近はネタバレ前後だけやな

193 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 23:08:40.67 0
>>189
そういやベッカムも浮気でよう浮名流したな草
でも嫁さん妊娠出産してたり割りきってはるんかな
なんやったけタイガーウッズなんかは一発三行半でごっそり慰謝料持ってかれたし色々やは

194 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 23:12:06.08 0
タイガーウッズ嫁さんに663億円も払ってて大草原や稼ぐ男はちゃうは

195 :名無し草 (ガラプー KKbb-L4pu):2016/03/24(木) 23:14:00.09 K
いつのまにか別マがどこもおいてへんで
わいが忙しくて体調崩してる間に売れてもたんやなせかざんや

196 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/24(木) 23:14:09.90 0
ええなータイガーとケインしたい

197 :名無し草 (ワッチョイ 3257-9dd0):2016/03/24(木) 23:14:44.83 0
>>193
ベッカムは浮気はしたけど嫁おらな何着てええかもわからん依存状態らしいからな
わいらが知ってるイケメン像も全部嫁プロデュースのおかげやし
完全トロフィーワイフなウッズ元嫁とはまた違うんやろな

198 :名無し草 (ワッチョイ e136-YbSo):2016/03/24(木) 23:14:58.21 0
オンラインこれリリとミカちゃんしかおらんやんけ草
リリ7割ミカちゃん2割や怖いは
人類楽勝やな

199 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-tcWT):2016/03/24(木) 23:17:08.49 0
>>159
わいにも似たような同僚おったは
わい同僚は普通に働いて金貯めて会社辞めた後冬の間はスキー場でバイトしながらスキー三昧の繰り返しや

200 :名無し草 (ワッチョイ 3257-9dd0):2016/03/24(木) 23:19:02.32 0
>>198
予想されてた通りやな
つよいものだけがきのこるんや

201 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 23:22:24.00 0
>>197
えっじゃあベッカムて基本的に甘えん坊なんか
うわあ…わい甘えん坊ンチや
いやわいから好かれたくないやろけど草
>>199
似た人おるんやな
その人彼氏と腐れ縁?みたいな事も言ってたは
リゾート地バイトするは海外行くはでほとんど離れ離れなるんに続いてるねん不思議やな〜って言ってた
プロポーズされても断っててん草
海外行けなくなるのが嫌やて

202 :名無し草 (ワッチョイ 8236-tcWT):2016/03/24(木) 23:33:42.70 0
>>198
わい敢えて他キャラ使っとる

203 :名無し草 (ワッチョイ 041e-vHhq):2016/03/24(木) 23:34:17.54 0
肺がんて苦しいんやてなあ
痛いのはモルヒネとかでごまかせるけど息苦しさはどうにもならんのやて
タバコはあかんなスッパー

204 :名無し草 (ワッチョイ 6422-tcWT):2016/03/24(木) 23:35:35.04 0
タバコは1日400円とんでいくと思うと無理やは

205 :名無し草 (ワッチョイ 7ef2-CLia):2016/03/24(木) 23:36:27.97 0
めっちゃ歌うまいミュージシャンて意外と喫煙者多いってイメージやけど実際どうなんやろ

206 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 23:37:21.25 0
タバコが肺癌の原因なのは証明されてるいうか禁煙キャンペーンしたら肺癌なる人減ったらしいけど
田舎のじいちゃんで強いタバコ吸っててピンピンしとったり吸わないのに肺癌なる人おったり結局何が原因やろな
ストレスやろか

207 :名無し草 (ワッチョイ 041e-vHhq):2016/03/24(木) 23:38:18.60 0
納豆うま〜

208 :名無し草 (ワッチョイ 8217-gW5C):2016/03/24(木) 23:38:29.83 0
>>204
わいもタバコて結構高くてびっくりりしたは
この間エケコ人形に供えるためタバコ初めて買うたねんけど
460円しよって驚いたで

209 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 23:40:46.32 0
タバコ吸った思って「つもり」貯金していったら結構貯まるんちゃう?

210 :名無し草 (ワッチョイ 8217-gW5C):2016/03/24(木) 23:40:55.11 0
>>206
確率が上がるからやろ
煙草吸うと、目隠しして車の多い道路を横断するようなもんやねん
目隠ししたままでも道路渡りきる人もいるし
目隠しなしでも車に轢かれる人もおる
ただ死にたくないと思うなら目隠しナシで渡った方がええよという話や

211 :名無し草 (スプー Sd24-tcWT):2016/03/24(木) 23:41:54.22 d
>>201
甘えん坊いうか素朴でダサすぎやっから嫁がお洒落に矯正したんや

212 :名無し草 (ワッチョイ 8217-gW5C):2016/03/24(木) 23:42:03.23 0
煙草も吸わんのにタスポカード持ってるわい
イベントで年齢確認に使うためや

213 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 23:43:17.33 0
>>210
おおなるほど納得したは

214 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/24(木) 23:44:45.51 0
>>208
人形のおっさんは願い叶えてくれたか?

215 :名無し草 (ワッチョイ d1da-vHhq):2016/03/24(木) 23:44:57.40 0
>>206
遺伝とか生活環境とかいろんな要因が重なって癌なるからな
男で多いんは塵肺からの肺がんやつまり仕事が原因やな
女やと意外にも調理の時の煙が原因の人おるんやて
揚げ物ばっかリリ作るオカンとか食堂のオバチャンとかや

216 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 23:45:31.75 0
>>211
ダサかったん!?うわイケてるイメージしかなかったは
うろやけどベッカムが嫁さんのファンやったんよな?違ったっけ

217 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/24(木) 23:46:04.62 0
芋BBAはいつも夜遅くに勉強するんやな
もう寝る時間やで

218 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-tcWT):2016/03/24(木) 23:46:39.74 0
>>201
わい同僚は彼氏も同じような生活しとる言うてた
二人とも冬にスキー場こもる為に働いてんねん
好きな事好きなようにやっとるんで活き活きしててうらやまやったは

219 :名無し草 (ワッチョイ 8217-gW5C):2016/03/24(木) 23:47:17.90 0
>>214
宝くじ一等お願いしてるねんけどまだや!
いつ当たるねんやろなわくわくやで!

220 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 23:50:46.19 0
>>215
料理の煙とかあかんやん
換気扇全開やけど…発ガン物質の煙を出す料理って何やろ気になるで
>>218
めっちゃ相性ええやん!
スキーで思い出したけど上村愛子の旦那さんかっこええよな
美男美女カプやで

221 :名無し草 (ワッチョイ 6422-tcWT):2016/03/24(木) 23:53:10.25 0
なんや支部にログインできへんは

222 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/24(木) 23:54:08.06 0
>>219
タイガーウッズ独身やで600億円やで

223 :名無し草 (ササクッテロ Sp85-090z):2016/03/24(木) 23:54:33.19 p
ババアーあいぽんse買う?

224 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/25(金) 00:00:33.36 0
わいは土日に布買って御朱印帳袋作ろ
スーパーマンの映画は見るテンション下がってもうたは

225 :名無し草 (アウアウ Saa1-lMVm):2016/03/25(金) 00:00:41.67 a
結婚前のダイゴと表参道のルブタンですれ違ったことあるは
わいが入った時にはもう出るとこやったけど店にいた人に聞いたらめっちゃ真剣に女物選んどったって
あとから北川景子へのプレゼント選びやって記事でとって微笑ましくなったは

あの二人はセンテンススプリングされることなくうまくいってほしいで

226 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/25(金) 00:02:14.97 0
北川って昔ヤンキーくさいツーショット写真あったよな
年取って変わったんかダイゴと付き合って変わったんやろか

227 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 00:03:43.93 0
うわあダイゴの真剣なとことかええな
なんか奥さんめっちゃ大事にしそうやん

228 : 【豚】 (アウアウ Sa9d-hO85):2016/03/25(金) 00:04:44.91 a
〔仝L仝〕腰アニ運
〔仝L仝〕今日はレッグプレス(200kg) 6回×4セットや
http://imgur.com/LwXNkgr.png

229 : 【だん吉】 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 00:05:46.70 0
おみくじわいの(土)どや

230 : 【だん吉】 (アウアウ Sa9d-lwuG):2016/03/25(金) 00:07:05.78 a
彡゜^・∋……ゲップ

231 : 【ぴょん吉】 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 00:08:58.98 0
ジョン何食べたんや大丈夫か

232 : 【大吉】 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 00:10:58.41 0
そういやジョン川行こ言うてたけど立体起動とかって濡れても大丈夫かいな
雨降りとかあるから大丈夫なんかな

233 : 【だん吉】 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/25(金) 00:12:35.73 0
明日の運勢

234 : 【だん吉】 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/25(金) 00:13:02.95 0
わいは寝るでおやすみん

235 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/25(金) 00:15:01.89 0
>>222
狙わなきゃ(使命感)

236 : 【凶】 (ワッチョイ 6a7d-ZcPW):2016/03/25(金) 00:17:08.01 0
わいの明日のゲーセン

237 :名無し草 (ガラプー KKbb-L4pu):2016/03/25(金) 00:17:54.47 K
ババアわいの嫁なんでこんなにかわいいん

238 :名無し草 (ワッチョイ d1da-vHhq):2016/03/25(金) 00:17:55.94 0
>>220
発ガン物質かはわからんけど
古い油使って揚げ物ばっかりりしとるとアカンて聞いたで

239 : 【末吉】 (ワッチョイ d1da-vHhq):2016/03/25(金) 00:18:37.27 0
わいにいい仕事来ますように

240 : 【豚】 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 00:21:52.64 0
>>238
それならホッとしたは油は毎回吸わせて捨ててる
あと焦げって発ガンとか言うやんな
せやから料理焦がした煙とか悪そうや

241 :名無し草 (ガラプー KKbb-L4pu):2016/03/25(金) 00:26:50.21 K
ババアババアおそ松終わったら難民はどのジャンルに向かうんや
ここ人また増えるやろか////

242 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 00:28:02.28 d
おそ松さんの現行スレご報告ダヨーン❤

●一番勢いのあるおそ松さんスレ●
おそ松雑談783
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458832155/

空松の閲覧数を見守る354
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458651348/
おそ松さん愚痴189
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458715072/
松お絵描き2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1455804849/
自己責任のばら2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1450694337/
数字松野アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458363406/
数字松コンビ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1446802553/
BL松アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1449625545/
十四松アンチ21
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458719318/
トド松アンチ2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1449421897/
チョロ松アンチ2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458738834/
おそ松アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1454314191/
一松アンチ5
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458827343/
カラ松アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1453752117/
松雑談2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1454134918/
空321
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458034307/
あぁん…十四松さぁん…
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458051002/
さん愚痴
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458147002/
出っ歯のままにおしゃべりにミーは君だけを傷つけない
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458149451/
カレーを付けずナンだけ食べると美味しいのだとデカパンは言った
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458313731/
デカパンマン
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458325692/
亜人にいい声したおそ松がいるってマジ?
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458400926/
したらば
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/23393/1453646440/

243 :名無し草 (ワッチョイ 044c-ZcPW):2016/03/25(金) 00:35:48.82 0
http://i.imgur.com/LsSitBy.jpg
ねこあつめの新グッズメルヘンでかわええねん
ごめん寝してるねこがスクショ撮ったらすぐ起きてもうて草

244 :名無し草 (ワイモマー MMa1-tcWT):2016/03/25(金) 00:35:56.34 M
ここ増えるやろか

荒らしと共に萌がたりも消えたのが寂しいで
わいなんか完コテ状態やねんからいは

245 :名無し草 (ワッチョイ f9a7-foXx):2016/03/25(金) 00:36:38.51 0
二期来たらわい嫁のねんどろ発売されへんかな
アンケートも出したねんはよはよ

246 :名無し草 (ワイモマー MMa1-tcWT):2016/03/25(金) 00:36:57.56 M
>>243
きゃわわ!
ごめん寝かわええは

247 :名無し草 (ワイモマー MMa1-tcWT):2016/03/25(金) 00:38:02.95 M
ねんどろ嫁アンケ懐かしいで

248 :名無し草 (ガラプー KKbb-L4pu):2016/03/25(金) 00:38:59.81 K
ああんモブサイコ夏アニメやねんてめっちゃうれしいはー!秋くらいやろなー思てたからわいめっちゃうれひい

249 :名無し草 (ワッチョイ 8217-gW5C):2016/03/25(金) 00:39:56.83 0
>>241
増えへんやろ(真顔

250 :名無し草 (ガラプー KKbb-L4pu):2016/03/25(金) 00:40:30.21 K
昔は一分に20レスくらいついたりして賑わってたんにな
読むの追い付かへんくらいやってんで

251 :名無し草 (ワッチョイ f9a7-foXx):2016/03/25(金) 00:40:55.41 0
モブサイコてアニメカラーなん?モノクロでしか想像出来へん

252 :名無し草 (ガラプー KKbb-L4pu):2016/03/25(金) 00:41:24.74 K
>>249
えー雑談楽しいんに
みんなどこで雑談しとるん寂しいねん

253 :名無し草 (ガラプー KKbb-L4pu):2016/03/25(金) 00:42:28.19 K
>>251
カラーやで!最新PVできたみたいやで!
わいまだみてへんねん

254 :名無し草 (ワッチョイ 8217-gW5C):2016/03/25(金) 00:51:02.06 0
>>252
刀スレか松スレちゃうの
さっき松スレでちょっと進撃の話なって
「そういえばリリとか呼んでたな懐かしいでハハハ」とか雑談してたで

255 :名無し草 (ワッチョイ bbae-tcWT):2016/03/25(金) 00:55:02.96 0
>>252
おーぷんやろ
わいも話題によって両方使い分けてるは

256 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/25(金) 00:58:40.27 0
>>254
ひどい;;;;;;;;;;

257 :名無し草 (ワッチョイ e1ef-vHhq):2016/03/25(金) 01:01:12.43 0
またおみくじ忘れてもた

258 :!omikuji (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/25(金) 01:06:14.67 0
好きなもん変わるのはしゃあないけど異常にスパン短い人は友達にはしたないは

259 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/25(金) 01:07:52.05 0
オープンが分からんわい
とりあえずここに居座るで

260 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:18:46.73 d
 身体の自由が利かない。
 こんなことは、初めてだった。

「くっそ……ッ!」

 手を、足を、耳を、尾を動かす。ぴく、ぴく、ぴく、としか反応しない四肢が、我が者ではないかのように重いそれぞれが、信じられなくて、同時に、この上なく忌々しかった。
 目も、鼻も、耳も、普段ほどには利かない。今日は月のない夜。新月の夜だ。月光を味方にする人狼という種族は、その空の周期によって、大きく力を発揮し、また、削られる。
 そして、今日がもっとも削がれる日だということは、エレンだって知っていた。身を持って、知っていた。
 だから、普段よりずっと気をつけていたのに――……

「ちくしょ……ッ!!」

 石畳の上に放り出された身体は、新月のせいだけではなく、動かない。まるで首から下が人形にでもなったかのように、意志も命令も通じない。
 動け、動け、動け、と念じても、脳内を焦りで満たすだけで、真っ暗闇の冷たい夜空の下、ただ、木偶のように倒れていることしかできなかった。
 早く、早くこの場を立ち去らねばならないのに。
 人間たちの思惑通りになんて、なってたまるかと、そう思っているのに。
 なのに。

261 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:18:57.55 d
「――……ほう。今回はずいぶんと上玉を寄越してきたもんだな」

 冷たい、この夜空よりも暗くて冷たい声音が、うつ伏せの背中に落ちてくる。身体を動かせないため、声の主を確認することはできない。
 なんとか瞳だけを動かして、せめて、影を――……

「……悪くない」
「……ッ!!」

 本能的な恐怖。力を発揮できず、自由も奪われた我が身に降りかかる不穏な気配を察知できたのは、もはや本能と云っていいだろう。
 人型のシルエットに、小さなコウモリの羽根を見つけた瞬間、エレンは我が身の運の悪さを、置かれた状況の最悪さを悟った。


     *


 エレンは人狼だった。
 人狼とは、人間に似た外見を持つ、人間より遙かにたくましい種族である。
 毛むくじゃらの耳、伸びた爪、とがった牙、そして細い尾をもつ。
 人間のソレより遙かに野生で生きていくことを想定して進化した為、聴覚、触覚、嗅覚、総合的な身体能力など、只人とは比べものにならないものを有している。
 そんな彼らには、お約束の通り、迫害の歴史があった。
 元々群れ――ヒエラルキーの中で暮らしていた彼らは、増える欲求も富む欲求もなかったが、自分たちの縄張りを大切にするという本能があった。
 それに対して、増え、富むという欲求が際限なく強い人間という種族は、彼ら人狼の地に踏み込み、そこを我がものにせんと力と知恵を振るった。  

262 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:19:28.18 d
 穏和な種族とは云え、理不尽を黙って受け入れるような馬鹿ではなかった人狼たちも、持てる力を用いて抵抗した。
 だが、元々増える欲求が少ない彼らは、数の面で圧倒的に不利だった。
 さらにいうなら、人間は悪い方向に知恵を働かせることに秀でていた。
 人狼たちの攻勢が弱まる周期を解読し、それが月の満ち欠けと密接な関係があると解明した人間たちは、月がでている間は沈黙を守り、月が無い日の夜に、一斉蜂起を繰り返す。
 そんなやりとりの結果、人狼たちはついに姿を消した。
 もちろん、全滅したわけではなかったが、人間たちの社会で姿を見ることはほとんどなくなった。
 生き残ったものたちは、人里離れた卑怯と呼ばれる場所で、今は息を潜めているのだろう、というのが、今、隆盛を誇っている人間種族の間で語られる、笑い話である。
 だが、それだけでは収まらないのが、人間たちの傲慢なところだった。
 人狼が人間社会で目に付かなくなると、今度は彼らに高価な懸賞金が欠けられ、狩られることとなったのだ。
 その目的は――愛玩動物(ペット)、である。
 人間よりも野生に近い彼らには、人間にはない魅力があった。そして、従服しない孤高の精神を持っていたからこそ、自らに屈服させたいという、歪んだ精神の持ち主が、彼らを求めたのである。
 ついでにいえば、群の生き物である人狼に主と認められれば、決して裏切られない絶対の信頼を寄せられることもあって、我こそは選ばれた人間なのだ、と酔いしれるためだけに、まだ子供の、洗脳しやすい年頃の人狼を求める変態が、後を絶たなかった。

263 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:19:32.15 d
 エレンは、そんな人狼の一人だった。
 幼い頃、森の奥深くで狩人に捕まり、悪質な愛玩動物(ペット)販売業者を介して、ペドフィリアな変態に買われ、今日まで飼われてきた。
 親も知り合いも、頼るべき者はなにもない。そんな境遇の人狼を数名も侍らせるような変態だった。
 変態は、エレンをなぶった。肉体的にも――精神的にも。
 目の前で、エレンより幼い少年が犯されるのを、ただ、見せつけられた。
 変態は、エレンの勝ち気な瞳が怒りで爛々と燃えるのが一等好みだったようで、彼には直接手を出さず、道具などで穴という穴をなぶりながら、それ以上の拷問を受ける様を見せつけた。
 自分の身が変態に汚されない分だけ、年端もいかぬ幼子たちが、壊れていった。そのことで怒り、悲鳴を上げ、滂沱の涙をこぼし、殺してやる、殺してやる、と念じるエレンを、楽しむように。

 だが――……それは、唐突に終わりを告げた。

 月のない夜だから、と油断していたのだろう。いつもならぎゅうぎゅうに戒められているはずの四肢の拘束が、ほんのわずか、ゆるんだのである。
 数年間も精神的に嗜虐されていようとも、人狼としての牙をおらなかったエレンは、すぐさま変態に噛みついた。
 その日もてあそぶつもりだったらしい幼子をすくい上げて、変態の醜いものを思い切り踏みつぶして。
 力がもっとも削がれている日故に、その程度の反抗ですぐ捕らえられてしまったけれど、後悔は無かった。
 きっと、この変態は、もう二度とあんな行為(・・・・・)に及ぶことはできまい。それだけで、十分だった。
 許さぬ、許さぬ、許さぬ、という、怨念のような声音が、心地よかった。
 もう死んでも良い。この誇りが、勝利の余韻が残った状態で儚くなるなら、それもまた仕方ない、と。

264 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:19:58.67 d
 そう、思った。
 ――が。

「許さぬ……っ!」

 その声音は、エレンが満たされたまま消えることを由としてはくれなかった。
 身体に細い針が打たれ、何かの薬品が注入される。只でさえ思うとおりに動かない四肢が、本当に、木偶のように動かなくなる。

「……餌にしてくれる……っ!」

 そう云われ、ぼろぼろの馬車に放り込まれ、そして、山道と思われるごつごつの坂道を、荷物より非道い状態で運ばれて。
 月が無い、闇夜の中。
 もうここがどこかも分からないような場所で、捨てられた。
 それだけが、エレンの分かることだった。


     *


 ちゅ。ちゅぷ。くちゅ……

 水音が、聞こえる。そういえば、朝から水の一滴も飲んでいないことに気づいて、エレンは喘ぐように舌をのばした。
「ん……」

 すると、ちゅるん、と何かが絡んでくる。水、ではない。もっと生ぬるくて、青臭い。でも、草でも樹の皮でもなさそうな――……

 そこで、エレンは目を開けた。

 目の前に、秀麗な顔がある。近すぎて、また、暗くてその詳細は分からないが、長いまつげと秀でた額が、本当に目の前に広がっていた。
 くちゅ、ちゅる、ぐちゅ、と音が続く。自身の体内から? 否、体外――違う、これは、唇から。互いの唇の隙間から漏れている音だ、と気づいて、エレンはあわてて首を振った。

「ぅ、げほっ!!」
「なんだ。物欲しそうにしてたから、分けてやったのに」

 わずかに顔を離したその人物は、くすくすとおかしげに笑って、自身の唇を美味そうになめた。
 紅い紅いそこに、白く白濁したナニか。なんだ――と眦を逆立てれば、く、とひくく笑った男が、止めていた手の動きを再会する。

「――っ!?」

 それ(・・)は、エレンの熱を擦っていた。

265 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:20:03.03 d
 なにを、と目線を提げれば、一糸纏わぬ姿の自分と、かっちりと貴族めいた衣服を、すこしも乱すことなく、黒い手袋を真っ白にして、エレンの熱をなぶっている男の、整った容貌が目に入って来るではないか。

「なに――っ!?」
「どうだ? 自分のザーメンの味は」

 ぺろり、と舌でエレンの熱にふれて、そのまま一気に舐めあげる。紅い舌に、白いどろりとした液体が絡む。
 そして、そのときになって、先ほどの青臭さの原因を思いつき、エレンの顔は一気に赤く、そして青くなった。
 やばい。これはやばい。やばすぎる。あの変態なんか目じゃないほどに、やばすぎる。
 この男は、おそらく吸血鬼(ヴァンパイア)だ。
 あの強欲な人間種族が、唯一手出しをしない化け物。生き物の精気を餌に、何百年も、何千年も生き続けるという、あの、伝説の――……!!
 男はうっそりと笑い、エレンの鈴口に強く指を突き立てた。舌を出し、そこから唾液をぽたりぽたりと垂らす。

266 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:20:33.62 d
 伝承では、吸血鬼(ヴァンパイア)の体液には、催淫作用があると聞いた。つまり、生き物を気持ちよく高ぶらせ、極上の精気を得るための、作用が――……
「ああ……やはり違うな」
 うっとりと、男が呟く。まるで強い酒に酔っているかのように。
「人間より人狼の方が味が濃い……ついでに云えば、死にかけの人労よりは、断然、生きのいいほうが美味いな」
「……って、ことは……」
 ざっと血液が下がる。
 あの変態のところにいたときに、いったい何人の同胞に出会った? その同胞たちは、「壊れた」と捨てられた同胞たちは、今どうしている――?
「……っ!!」
 ぎりり、と奥歯を噛む。
 力の入らない四肢は捨てておいて、思い通りに動く唯一――あの変態が執心した鋭い瞳で、この場における絶対的上位者をにらみつけた。
 死ね。
 死ね。
 死ね――っ!!
 そう思いながら、視線で相手が殺せるならば、きっと一瞬で肉塊にしているだろう鋭さで。
 だが、それは結局、男を喜ばせることにしか、ならなくて。
 オールバックをさらに撫でつけるように、男は髪をかき揚げた。
「ああ……いいな。怒りで味が濃くなっている。ココに俺を入れたとき……お前はどんな味になるんだろうな?」
「こっ、ろ、す……ッ!!」
 くちゅ、と後腔をたどりながら、非道く楽しげに嗤う吸血鬼(ヴァンパイア)に、エレンはただ、思い通りにならない身体で、それでも抵抗することしかできなかった。

267 :名無し草 (ワッチョイ 8236-tcWT):2016/03/25(金) 01:20:34.98 0
DLCクエやるで!て募集しとるんにDLC買っとらん人が入ってくる仕様あかんは
しかも誰が買っとらんのか判らんから退出させられへん

268 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:20:37.40 d
「待って」

その言葉は聞き入れられない。

「リヴァイ兵長、待ってください」

リヴァイは黙ったまま、慌てるその可愛らしい唇に噛み付いて、そのまま引こうとするエレンを追いかけた。
そのうちに、エレンの背中が廊下の壁に当たり、彼は逃げ場を失った。
押し付けた衝撃にひらりと互いの外套が揺れる。軍服と同じ黒を基調としたそれは裏地の色が目覚めるような赤色で、右肩は跳ね上げている。
そこからリヴァイの逞しい肩と、滑らかな光沢がある白い飾緒が僅かに揺れるのを見た。

「んくっ」

じゅるじゅると音を立てられ、エレンはぎゅう、とリヴァイの外套を握り締めて声が漏れるのを堪えた。
密着した胸の辺りで、かちゃりとベルトが触れ合って鳴る。

269 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:21:06.02 d
入り込んでくる舌を拒否する術をエレンは持たない。嫌でないからだ。
こうやってこの男が自分を求めることが、嬉しくてたまらないからだ。
だからといって、この状況はまずいと思う。

「へいちょ、やっ」

リヴァイの表情は軍帽に隠され、その口元だけが見える。
逆にリヴァイからは、軍帽をかいくぐってエレンの表情がよく見えるだろう。唇を離され、きゅっとしまったシャツの襟のすぐ上に吸い着かれる。

「あっ、だめ、ここじゃ……!」

必死に出した声が思った以上に廊下に響き、エレンは思わず口を自分で抑えた。リヴァイの動きは止まらない。するりとネクタイを撫でられる。
そのまま、胸の下でボタンをかっちりと留めた軍服のジャケットとシャツの間に手を差し入れられる。びくんとエレンの肩が震える。

「うるせえ、仕置きだ」
「な、なんのですかっ俺、何もしてな……っぁんっ」

入り込んだリヴァイの大きな手のひらの下、ほんの小指の先くらいの突起をこり、と擦られただけでエレンは甘い声を上げてしまう。
目を閉じて震えているとリヴァイがエレンの飾緒をぐっと引っ張る。引き寄せた耳をかじって、舌でなぞられながら吹き込まれる。

270 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:21:10.39 d
「愛想振りまきやがって」
「んっ、だって、それはぁ……あっあっ」

今日は軍主催の式典の日でパレードがあった。馬に乗ったエレンとリヴァイも、こうしていつも以上にかっちりと軍服を着こなし、凛とした面持ちでパレードに参加していた。
横から聞こえる黄色い声に眉を顰めるリヴァイと、その様子に苦笑しながらも、小さな子供の歓声を聞いたエレンはそちらにチラリと顔を向けて小さく笑って手を振ってやった。
きゃあと可愛らしい声を上げた子供の母親が真っ赤になって卒倒したことなど知る由はない。
その様子を見ていたリヴァイは、無意識にフェロモン出してんじゃねえよと恋人への独占欲でいっぱいになっていた。
このところ忙しくてまともに二人の時間がなかったことも大きかった。そうじゃなければ、こんなところでエレンに悪戯などしていないだろう。せめて寮の部屋まで待てたはずだ。
本日の業務は終了し人気はないものの、こんな誰がくるかわからない廊下で触れ合うなんて。

「んんっ」
「かたくなってきた」

手のひらで転がすそれのことだろう。こねるような動きと、シャツの布に擦れる刺激がエレンの理性を崩し始める。
リヴァイは少し笑みを浮かべて、エレンの喉に吸い付いた。襟は一切乱れさせない。ネクタイもそのままだ。なのに、エレンの顔は徐々に欲を灯し始め、そのギャップがたまらない。

「ひゃうっ」

ジャケットのボタンをひとつだけ外し、少しだけふわりと浮かせられたと思えばシャツ越しに吸いつかれてエレンが軽く仰け反った。

271 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:21:42.12 d
シャツが張り付きぷくりと浮き上がったその色は仄かな桃色で、リヴァイはますますうまそうにそこを丁寧にしゃぶる。片方は手でこねたままだ。

「や、や、や、リヴァ、ああっ」

リヴァイは一度唇を離して、再度エレンの唇を塞ぐ、助けを求めるようにエレンの舌がそろりと出てくるのに答えてやり、舐めて吸ってやった。

「エレン、声でけえ」
「だ、だって」
「座れ」
「え?」
「膝立てて座れ」

指示を受け、悲しいかな上官であるリヴァイには逆らえずエレンはその場でずるずると背中を滑らせ、ぺたりと座った。リヴァイは片膝を立てて跳ね上げていない左側の外套を広げるとそれでエレンをすっぽり覆ってしまった。
ぎゅっとそのまま左腕に抱き寄せられると、リヴァイの香りが充満してエレンは顔を更に赤くする。思わず離れようとして、更に抱き寄せられて胸元に顔を埋めることになった。

272 :名無し草 (ガラプー KKbb-L4pu):2016/03/25(金) 01:21:45.28 K
(レスめっちゃ増えとるうてわくてかしたら消えとったせかざん)

273 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:21:49.51 d
かちゃりとリヴァイの腰にあるサーベルが音を立てる。

「そうしとけ」

そう言ったリヴァイの右手が、エレンの外套をかいくぐり膝に触れた。ゆっくりと撫で回され、エレンはぎゅっと力を込める。とんとん、と指で叩かれる。足を開けと言っている。
エレンは涙目だ。息を吸えば外套の中で濃いリヴァイの匂いを吸い込んでまるで媚薬のようにエレンの熱を上げていく。
結局負けて軽く膝を開けるといい子とばかりに頭に回っていた左腕がエレンの髪をやさしく撫でた。
右手がそのまま、腰のベルトを撫でてから前立てに触れる。僅かに反応を示していたことを知られる。

「……乳首良かったのか?」
「〜〜んっ」

楽しそうな声だ。
つぅっと指で撫でられ、僅かな刺激に声を漏らす。ゆっくりと、指が辿って形を確かめるようだ。

「ぁっああっ、んっあっあっ!」

その指が、遂に服越しにエレンの中心のその根元をゆっくりと揉みだした。ゆっくりと、しかし力加減は絶妙で柔らかなそれをマッサージするかのようだった。

274 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:22:25.27 d
エレンはリヴァイの胸元でくぐもった声で喘ぐ。その内、少しずつ膨らんできたその先端を捉えられ、かりかりと爪で引っかかれる。
たまらずいやいやと首を振るが、リヴァイは聞いちゃくれなかった。
ガリガリと引っかかれながら、リヴァイがエレンの耳に舌を這わせ始める。頭に回っていた左手がエレンの首をなぞっていた。
ぴちゃり、くちゅりと舌を入れられぞくぞくとエレンの背筋を駆け上がる快感に、ひくりと奥に秘めた後孔が疼いた。

「あっ、だめ、だめ、や、ああっ」

このままでは下着の中をとんでもないことにしてしまう。軍服だって汚してしまう。エレンが涙目になってリヴァイに訴えてもリヴァイはエレンのこめかみにキスを落とすだけだ。
手のひらでグリグリとそこを揉まれてエレンは必死にリヴァイの胸元で喘ぎを殺す。

「あっ、ぁあっん」
「イけ、このまま」
「や、へいちょ、あんっ、汚しち、まっ」
「俺が責任もってやる」

なんて安心感のある言葉だろう。こんなときじゃなければ感動し惚れ直しただろう。

「エレン。………はやくおまえのなかはいりたいな」
「っあ!っあぁあ〜−−っ!」

ぼそっと、耳の中に吐かれたリヴァイのやらしい望みに、エレンは遂に軍服の中で欲を吐き出したのだった。

275 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:22:29.64 d
「……ふくのなか、きもちわるいです」
「我慢しろ」
「兵長のせいなのに……」
「だから責任は取ってやる」
「ううっ……」

ぐちゅ、と音をさせながら、リヴァイがエレンの手を引いて立ち上がらせる。ちらりと見えたリヴァイの前立てが少しキツそうで、エレンは爆発しそうになる。
お互いに、着衣の乱れは殆どない。エレンの襟の辺りを直したリヴァイは、手を引いたまま寮のリヴァイの部屋へと向かっている。
凛とした背中からは想像もつかない情欲を、お互いこの軍服の下に隠しているなど誰が思うだろう。
それでも誰にも会いませんようにと足をもじもじさせつつリヴァイの後を追う。
部屋についた途端、扉に押し付けられてベルトを早急に外され、前立てから侵入した手のひらが直接濡れたエレンの性器を揉む。
ようやく与えられた直接の刺激にエレンの性器はすぐに力を取り戻す。
下着をずらされ、ピンク色の先端がひょこりと前立てから飛び出したところをくるくると遊ばれる。エレンは必死にリヴァイの首に抱き付いた。

「ひゃううう」

か細くエレンが鳴くのに喉を鳴らし、リヴァイの指は更に奥へと進む。垂れた精液でまるで自然に濡れたようになっている後孔にゆっくりと指を差し込むと、ひくつく内部に思わず口端が上がった。

276 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:22:55.77 d
昨夜も可愛がったそこは柔らかく、ぐちゅぐちゅと指二本を余裕で飲み込む。

「あっあぁああっ、や、んっ、そこぉ……ああっ」
「かわいいな、エレン」
「あっあっあんっあぁんっ」

ぐりぐりと弱い場所を押され、耐えきれずに膝をガクガク震えさせるエレンの腰から、ずるりとズボンが落ちてブーツの辺りで止まる。落ちる瞬間に僅かに糸を引いて、リヴァイの目を楽しませた。

「エレン、後ろ向け」
「んあっ、待って…やだ、ベッドに……! 声、抑えらんないっ……!」
「さっきから散々我慢してんだ、無理いうな」
「はぁあんっ」

指でぐちゃりと中を広げられる感覚にエレンが高い声を上げたところで、指を抜いたリヴァイがズボンのボタンを外し、張って下ろしにくいジッパーを下げた。

「あっ」

ぴたりとそこに擦り付けられる大きく熱いリヴァイの性器が、エレンの背筋を駆け上がる快感に拍車をかける。

「エレン」
「あっあっあぁァーっ」

ぬく、と入り込んでいくそれに、身悶えていれば、忘れるなとばかりに前に回った腕が未だ濡れたシャツの下で震える乳首を捉えて再び強弱を付けて摘ままれる。その間に奥にまで入ったリヴァイのそれを、エレンの内部は喜んで締め付けた。

「はっ……たまんねえ。いい、エレン」
「んあっ」

277 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:22:59.29 d
こつこつと奥の壁を突かれてエレンが鳴く。項に甘く噛みつきながらリヴァイは囁いた。


「俺だけのもんだ」

エレンが更にリヴァイを甘く締め付けたのは、無理もない。


ぐちゃぐちゃになった軍服がベッドの回りにぽつぽつと点在している部屋で、リヴァイは目覚める。時刻は目覚ましが鳴る十分前だ。
今日はリヴァイもエレンも休暇なのだが、いつもの習慣で目覚めてしまった。
腕の中で眠るエレンの頬に口づけを落とし、昨日最後の方でリヴァイの軍服の飾緒で縛ったりしてしまった細い手首には薄赤い痕が残っている。

「……まずは洗濯だな」

掃除に関してプロ顔負けの腕前を持つリヴァイだが、実は洗濯も得意である。クリーニング屋もびっくりなスキルを始動させて軍服を綺麗に元通りにしてやらねければならない。
そうして綺麗になった軍服を身に着けたエレンの凛とした佇まいに、また何度でも汚してやりたくなるのだろう。

「んん……」
「……かわいい面しやがる」

あどけない寝顔に愛しさが募る。
朝日が床に落ちた軍服のボタンを、きらりと光らせた。




 

278 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 01:23:34.13 a
>>272
BBAはわいかな?

279 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:24:14.84 d
「なんで俺がてめえん家の無駄にでかい倉庫を掃除してやらなきゃなんねえんだ」
「まあまあリヴァイ! いいじゃん気に入ったものあったら持って帰っていいって言われてるんだし!」
「はは、すまない。よろしく頼むぞ、三人とも」
「……ふむ」

リヴァイ、ハンジ、ミケの三人はエルヴィンの屋敷に集まり、古い倉庫の前にいた。
エルヴィンの経営する会社の創設メンバーであるこの三人の会社での会話が発端である。
以前から気になってはいたものの、リヴァイが言うようにレンガ造りの倉庫はとても大きく一人ではとてもじゃないが終わらない。
つまりその倉庫は埃だらけってことか? とリヴァイが眉を顰め。
ねえその倉庫珍しいもんある? とハンジが目を輝かせ。
エルヴィンを見て、フンと鼻を鳴らしたミケに、エルヴィンがそれではと提案した。
曰く、気になったらなんでも持って行っていいから倉庫整理の手伝いをしてくれ。

280 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:24:29.11 d
それに乗ったハンジに引っ張られる形で、休日に三人でエルヴィンの屋敷にくることになったのだった。

リヴァイが三角巾にマスク、エプロンに手袋を装備し、上から埃をはたき雑巾で磨きと掃除をこなしていく中、ハンジは中から運び出した様々な骨董品や古い絵画や玩具にまで目を輝かせている。
ミケはリヴァイでは届かない部位の掃除を請け負っていた。エルヴィンは整理用にリストを作り管理の準備をしていく。
棚の整理をしていたリヴァイが、ふとそのケースを見て手を止めた。それを手に取って中身を確認する。

「どうした、リヴァイ」

ミケの問いかけに、いや、と答えつつリヴァイは少し外すと言ってそのを持ってエルヴィンの元へと近づいた。

「リヴァイ?」
「エルヴィン。これもらってもいいか」
「それは?」

「天体望遠鏡らしい」

リヴァイがケースを開くと少し汚れているものの綺麗な状態の白い貝殻のような光沢を持つ筒が姿を現した。

281 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:24:58.89 d
「ああ、構わないぞ。……それは君の恋人が喜ぶな」
「………」

リヴァイは何も言わずに、自分の車の荷台にそのケースを軽く拭いてから積み込んだ。手入れはきっと家で道具を揃えてからやるつもりなんだろう。



リヴァイの恋人、エレンに出会ったのは数年前のことだ。
元々、星空を観察するのが嫌いじゃなかったリヴァイがほんの暇つぶしにプラネタリウムに入った時だった。
上映が始まり、穏やかな声のナレーションを聞きながら真上に浮かぶ人工的な星空を、それでもまあ嫌いじゃないと思っていたところだった。
視線を動かしたとききらりと輝くひと際美しい星を見た気がしてリヴァイは目を凝らした。暗い中、その星はぱしりと瞬きを一回だけしてじっと天井に映し出される星を見上げていた。
上映が終わっても、リヴァイはその星から目を離せなかった。

282 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:25:03.16 d
なかなか立とうとしないその星の持ち主の頬にほろりほろりと涙が伝っているのに驚いてリヴァイはその細い手首を掴んで彼を連れ出していた。

「あ、あの」
「……早く行かねえと次の客に迷惑だろうが。ガキ」
「あ……すみません」

そうぶっきらぼうに言いながらもハンカチを差し出してきたリヴァイに、星の持ち主は謝り自分の鞄からハンカチを取り出そうとする。しかしなかなか出てこないのに焦れて、リヴァイはいいから使えとハンカチを押し付けた。

「洗濯はしたばかりだ。別に構わねえから使え」
「す、すみません……! ありがとうございます」

結局リヴァイのハンカチを借りた彼は、はあ、と息を吐きながらまたやっちまった……と呟いた。

「また?」
「え、ああ。俺、プラネタリウム好きなんですけど、見る度にこうやって泣いちまって……終わっても呆然としちまうんです。最近来てなかったし、そろそろ大丈夫かと思ったんですけど……」

助かりました、と言った彼の笑顔はまだあどけない。

「ハンカチ、ありがとうございます。お礼したいんですけど……お兄さん、お名前は……。あ、俺、エレンって言います。エレン・イェーガー」
「……知らねえ人間にほいほい名前教えるなガキが。警戒心を持て」
「そういってくれるあなたが、悪い人には見えないんで」

283 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:25:32.51 d
それにお兄さんもお兄さんですよ、とエレンは笑った。

「知らねえガキにほいほい優しくしちゃだめです。懐かれてめんどくさいことになっちゃいますよ?」
「はっ」

思わず笑ってしまったリヴァイはその場でエレンと連絡先を交換し、何度か会ううちにいつの間にか、そう。恋人という立場になっていた。
エレンの瞳は、どんな星の輝きよりもリヴァイの心を惹きつけた。


「エレン、今度星を見に行かないか」

リヴァイにそう誘われたのは、春だというのにちっとも温かくならない、少し肌寒い日のことだった。
エレンは両手にマグカップを持ったままぽかんとしてリヴァイを見た。

「リヴァイさん……! それ……!」
「ああ」
「天体望遠鏡ですね!? そんな高そうなものどうしたんですか?」
「前にエルヴィンの倉庫の片付けを手伝いに行ったろ」
「はい」
「もらった。ようやく手入れが済んだところだ」
「ええええ!? すごい……!」

驚きながらも目を輝かせたエレンにリヴァイは満足げにケースをテーブルに置いてエレンの髪を撫でた。

284 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:25:42.70 d
エレンはくすぐったいですと笑いながらマグカップを置くとひんやりとした白い筒に指を滑らせた。

「こないだ穴場見つけたって言ってましたもんね」
「ああ。明日もまだ少し寒いらしいし、空気が澄んでるうちに見るなら明日の夜、どうだ」
「いいですね!! あったかい飲み物とか軽食とか、用意しねえと」
「ああ、お前の料理は美味いからな。なら、俺は車を出そう」
「やった! ありがとうリヴァイさん!!」

そう言ってぎゅっと抱き締めてくるエレンの細い腰に手を回し、リヴァイはぎゅっと抱き締め返す。
喜んでくれたなら何よりだ。


「俺、リヴァイさんが運転するの見るの好きなんですよね。」
「そうか?」
「はい。かっこいいので!」
「そりゃどうも」

月の明かりと車のヘッドライトのみが照らす道を進み、リヴァイが見つけた星空の穴場へと向かう。
人混みを好まないリヴァイらしく、そこは本当にまだリヴァイとエレンにしか知らない場所だ。

285 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:26:11.51 d
少し深い森の奥にあるが、車で行けないほど狭くもない。
プラネタリウムで呆然と涙を流していたエレンだが、リヴァイが共に行くようになってからはなぜか涙は止まった。
本物の星空を見に行く余裕もできたので時折こうしてでかけるのが日常になっていた。

場所に着き、リヴァイは車を止めた。

「着いたぞ」
「はい、お疲れさまです。運転ありがとうございます」
「!」

助手席から身を出したエレンが、リヴァイの頬にキスを落とす。
珍しい行動にリヴァイは瞠目し、エレンは薄闇の中でも顔を真っ赤にしていた。

「……急にどうした」
「す、すみませんだってやっぱりかっこいい……」
「お前な……」

はあ、とハンドルに凭れて溜息を吐くリヴァイに、エレンが不安そうに覗き込んでくる。
ちょいちょいと指でこっちへ来いと合図を送ると、大人しく近づいてくるのでやはりエレンには警戒心が必要だと思う。

「んっ……ふ、んんんっ!」

仕返しとばかりに後頭部を引き寄せられて顎を捉えられ、深いキスをされる。エレンの身体が弱い部分を舌でなぞられてびくんと震えた。

「ふ、あ、リヴァイさ……!」

とろりと瞳を潤ませたエレンが、頬を包むリヴァイの手に擦り寄る。離れるリヴァイの唇をぺろりと舐めると、リヴァイが舌打ちをした。

「ひっ!?」

286 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:26:15.19 d
がこんっと助手席の席を倒され、エレンは後ろに倒れ込んだ。そこに運転席から移動したリヴァイが乗り上げてくる。

「や、なに……」
「そういや昨日は、俺がシャワー中にお前が寝ちまってお預けだったと思ってな」
「はっ!!? や、待ってリヴァイさん……! やだ、車でなんてっ……!」
「誰もいねえよ」
「そうじゃなっ……狭いし、汚したらどうするんですか!」
「ほう? 汚すほど何垂らす気だエレン」
「っ!!」
「安心しろ。掃除は得意だ」
「やっ……!!」
「煽ったのはお前だろ。安心しろ、星は逃げねえよ」

抵抗しようとしたエレンの長い脚が、ガツンと音を立てる。どこかへぶつけたようだ。

「ああ、暴れるんじゃねえよ。ほら、下だけ脱げ」
「んあっ、や、ずる、そこ、さわんないでっ」

きゅうう、とカーディガンの下に手を滑り込ませたリヴァイがシャツの上から乳首を摘まみ上げる。

287 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:26:45.67 d
すっかり快楽を覚えてしまったそこから痺れるようなじれったいような刺激が走り、エレンは足をもぞりと動かした。
首元に噛みつきながら、リヴァイがさっさとエレンのズボンと下着を履いていたブーツと一緒に脱がしてしまう。
ぺたりと素肌の尻がシートに触れて、エレンがハッとするが遅い。

「あっだめ、だめぇっ……あっ」

エレンの片脚を自分の肩にかけ、リヴァイがエレンの足の間に顔を埋める。まだわずかな兆ししか見せていないそこを指で支え、鼻筋で辿るとエレンがひくんと腰を動かす。口端を上げて、睾丸と竿の根元をやんわりと舐めてやる。

「ひあっ、ぁ、あっあっ」

支えていた指で軽く扱き、先端を刺激しながらちゅくちゅくと脇から吸い付くと、たらたらと透明な液体が流れてリヴァイの唾液と混ざっていく。

「すっかり濡れやすくなった」
「あっああっやだ、やめて、あっ」

とろりと、唾液と先走りが混ざった滴が後孔へと流れてエレンがその感覚に声を上げる。竿から唇を離し、リヴァイはもう片方の指でくいっとそこを開いた。てらりと薄闇に光沢が光る桃色が広がる。

「やだぁ、リヴァイさんっ、見ないで、ひろげちゃやだ、あんっあっした、あっした、うごいてるっ」

軽く広げたそこに侵入したリヴァイの舌が、蠢きながらも唾液をそこに送り込んでぐちゅぐちゅと卑猥な水音を立てる。

288 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:26:50.57 d
時折吸うように唇を動かすと、更に音はひどくなった。

「あっあっあっ、ん、あっ」
「こっちも唇みてえだ……、キス嬉しいか? ん?」
「きゃうっ」

子犬のようにエレンが鳴いた。


「あんっ、あっあっ、あっ、や、ぁっあっあっ」
「ああ、エレン……すげえ、いつもより、ぎゅうってしてくるな……」
「だ、って、せまい、っからっあっあううっ、おく、おくう、」

ごりごりと前立腺を掠めながらリヴァイがエレンの奥を穿つ。横向きの体制からリヴァイの肩に片脚をけけているので体勢がきつく、リヴァイも天井に頭をぶつけている。
いて、という小さな声を拾ったエレンは、思わずリヴァイの肩にかけた足でぐいっと彼を引き寄せて、胸元に抱き締めていた。ちゅるりと舌が乳首に絡みつくのでそれにも震えた。

「車は動きにくいな……」
「だ、から、やだって、あ、ああっ」
「でもベットみてえに弾むからな……なあ、今外から見たら、何してるか丸わかりだな……?」
「ひっ、や、ああっ」
「フロントの方に回ったら、お前が足開いて俺に抱かれてるところ……見られちまうな……」
「やあああっ」
「っ、おい、締まったぞ。恥ずかしいと思ったら、興奮した?」
「リヴァ、やっ、も、あっああっあああっ!」
「いいこだ、いっちまえ……」
「あっーーーーぁっ!」

リヴァイがどこから出したのかハンカチでエレンの震える性器を掴み射精を動かすと、エレンはあっという間に達した。

289 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:27:17.93 d
同時にナカが締め付けてくるが、リヴァイが達するには至らない。

「一度抜くぞ」
「ぁ、ぁぁっあ」

ずるりと性器を抜いたリヴァイは、未だ勃起したままのそれを軽くしまうとそのまま助手席のドアを開けた。
ひんやりとした空気が入り込んで、エレンが身震いする。
達したばかりの身体はまだ動かせない。ひょいっと持ち上げられると、そのまま外へと出されてエレンは瞠目した。

「なにしてっ、!! リヴァイさん!!! や、さむいっ……!」

何しろエレンは下半身は何も身に着けていないのだ。おまけにあらぬ液体で濡れているため、風がすうすうと通り抜けるのが冷たくてたまらない。
そう、ここは外だ。穴場で、誰も来る気配がないとはいえ外なのだ。エレンがさっと顔を青ざめさせた。
いやだ、こんなの、こんなところで!

「待って、リヴァ、ああっあー!」

そんなエレンを無視して車のボンネットにエレンの背を乗せたリヴァイは、まだぐずぐずとしているそこにまた性器を押し込んだ。喜ぶようにエレンの中が震える。

「ああ、いいな、エレン、上見て、星、見てろ。あっためててやるから」
「ひっ、やだっ、なにもっ、なにも見えないっぃ……あっあっあっーーあ、っあっ!」

リヴァイの背に縋りながら、がつがつと本能のまま腰を動かされエレンはちかちかとそれこそ目の前に星が散る勢いだ。

290 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:27:23.75 d
本物の星空は、快楽で潤んでうまく見えない。それに。

「やだ、いっしょ、に、見るって、言ったの、にぃっ……あああっ」
「っ…!」

その言葉に、ぐっと胸を掴まれた心地のリヴァイがごりごりとエレンの弱い場所を擦り上げ、奥を叩いた。

「ぁあああーーっ!」
「エレンっ……」

エレンが耐え切れず、射精を伴わない絶頂を迎えたあと、リヴァイがエレンの中で果てた。



「エレン、エレン。悪かった。許せ、なあ」
「リヴァイさんうるさい」
「エレン……」

隣から聞こえる困り切った声をふん、と無視をして、エレンは簡易椅子に座って望遠鏡を覗き込んでいる。リヴァイなぞ肉眼で十分立派な星空が見えているだろうし、譲る気もさっきのことを許す気もまだ起きそうにない。
あのあと結局中のものを持参した水と指で掻きだされる羽目になりエレンはすっかり身体を冷やした。今はリヴァイの分のコートも奪っている。

「おれやだっていったのに、しかも外でとか、俺がこのあと風邪ひいたらリヴァイさんのせいだからね」
「ちゃんと看病する。なあ、エレンせめてこっち見てくれ……紅茶を淹れたから」

確かにふわりと紅茶の香りがする。持参したキャンプ用のガスバーナーコンロでお湯を沸かしたのだろう。

「飲まない」

身体も温まるしリヴァイの紅茶は美味しいが、飲む気になれない。

291 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:27:53.36 d
怒っているのもあるが、なんせ、天体望遠鏡の向こうには美しい夜空が広がっている。きらきらと瞬く星が、それぞれと形と色で光り輝いていた。
ああなんて美しいんだろう。どうしてそこにいけないのだろう。その光に手を伸ばし、包み込めたらどんな温度なのだろう。そこはどんな世界なんだ。

とす、と衝撃が走ってエレンがはっとする。

「なに、リヴァイさん。触らないで」
「……やだ」
「俺まだ怒ってる」
「悪かった……。でも、離さない」
「リヴァイさん」
「星にお前を取られたくない」

ようやっとエレンが望遠鏡から目を離す。肩に埋まるリヴァイの頭をちらりと見てから、組み立てたテーブルに置いた紅茶に手を伸ばして飲む。うん、美味しい。

「……取られたりしませんよ」
「エレン」
「………しばらくえっち禁止」

リヴァイの身体がこわばった気がするが、小さな声でわかった、と聞こえたのでまあ少しだけ許してやるかとエレンはくすりと笑った。

星の元へと駆けた足は、リヴァイの隣に繋がっている。帰る場所はここだ。ここにしかない。

リヴァイという星をエレンは愛し、エレンという光をリヴァイは愛するだろう。

「ほら、リヴァイさんも覗いてみなよ」

綺麗な星空が、見守ってくれているから。

292 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:28:03.82 d
古城の地下で、執務室で、裏の森で、俺の自室で……恋人であるエレンとは何度も体を重ねた。
いつ死ぬか解らない毎日の中で、体温を感じる行為へ縋る様に没頭していたんだろう。
経験のなかったエレンは次第に俺を受け入れることに慣れ、男とのセックスは初めてだった俺も、男を……エレンを悦ばせることに慣れて行った。何度セックスをしても飽きない。むしろ回を重ねるごとに快感は増した。
俺がどうされると気持ち良いか、
俺にどうされると気持ち良いか、
エレンの内壁は知り過ぎていて、腰を振るタイミングに合わせてきゅうきゅう締めつけたり、少し腰を浮かせて自ら良い場所を擦り付けてきたり……そのたびに上がる声も艶やかだ。
「あ、あぁん……リヴァイさん……」
ベッドの中だけは役職ではなく名前で呼ばれる。
荒い呼吸、潤んだ瞳、汗でしっとりした肌……声や見た目だけでは無い、汗やカウパー、精液の匂いまで俺を興奮させる。
「エレン……エレン……っ!」
エレンを十分に悦ばせて、鳴かせて、内壁の感触も見た目も声も全てを堪能してから射精へ向けて素早く腰を振る。
エレンの喘ぎ声が大きくなり、締まりも強くなる。俺の先端からも先走りがどんどん溢れて増えたぬめりが快感を一層強くする。
「イクぞ」
「ん、あぁ……リヴァイさん、欲しい、きて、リヴァイさぁん……!」
最初はタイミングが合わなかった射精も、今ではほぼ同時。

293 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:28:33.63 d
エレンの達する瞬間の強い締め付けによる快感、俺が達してエレンの中を満たす熱い快感。お互いに、同時に、相手を満足させて自分も満足する。
こいつ以外とのセックスはもう考えられねぇ……。

考えられねぇから……

エアコンの効いた暖かい室内でベッドに腰掛けた俺は、自分の右手に絡む白濁液を眺めてため息をついた。

前世の記憶を持って生まれてから三十年。俺の恋人は妄想の中と右手だ。

 

生まれた瞬間から探していた恋人と再会できたのは突然だった。
「課長……腹痛が治まらないんで、早退して良いですか?」
「あぁ構わん。早退届けだけ書けるなら書いていけ」
仕事中に顔を青くした部下にそんな事を言われて、「帰るな」なんて言うはずがない。
前世の記憶にある軍隊の様な環境とは違う、平和な世の中の平和な会社に俺はそれなりに順応していた。

294 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:28:37.55 d
「駅前に新しくできた内科へ行ったらどう? 三時からだから、あと三十分で開くし……」
腹を押さえる部下を心配して、他の課員も声をかける。他者の心配もできる平和で仲の良い部署。そこそこの給料。やりがいのある仕事内容。現状に不満はないが……。
「そうします……駅ビルの二階にできたとこですよね?」
二人の何気ない会話から、仕事の資料へと意識を向けかけた瞬間だった。
「そうそう、イェーガー内科。シガンシナ大学付属病院にいた先生だから、腕も確かよ」
「イェーガー内科……?」
思わず顔を上げて問い返す。イェーガー……医者……まさか?
「えぇ、グリシャ・イェーガーって先生なんですけど、ちょっと渋い感じのイケメンで……あ、奥さんもお子さんもいらっしゃるんですよ? できたばかりで内装も奇麗だし設備も整っているし、駅ビル内のクリニック階だから調剤薬局も……」
自称情報通の女性社員が調子に乗って話を続ける間、俺は前世の記憶を必死に手繰り寄せていた。

295 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:29:02.58 d
生まれてからずっと探している恋人の名前はエレン・イェーガー。確か前世では父親が医者で、名前はグリシャ……。これは……まさか……。
「それで、先生の息子さんもシガンシナ大学付属高校で、ゆくゆくはシガンシナ大の医学部……医者の道に進みたい、同じ内科医を目指したいって言っているらしくて、それなら今の内に開業して、自分の医院を息子に継がせたいんですって」
なぜそこまで知っているんだ、こいつは。女の情報網が怖い。
怖いが……よくやった。
「すまない。俺も腹痛だ。早退する」
「へ?」
通勤用の鞄にスマホを突っ込み、コートを羽織ると勤務先の洗剤メーカーが入るオフィスビルを飛び出し、駅へ向かった。
診察のためにイェーガー内科へ行くのではない。
シガンシナ大学付属高校の最寄り駅へ向かうためだ。

296 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:29:06.61 d
三時過ぎという時間は調度良かったようで、授業を終えた生徒が続々と校門から出てくるところだった。
シガンシナ大学付属は男子校だ。紺と緑のチェックのスラックスに紺のブレザーの男子生徒ばかりが校門から出てくる。
この中にエレンがいるかもしれない……。
元々鋭い目つきを更に鋭くして校門の正面に立つ俺は、さぞかし不審だろうが、なりふり構っている場合では無かった。
まだか?
あ、あいつは……いや、全然違う。
もしかしたら、多少背格好が異なっているのかもしれない。
しかし、記憶があれば前世通りの見た目の……わざわざエレンに出会えた時のことを考えて髪型も前世に合わせているし、視力が落ちても眼鏡ではなくコンタクトにしているんだ。気がついてくれると思うが。
そんな事を考えながら三十分ほどその場にいただろうか。
シンプルなコンクリートの校舎から出てきた一人の生徒から目が離せなくなる。まだその姿は遠く、顔も判別できない距離だが、心臓が高鳴った。
冬の初め、コートがいる季節だと言うのに体が熱い。
そいつが一歩一歩近づくごとに、心臓の音が五月蠅くなる。
頭が真っ白になる。

エレンだ。

あいつは、
俺の前世の恋人のエレン・イェーガーだ。

297 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:29:35.87 d
ふと、それまでゆっくりと近づいてきていたエレンの足が止まる。
目が合った。
目が合ったのは一瞬のはずだが、その間に心臓は何度脈打っただろう。痛いくらいに騒ぐそこを、コート越しに掴んだ。
表情はハッキリわからないが、エレンがパクパクと口を大きく開けた後、歩き始め、早足になり、小走りになり、全速力でのダッシュになり、どんどん近付いてくるその体を受け止めようと開いた俺の両腕の中に勢いよく飛び込んできた。
「リヴァイさん! リヴァイさんっ!」
「あぁ、エレン……エレン!」
辺りにはわずかだが他の生徒もいるし、ここは生徒以外の一般人も通る公道だ。
しかし、そんな世間体は再会した嬉しさの方が遥かに上回って、エレンは顔を真っ赤にして泣きながら俺にしがみつき、俺も泣きそうになりながらエレンの体を少しでも距離が近づく様に掻き抱いた。

三十年間探し続けたぬくもりが、今、俺の腕の中にいる……。
生まれてから今まで、感じたことのないほどの充実感に包まれた。

298 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:29:48.89 d
「えっと、それで今は医者を目指して勉強を頑張っています。付属校だけど、医学部への進学は成績の規定が厳しくて……外部受験よりは楽ですが」
「そうか。相変わらず目的意識が高いな」
いつまでも道端で抱き合っているわけにもいかず、たまたま通りかかったタクシーを止めて俺の自宅マンションへ移動し、お互いの近況を語り合った。
リビングの窓から見える外の景色はもう暗く、最初に淹れた紅茶も冷めきっている。
「リヴァイさんも、相変わらずで安心しました」
二人掛けのソファに並んで腰かけたエレンが穏やかに笑う。俺もエレンも、涙は引き、心臓も落ち着いている。
「そうか……」
「……」
「……」
だいたいの境遇、近況は話し終えた。
唯一、お互いが話していないことと言えば……。
「あ、あの……リヴァイさんは、その、け、けっこん……してるん、です……か?」
エレンにしては珍しく語尾を濁す。あぁ。俺も聞こうと思っていたんだ。
「してねぇ」
「じゃあ、付き合っている人とか」
「いねぇ。お前はどうなんだ?」
「いるわけないです! リヴァイさん以外と付き合うなんて、思いもしなかった!」

299 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:30:14.50 d
エレンの強い言葉に口角が上がる。
「あぁ……俺もだ」
俺の短い一言でエレンが瞳を輝かせ、緊張が解けるのが解った。
それが嬉しくて、もっと……もっと近づきたい欲が生まれる。
三十年間抑えてきた欲だ。
ソファに乗ったエレンの指に自分の指先を絡めると、エレンが手のひらを返してぎゅっと握りこむ。
「リヴァイさん……」
「エレン、また俺と付き合ってくれるか?」
エレンが握った手に、俺からも力を込める。
「はい! もちろんです! よろしくおねがいします!」
返事と共に満面の笑みを浮かべたエレンにまた心臓が高鳴る。嬉しい。
ただただ、嬉しい。
「エレン……」
握った手を引き寄せながら顔を近づけると、エレンが目を閉じた。
開いている時は大きな金眼が印象的だが、閉じれば長いまつげに縁どられ、妙に色気を感じさせられ、これはこれで目を引くものがある。
その目元の下、唇が無防備に薄く開いているのは、俺に心を許しているからだと思うと堪らない。
「ん……」
唇を重ね、押し付け、角度を変えて更に押し付け、薄く開いた隙間に自らの唇をねじ込んで下唇を食んだ。
「ふ……ん!」
エレンの声に色気が含まれ、体温が上がる。

300 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:30:23.86 d
柔らかさを確かめるように唇を食んでいると、エレンの舌が強請る様に俺の上唇をチロチロと舐めた。前世ではあえて焦らしてやることもあったが、今はそんな余裕はない。
求められるままに自らの舌をエレンの舌に絡め、舐めまわし、何度も何度もお互いに顔の角度を変えて口内を貪り合った。
「あ、はぁ……はぁ……」
唇が離れると、すっかり息が上がり、エレンの頬は真っ赤になっていた。
触れ合っていない場所にも、熱が集まっているのが解る。下半身が重い。
「エレン……いいか?」
耳元で囁くと、エレンが俺の肩を押し返した。
「あ、待ってください。あの……親に、今日友達の家に泊まるってメールいれてからで……いいですか?」
「……あぁ」
妙に現実的なその言葉に、短く答えながら喉を鳴らした。

301 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:30:49.48 d
「メール、送りました……っ!」
リビングから移動した寝室のベッドに腰掛け、エレンがスマホをサイドボードに置きながら言った言葉を聞いた瞬間その場に押し倒した。
「エレン……!」
ブレザーのボタンを外して脱がせ、シャツの小さいボタンは全て外す余裕も無く、最低限外しただけで無理やり頭の方から抜いた。皺になるかもしれないが、破らなかっただけマシだと思って欲しい。
その下に現れたTシャツはエレンが自ら脱ぐ。
「リヴァイさんも、脱いで、早く……!」
本当はすぐにでも目の前に現れたエレンの滑らかな肌を、胸の突起を、浮き出た鎖骨を愛撫してやりたかったが、エレンの切羽詰まった訴えに
性急な手つきでスーツのジャケットを脱ぎ、ネクタイを剥ぎ取り、シャツはエレンにしたようにボタンを外しきらずに脱ぎすてた。
「あ……すげ、リヴァイさん、あの頃みてぇ……」
エレンが俺の腹筋をうっとりと眺め、指を伸ばしてくる。あのエレンの指が触れているんだと思うと、性感帯でも何でもないはずの腹と下半身が直結しているかのように昂る。
しかも目の前には想い焦がれ、何度も妄想の中で撫でまわした滑らかな肌がある。胸の突起は淡いピンク色で、触れてもいないのにすでにピンと上を向いていた。
「お前も、相変わらず美味そうだな」
言葉と共に、エレンの胸の突起に食らいついた。脂肪も筋肉も無いそこは、ただ突起があるだけにすぎないのに、エレンの胸だと思うと妙に興奮する。
興奮するともう止まらねぇ。
舌先で舐めて、唇で食んで、吸って、弾力を持ったそこを存分に堪能する。
あぁ、エレンの乳首だ。夢にまで見た、乳首を今吸っているんだ。
たまんねぇ……。
「ん……ぁ……はぁ」

302 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:30:53.39 d
夢中になってしゃぶっていると、まだ控えめな声が聞こえた。
記憶と妄想が混ざった、これまで想像していた声よりも控えめだが、そうだ、エレンの喘ぎ声はこれだ。この控えめな喘ぎ声が、だんだん大きく、タガを外していくんだ。
重くなっていた下半身が、とうとう痛くなってくる。
「クソ……」
自分の体に苛立つ。
もっともっと、ねっとりと隅々までエレンを堪能したいのに、久しぶりの……この性行為に慣れていない体では初めて触れる乳首や喘ぎ声だけで、暴発一歩手前だ。
記憶の中でいくら経験があっても、この体には経験が無い。
刺激に弱い。弱すぎる。
愛しく、エロく、刺激的なエレンに対して、この体はあまりにも耐性が無い。
「エレン……やべぇ……」
「へ?」
ベルトを外し、中から押し上げる俺自身をなんとか抑えながらスラックスの前を開ける。スラックスと下着を下せば、下着の太いゴムにひっかかりブルンと大きく揺れながらバキバキに勃起した俺自身が現れた。

303 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:31:22.15 d
勃起しているだけでは無い。エレンへの愛撫に夢中になりすぎて、気付いた時には先走りがだらだらと溢れ、鈴口がパクパクと開き……
「あ……もう、イキそうじゃないですか……!」
「っ……」
驚くエレンの言葉に返事が思いつかない。迫りくる射精感に堪えるだけで精一杯だった。
勃起を自覚すると、もう止まらない。イキてぇ……それだけで意識が埋まる。
「一回、手でします? あ! 口のほうがいいですか?」
エレンが上半身を起こした瞬間……腰も少し浮いて、エレンの制服のスラックスの中で少し硬くなっているそこが、俺自身に触れた。
触れただけだ。

「っ、う……っ!」

スラックスと下着越しの、緩く勃起したものに触れただけで……情けないことに俺はイった。
「あ……え?」
エレンが何度か目を瞬かせてから、自分の腹を汚すものを指ですくった。
「リヴァイ……さん?」
不思議そうに首を傾げる。
純粋に不思議がっている。

304 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:31:26.93 d
いっそ笑われた方が笑って誤魔化せた……いや、俺はあまり笑わないが。
「……こっちの体では童貞なんだ。仕方ねぇだろう」
情けない、いたたまれない、自分にイラつく。
「あ! えっと……いや、大丈夫ですよ! オレも童貞ですし! あ! そうだ!」
エレンがやっと状況を飲み込めたのか、慌ててフォローを入れてくれるが三十路の尊厳はそんなにすぐに回復しない……っと思ったが……。
「ほら、オレもキスと乳首でこれですよ? 前世よりガチガチじゃないですか?」
エレンが制服のズボンを下着ごとずらして、足を抜くと床に投げ捨てた。
仰向けになったエレンの中心は上を向き、まだ先走りは漏れていないし、まだまだ大きくなる余裕はありそうだが、明らかに反応し、硬さを持ち、俺の放った白濁で汚れたエレンの腹の方を向いていた。
「ね? ほら、オレももうこんなにヤバイんで、早く後ろ解してリヴァイさんと繋がりたいです」
また喉が鳴る。
三十路の尊厳や童貞の焦りは、三十年間妄想でお世話になったエレンの全裸を前にどこかへ消えた。

305 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:31:53.11 d
ベッドの上で四つん這いになったエレンの後孔へローションを絡ませた指を埋めると、そこは記憶よりも硬い。
一本はすんなり入るものの、二本目を入れるのにはかなり苦労した。
「キツイな。自分でもしていなかったのか?」
俺はお前の事を想って何度もしたのに。
「だって……前の時、リヴァイさん、オレが処女だっていったらすげぇ喜んでたから……処女のほうが……指とかも入れてない方がいいかなって……」
埋めていない方の手で思わず顔を覆った。
嬉しすぎるだろう。
俺の勝手な妬みを許してくれ。
「そうか」
なんとか絞り出した声は嬉しさで震えていたかもしれない。
そうか、完璧な処女か。また俺が一から開発していくのか。
なるほど、悪くない。
しかし、嬉しい気持ちは下半身に直結する。

306 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:31:57.69 d
また勃ってきた。これから挿入するんだから、勃っていて良いんだが……。
このままだと、挿れる前にまた暴発するんじゃないか?
焦ってエレンの中の指を少し強引に押し進めた。早く慣らさねぇと……。
確かこの辺りだ。変わっていなければ、この辺りにエレンの前立腺があるはずだ。
「っ! ……う……あ! あぁン! んっんん!」
急にエレンの声が大きくなる。埋めた二本の指をぎゅっぎゅと内壁が強く揉む。細い腰が、背中が、しなやかに仰け反り、ねじれ、眉を寄せて快感でうるんだ瞳と上気した頬の……どう考えてもエロイ色気をふんだんに含んだ顔がこちらを向く。
「あ、あ……そこ、ぉ……中、きもちいい……」
このエロイ体も、エロイ顔も、エロイ声も、エロイ締め付けも、記憶の中にあった。
これをオカズに何度も……思春期の頃なんかは毎日のように抜いた。
よく知ったエレンのはずだ。
しかし……。
本物の破壊力はすさまじかった。しかも……
「中、気持ち良いの、生まれてからずっと覚えてたのに……弄るの、我慢してきたんです。だからソコ、早く、リヴァイさんので擦って欲し……」
快感のお陰か一瞬は強く締めつけたそこも、少し力が抜け、更にエレン自ら左右へ割開く様に尻タブを掴む。

307 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:32:26.16 d
処女の体で、中身は経験豊富。
まずい。
「あぁ、エレン……挿れるぞ……」
エレンの中から指を抜くと、四つん這いだったエレンが仰向けになる。
まずい。
「ん……来てください、リヴァイさん」
立てた膝を大きく開いて、勃ちあがったものやローションで濡れ光ってひくひくと誘う孔を見せつけてくる。
まずい。
「はぁ……エレン……!」
情けないほどに息が上がる。
入口に宛がった先端がローションで滑る。あぁ、そうだ。受け入れるのに慣れるまでは、最初に押し込むのに苦労した。
どうすれば良かったか咄嗟に思い出せない。
まずい。
敏感な先端がぬるぬる刺激されて、まずい。
「んっ……あ、リヴァイさん……焦らさない、で……」
エレンが泣きそうな顔と声で訴えるが、こっちはこれでも必死なんだ。焦らしている余裕なんてねぇ。
焦るし気持ち良いし……クソ!

308 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:32:32.22 d
「力、抜け……」
自分自身の先端に近い場所を指で支えて、もう片方の手で入口を指先で左右に開く様に抑え……力任せにねじ込もうと、思いっきり体重をかけた。
――っぷ
入った。
エレンの中に、先端が入った。
ほっと息を付きたいところだが、すさまじい締め付けと共に、エレンの苦しそうな呻き声が聞こえてくる。
「うっ……うぐっ……」
「っ……てぇ、おい、力、ぬけ……と」
エレンは声も出ないのか、苦しそうに歯を食いしばったまま首を左右に振った。
軽く慣らしただけの処女孔に俺の……しかも質量が最高潮に増したものは苦しいだろう。
前世でも、挿入がスムーズになるまでには何回かかったか。
埋まった先端が締めつけられ過ぎて痛ぇ……。ぬるついて、熱くて、快感も大きいが、それ以上に強すぎる刺激が、痛ぇ。痛ぇが、俺のエレンも引く気はなかった。
「おく……きて……」
「あぁ」
折角繋がれたんだ、ひとつになりてぇ……エレンも同じ思いの様で、必死に深呼吸を繰り返し、少しでも力を抜こうと努めている。

309 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:32:58.62 d
それに痛いからと先に進まなければ、いつまでたっても痛いままだ。
前世の記憶にある、慣れ切った体のあの心身ともに満たされる最高のセックスに到達しようと思うと、今は耐えなければいけない。
「切れてはいないな……進むぞ」
エレンの中を進む。きつく絞られる面積が増えて、ヒリヒリと痛いような熱い様な感覚が増す。
これなら、右手にローションをたっぷりつけてするオナニーの方が気持ち良いだろう。
しかし、いくら気持ち良くても虚しいオナニーとは比べ物にならないくらい気持ちが昂る。  
「はぁ……っく、はぁ……リヴァイさん……ごめ、なさい、うまく、できなくて……」
「はっ、バカ言ってんじゃねぇ……それは、お互い様だろう?」
エレンも俺も汗だくになって苦痛で顔をゆがませて、それでも笑顔になる。
「へへ、そっか、リヴァイさんも、はじめて、なんですよね? やべぇ……オレが、リヴァイさんの初めてもらっちゃった……」
「……っ! あんまり可愛い事言うな。イっちまう」
エレンは「イっていいのに」と小さく呟くが、まだ全てを埋めるどころか、前立腺にすら届いていない。

310 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:33:04.37 d
繋がるにも、エレンを気持ち良くするにも至っていないのに俺だけイケるか、クソ。
「リヴァイさん、も、痛くて良いです。奥、もっと……!」
口と気持ちでは俺を受け入れながら、エレンの孔は進入を拒むようにキツイ。気持ちと体のギャップに焦っているのは俺だけではないようだ。
早く繋がりたい。
しかし上手くいかない。
全くの初めてではなく、なまじ前世のスムーズで快感と幸福感に満ちたセックスの記憶があるからたちが悪い。
「あぁ……」
また強引に腰を進めると、エレンの顔から笑顔が消える。
泣かせたいわけでも、苦しませたいわけでもない。
「エレン……もう少し、がんばってくれ……」
苦痛のためか萎えてしまったエレン自身を緩く扱く。少しは緩むかと思ったが、中はぎちぎちに締めつけてくるだけだ。
「う、うくっ……はいっ……」
エレンが首を縦に振る。
それを確認してまた、申し訳なく思いながら少しずつ、少しずつ腰を進め、手の中のものを扱いた。

311 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:33:35.09 d
「く……はぁ……はっ……! ん! んん!」
不意にエレンの体が跳ねる。
「うっ………っここ、か? エレン、ここだな?」
一瞬の食いちぎられそうな強すぎる締め付けの後、エレンの体から力が抜ける。
「んん! ん、あ、うぁ!」
エレンの反応があった場所へ擦りつけるように細かく腰を揺らすと、ガクガクと震えながらエレンが必死に頷いた。
前立腺だ。
まだまだ慣れ切ったセックスに比べれば中はキツイし、エレンも快感を楽しむと言うよりは慣れない刺激に翻弄されているだけの様に見えるが、それでも苦しむだけのセックスでは無い。
手の中のエレン自身も、硬さを取り戻してきた。
「エレン……エレン!」
必死に腰を揺すって、それに合わせてエレン自身も扱く。
「あ、あぁ! はぁ……リヴァイさん!」
エレンの声も甘くなって、やっとセックスらしくなってきた。
ヒリヒリと熱さか痛みかよく解らないと思っていた内壁からの刺激も、きちんと快感だと思える。
気持ち良い。
ローションまみれの右手で弱い場所を重点的に攻めるのとは違う。埋めた場所全体をきゅうきゅう締めつけてくる粘膜が気持ち良い。

312 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:33:42.49 d
しかもこれはエレンだ。
エレンの喘ぎ声、エレンの内壁、エレンの体温、エレンの汗のにおい……
「はぁ……たまんねぇ……」
思わず呟くと、エレンが快感でだらしなく開いた口の端を上げた。
はっ、嬉しそうだな。
「悪い、腰が、止まんねぇ……」
前立腺よりも先に腰を進める。この快感を、根元まで感じたい。特に締めつけの強い入口で根元を食われたい。
「は、あ! あぁ! ぐっ……ん、きて……リヴァイさん……きて、もっと……」
苦しそうに息を詰めるが、先ほどよりはエレンも慣れてきたのか、そこからは内壁をスムーズに押し分けることができた。
そして……
――ぺち
肉と肉がぶつかった。
根元まで、埋まった。
「はぁ――――……っん」
大きく息を吐いてから、組み敷いたエレンを見ると、汗を浮かべて荒い息を吐きながらも薄く微笑まれた。
「はっ……うれし……」
「……俺もだ」
唇を啄ばみ、もっともっと深く口づけたいが、呼吸困難になりそうで名残惜しげに何度か唇を食んで、食まれて、そこから離れた。

313 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:34:08.46 d
その間、腰の動きは止めていたが、俺が動かなくてもエレンが少し身をよじったり深く呼吸をするだけで根元から先端まで、波打つように刺激が与えられる。
エレンは苦しいかもしれないが、俺は気持ち良い。
あぁ、気持ち良い。
しかも、この孔に入るのは俺が初めてなんだ。そう思うと気持ちが一層昂る。
きつすぎるくらいの処女孔は今しか堪能できない。もっと味わいたい。
体勢を変えて更に奥へねじ込んで直腸を刺激してやればエレンも気持ち良いはずだ。
「はっ……動くぞ!」
奥へ打ちつけるように腰を振った。
「あ! うっ……う!」
少し動いただけでエレンの締め付けがきつくなる。
きつくなり……
全てを埋めているため、全てに刺激が加わる。

314 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:34:18.64 d
敏感な根元が気持ち良い、幹を揉まれる、括れに熱い肉が引っかかる、弱い先端がヒクヒクと揉まれる……

「うっ――――っ!」

本日二度目だ。
突然だった。
自分でも驚くほど一瞬で快感が駆け上がり……
正に暴発した。

おい、これからだろう? これから奥を突いてエレンをよがらせるところだろう?
それがこのタイミングでイクなんて……。
頭を抱えそうになりながらも、本能的に射精を……全てを出しきるために腰を揺すり、より奥へ、しっかりと精液を注ぐように震えていると、快感に更に快感が加わって頭が真っ白になった。
「あ! アァ……あつっ……あっ!」
なんだ? エレンの声が高い、甘い、内壁が震える……まるで、エレンがイった時みたいに気持ち良いじゃねぇか。

315 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:35:09.67 d
「あ……あぁ……はぁ……あ……ん」
エレンのとろけそうな顔から視線を下すと、手の中のエレン自身が萎えていた。
その代わり、エレンの腹に先ほど俺が放って乾きかけの精液に上書きするように、新しい白濁がまき散らされていた。

エレンもイったようだ。

それに安心し、脱力してエレンに覆いかぶさると
「あ、ん……重い……」
色っぽい文句が耳をくすぐった。



気持ち良いセックスをした翌日、俺もエレンも後始末をする気力も無く寝落ちてしまったこともあり、体中ベトベトで、シーツはぐちゃぐちゃ。エレンも俺も腰が痛いし、エレンに至っては腹の調子や入口辺りの違和感も辛いようだ。学校も会社も休みの土曜日で良かった。
「少し体調が落ち着いたら送ってやる。無理をさせて悪かった」
あまりに痛々しいその姿に頭を下げたが、エレンは女神の様に慈悲深い笑顔で首を振った。

316 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:35:37.51 d
「オレもしたかったから謝らないでください。……それに、あの……リヴァイさん……またしましょうね?」
そんなかわいい事を言われて、押し倒しそうになったが、腹をさするエレンの手つきになんとか理性で押しとどめ、車でエレンを家まで送り届けた。
「それでは、次の土曜日に」
「あぁ」
連絡先を交換し、次のデートの約束も取り付け、軽いキスを交わして笑顔でエレンを車から降ろす。
三十年間、夢にまで見たエレンとの交際が順調に始まった。夢がかなったと言っても良い。
これでもう、虚しい妄想と右手のオナニーをする必要もない。
晴れやかな気持ちで自宅マンションへと車を走らせた。

317 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:35:41.19 d
……という俺の考えは甘かった。
自宅に戻って玄関を開けると、先ほどまでエレンが履いていたスリッパ。
冷蔵庫の中には、エレンの飲み掛けの水のペットボトル。
ベランダではためいているのは昨夜二人分の精液と汗にまみれたシーツ。
寝室のゴミ箱には二人の精液を拭ったティッシュ。
「数時間前にセックスしたところなのに、もうヤりてぇ……」
思わずシーツを変えたばかりのベッドに腰掛けて呟いた。
まだ日は高い。昨夜、二回射精した。
また土曜日にはセックスができる。
もうエレンは妄想ではなく俺の恋人だ。焦ることはない。

しかし……

――くちゅ

いつのまにか昨夜エレンの孔にたっぷり垂らしたローションを右手に出していた。
細身のデニムとボクサーパンツは膝辺りまで下がっている。
ティッシュの箱もゴミ箱も近くに引き寄せた。
カーテンは閉まっている。
よし。

318 :名無し草 (ワッチョイ e1a0-tcWT):2016/03/25(金) 01:36:06.14 0
キチガイ通報っと

319 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:36:06.43 d
「はぁ……エレン……」

ローションがたっぷり絡んだ手の平で、今までよりもきつく俺自身を握る。
昨日のエレンの狭い肉壁を思い出せ。
あぁ……そうだ、これくらい、痛いくらい俺を締めつけてきやがった。
最初は痛そうに呻いて、徐々に奥に入れば気持ちよさそうに……記憶をたどりながら右手を先端から根元の方へ降ろしていく。
片手ではエレンの孔の様に俺全体を包みこめない。もう片手も添えて、ミチミチのエレンの孔を思い出しながら強く握り、手ではなく、少しずつ腰を動かす。

320 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:36:10.42 d
「っあ……エレン、いいぞ、お前のなか……」
記憶の中のエレンが大きく体を震わせる。それに合わせて手の締め付けを強くし、ぎゅっぎゅと数回握った後、少し力を抜く。
「っ……ここか? もっと擦ってやる……!」
数回、指に押し付けるように腰を振って、そこからはもう腰も手もめちゃくちゃに動かして、派手にローションの粘着質な音をさせながら先走りをダラダラこぼす。
「っく、う、……ぁ、エレ、ン! エレン!」
鮮明にエレンの恍惚とした表情、抑えようとしても抑えきれない喘ぎ声、しっとり滑らかな肌、汗の匂い……エレンの全てを思い出す。
昨夜味わった興奮と快感を思い出す。
あの覚悟する間もなく押し上げられる快感を……!
「い、くっ……!」
慌てて引き出したティッシュで先端を包んで、その中に白濁を吐きだした。

321 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:36:37.61 d
それから数カ月。
エレンとの交際は順調だ。
毎週末デートをして、時々平日の夜にも会っている。
セックスはエレンの体に負担がかからないよう、翌日学校が無い金曜か土曜だけだが、エレンも俺も慣れてきて、徐々に快感だけを純粋に追えるセックスになってきた。
そして……
「はぁ……はぁ……っ」
平日には、先週末の事を思い出し、今週末に思いをはせながらオナニーだ。
妄想では無い、リアルでエロいエレンの真新しい記憶が常にある。

三十年間オカズにしまくった妄想には終止符を打ち、俺は最高の恋人と最高のオカズを手に入れた。



END(大爆笑)

322 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 01:37:21.99 d
きもちええええ〜〜〜〜〜

323 :名無し草 (ワッチョイ 8236-tcWT):2016/03/25(金) 01:54:51.01 0
忘れてたは>>1

324 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:01:48.24 d
「んっ、ふ…っ」

 誰にも穢された事の無いエレンの身体は何処も彼処も敏感で、両の掌で唇を押さえて声を殺しながらも、リヴァイの愛撫に過剰な程に反応する姿が非常に愛らしく、服で隠れる部分を狙って幾つもキスマークを刻み付ける。
 そしてその数を増やす度に、エレンに対する独占欲は満たされて行く一方だった。
 この子供は俺のものだと主張するように、所有印はリヴァイの意志を宿して鮮やかに咲き誇っている。
 やがて高校生である彼にも体育の授業がある事に気付いたが、反省するどころか付けてしまったものを今更消す事など出来ないと、自分勝手に開き直った。

「ふ、んん…っ!」

 びく、と背を撓らせエレンが頑なに閉じていた双眸を剥く。

325 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:01:58.19 d
 リヴァイの唇が胸の突起を挟んで舌で嬲り出し、初めて他人に弄られる感覚に身体が不可解な疼きを覚え、遂にエレンが身悶え始めた。

「や、リヴァイさん…っ、あ…っ、んぅっ…!」

 一瞬だけ拒絶の声を上げ、しかし再び口を塞いで未知の刺激に耐える。これが所謂前戯と呼ばれるものなのだと自分に言い聞かせ、無理矢理納得させて受け身の姿勢を取る。
 ネットで必死に掻き集めた知識は、結局は何の役にも立たない。
 それを糧にして積極的になる事も出来ず、成す術も無く恥じらうばかりで、俎板の上に置かれた魚の様に、ベッドの上に転がっている事しか出来ないのだ。

「ん、んん…っ」

 リヴァイは身長こそエレンより低いが、その手はエレンのものより大きい。
 若干日に焼けた皮膚は過去に負った僅かな傷跡を残しており、爪は綺麗に切り揃えられ、甲には太い血管が浮き上がっている。まさしく、成熟された大人の手だ。

326 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:02:25.69 d
 その手が、少年と青年の中間を彷徨っているエレンの肌を、その滑らかな感触を愉しむように這い回る。
 唇は未だ突起を含んだままで、舌先で転がされたり吸われたり、その都度エレンは身を捩ったり息を詰めたりと忙しない。
 だが高まっているのは羞恥だけでは無い。リヴァイの愛撫により引き出された別の感覚が、ある一点へ着実に熱を集めていく。

「あっ…!」

 遂にその場所が暴かれようとした途端、エレンが一度は太腿まで下げられた下着とズボンを咄嗟に掴んでそれを制した。

「やだ…っ、ま、待ってください…っ!」

 慌てて元の場所まで引き上げながら、顔面を隅々まで紅潮させて、必死に懇願する声には既に涙が混じっている。

「脱がさないと、入れられないだろうが」

入れる、という直接的な表現に動揺を露わにしながら、至極尤もな正論に「でも」「だって」と、エレンが要領を得ない調子で口籠る。その様に、リヴァイはそっと目を細めた。

327 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:02:29.52 d
 セックスが前提である以上、全てを曝け出す事に抵抗がある気持ちはよく分かる。
 本気を出せば、身包みを剥がす事はきっと容易い。
 だが今回ばかりは、エレンの意思を尊重する事を、15歳の彼のペースに合わせる事を決めたのだ。
 彼に不要な恐怖や不安を植え付けてしまっては元も子もない。
 15歳、その年齢が持つ意味を改めて思い知る。まだ家庭や学校という箱庭の中で、大切に養育されている無垢な子供。
 そして自分は、恋を覚えたばかりの彼の、『全てを捧げたい』と望む言葉に甘えて、己に課したルールを、部下達への誓いを呆気無く破ろうとしている愚かな大人だ。
 踏み止まれば、守れるものがきっとある。踏み出せば、失うものもあるだろう。
 どう足掻いても年の差は埋められない。
 だがきっと、身体を重ねる事で得られるものがあるという祈りにも似た確信を胸に、今だけは何もかも忘れて、エレンという最愛に溺れてしまいたかった。

「…分かった、待つ。で?何分待てばいい?」

 肩を竦めて溜息を零しつつ、リヴァイがエレンから離れてベッドの上で胡坐を掻く。リヴァイからの唐突な質問に、エレンが思わず跳ね起きる。

「な、何分!?」

 待ってもらえるのは有難いが、『何分』と単位を限定されてしまっては心が急く。
 焦りを滲ませながら何と答えて良いのか考えあぐねていると、今度はリヴァイが自分のシャツのボタンに指を掛けた。

「……冗談だ。そうだな、確かにお前だけ脱がすってのも理不尽な話だ。…俺も脱ぐ」
「え、えぇ!?」

 そして吃驚するエレンの前で、口角を持ち上げたリヴァイが素早くボタンを外し始めた。

328 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:02:55.39 d
 そのままシャツを脱ぎ、ベッドの隅に無造作に放る。当のエレンは唖然としたままその様子を見詰めていた。

(すげぇ…。俺と、全然違う…)

 いつもは服の下に隠されている、完成された肉体美に思わずエレンが息を飲む。
 盛り上がった胸筋、割れた腹筋、逞しい上腕筋、自分との差異をまざまざと見せ付けられて、男としての矜持が微かに痛んだが、それ以上にこの身体に今から抱かれるのだと改めて認識した瞬間、身体の奥底から得体の知れない感情が湧き上がる。
 それはまさに『欲情』と呼ばれるものだった。
 同性の裸体など今まで数え切れない程見て来たが、そのいずれに対しても、羨望こそ抱いた事はあれども、魅了された事は一度も無い。

「先に、下も脱どくか?」
「い、いえ…!いいですっ!」

 リヴァイの上半身に見惚れている間に、自身のベルトのバックルに及んだ彼の手に、我に返ったエレンがぶんぶんと首を激しく横に振る。
 見てみたい、という好奇心が頭の隅にちらついたが、エレンは無理矢理それを打ち消した。

329 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:02:59.19 d
 自分が先に脱げば自分の決意も固まり易いだろうという配慮からの発言だろうが、それはきっと逆効果になるという確信があった。
 それに、これ以上彼に手間を掛けさせるのは流石に申し訳無い。
 他の人間が相手なら、こんな面倒な手順を挟まなくても、彼の要求に素直に応じただろう。難無く先の手順へ至っていた筈だ。それがひどく心苦しかった。
 主導権を握っているのは間違い無く彼だ。だがそれを無理矢理行使する事はせず、自分の心の準備が整うのを待ってくれている。
 何処までも揺るがないリヴァイの厚意に、今度こそ腹を括る決意をしたエレンが、彼の身体におずおずと手を伸ばす。

「あの、俺も、…リヴァイさんに、触っていいですか?」

 リヴァイの胸元に視線を留めたまま、エレンがか細い声で呟く。ほんの僅かの沈黙の後、「あぁ」と短く硬い了承の言葉が返って来た。
 リヴァイの顔を見返せないまま、筋肉で膨らんだ彼の左胸にエレンが掌をそっと合わせた。
 心臓の鼓動が、胸板を忙しなく叩いている。明らかに正常の域を越えた速さのそれに、エレンが瞠目する。
 落ち着き払ったその表情とは裏腹に、彼の心が平穏では無い事を、それが如実に物語っていた。

330 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:03:24.97 d
 弾かれたように顔を上げた瞬間、リヴァイがエレンの手を掴み、次いで肩を抱いてそのまま自分の方へと強引に引き寄せた。

「リヴァイさん…?」
「……緊張してるのは、俺だって同じだ」

 思いがけず耳に吹き込んで来た彼らしくない本音に、エレンが重ねて驚く。
 片腕で抱き込まれたまま見返す事も出来ずに瞬きばかり繰り返していると、今度は両腕できつく抱き締められた。

「緊張って、何で…?」
「…お前を傷付けたくない。お前に嫌われたくない。お前を失いたくない」

 それなりの場数を踏み、主観的には判断が難しいが、ある程度の知識も技術も備えているつもりでいた。
 少なくとも、事後に至るまでの過程を辿る事は出来る。
 それが今はどうだろう、心底惚れた相手前に、初めて行為を経験する少年のように心許無い。
幻滅されないだろうか、満足させる事が出来るのだろうか、行為の後も同じ台詞を囁いてくれるだろうか。
するとエレンが「きらいになんてなりません」と、リヴァイの腕の中で頼りなく首を振った。
「…ずっとずっと、大好きです。逆に俺の方が、嫌われそうで、こわい」
「それこそ有り得ねぇ話だ」
「だって、俺、リヴァイさんに何もしてあげられない…」
一度は引っ込んでいた涙が、再びエレンの瞳から溢れ出す。

331 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:03:28.85 d
 彼を幸せにする為のものを、何ひとつ持たない。与えられた数々のものを、返す事すら出来ない。
 唯一捧げられるこの身体も、彼が抱いて来た誰よりも、見栄えも感触も遥かに劣るだろう。

「俺は、何も持ってないただのガキです、だから」

 ぽろぽろと落ちる涙を肌に感じながら、リヴァイが彼の中に潜む苦悩の深さを知る。
 エレンが何も持っていないとは思わない。そして自分は、この恋愛で見返りを得たい訳ではない。
 心底惚れた相手が振り向いてくれた奇跡、それだけで十分だった。卑屈になりがちの彼に、これから少しずつそれは教えていけばいい。

「何かしたい、なんて思わなくていい。ただ、俺の傍に居てくれ。それだけで俺は十分幸せだ。………頼むから、この先も俺から離れないでくれ」
「こんな俺で、いいんですか…?本当に…?」
「馬鹿だな、お前がいいんだ。お前以外、何も欲しくない」

 相手の全てを求めて止まない、こんな胸を焦がすような恋は知らない。

332 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:03:56.19 d
 乱されてばかりの感情に、自分でも戸惑うばかりだ。今までは何事にも、冷静に対応して来た筈なのに。
 一旦身体を離してそのまま顔を近付ければ、その切実さに胸を打たれたエレンも、応じるように双眸を瞼の裏に隠した。
 深く唇を合わせて自重を掛けながら、エレンの身体をシーツの上に沈めた。
 そうして優しく丹念に肌の愛撫を再開し、今度こそズボンと下着を脱がせて床の上に落とす。
 若干の強張りは見られたものの、エレンは大人しくリヴァイに身を委ねている。
 現れた性器は興奮の程を表すように、先端から透明な雫を零しながら緩く立ち上がっていた。
 思わず見入っていると、「あんまり見ないで下さい…っ」と羞恥に淀んだ非難の声が届く。リヴァイは思わず苦笑を漏らし、まずは秘部を広げる為に指を数本、自らの口に含んだ。
 男は女のように、愛液で濡れる事は無い。だが潤滑剤となるローションもゴムも、残念ながら今は手元に無い。
 そして短時間で思案した結果、この方法に着地した。

333 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:04:03.13 d
「指入れるぞ、気持ち悪いかも知れんが少し我慢してくれ」
「は、はい…っ、ん…っ」

 唾液で濡らした指先を擽るように動かしながら、やがて固く閉じたままの蕾に1本だけを潜り込ませる。
 中は想像以上の窮屈さだった。
 否、エレンの身体に過剰に込められた力が、更に道を狭めているのだ。
 侵入を阻まれながらもリヴァイは根気強く中を解し、所謂『前立腺』と呼ばれる部分を探る。

「ひぁっ、あ、そこ、何…っ?」

 ある一点を掠めた瞬間、びくん、とエレンの身体が一際大きく跳ねて、漸く見付け出したそこをリヴァイが重点的に嬲る。

「あっ、やぁッ、そこ、いや、だめっ、あ…!」
「前立腺だ。ここを突いたら、男でも気持ち良くなれるらしい。調べたのなら、お前も知ってるだろう?」

 その名称は勿論以前から知っているし、男同士のセックスにおいて重要な器官である事も最近知識として得たばかりだが、刺激を与えるだけでこんなにも狂おしい程の快感を得られるとは思わなかった。

「…気持ちいいか?エレン」
「い、です…っ、あんっ」

 耳元で囁かれるリヴァイの声が媚薬の様に、エレンの脳髄を侵す。

「あ、あ…っ、ふぁ、ん…っ」

 覗き込んで来るリヴァイの輪郭が溶けていく。左右に開かされた下肢が、声を漏らす度に宙で揺れる。思考が急速に白んでいく。
 口を塞ぐ事すら億劫になり、高まる一方の絶頂感に流されるまま喘いでいると、ちゅぷん、と音を立ててリヴァイの指が引き抜かれた。

334 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:04:35.42 d
 エレンは気付かなかったが、いつの間にかリヴァイの指は3本に増やされていて、広がされた内壁が名残惜し気に蠢いて彼を誘う。
 エレンの中心は反り返り、先端から滲む蜜が腹部に点々と滴り落ちている。
 とても性行為に一度も及んだ事の無い、15歳の子供の反応とは思えなかった。
 淫靡な表情は絶えずリヴァイを煽り、その無垢な容貌の下に潜んだ素質の高さに、密かに内心で感心する一方だ。
 精神的にショックを受けるかも知れないと、今回は性器に口を付ける事はしないつもりだった。
 だがその色香に当てられて、吸い寄せられるように銜え込んだ瞬間、「ひ…!!」と引き攣れた悲鳴が漏れた。

「ふぁ、いやっ、やだ、そんなとこ、きたな…っ、ひ、あぁっ…!!」

 咽び泣きながらエレンが必死に訴えて来ても、リヴァイはそこから頑なに唇を離さなかった。足を動かして示した抵抗も、両手で難無く抑え込む。
 男への口淫など、相手がエレンでなければ一生経験する事はなかっただろうと本気で思う。
 幾ら場数をそれなりに踏んでいるとはいえ、リヴァイとしても初めて同性と交わすセックスは手探りの状態だった。
 
少しでも気持ち良くなって欲しい、その一心で唇と舌を巧みに動かす。

「だめ、だめっ、リヴァイさん…っ、んぁっ、いやだっ、あ、やぁあっ」

 絶え間無く溢れ出て来る蜜を湧き出る唾液と共に飲み下しながら、いつの間にかもっと泣かせたいという加虐心が混じり始めた事に気が付いた。
 リヴァイの理性を痺れさせる程、初めて目の当たりにするエレンの媚態はこの上無く刺激的だった。

「も、いく、いく、くち、はなして…っ、あっ、おねがい…ぃっ」

 千切れんばかりに首を振るエレンからの要求を無視して、リヴァイは彼を追い詰めに掛かる。

335 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:04:40.03 d
 他人の手によって齎される強烈な快楽を、自分が初めて与えたい。絶頂を迎える姿を、嬌声を、早く見たい、聞きたい。

「我慢しなくていい。ほら、全部ぶちまけろ」
「や、ひぁっ、あぁぁ…っ!!」

 程無くして迸ったエレンの飛沫を、リヴァイが腔内で受け止めて余す事無く嚥下した。
 我に返れば衝撃の余韻に啜り泣く声が聞こえて、身体を起こしたリヴァイが、汗で額に張り付いたエレンの前髪を優しく掻き上げる。そして晒したそこに唇で触れた。

「…エレン。可愛かった、すごく」

 歯止めが利かなくなるぐらいに、と付け加えて、濡れた翡翠を覗き込みながら柔らかく顔を綻ばせた。
 ずっと頭の中で繰り返して来た卑猥な妄想とは違って、エレンとの初めてのセックスは決して円滑には運ばないが、身体と心の隅々まで満たされて蕩けてしまいそうな程に幸せだった。
 暴走しないよう自制心を総動員させつつ、チャックを下げて前を寛げ、下着の中から自身を取り出す。
 一応時間を掛けて丹念に慣らしたが、もう一度先走りをひくつく蕾へと馴染ませる。

「……………本当は、ずっとこうしたかった」

 余裕を欠いている自覚はある。念願叶って、好きな相手を同意の上で今からこの手に抱けるのだ。平静で居られる訳が無い。
 呼吸は終始整わないままだ。
 見下ろしたエレンの顔は情欲に染まり、その双眸が物言わずとも訴えている。『早く来て』、と。

336 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:05:05.70 d
 十分に解したとはいえ異物を挿入するのだ、要領を掴めずにエレンに苦痛を与えてしまうかも知れない。
 だからこそエレンの様子を注意深く観察しながら、行為を進める必要がある。

「エレン、入れるぞ」
「っ、リヴァイ、さ…っ、ん、んぅぅっ」

 先端部分を後孔に埋めれば、堪えるようにエレンがリヴァイの肌に爪を立てた。微かな痛みが背中に走る。
 もしかしたら皮膚が切れたのかも知れない。粘膜が傷付いたのかも知れない。血は出ていないだろうか。
「痛いか?」と問えば、顔を歪めたまま首を頻りに横に振る。
 だからそれが本心なのか分からない。それでもエレンが決心したのなら、同じく決意した自分もそれに応じるまでだ。

「ごめ、な、さい…」

 本人の意思に反して閉じようとするエレンの内壁に阻まれて、リヴァイの腰は完全に止まってしまった。
 罪悪感に苛まれて力無く詫びて来るエレンに、察したリヴァイが「謝らなくていい」と囁く。

「お前が望まない限り途中で止めたりしねぇから、今度は我慢するな。辛かったら遠慮せずに言え。とりあえず、深呼吸しろ」

 ぎちぎちと不随意に収縮する粘膜に締め付けられ、平静を装って見せてはいるものの、実際はリヴァイ自身も苦痛と衝動に耐えていた。

「はい…、は…ぁっ」

 少しでも力を抜かせる為に深呼吸を促せば、目尻から涙を流しながらもエレンがそれに従う。

「……あぁ、そうだ。ゆっくりでいい」

 エレンに他を気遣う余裕など無い。飽和状態に達した頭で、羞恥と不安と戦いながら、必死に自分を受け入れようとしてくれている。

337 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:05:09.45 d
 せめてその先にある筈の快楽に早く到達させてやりたいと、タイミングを見計らって少しずつ腰を進め、漸く根元まで埋め込む。深く息を吐けば、繋がる事の出来た実感が押し寄せる。

「…………入った」

 不覚にも涙が込み上げそうになったのを堪え、エレンの身体を掻き抱いて、最大限の愛情を籠めて名前を呼ぶ。

「エレン、エレン」

 エレンが愛しい、何よりも誰よりも。一生、甘ったるい幸福の蜜に浸してやりたいと切に思う。
 暖かな陽だまりの中で、ずっと笑っていて欲しい。その為の努力なら惜しむつもりは無い。
 持て余した恋慕を刻み付けるように、何度もエレンの肌に口付けていると、蕾が綻ぶ様にエレンの瞼が緩み、リヴァイの視線の先で弱弱しくも笑みを浮かべた。

「これで俺、リヴァイさんのものに、なれたんですよね…?」

 脈動する熱を最奥まで飲み込んだ状態で、噛み締める様に呟いたエレンに、一瞬瞠目したリヴァイがすぐに微笑み返す。
 いちいち可愛くて仕方無くて、殆ど使っていなかった筈の表情筋が緩みっ放しだ。

「だが、まだ終わりじゃねぇ。もう少しだけ付き合ってもらうぞ」

 最後まで挿入出来たからと言って、セックスはこれだけでは終わらない。重ね合わせた手をきつく握り締める。

338 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:05:39.36 d
 前立腺を狙って緩く腰を揺らせば、「あ…っ」とエレンの唇から艶を帯びた声が漏れた。
 それからはまるで熱に浮かされたようにエレンの身体を貪った。
 幸い、快楽に溺れるその顔に苦痛が滲む事は無く、ただただ向き合ったまま、萎える事の無い欲望の塊でエレンの中を思い存分味わった。


 どうしてこんなにも惹かれて止まないのだろう。
 喘ぎ続けるエレンを組み敷いたまま、リヴァイが僅かに混濁した意識の片隅で考える。

 運命なんて信じない。知らない誰かが敷いたレールの上を歩いてるなんて反吐が出る。
 俺は俺の力で道を切り拓く。そう決め込んでいた過去の自分。

 だがその先にエレンが居る事が、この夜を迎える事が、偶然では無く必然だったとしたならば。



 かたちのないその存在を、信じてみてもいいかも知れないと今は素直に思えた。

339 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:20:33.21 d
とあるカフェの午後の話<リヴァエレ>


正月を過ぎて、今年は暖冬だと言われているが、それでもやはり寒いものは寒い。やっと訪れた週末の土曜日はあいにくの曇り空で、少しばかり風が強くてより寒さを感じる。
それでも、やはり恋人と一緒だと心が満たされていると暖かく感じるものである。
エレンはやっと出会うことができた前世からの恋人、リヴァイと週末のデートを楽しもうと、いつものカフェに来ていたのだが、少々困った状態になっていた。

「ほら、エレン。これもうまいぞ」

差し出されるフォークには、エレンの好きなガトーショコラが食べやすいように乗せられてエレンの口元が開くのを待っていた。差し出しているのはもちろん、エレンの恋人、リヴァイ。

「あ、ありがとうございます、リヴァイさん。でも、自分で食べれますから」
「俺が食べさせてやりたいんだ。ほら、口開けろ」

早くしろと口元に軽くフォークを持ってこられてしまえば口を開くしかなく、エレンは甘さが控えめでほろ苦いビターのチョコレートの美味しさを感じながらも、内心焦っていた。

「うまいか」
「ん、おいしいですよ。リヴァイさんも食べてください」
「俺はいい」

あまり甘いものが好きではないリヴァイなので、強く勧めることはしないが、それならばケーキ屋がメインの
この店に来る必要はないというのにエレンが甘いものが好きだからという理由で、リヴァイは休日になるとこの店に来たがるのだ。

340 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:20:59.81 d
リヴァイとエレンの住むマンションから徒歩10分の場所にあるこの店は、メインがケーキ屋で、併設したカフェも落ち着いた雰囲気が人気の店で、平日はもちろん、休日ともなるとかなり混雑する。
ケーキの美味しさはもちろんだが、飲み物の種類が豊富で、どれを選んでもハズレがないと人気の店なのだ。
だが、不思議なことにリヴァイとエレンがこのカフェに入店する時に待たされたことがない。
いつもなぜか窓際の中央の『予約席』とプレートが置かれた席にすぐさま案内され、ゆっくりと二人の時間を楽しむことができるのだ。

「エレン。こっちも好きだろ」

濃厚なミルクを使ったプリンがたっぷり乗ったプリンアラモードに手を伸ばしたリヴァイがスプーンですくってまた口元に運ぶ。

「えーと、その……」
「ほら、食べろ」
「んぅ……」

口の中に入れられれば、美味しいと思う。本当に思うのだが少しばかり恥ずかしい。

「やった!今日はこの席でラッキー!」
「相変わらずラヴラヴねー」
「見てよ。彼氏のあの嬉しそうな顔」
「ってか、ケーキの甘味を感じなくなったわ」

周囲がざわりとなるが、原因は間違いなく、リヴァイ。そしてエレン。

341 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:21:24.82 d
実は、この店で店員はもちろん、客ですらエレンたちの顔を知らないものはいないというくらいに覚えられてしまっていた。
いや、それどころの話ではない。現在、カフェは満員。
しかも本来カフェで相席などありえないというのに、席という席はすべて埋まっている状態で、そのことに誰も文句も言わなければ、不満もないようだ。

「先に来ててラッキーだったね」
「この席ならばっちり見えるわ」
「実況中継、してあげないと」
「あ、店の宣伝来てるよ」
「店員さん、ナイス!」

ツイッターがすごい勢いで拡散していく。
カフェの店員は、なぜか店の宣伝を打ち込む。「甘い甘い時間をお過ごしください」と。
実はこれ、知るものが知るあのカップルが来ているぞという暗号でもあった。個人情報流出が叫ばれる中、店員が苦肉の策で編み出した方法で、意外にもこれが好評なのだ。
『これ以上、あのカップル見たさに人が増えられると座る席がなくなる』というのが理由である。
あのカップルというのはもちろん、リヴァイとエレン。
外は極寒の1月だというのに、この店だけは春……というには少々暑苦しいかもしれないが。

342 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:21:50.91 d
前世の記憶を持って生まれたエレンは、遠い遠い昔に恋人だったリヴァイを捜していた。
リヴァイも記憶を持っていたので、必死になってエレンを捜してくれていたのだが、なかなか出会うことができず、エレンが大学に進学するために上京し、一人暮らしを始めたころ、ようやく再会することができた。
壁に囲まれた世界で、巨人を倒すために命をかけて戦い続けた日々の中、エレンは調査兵団の希望であった兵士長リヴァイに恋をした。
共に戦う仲間としての信頼が深くなっていくにつれて思いは強くなり、溢れだしそうになった時にリヴァイも同じ思いを持っていることを知った想いを伝えあい、恋人になってもおもわしくない戦況の中、共にいることが出来ないまま命を落とした哀しい過去。
この平和な日常で、再びリヴァイに会えたことは、エレンにとって最高の喜びだった。
リヴァイも同じだったのだろう。あの頃、伝えることのできなかったエレンへの想いを、隠すことなく伝えてくれる。
過去の世界でリヴァイは無口な人だった。
だがそれは彼の立場がそうさせていただけのことで、本来のリヴァイはそれほど無口というわけでもないのだ。他愛ない話もするし、冗談だって言う。エレンに対して惜しみなく言葉で愛情を伝えてくれる。
そう。実はそれが少しばかり問題だった。

343 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:22:22.37 d
調査兵団にいた過去の世界で、リヴァイは本当に苦しんでいた。
次々と死んでいく仲間や様々な思惑をかいくぐって戦場に立たなければならないリヴァイは、エレンに気持ちを伝えることが出来なかったことをひどく悔やんでいたのだ。
その反動なのか、今リヴァイは本当にエレンへの気持ちを余すことなく伝えてくれる。行動にも躊躇いがない。
………それが二人きりだろうが、周りに人がいようが、往来であろうが。
たとえ渋谷のスクランブル交差点のど真ん中であろうとも、リヴァイはエレンを可愛いと思ったら、素直に口にしてしまうし、抱きしめる。
羞恥心がどこかに消えてしまって影も形もないのだ。
はじめはエレンもリヴァイに会えた喜びで相当浮かれていたこともあって気が付かなかったが、日が経つにつれて、徐々に何かがおかしいと気が付いたのだ。
あれ、リヴァイさんってこんなに素直な人だったっけ?人前でもこんなにくっつくような人だったっけ?
あれ?
あれ?
違う。この人、俺の知ってるリヴァイさんじゃないと本当の意味で理解するまでに半年かかった。エレンはエレンで相当浮かれていたので仕方ない。

344 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:22:44.99 d
ようするに、リヴァイは恋人であるエレンに対して、周囲がドン引きするほどの甘い言葉を臆面もなく言い放つ、ちょっと……、いや、かなり恥ずかしい人になっていたのだ。






「お前の手は柔らかいな」
「リヴァイさんと比べたら、ですよ」
「俺の好きな柔らかさだ」

ガト―ショコラとプリンアラモードをすべてリヴァイの手によって食べさせられたエレンは、ようやく恥ずかしさから解放されたとホッとしたが、片手はリヴァイの手によってテーブルの上で柔らかく握られたままになっている。
ふにふにと手の甲を突いてきたり、少し強めに握ってきたり。とにかく触れているのが嬉しいとでもいうように、離してくれない。

「これからどうします?買い物でも行きましょうか」
「そうだな。買いたいものがあるなら行こう」
「特にこれといってあるわけじゃないんですけど、たまには出かけたいところとかないですか」
「お前と一緒ならどこでもいい」
「一緒ですよ。せっかくの休みだし」
「そうだな。やっとお前と一日中一緒にいられる」

お前誰だよ、と思ったあなた。あなたは正しい。

345 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:23:10.28 d
だが、このリヴァイは正常運転であり、しかもこれくらいは序の口である。ボクシングでいうならジャブ。軽い軽いジャブだ。
このカフェでは有名となりつつある二人の会話を周囲の人間が耳を澄ませて聞いているのだが、エレンしか眼に入っていないリヴァイはそんなものは関係ないし、エレンはエレンでまさかそこまで注目されているとは思っていなかった。
さすがにリヴァイに食べさせてもらう時は周囲の眼が気になったが、自分たちの会話を聞いて身悶えしている人がいるとは思っていない。

「ねぇ、あの二人って一緒に暮らしてるんでしょ?」
「そうよ。半年前にリヴァイさんがエレン君を必死に口説き落として暮らし始めたの」
「なら、ずっと一緒にいるんじゃない」
「バカね、仕事で離れてる間が辛いのよ」
「どんだけ……」

リヴァイとエレンの座る窓際のテーブルを中心に、すべての席は埋まっている。
若い女性ばかりなのには、もちろんこの店がケーキ屋のカフェという理由があげられるが、それだけではない。彼女たちの目的は、間違いなく、リヴァイとエレンであった。

346 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:23:32.67 d
ストーカーにならない程度の情報は共有され、この店の常連客は二人が一緒に位していることや、好んで食べるこの店のメニューくらいは把握している。
家を付きとめたり、あとをつけたりという行為は厳禁だ。
これは徹底されている。
あくまでも、この店で客としてこっそり聞き耳を立てて楽しむ。
それがこの店の客としての正しいあり方だと彼女たちはルールを順守していた。

「あー、この二人の会話を聞いて、来週も頑張れる気がするわ」
「ブラックのコーヒーがシロップの原液飲んでる気分になるのに、やめられないのよね」

こそこそと交わされる彼女たちの会話は、エレン達の耳には入らないようにひそめられている。
突然、リヴァイの手が、エレンの手を持ち上げて手の甲に唇を落とした。

「たまに正面に座ると、お前をまっすぐ見ることが出来ていいもんだな」
「リヴァイさん…、だから今日は隣に座らなかったんですか」
「ああ。だが、こうやってテーブル越しにしかお前に触れられないのは辛い」

切ない表情でリヴァイが握っているエレンの手を両手で包み込んでしまう。赤くなったエレンは恥ずかしそうだがどこか嬉しそうだ。
背筋が寒くなるほどにくさいセリフだというのに、許されてしまうのはアレである。いわゆる但しイケメンに限る……というやつだ。

「すごいわね…。私、今日初参加だけど、まさか本当にこんな人いると思わなかったわ」
「初参加なの?ラッキーじゃない。でもTwitterとかではかなり有名でしょ」
「都市伝説みたいなものかと思ってたの」

今日初めて参加した女性は、とんでもない美形が、超可愛い少年に甘い言葉を囁くというTwitterが賑わっていることを知り、友人に誘われてこの店に辿りついた新参者だった。

347 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:23:59.87 d
午前中からこの店に入店し、ケーキを楽しみつつ友人と話が盛り上がって長居していたら、二人が現れて、気が付けば周囲の席がすべて埋まっていた。

「カッコいいとは聞いてたけど、あそこまでカッコいい人と思わなかったし、恋人もあんなに可愛い子だと思わなかったわ」

さらに言えば、ここまでリア充爆発しろと思えるとも。

「まだまだ初心者ね」
「大丈夫よ。そのうち爆発しろなんて思わなくなるから」
「むしろもっとやれって思うようになるわ」

この店に訪れる女性は下は10代から50代まで様々な年齢層で、中には当然お腐れ様もいる。
お腐れ様率は高い。だいたい比率でいえば6対4といったところか。ちなみにこの対比はお腐れ、乙女系といった2種類に大きく分けられる。
この分類がよくわからない初心者のために簡単に説明すると、お腐れは、まあ、わからない人はいないだろう。
男同士のカップルをこよなく愛し、カップルでないものまで脳内でカップルに返還させる特殊能力を保持した女性の尊称である。
最近は市民権を得たかのようにその数を増殖させている(異論は認める)
次に乙女系。これは乙女ゲームをこよなく愛す、二次元の世界に嫁やら夫やらがいる女性のことでもあるのだが、中には本当に純粋に自分もこんな甘いことを囁かれたいという願望を持った一般人も含まれているので要注意だ。(異論は認める)

348 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:24:31.94 d
一見、この女性たちにつながりなど何もない。服装も違う、年代も違う、趣味、嗜好も違う。
なのに、彼女たちの一体感というものはすごかった。

「これを見ないと落ち着かなくなってしまったのよ。もう、中毒よね」
「わかる…!全身を駆け回る甘味がクセになるのよ」

周囲のざわつきなど耳に入っていないリヴァイは今日もエレンに思うがままの言葉を伝える。

「夕食は俺が作るからな」
「たまには俺が作ります。リヴァイさん、仕事で疲れてるのに……」
「お前がうまそうに食ってくれるのが俺の疲れを取ってくれるんだ。お前はただ座って待ってくれてりゃいい」
「俺も、たまには作りますよ」
「お前のこの手が、荒れることを想像するだけで気分が悪くなる。洗いものもするなよ」
「いや、1週間に1回もさせてくれてないじゃないですか。洗濯だって俺、一緒に住むようになって1回もやってないのに」
「お前がする必要はない。クリーニングに任せろ」
「下着とか、肌着くらい俺、洗います」
「それは俺の役目だ」

一緒に暮らすようになって半年。エレンは生活をするうえで必要な家事を一切やっていない。リヴァイがやらせてくれないのだ。

「どんだけ過保護なの」
「手が荒れるって、今の洗剤、荒れないよね」
「炊事、洗濯やってるの、彼氏なんだ」
「羨ましいー。あたしの彼氏なんか、何にもしないのに」
「ってか、彼氏いるだけいいじゃない」

エレンの手をまだ離さないリヴァイは、正面で向かい合って座っているのがもどかしくなっているようで、しきりにエレンの手を引っ張っていた。

349 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:25:04.35 d
「リヴァイさん、引っ張らないで」
「こっちに来ないか?」
「いかないですよ。今日は向かいあわせが良かったんですよね」
「もう十分だ。やっぱりお前が隣にいねぇと落ち着かねぇ」
「我慢してください。これ、飲み終わったら出ましょう」

まだ残っている紅茶を示してリヴァイを説得するエレンは、困った顔をしながらも幸せそうだ。恋人に甘い我がままを言われて喜ばないわけがない。

「今から買い出しに行きましょうか。ちょっといいスーパーで買い物しましょう」

リヴァイの好きなワインを買って、それから二人で家に帰ろうと。

「荷物は持つなよ。俺が持つ」
「そんなたくさん買い物しないから大丈夫ですよ」
「お前は俺の手を持ってろ」

それは手を繋げと言っているのだが、こんなセリフ、テレビかゲームの中でしか聞いたことがない周囲の女性たちは身悶えた。

「待って…、心臓が痛い」
「いきなり投下してくるから、背中がぞわぞわする」
「あのいい声で、俺を持ってろ、なんて卑怯すぐる……!」
「ああ……、何で私、ホットココアなんて頼んじゃったんだろう。砂糖の味しかしない」
「言われてみたい……、あ、ううん、本気で言われたら引く」
「あの彼が言うから許されるのよ」

世界の真理、ただし、イケメンに限るの発動である。

350 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:25:31.55 d
紅茶を飲み終えたエレンが席を立ち、出口に向かうために足を進める。
リヴァイはエレンよりも出口に近い席なので、エレンが通り過ぎた後に立ち上がるのかと思いきや、横を通り過ぎようとしたエレンの腰を掴み、そのまま引き寄せて自分の隣に強引に座らせてしまう。

「ちょ、リヴァイさん」
「お前が悪い」

エレンの肩に顔をうずめて、甘えるように眼を閉じて擦り付け、独特の色気のあるあの低音ボイスで囁いた。

「腹が減った。俺の好物が喰いてぇ」
「好物ですか?じゃあ、ついでに買って帰りましょう」
「俺が喰いたいのはとびっきり甘いこれなんだが」

ちょん、とリヴァイの指がエレンの唇をつつき、リヴァイの言っていることを理解したエレンの顔が真っ赤に染まる。
ガンッ、ガコッ。

「腰にキた……」
「ダメ。顔があげられない……凄すぎる」
「んー、これこれ。この背中を這い上がる感覚が癖になるのよ」
「まだまだイケるよぉ。こいこいっ」

慣れていない新参者はここでテーブルに突っ伏した。
恥ずかしくて顔があげられない、腰にきてテーブルに突っ伏すしかないなど、理由はあるが、常連客はまだ眼を輝かせている。
これが常連客の慣れというものなのか。

351 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:26:16.88 d
「こんなところで何言ってるんですか。ほら、出ましょう」
「もう少し」

エレンの腰を引き寄せ、まだリヴァイは離す気がないようだ。

「家に帰ってからでいいじゃないですか」
「いやだ。今から買い物に行くなら、こうやって抱きしめることは出来ねぇだろ」
「だから、家に帰ってから……」
「エレン」

リヴァイがエレンの顔を覗き込み、唇が触れそうなほど顔を近付ける。

「お前の唇は俺とキスすることと、俺に愛してるって言うためにあるんだ」
それ以外、今は聞きたくない。

いや、そこは食べることも入れてやってくれ。本来の使用目的が完全に除外されている。
ガツンッ、ドンッ。
テーブルに頭を打ちつける音と、壁にぶつけた音が店内のそこかしこから聞こえてきた。

「鼻からシロップが出そう……」  
「吐く……。蜂蜜を吐く……」
「これは……、つうこんのいちげき……」
「子宮が疼いたわ」
「こんな攻撃が来るとは……」

歴戦の勇者……ではなく、常連客もテーブルに突っ伏す見事なリヴァイの攻撃。
カフェの店内は、テーブルに突っ伏す女性客にあふれていたが、店員は気力を奮い立たせ、脚を踏ん張り続けていた。

352 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:26:43.77 d
今まで、すべての光景をこの目に焼き付けてきたこのカフェのウエイトレスとして、私は負けない、と何と戦っているのかわからないが彼女は、立ち向かう。
だが、相手は強敵。

「好き…ですよ。じゃなきゃ、一緒に住んでません」
「俺はお前のことが好きなんじゃねぇ。愛してるんだ」

クリティカルヒット。ウェイトレスは400のダメージを受けた。

「もうダメ……。腰が抜けて……」
「全身が練乳に漬かってる感覚が……」

新参者たちはすでに戦闘不能状態だ。常連客もすでにヒットポイントは残っていない。
今日もこのカフェで、甘さにやられた女性たちの屍が大量生産されてしまうのだろう。

「俺もだよ。リヴァイさん。こうやって一緒にいられるの、嬉しい」

少しばかり拗ねてしまったリヴァイにエレンも恥ずかしさを堪えて小さく囁く。耳が異常に鋭敏になっている女性たちはもちろん聞き逃しはしない。
そして本日、最大の攻撃が投下された。

353 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:27:12.51 d
「あと長くても70年しか一緒にいられねぇんだぞ。少しでも長く一緒にいてぇじゃねぇか」

リヴァイのエレンに甘えるような声音に、ついにウエイトレスの膝が崩れる。
あと70年。
それは今から死ぬまで一緒にいることは決定なんですね。
しかも70年しかと言いましたね。
短いんですか?70年は短いから足りないと言っているんですね。
ありがとうございます。
膝と腰が同時に砕けたウェイトレスに、その場の誰も責めることなど出来ないだろう。
彼女はよく頑張った。そう褒め称えてやりたい。
ようやくリヴァイが納得したのか二人で席を立ち、会計を済ませるためにレジに向かったのを、壁に縋りながら必死に立ち上がって「ありがとうございました」と震える声で送り出したは、カフェの店員として優秀だった。



手を繋ぎ、二人寄り添って歩く後ろ姿を見送った店内では、店中の女性客が脱力し、その後、ブラックコーヒーの注文が殺到することとなる。
平和な休日の光景であった。

354 :名無し草 (ワッチョイ 25da-tcWT):2016/03/25(金) 02:29:53.97 0
スマパスゴリちゃんモテモテや
おっさんに

355 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 02:31:41.47 d
おそ松さんの現行スレご報告ダヨーン❤

●一番勢いのあるおそ松さんスレ●
おそ松雑談783
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458832155/

空松の閲覧数を見守る354
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458651348/
おそ松さん愚痴189
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458715072/
松お絵描き2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1455804849/
自己責任のばら2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1450694337/
数字松野アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458363406/
数字松コンビ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1446802553/
BL松アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1449625545/
十四松アンチ21
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458719318/
トド松アンチ2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1449421897/
チョロ松アンチ2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458738834/
おそ松アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1454314191/
一松アンチ5
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458827343/
カラ松アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1453752117/
松雑談2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1454134918/
空321
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458034307/
あぁん…十四松さぁん…
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458051002/
さん愚痴
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458147002/
出っ歯のままにおしゃべりにミーは君だけを傷つけない
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458149451/
カレーを付けずナンだけ食べると美味しいのだとデカパンは言った
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458313731/
デカパンマン
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458325692/
亜人にいい声したおそ松がいるってマジ?
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458400926/
したらば
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/23393/1453646440/

356 :名無し草 (ワッチョイ 33bb-ZcPW):2016/03/25(金) 03:03:25.66 0
みんなわいやで!
集中してたらこんな時間やんか!

わいも進撃のゲーム欲しいは
でも試験合格するまではお預けにするは

おやすみやで!

357 :名無し草 (ワッチョイ d1da-vHhq):2016/03/25(金) 03:14:16.62 0
>>356
おやすみやで
わいこんな時間なんに腹減ってしもうた

358 :名無し草 (ワッチョイ db2b-tcWT):2016/03/25(金) 03:35:19.57 0
>>357
3時やで
おやつの時間やから仕方ないで

359 :名無し草 (ササクッテロ Sp85-ZiM/):2016/03/25(金) 05:57:38.61 p
>>228
(*´-J-`)(ゴリちゃんおみくじ今日もありがとう…最近また寒くてなかなかお布団から出られないよ…ムニャムニャ)

360 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 06:58:25.76 a
おはやで
僕街終わってもうた

361 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/25(金) 07:16:01.76 0
夜更かししてもうてだるいは
近頃お昼に隣の人が話しかけてきてウザいねん

362 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-tcWT):2016/03/25(金) 07:43:40.54 0
おはやでー

>>243
ごめん寝なんてあるんやなきゃわわ
スイーツガーデンわろたは
あれもう庭ちゃう草

363 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/25(金) 07:48:52.61 0
おはやで
やけにスレ番伸びてると思ったら

今日は晴れてるけど寒いは
春どこや

364 :名無し草 (ブーイモ MM24-ZcPW):2016/03/25(金) 08:19:15.49 M
スイーツガーデンなんやそれって早速模様替えしたらまんぞくさん出てもうた

365 :名無し草 (ワッチョイ 409f-tcWT):2016/03/25(金) 08:27:15.66 0
ねこあつめもうやらんからってアンスコしたばっかやで

366 :名無し草 (ブーイモ MM24-ZcPW):2016/03/25(金) 08:29:31.01 M
あーお高い化粧品欲しいは
色もんより基礎化粧とかシャンプーとか揃えてマダムな気分になりたいねん

367 :名無し草 (スプー Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 08:42:35.08 d
電車の座席の端に座って肘出しとるアホって何やねん
邪魔やは

368 :名無し草 (ワッチョイ 041e-tcWT):2016/03/25(金) 09:08:47.34 0
わいもねこあつめアンスコしたけどスタンプは重宝しとる

369 :名無し草 (ワッチョイ 8217-gW5C):2016/03/25(金) 09:18:24.82 0
>>366
高いと肌にええとは限らへんで
自分の身体に合うやつが一番のぜいたくや

370 :名無し草 (ワッチョイ 409f-tcWT):2016/03/25(金) 09:19:03.75 0
わいのパーフェクトワン届いたー

371 :名無し草 (ワッチョイ 8217-gW5C):2016/03/25(金) 09:29:04.42 0
はあデパートで買ったわらび餅うままやで
普段はネット通販でお取り寄せしか出来ひん
京都の超絶うままわらび餅やねん
それがわい地元のデパートに物産展で来たねん
4箱も買うてもうたはゲフー

372 :名無し草 (ブーイモ MM24-ZcPW):2016/03/25(金) 09:56:07.23 M
>>369
わいはエビちゃんと一緒の使ってエビちゃんになるんや!

373 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-tcWT):2016/03/25(金) 10:17:57.58 0
ねこあつめわいも長いこと餌置いてお礼貰う簡単なお仕事を繰り返すだけやったけどな
たまに更新されるんで辛抱強く待ってたねん
ニューにゃーもいっぱい増えとるで

374 :!omikuji (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 10:18:21.09 0
おはよ暗殺教室っていう映画面白いの?わい連れてけ言われてるねんけど大人が見ても楽しめるやろか
ここでたまに話されてたから逆に大人向けなんやろか

375 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 10:22:57.26 0
>>373
わい今見たらレア猫2つ増えとるは
早速買い物して呼び寄せよ
壁紙もシークレットのあるやんな
レア猫来たら解禁やろか

376 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 10:33:07.16 a
おはやで
暗殺教室は小学生向けて感じの内容やで
山田くんかわええな

377 :名無し草 (ワッチョイ 8217-gW5C):2016/03/25(金) 10:36:19.60 0
ちはやふる興行あんまりふるわんみたいやな
パク漫画家これ以上儲けさせたくないからざまあや

378 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 10:41:19.54 0
>>376
そうかほなわい外待機したいなあ
映画ってよほど自分が見たい思わんとなかなか動く気にならんのよな…

379 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 10:44:42.23 0
>>377
ちはやふるググった時は面白そうやなと思ったんやけど

380 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 10:46:35.75 a
>>378
小学生向けもおもろいのはおもろいねん
暗殺はもおもろい方の映画や

381 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 10:47:36.20 a
ちはやふるおもろいで
競技かるたやってる身からするとアンチほんまくそ
犯罪者は改心してなんぼやろ

382 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 10:52:28.81 0
>>380
そうかトン
アニメイトとジャニショップも行くから暗殺教室は来週平日に連れていったろ
土日は映画館混むやろし

383 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-tcWT):2016/03/25(金) 10:53:08.38 0
>>375
わいもまだ姿確認は出来てないけど5つくらいレア猫増えてたねん
壁紙も楽しみやはー
色んなもの一気に買いまくったらにぼしも金にぼしもゴソッと減ったけど

384 :名無し草 (ブーイモ MM24-ZcPW):2016/03/25(金) 10:53:50.72 M
カルタ自体は面白そうやし今のクイーンも可愛くて好きやけど恋愛とか広瀬とはいらんねん

385 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 10:54:54.33 0
読んでないけどヒカルの碁とかは碁を知らなくても楽しめるらしいな
ちはやふるもカルタ知らなくても楽しめそうな感じや

386 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-tcWT):2016/03/25(金) 10:55:42.43 0
そういや昨日パズドラで初めてミカちゃん見かけて嬉しかったは
めっちゃ使いやすいし強くてうらやまやった
なんでわいのとこにミカちゃん来てくれんかったんやあああ進撃コラボ第2弾はよ!!!

387 :名無し草 (ワッチョイ 8217-gW5C):2016/03/25(金) 10:57:57.99 0
>>381
わいは散々パクられた方の上田美和さんの20年来のファンなんや
どんだけ犯罪者が改心しても被害者が傷ついた事実は消えへんねん
悪いけど一生許すつもりないで

388 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 10:58:14.12 0
>>383
レア猫と言えばゆきねこさん
みのぼうし被ったやつに会えずじまいやった…もう雪景色はないやろしからい

389 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 10:59:21.88 a
原作おもしろいし売れてるからええんやない?
わいもパク知ってるけどちはや好き

390 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 11:09:57.27 a
カルタやなくてかるたやで

391 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 11:11:53.77 0
>>390
ふぁせやったんか
かるたとカルタはどういう区別で使うんやろか
カルタcartaはポルトガル語の葉書(カード)の外来語よな

392 :名無し草 (ワッチョイ 6a7d-ZcPW):2016/03/25(金) 11:17:26.41 0
わいも作者のパクは知ってるんやけどちはやはおもろくて読んでるは
アニメ3期いつやねん

393 :名無し草 (スプー Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 11:20:56.15 d
>>377
パクりkwsk

394 :名無し草 (スプー Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 11:27:35.25 d
パク問題で作家として終わりや思ったのにちはやで返り咲いたんはすごいよな

395 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 11:27:50.03 d
>>393
ちはやふるの前に描いてた漫画でトレパクしまくってたそうやで

396 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 11:29:58.58 d
ふぁ!!?なんでわい自分のレスあぼんなってるんや思ったらコピバと名前欄被っとるやん
自宅はWi-Fiやから出先では書き込まんとこ

397 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-tcWT):2016/03/25(金) 11:32:32.24 0
>>388
わいもや…
宝物はもろたけどみの被ったゆきねこさんには遂に会えんかった…
結構雪積もってたんになー残念や…

398 :名無し草 (ワッチョイ 112b-O3dS):2016/03/25(金) 11:34:39.52 0
>>387
またあの作者やらかすからみててみ

399 :名無し草 (ワッチョイ 112b-O3dS):2016/03/25(金) 11:36:23.99 0
あの作者旦那が権力者なんよな

400 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 11:41:23.67 0
ちはやふるの作者は過去にもパクリで問題になったん?
ちはやふるという作品はオリジナル?
まさかこれもパクリ?
パクリと影響を受けたの境目はむずいけどな…

401 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 11:45:30.23 a
>>391
明確な違いはないんやけど競技かるた界隈がカルタやなくてかるたで統一してるみたいや
大会名やら規約やらどっちで書いたらいいか混乱せんようみんなかるた表記やねん

402 :名無し草 (ワッチョイ 7ef2-CLia):2016/03/25(金) 11:48:54.20 0
わいも昔は百人一首得意やったけどもう忘れてもうた

403 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 11:49:25.95 a
>>400
こっちはオリジナルや
元々パクリから来ただけあって実在のかるたの強豪校や実在の建物がモチーフになってて分リアルやねん
パクりはあかんけどそこから学んで取材したネタを漫画に活かすことで臨場感ある世界観を作り出したんが今のちはやに通じてるんかもな

404 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 11:51:26.42 0
>>401
わいあれ書いて思い出したけど天ぷら(天麩羅)みたいなもんかなと
それにかるたは百人一首書いてるからカルタよりかるたの方がしっくりりするな
本来の意味とは違ったものになってるけどポルトガル語由来の外来語多いは

405 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 11:54:58.44 a
>>404
天ぷら!確かにそんな感じや
カルタやとほんまに舶来ぽいは日本語おもしろい

406 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 11:55:42.75 a
たしかスラダンのトレスやっけ
ちはや作者

407 :名無し草 (ワッチョイ 8217-gW5C):2016/03/25(金) 11:58:27.13 0
>>400
ここに今までのパクリまとめあるで
http://cabin.jp/k55yuki/

408 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 11:59:00.27 0
>>403
パクリはななんつうかさもしさを感じてまうねんな
売れればええやったもん勝ちみたいな精神はわいはちらいや
ちはやふる面白そうやけど綺麗に評価して貰えるように前の醜聞にケジメつけられるとええな…名作生み出してるなら勿体ないな

409 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 12:02:20.39 0
>>405
シャボン玉のシャボンは発音は少しちゃうけど石鹸の意味やしビードロはガラスの意味やしな
パンはもろパン(パァォン)やし草
ポルトガル人ぱねぇ
>>407
見てみるでトン

410 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 12:04:19.24 0
ザザッと見たけど有りすぎや!
ご飯食べてから改めて見てみるで

411 :名無し草 (ブーイモ MM24-ZcPW):2016/03/25(金) 12:06:03.18 M
わい週末なにしよ
靖国行って御朱印貰うか家でゴロゴロするか迷うは

412 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/25(金) 12:10:02.89 0
わいは今日こそ!!!美容院に行く!!!!!!多分!!!!!!!

413 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 12:10:41.31 a
ちはやはパクというより担当の姉?やったかが元ネタなんやろ

414 :名無し草 (ワッチョイ 6a7d-ZcPW):2016/03/25(金) 12:12:32.02 0
>>399
ちはや作者ケインしてたんやな

415 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 12:14:24.81 0
>>411
靖国!でもトイレには行かんでや物騒やからな
神社は日の高いうちに行こ
わいチャーハン食べてくるは
べちゃっとしてる草

416 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 12:16:57.80 a
パクり検証見たけど
この構図を何でわざわざトレスしたん?っていうのあるは

417 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-tcWT):2016/03/25(金) 12:23:15.71 0
ちはや作者パクリに謝罪はしたん?
してないならこれからもやらかす気満々やろな

418 :名無し草 (ワッチョイ 3e57-gW5C):2016/03/25(金) 12:23:45.81 0
同じ雑誌のピーチガールの漫画家からパクってラレ側が精神的に追い詰められた言うのは聞いたは
腹に据えかねてピーチガールではヒロインのライバルの悪役をちはや作者にしたとかなんとか

419 :名無し草 (ワッチョイ 3e57-gW5C):2016/03/25(金) 12:24:19.25 0
>>417
謝罪はしたで

420 :名無し草 (ワッチョイ 3e57-gW5C):2016/03/25(金) 12:26:35.60 0
ソースとは言えへんけどピーチガール作者のファンの間ではこないな事言われとるようや

31 :花と名無しさん:2005/10/19(水) 20:11:03 ID:???0
上田さん、さえにはモデルがいるってコミックスに書いてたけどもしかして末次さんの事だったのか?
みたいな事が末次スレで書いてあったw

確かにさえ初期はももの真似ばっかりする子って設定だったし

32 :花と名無しさん:2005/10/19(水) 20:13:33 ID:???0
すえ=さえ

34 :花と名無しさん:2005/10/19(水) 22:04:26 ID:???0
そうなんだw
さえ=すえ

421 :名無し草 (ブーイモ MM24-ZcPW):2016/03/25(金) 12:26:43.05 M
>>415
BBAに従うで
日曜日行ってこよ

422 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 12:28:30.46 a
パクして謝罪する人おるんや

423 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-tcWT):2016/03/25(金) 12:30:13.11 0
>>419
えしたん?パクリ認めたんか
こういうのって認めたら終わりみたいなもんや思うてたんでビックリりや

版元は許しとるんやろか
それにしてもパクってもこの絵レベルなんがなんや気の毒や…

424 :名無し草 (ワッチョイ 3e57-gW5C):2016/03/25(金) 12:37:20.72 0
>>423
認めて作品絶版にして何年かの自粛期間あったはずやで
賞取っても作者は自重して会場に出席せえへんかったり
その辺りはまあ他のパク作者よりまともなんちゃう?

425 :名無し草 (ワッチョイ f15f-tcWT):2016/03/25(金) 12:51:02.44 0
おはやで
わい進撃含め好きな作品ほぼパクリ言われとるし今更やな
完全オリジナルなんてないんや

426 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 12:51:32.66 a
ひさびさにねこあつめ起動したらまだ餌あったは
オートチャージになったんか?ログインボーナスか?

427 :名無し草 (ワッチョイ f15f-tcWT):2016/03/25(金) 12:53:24.93 0
>>426
ババアがログインせんからにゃー達はもっと良い餌くれる家に引っ越したねん
ほんで余っとるんや

428 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-tcWT):2016/03/25(金) 13:02:36.47 0
>>424
そうなんかー
知らん振りして無かった事にしようと誤魔化す人より反省してるの分かって好感もてる
過去作品がそれでちはやではやってないんよな
こんだけ売れてるなら才能あるのは間違いないし

429 :名無し草 (スプッ Sd24-ZiM/):2016/03/25(金) 13:14:42.66 d
>>428
横やけど千早の作者なら最初は信者装って自作自演で庇ったりしてたで草
同じ雑誌の作家からのパクは認めてへんしな
謝罪した言うても結構なクズや

430 :名無し草 (ワッチョイ 8217-gW5C):2016/03/25(金) 13:16:21.22 0
>>424
作品回収絶版にしたんは編集部の意向で
末次本人の意向ちゃうで
あと末次がこれだけ悪質なパクラーとして語り継がれてるんは
パク発覚した時の対応が最悪だったからや
自分のサイトの掲示板で他人になりすまして末次を擁護したねん
ソース表示したらIP見れる仕様やったさかいすぐに見破られたけどな

431 :名無し草 (ワッチョイ 7eda-vHhq):2016/03/25(金) 13:20:51.73 0
>>428
成りすまし擁護したんが発覚して言い逃れできなくなったからやで…

432 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 13:22:06.01 d
おそ松さんの現行スレご報告ダヨーン❤

●一番勢いのあるおそ松さんスレ●
おそ松雑談785
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458866380/
 
空松の閲覧数を見守る358
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458861273/
おそ松さん愚痴189
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458715072/
松お絵描き2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1455804849/
自己責任のばら2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1450694337/
数字松野アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458363406/
数字松コンビ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1446802553/
BL松アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1449625545/
十四松アンチ21
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458719318/
トド松アンチ2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1449421897/
チョロ松アンチ2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458738834/
おそ松アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1454314191/
一松アンチ5
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458827343/
カラ松アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1453752117/
松雑談2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1454134918/
空321
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458034307/
あぁん…十四松さぁん…
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458051002/
さん愚痴
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458147002/
出っ歯のままにおしゃべりにミーは君だけを傷つけない
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458149451/
カレーを付けずナンだけ食べると美味しいのだとデカパンは言った
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458313731/
デカパンマン
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458325692/
亜人にいい声したおそ松がいるってマジ?
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458400926/
したらば
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/23393/1453646440/

433 :名無し草 (ワッチョイ 3257-9dd0):2016/03/25(金) 13:22:59.85 0
まともな対応したんはあくまで出版社であって
それも相手が大物やったからこそっちう感じやろか
ほんでそれも後手後手で既に醜態晒した後やったと

434 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/25(金) 13:23:19.15 0
やっぱパクラーは頭おかしいは

435 :名無し草 (ワッチョイ dbae-ZcPW):2016/03/25(金) 13:29:20.44 0
頭犯しって脳姦のことかと思って一瞬身構えてまうやんな

436 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-tcWT):2016/03/25(金) 13:29:45.93 0
>>429
>>431
ちょマジか草
見直そうとしたわいの心返して欲しいは
手段選ばんパクラー許すまじや

437 :名無し草 (ワッチョイ 7ef2-CLia):2016/03/25(金) 13:35:57.15 0
>>435
アッアッアッアッ

438 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/25(金) 13:38:50.13 0
クチュクチュ

439 :名無し草 (ワッチョイ f15f-tcWT):2016/03/25(金) 13:42:23.12 0
ンホォ

440 :名無し草 (ワッチョイ 041e-tcWT):2016/03/25(金) 13:43:47.69 0
作者は知らんけど広瀬すずが好きやない

441 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-tcWT):2016/03/25(金) 13:50:24.86 0
>>438
BBAちゃんはよ美容院行き

442 :名無し草 (ブーイモ MM24-ZcPW):2016/03/25(金) 14:10:16.41 M
>>440
わいはパクリ作者もすずも好きやない

443 :名無し草 (スプー Sd34-tcWT):2016/03/25(金) 14:13:56.27 d
>>441
業者が来んねんそれ終わったら絶対飛び出すで!!!!!

444 :名無し草 (ワッチョイ 7ef2-CLia):2016/03/25(金) 14:17:19.29 0
わいはすずちゃん好きやで
わいのこと好き?食べちゃいたいくらい?のCMが堪らなくかわええやん

445 :名無し草 (ワッチョイ 041e-tcWT):2016/03/25(金) 14:20:40.47 0
神様に愛されてるすずちゃんが憎いんや
生放送で屁でもこけ

446 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/25(金) 14:21:52.01 0
14時予定なのにけぇへん…

447 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 14:36:30.56 a
>>446
電話ガンガンかけるねん!
頑張れ!

448 :名無し草 (ワッチョイ 6a7d-ZcPW):2016/03/25(金) 14:42:58.93 0
すずたそはあんなに愛されてるのにボストロ不細工BBAなわいときたら

449 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 15:01:57.49 a
パクリはあかんで

450 :名無し草 (ワッチョイ 041e-tcWT):2016/03/25(金) 15:38:17.80 0
>>448
前世で極悪非道やったんや

451 :名無し草 (ワッチョイ ed3f-tcWT):2016/03/25(金) 15:38:22.68 0
すずのレオパレスのCM
ええ〜〜?!の言い方にイラっとくるは

452 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/25(金) 15:43:47.65 0
>>447
帰った!
遅くなったけど行ってきますやで〜

453 :名無し草 (ブーイモ MM24-ZcPW):2016/03/25(金) 15:45:21.00 M
>>448
ボストロは自己責任

454 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 15:52:29.92 a
すずちゃんかわええは
パワフルな若さうらやまん

455 :名無し草 (ワッチョイ 3257-9dd0):2016/03/25(金) 16:03:02.73 0
能年ちゃんが失速してなかったら
わりと深刻なキャラ被りしてたような気がするは
すずたその方が別路線になってたやろか

456 :名無し草 (スプー Sd34-tcWT):2016/03/25(金) 16:15:46.61 d
平日やし空いとると思ったらめちゃ混みや〜…

457 :名無し草 (ワッチョイ 7ef2-CLia):2016/03/25(金) 16:20:01.98 0
なんで能年ちゃん急激に失速したん

458 :名無し草 (ワッチョイ 1eda-gW5C):2016/03/25(金) 16:22:30.10 0
BBAたちお待たせしたで
一撃がこないな上位に来たのは閑散期といえど初めてやな

お粗末41 刀24 進撃10(リジ8、リハ2) 排球5 決壊5 黒子4
ちな全年齢・18禁別200冊中に進撃本は18冊ランキンで、リジ15、ジリ、ルリ、リハ3やで

3/24付  特に表記ないものはB5、価格は税抜き表示やで
 ※順位かぶりを無視した絶対順位では下から10番目の順位は63位、20番目は42位や

1 お粗末 全年齢 28p 597円 予約1日目
2 刀 全年齢 42p 550円
3 刀 全年齢 A5 56p 692円 予約2日目
4 お粗末 18禁 16p 448円 予約1日目
5 排球 18禁 46p 819円 予約1日目
6 黒子 全年齢 24p 403円 予約1日目
7 オリジナル 全年齢 20p 299円
8 刀 18禁 24p 554円 予約2日目
9 一撃 全年齢 A5 86p 1,194円 予約1日目
10 刀 18禁 A5小説 72p 970円 予約2日目
11 決壊 18禁 24p 380円 予約1日目
12 お粗末 18禁 36p 719円 予約2日目 完売
13 ふぁて 全年齢 38p 600円 予約1日目
14 お粗末 全年齢 62p 1,045円 予約1日目
15 お粗末 18禁 48p 896円 予約1日目
15 排球 全年齢 34p 556円
17 刀 全年齢 A5 100p 1,493円 予約1日目 完売
18 決壊 全年齢 26p 550円 予約1日目
19 リジ 18禁 A5小説 36p 555円 予約1日目 完売
20 お粗末 全年齢 34p 691円

その他の進撃カプの最高位
27 リハ 全年齢

同人グッズは25位のルリブランケット以下、進撃グッズは全部で2点ランキンや
ちな43位が58点、25位が18点順位かぶりやで

男に売れとる女向け本の上位に進撃本ランキンなしや

男向け本と合わせての総合ランキングは7位まで女向け本が独占や
女向け本は全部で91冊とまた微増やで


女王のデイリーは進撃本ランキンなしや

459 :名無し草 (ワッチョイ 3257-9dd0):2016/03/25(金) 16:24:53.65 0
>>457
わいも詳しくは知らんけど小耳に挟んだところによると
事務所とのゴタゴタっぽい

460 :名無し草 (ワッチョイ 409f-tcWT):2016/03/25(金) 16:28:20.38 0
ばぁばが栄養剤で食事受けつけんようなって点滴で入院してもうたは
体調気になるから行ってくるで

461 :名無し草 (ワッチョイ 7ef2-CLia):2016/03/25(金) 16:29:59.06 0
>>459
ほーもったいないなー

462 :名無し草 (ワッチョイ 3257-9dd0):2016/03/25(金) 16:31:45.29 0
>>460
いてらやで
わいは別件で入院中のマッマが坐骨神経痛になってしもた
見舞いに行けるんは来週や

463 :名無し草 (ワッチョイ 6a7d-ZcPW):2016/03/25(金) 17:10:04.61 0
わいもマッマの見舞い行きたいねん

464 :名無し草 (ワッチョイ 044c-090z):2016/03/25(金) 17:24:40.95 0
明日はTRCに行ってくるで!女子力高めるは

465 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 17:28:01.72 d
おそ松さんの現行スレご報告ダヨーン❤

●一番勢いのあるおそ松さんスレ●
おそ松雑談786
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458880950/

空松の閲覧数を見守る359
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458886120/
おそ松さん愚痴189
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458715072/
松お絵描き2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1455804849/
自己責任のばら2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1450694337/
数字松野アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458363406/
数字松コンビ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1446802553/
BL松アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1449625545/
十四松アンチ21
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458719318/
トド松アンチ2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1449421897/
チョロ松アンチ2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458738834/
おそ松アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1454314191/
一松アンチ5
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458827343/
カラ松アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1453752117/
松雑談2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1454134918/
空321
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458034307/
あぁん…十四松さぁん…
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458051002/
さん愚痴
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458147002/
出っ歯のままにおしゃべりにミーは君だけを傷つけない
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458149451/
カレーを付けずナンだけ食べると美味しいのだとデカパンは言った
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458313731/
デカパンマン
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458325692/
亜人にいい声したおそ松がいるってマジ?
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458400926/
したらば
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/23393/1453646440/

466 :名無し草 (ブーイモ MM24-ZcPW):2016/03/25(金) 17:52:25.95 M
>>464
何があるんや?

467 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 18:13:41.04 0
アニメイト…ジャニショ…疲れた
すっげえいっぱいあって目がチカチカしたは婆みを実感したで
ホンマ末恐ろしい未来の大人や
金つこたから今日は素うどんな!言うたらブリブリしとるで
ありがとんぐらい家!

468 :名無し草 (ワッチョイ 409f-tcWT):2016/03/25(金) 18:17:30.06 0
ただいま
疲れたは

469 :名無し草 (ブーイモ MM24-ZcPW):2016/03/25(金) 18:19:24.17 M
久々に前ジャンル検索したらモエモエしてもうたは
前ジャンルはモブレとか全然なかったんやな

470 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 18:21:39.68 0
>>468
おかえり
>>469
進撃行き着くまでいくつぐらいの漫画にハマった?
わい一個だけや

471 :名無し草 (ブーイモ MM24-ZcPW):2016/03/25(金) 18:26:41.94 M
>>470
わいリアルババ様やからそこそこあるで
ここ5年で3ジャンル目や

472 :名無し草 (スプー Sd24-HJAy):2016/03/25(金) 18:41:11.77 d
ババアただいま
微妙に仕事ミスしちゃったから今しゅごい凹んどる…

473 :名無し草 (ワッチョイ 04af-tcWT):2016/03/25(金) 18:49:49.05 0
>>472ヾ(・ω・。)ヨシヨシ
おかえり
お疲れさまや

474 :名無し草 (ブーイモ MM24-ZcPW):2016/03/25(金) 18:52:46.82 M
微妙なら大丈夫大丈夫

475 :名無し草 (ワッチョイ 7ef2-CLia):2016/03/25(金) 18:54:29.31 0
もうやってしまったことは開き直るしかないはダハハハハッ

476 :名無し草 (スプー Sd24-HJAy):2016/03/25(金) 19:07:50.04 d
>>473
>>474
>>475
せやな
来週本気出すから週末エンジョイするは

477 :名無し草 (ワッチョイ 044c-090z):2016/03/25(金) 19:20:05.92 0
>>466
ものっそい遅レスやけどセール
春物最大80%オフや!

478 :名無し草 (アウアウ Sa9d-ZcPW):2016/03/25(金) 19:46:43.76 a
明日休みやうれぴー
夜更かしするで

479 :名無し草 (ワッチョイ 7cdd-vHhq):2016/03/25(金) 19:54:31.81 0
わい明日仕事…隔週からい

480 :名無し草 (ワッチョイ 6422-tcWT):2016/03/25(金) 19:56:39.56 0
わいも明日お買い物いこ
ゴロゴロはせんでー(フラグ)

481 :名無し草 (ワッチョイ 6a7d-ZcPW):2016/03/25(金) 19:58:57.26 0
完全週休2日の会社どこや…

482 :名無し草 (アウアウ Saa1-lMVm):2016/03/25(金) 20:04:16.13 a
わい明日から三連休や

483 :名無し草 (スプー Sd24-Sfra):2016/03/25(金) 20:13:08.99 d
ハナキンハンチャン

484 :名無し草 (ワッチョイ bbae-G2dJ):2016/03/25(金) 20:18:56.68 0
刀剣乱舞アニメ化するんや…2017
進撃2期とバッティングしたら嫌やなぁ

485 :名無し草 (ワッチョイ 409f-tcWT):2016/03/25(金) 20:19:20.75 0
>>484
ちょっと楽しみや

486 :名無し草 (ガラプー KKbb-L4pu):2016/03/25(金) 20:21:02.54 K
>>484
わいのすきな声優さんでるかな

487 :名無し草 (ワッチョイ e1dd-tcWT):2016/03/25(金) 20:23:05.63 0
>>484
ほんまか
ちょっと見たい

488 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/25(金) 20:26:18.34 0
2017て随分先やな
そういえばうたプリはもう完結したんやろか?

489 :名無し草 (ワッチョイ bbae-G2dJ):2016/03/25(金) 20:27:01.25 0
制作はufotableやって
ワイは艦これアニメの危険を感じるは
主人公どないするんやろな

490 :名無し草 (ガラプー KKbb-L4pu):2016/03/25(金) 20:28:20.81 K
なー進撃二期アニメやらんのんなあなあ

491 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-ZiM/):2016/03/25(金) 20:32:58.91 0
こんだけ焦らすんやからぼく街とかハガレンみたいに原作とアニメ最終話合わせてきたりせんかなーて思うは
分割4クールくらい要りそうやけどなダハハ

492 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 20:33:07.76 a
>>484
なんでや?
ファンが分散されるで快適になりそうやん

493 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 20:34:13.49 a
>>484
楽しみや!
どんな話になるんやろ艦これの二の舞にならんようがんばやで

494 :名無し草 (ワッチョイ 7cdd-vHhq):2016/03/25(金) 20:35:08.22 0
刀剣はうふぉやで

495 :名無し草 (ワッチョイ 041e-tcWT):2016/03/25(金) 20:35:34.70 0
>>490
始動の計画の準備の構想しとるからもうすぐやで

496 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-ZiM/):2016/03/25(金) 20:36:58.34 0
わいのコテかっこええ…ZiM

497 :名無し草 (ガラプー KKbb-L4pu):2016/03/25(金) 20:37:20.02 K
>>495
チャーハンの準備にとりかかったやつ思い出したは

498 :名無し草 (スプー Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 20:37:47.47 d
>>488
うたプリは原作ゲームやから完結もクソもないで
アニメは四期あるけど

499 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 20:37:54.92 0
>>471
めっちゃ亀ごめん
わいもリア婆や!

>>484
bbaコテBBAや!ふぁ裏山や…わいぐぬぬやで

500 :名無し草 (ブーイモ MM24-ZcPW):2016/03/25(金) 20:38:19.90 M
艦これとか刀剣ってストーリーあるんか?
後半は声優のコーナーにしよ

501 :名無し草 (ワッチョイ 8236-tcWT):2016/03/25(金) 20:38:59.83 0
刀剣主人公で荒れそうやは

502 :名無し草 (ワッチョイ bbae-G2dJ):2016/03/25(金) 20:39:15.16 0
>>499
ほんまや草
ワイがババアや!

503 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/25(金) 20:39:19.92 0
おかしいは髪切ったら広瀬すずになる予定やったのに全然違ったから髪染めてきたは

504 :名無し草 (スプー Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 20:39:31.84 d
ゲーム自体は刀集めだけで2017年まで続くんやろか

505 :名無し草 (ワッチョイ 7cdd-vHhq):2016/03/25(金) 20:39:39.74 0
>>500
せやなせやなしか言わんで

506 :名無し草 (ブーイモ MM24-ZcPW):2016/03/25(金) 20:39:42.99 M
芋BBAのせいで芋食べたいは
明日大学いもしよ

507 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 20:41:35.77 0
>>502
ええなええな!

508 :名無し草 (スプー Sd34-tcWT):2016/03/25(金) 20:42:30.26 d
ふぁー野菜もお肉もたっぷりのメニューでお腹一杯や

509 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/25(金) 20:42:59.06 0
>>498
4期あるん?3期は空気やった気がするな
わいは1期で脱落したけど草

510 :名無し草 (ワッチョイ c2b4-HJAy):2016/03/25(金) 20:43:05.28 0
>>489
艦娘が轟沈したとき一部提督荒れとったよな
女性向けやとさにわが男か女かでまず揉めそうやは

511 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 20:43:22.94 0
わいも今日帰りに芋買ってきたねんグフッ
ねっとり黄色の焼きいもにするで
ここで出た炊飯器にチャレンジや

512 :名無し草 (アウアウ Saa1-lMVm):2016/03/25(金) 20:44:11.40 a
僕だけがいない街最終回見終わったんやけど
先生とさとるがとんでもなくホモやなって思いました(コナミ感)

513 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/25(金) 20:44:37.29 0
わい刀剣全然知らんけど人気キャラは誰なんや
MMDだと長谷部?とかいうのよく見るけど

514 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-tcWT):2016/03/25(金) 20:45:45.56 0
>>503
ちゃんと行ってきたんやな偉いでBBA
何色にしたん?

515 :名無し草 (スプー Sd34-tcWT):2016/03/25(金) 20:48:11.61 d
最近の浜崎あゆみ声出てへんしキャラもキ○ガイババアみたいになっとるけどやっぱ昔の曲はエエなぁ…

516 :名無し草 (スプー Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 20:50:50.21 d
>>509
秋アニメやで

517 :名無し草 (ガラプー KKbb-L4pu):2016/03/25(金) 20:51:31.95 K
>>515
怖かったよな
けどわいあゆすっきやから嫌いになれへん
犬夜叉とテイルズうたってくれてん
Mだいすっきやねん…

518 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/25(金) 20:52:09.00 0
知らんひといっぱいの中やと座ってるだけでも緊張で体ガッチガチなるもんなんやな
>>514
なんかピンクな茶色や!!!

519 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/25(金) 20:52:13.74 0
>>516
今年の?
まだファンおるんかね
人気声優揃えてるから平気か

520 :名無し草 (ワッチョイ 6acd-HUPR):2016/03/25(金) 20:52:27.39 0
わい僕たちは幸せになるためこの旅路をゆくっていう曲好きやった

521 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 20:54:07.17 0
わいも刀剣キャラ見てみたは
性格とか全くわからんから見た目の雰囲気ならからくりのキャラかな
性格わかればまた違ってくるかもや

522 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/25(金) 20:54:09.87 0
ケーキ食いたいは
ホールでもうええ

523 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/25(金) 20:54:53.95 0
>>521
わいもキャラ表さっき見てきたは
圧倒的に攻めが足りん

524 :名無し草 (ガラプー KKbb-L4pu):2016/03/25(金) 20:55:18.63 K
>>520
ヴォヤージュいううたや

525 :名無し草 (ワッチョイ 041e-tcWT):2016/03/25(金) 20:55:55.52 0
昔の浜崎あゆみは可愛かったで…
それがあんなみっともないババアになるんやからほんませかざん

526 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/25(金) 20:56:30.75 0
浜崎あゆみは化粧薄いほうがええのにな
売れる前ホモ映画に出てたときも可愛かった

527 :名無し草 (スプー Sd34-tcWT):2016/03/25(金) 20:56:55.95 d
>>517
わいもスッキやったからいまいち嫌いになれへんねんけと最近の行動見てたらふぇぇ…なるはほんま…
犬夜叉はディアレストやっけ?
テイルズもやっとったんやな意外と色々やっとるもんやな

528 :名無し草 (ワッチョイ 6422-tcWT):2016/03/25(金) 20:57:01.74 0
安室ちゃんのあの変わらなさはなんなんや

529 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/25(金) 20:58:00.37 0
>>526
浜崎ホモなの!?

530 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/25(金) 20:58:50.84 0
>>528
むしろ若返っとる
真理を見たんや

531 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/25(金) 20:59:36.09 0
>>529
ホモのクラスメイトを好きになる子の役や草
ホモの恋を応援してたで

532 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 21:00:11.09 0
>>523
わいちゃん男の人は基本攻めやと思ってまぁす!草
せやからその中から攻め受けみを感じるにはまだ修行が足りんのや
やっぱりり性格わからんとハマれんなぁ
むしろ性格知れば別キャラを好きになるかもやし外見の雰囲気のみで選んだ
つかわい名前間違ってた
おおくりからさんやったは

533 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/25(金) 21:00:28.41 0
>>531
すごい映画やってたんやな
クラスメイトってことは10代とかやろか…

534 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/25(金) 21:01:41.28 0
>>533
高校生やで
監督もホモをカミングアウトしてる人や
安西ひろことかも出てたな確か

535 :名無し草 (ワッチョイ 409f-HJAy):2016/03/25(金) 21:02:07.55 0
mate更新きたは
dat落ち直ったやろか

536 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/25(金) 21:03:32.84 0
安西ひろこ懐かしいは〜

537 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 21:04:02.40 a
>>512
ほんまエタノやったは
EDまでホモソングに聞こえてくるねん

538 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/25(金) 21:07:30.50 0
あの頃はわいもピチピチやった…

539 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 21:08:08.55 0
今テレビで歌ってる人よう車でかかるは好きなんやろけど名前知らん
声と曲調に聞き覚えあるは
あとたぶんこの人の歌で「君が綺麗になって」とか「戻ってきた」?って歌詞の歌あるよな
あれもよくかかってたは
ええリズムの歌やってわいも好き

540 :名無し草 (ワッチョイ 409f-HJAy):2016/03/25(金) 21:12:30.29 0
ホーミングええな
力入れんでも鍋のこげつき取れたは

541 :名無し草 (スプー Sd34-tcWT):2016/03/25(金) 21:12:35.72 d
安西ひろこで思い出したけどケミストリーの堂珍相変わらずイケメンやった

542 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 21:14:16.40 0
ケツメイシらしいな…ええ歌多いは

543 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 21:15:00.21 0
>>540
クレンザーより落ちるよな

544 :名無し草 (スプー Sd34-tcWT):2016/03/25(金) 21:16:35.96 d
さくら舞い散る中に忘れた記憶と!君の声が戻ってくる!吹きやまない春の風!あの頃のままで!!!!!

545 :名無し草 (ワッチョイ 7ef2-CLia):2016/03/25(金) 21:17:13.90 0
ケツメイシとリップスライムがわいのなかで被る

546 :名無し草 (ワッチョイ 409f-HJAy):2016/03/25(金) 21:18:44.23 0
>>543
ちょっとつけおきしとっただけで綺麗に取れてたは
今まで力入れてゴシゴシ磨いてたんはなんやったんや…

547 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 21:19:18.49 0
>>545
声が?曲とかが?
わい宇多田ヒカルと倉木麻衣ちゃんが何となく…

548 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 21:20:11.24 0
>>546
でも研磨剤はいっぱい入ってるから注意やで

549 :名無し草 (ワッチョイ 041e-tcWT):2016/03/25(金) 21:21:24.55 0
レミオロメンは粉雪と3月9日だけやったな

550 :名無し草 (ワッチョイ f92b-ZcPW):2016/03/25(金) 21:22:20.57 0
>>549
わい朝顔すっきなんやけど

551 :名無し草 (スプー Sd34-tcWT):2016/03/25(金) 21:23:00.61 d
そういやわいお米を米炊き用の土鍋買うてガス炊きにしてみたんやけど美味しく炊けて食事が楽しみになったは
唐突なステマや

552 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 21:24:05.23 a
目を閉じればパスタになったお前

553 :名無し草 (ワッチョイ 7ef2-CLia):2016/03/25(金) 21:24:56.79 0
>>547
全体的になんとなーく被るねん

554 :名無し草 (ワッチョイ 18da-vHhq):2016/03/25(金) 21:25:09.10 0
あゆは犬夜叉のEDと劇場版主題歌1回ずつやってるやんな
あの映画の番宣で山口勝平や雪野五月や日高のり子が顔出し出演してて
幼女のわいはへーこれが声優って人なんかーって色々意識するようになって気づいたらキモヲタや

555 :名無し草 (ワッチョイ 409f-HJAy):2016/03/25(金) 21:27:42.75 0
なぁなぁBBA達
ツイ登録したんやけど嫌いな人のツイートミュートしたらめちゃ快適やね?

556 :名無し草 (ワッチョイ 33bb-ZcPW):2016/03/25(金) 21:33:42.66 0
みんなお待たせ!
わいやで!
今日なんや腹が痛いけどお勉強頑張るで!

557 :名無し草 (ワッチョイ 041e-tcWT):2016/03/25(金) 21:37:22.49 0
>>556
芋食いすぎちゃうけ

558 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-ZcPW):2016/03/25(金) 21:39:30.18 0
わいは芋BBAは芋を焼くことを勉強しとるんやないかと思うねん

559 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-tcWT):2016/03/25(金) 21:42:48.70 0
>>518
その緊張感味わうんもええ経験や思うねん
ええな春っぽいは!

560 :名無し草 (ワッチョイ 18da-vHhq):2016/03/25(金) 21:43:12.98 0
近所にたまに焼き芋屋来るねんけど
誰が買うんや思ってたらこの前学校帰りの中学生が買ってたの見たは

561 :名無し草 (ワッチョイ f9a7-foXx):2016/03/25(金) 21:44:09.91 0
Mステからただいまやで
目離してる隙にKAT-TUN4人から3人なっとって草

562 :名無し草 (ワッチョイ 041e-tcWT):2016/03/25(金) 21:44:55.67 0
>>561
なんで?うんこ?

563 :名無し草 (ワッチョイ 7ef2-CLia):2016/03/25(金) 21:45:38.90 0
>>562


564 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 21:46:06.34 0
>>560
部活帰りとかお腹空くやろしあったかいし焼きいもピッタリや
あと肉まんもよう食べてそうやな

565 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-tcWT):2016/03/25(金) 21:46:11.68 0
>>525
めっちゃ姫いうか女王様やったよなー
浜崎は長瀬とケインしたら幸せになれたんちゃうかとかたまに思うねん

566 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 21:49:00.24 0
>>565
何かこう結局男と女って縁なんよなとか思ったりしてまいう

567 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-ZcPW):2016/03/25(金) 21:49:24.43 0
頂点極めると落ちるときからいねん
女はそれに容姿の衰えまであるからな

568 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-ZcPW):2016/03/25(金) 21:51:46.56 0
ええ人とケインすると本人も変わると思うねん
わいも仏みたいな人とケインしたいは

569 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 21:52:50.17 0
容姿にすごい自信あって常に気にして完璧にしてた人にはきついんやろな…

570 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-tcWT):2016/03/25(金) 21:53:03.42 0
>>549
わいアイランドいう歌だいすっきやねん

571 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-ZcPW):2016/03/25(金) 21:54:24.26 0
浜崎は歌手なんに酒飲んで酒焼けやろ
メンテ全然出来とらんから当然の結果といえば当然やねん

572 :名無し草 (ガラプー KKbb-L4pu):2016/03/25(金) 21:55:33.40 K
>>565
あゆと長瀬やったらわい全力で応援したんに
なんでわかれたん

573 :名無し草 (ワッチョイ 7ef2-CLia):2016/03/25(金) 21:55:51.33 0
歳をとるって悲しいな

574 :名無し草 (ワッチョイ 8217-gW5C):2016/03/25(金) 21:56:40.74 0
>>556
今日は芋を何本食うねん

575 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 21:59:19.99 0
わいガチロリの頃パッパの友人から引っ越すから新品やないけど…言うて貰った童話を今急に思い出してん
「どこかの国に(へ?)ようこそ」や
あれ幼稚園児にはわかるようなわからんような感じやったのに妙に魅了されてたは絵も独特やった
この本読んだ事あるBBAおる?
当時はラストに拍子抜けの印象やったんやけど今記憶たどって考えてみるとちゃう感じやねん

576 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 22:01:31.26 0
少年がうるさい親やしがらみから自立する象徴やったんかな?全て捨てて生まれ変わるみたいな
あとホッツェン?なんとかっていう泥棒の本も内容はうろやけど当時好きやったは

577 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-ZcPW):2016/03/25(金) 22:04:05.64 0
わい芋買ってきたから大学いもするで

578 :名無し草 (ワッチョイ 3257-TwnX):2016/03/25(金) 22:04:10.11 0
575のババアの本は知らんけど
今日ふとしたことからゴーリーて絵本作家を知ったは
有名作家やしここでは知ってるババアも多そうやけど
わいは打ちのめされたで…

579 :名無し草 (ワッチョイ 18da-vHhq):2016/03/25(金) 22:05:38.05 0
>>576
大泥棒ホッツェンプロッツやろか
上のは分からん

580 :名無し草 (ワッチョイ 3322-HJAy):2016/03/25(金) 22:06:52.68 0
>>578
何読んだん?
雰囲気ええよな

レミオめっちゃすっきやー
けど周りでもdisる人多くて嫌やは

581 :名無し草 (ワッチョイ 041e-tcWT):2016/03/25(金) 22:06:52.50 0
>>578
A〜Zがつく子供が死んでくやつ?

582 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 22:08:53.17 0
>>579
せや!それや!内容は記憶にほとんどないけどロリの時は好きやったは
上の「どこかの国にようこそ」は独特で忘れられないは
もう一度読みたいで尼見てくるは

583 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-tcWT):2016/03/25(金) 22:09:09.30 0
>>572
よくは分からんのやけどファンに「恋人同士の枠を越え
家族兄弟のような関係になった」て報告して破局したらしいで

584 :名無し草 (ワッチョイ 3257-TwnX):2016/03/25(金) 22:10:11.33 0
>>580
>>581
雑誌で解説されてたのを見かけて知っただけで読んではないねん
「不幸な子供」や
ちょいとググって「おぞましい二人」もチラ見してな…なんか…なんかもう…

585 :名無し草 (スプー Sd34-tcWT):2016/03/25(金) 22:10:18.20 d
田口最後なんやからダンス曲やってほしかったで

586 :名無し草 (ワッチョイ 041e-tcWT):2016/03/25(金) 22:10:29.16 0
>>583
へー…
タトゥーまで彫ったのにな

587 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 22:10:31.52 0
>>578
どこかの国…のは日本人作家やったと思う
児童書でえぐかったりするの好きやは
本のタイトル思い出せる?

588 :名無し草 (ワッチョイ 3257-TwnX):2016/03/25(金) 22:14:05.97 0
>>587

>>584
えぐいどころの騒ぎやないで
わい読んでもないんに何かを吸い取られたは

589 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 22:16:46.99 0
>>588
はわわわわ…レス読んでわいはあきらめたで!解説文だけで打ちのめすその威力に怖じ気づいた

590 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 22:27:37.34 0
刀剣の話出たけど進撃は今年放映やなく制作開始なだけ?ここらへんがイマイチ情報足りん
わい最低でも猿のふぅ…まではやってほしい
風呂いってこ

591 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 22:28:41.77 a
>>590
もう制作は始まってるねんで
放映開始はまだ謎に包まれとるは

592 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 22:29:14.27 a
AJ2016で進撃アニメの開始についてなんかやらんのかな

593 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 22:31:13.16 0
>>591
はよ見たいで立体起動ビュンビュンで中央憲兵とやり合う嫁
そして酒おじ

594 :名無し草 (ササクッテロ Sp85-ZcPW):2016/03/25(金) 22:31:29.14 p
去年から走り出した刀剣のがアニメ化早かったりしてな
ほんま進撃なんなんやろ

595 :名無し草 (スプー Sd24-HJAy):2016/03/25(金) 22:32:58.20 d
バットマン対スーパーマンからただいま
バットマン終始アホの子やったけど噂ほど悪くへんねん
そういう風に見ようと思えば腐に見えなくはないんやけどわいの腐アンテナが反応せへんかったは

596 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/25(金) 22:38:08.83 0
わい嫁2期は1期より圧倒的に見せ場多いはずなんやけど
からいシーンが多いねん

597 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 22:38:22.17 a
今飲んどるハーブ酒が甘くないコーラの味するは

598 :名無し草 (ガラプー KKbb-L4pu):2016/03/25(金) 22:42:05.25 K
>>583
もったいないはーざんねんやな

599 :名無し草 (ワッチョイ 3322-HJAy):2016/03/25(金) 22:43:17.54 0
Mステ田口最後メンバーに向かって「泣いてる?w」って言ってた…?
なんかほんま…ひどいで…

600 :名無し草 (ワッチョイ 044c-ZcPW):2016/03/25(金) 22:47:02.72 0
進撃二期やっても刀に持ってかれるやろな
あーあ

601 :名無し草 (ワッチョイ 044c-ZcPW):2016/03/25(金) 22:47:40.76 0
>>599
何がひどいんか分からんは
言うやろそんくらい

602 :名無し草 (ワッチョイ 6422-tcWT):2016/03/25(金) 22:47:47.89 0
刀はストーリーどうするんやろ
如月轟沈コースもあるで

603 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/25(金) 22:49:31.75 0
眠いは
息子帰ってこないけど寝てもええかな

604 :名無し草 (ワッチョイ 044c-ZcPW):2016/03/25(金) 22:49:55.63 0
>>602
むしろ刀やし折れまくるの期待しとる人多いんやないユーフォーやし
最後にじじいだけ残るくらいであと全部折れるは
池田屋とかめっちゃ暗そう

605 :名無し草 (ワッチョイ 6422-tcWT):2016/03/25(金) 22:52:04.13 0
>>604
ゆふぉかいな
街あそびしたら腐女子が徳島に大集合やん

606 :名無し草 (ワッチョイ 8217-gW5C):2016/03/25(金) 23:03:33.84 0
刀は「松最終回迎えたらみんなこっち戻ってくるで!」て
言うとったからアニメ化まで待たんでも覇権返り咲く予定らしいは

607 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/25(金) 23:05:25.11 0
ギリギリでいつも生きていたいからーーッ!!!!

608 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/25(金) 23:06:40.14 0
>>606
今までの歴史が返り咲きなんかないて言うとるんにアホやな…

609 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/25(金) 23:07:49.85 0
>>595
わいホモテンション一気にダウン

610 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/25(金) 23:07:50.26 0
刀のスマホアプリ一応やってみようと思ったけど10分で消したは
わいにはやっぱ無理

611 :名無し草 (ワッチョイ 6422-tcWT):2016/03/25(金) 23:08:54.98 0
デュララの悲劇よ

612 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/25(金) 23:10:46.59 0
あれは遅すぎたんや…

613 :名無し草 (ワッチョイ 041e-tcWT):2016/03/25(金) 23:11:10.06 0
あれ?松から進撃に戻ってくるBBAは…?

614 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-gW5C):2016/03/25(金) 23:12:52.85 0
>>609
なんで?

615 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/25(金) 23:14:15.21 0
>>613
出る一方やで

616 :名無し草 (ワッチョイ 8217-gW5C):2016/03/25(金) 23:14:28.27 0
>>613
うーん戻って来んのちゃうか?
仮にお粗末が爆死級の最終回迎えて
一気にオワコンなっても前のジャンルに戻る人て
そないおらんやろ
まああそこのアニスタ腐れの転がしには定評あるし
そんなヘマせんと普通に二期も見据えてハピエンにするやろけど

617 :名無し草 (ワッチョイ f15f-tcWT):2016/03/25(金) 23:14:35.78 0
わいもアプリ続かんは
たまに商売69とワートリくらいやな
ババアらなんか続いとる?

618 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/25(金) 23:15:26.75 0
基本1度冷めると女は戻ってこんよな

619 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/25(金) 23:16:44.24 0
>>617
わいログレスは2年やっとるは
あとはねこあつめくらいやなあ基本放置ゲーやないとめんどくなるは…

620 :名無し草 (ワッチョイ f15f-tcWT):2016/03/25(金) 23:19:54.42 0
>>619
なんでやろな最初は楽しいんやけどな
わい上の2つ以外はねこあつめも刀もパズドラも続かんかった
据え置きゲーではそんなことないんに

621 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/25(金) 23:24:40.53 0
>>620
わいもパズドラとかツムツムとか続かんかった…
わい今バイオやったら犬飛び込んでくるとこでやめそうやは

622 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 23:29:06.70 0
湯あたり気味やアクエリビタミン飲んでまた歯磨きしてきたは
わい刀剣で大倶利伽羅の外見が割と好き思って性格ググってきたら普通にストライクやった草
わいちゃん見る目あるで(自画自賛)

623 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/25(金) 23:37:16.97 a
>>609
わいも今日観てきたで
ロイスがあかんかったんか?

624 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 23:40:20.32 0
喉川久保

625 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/25(金) 23:41:56.03 0
喉乾いたやは麦茶飲もう
麦茶ってミネラル豊富らしいから一年中作ってるねん

626 :名無し草 (スプー Sd24-tcWT):2016/03/25(金) 23:43:11.35 d
わい黒ウィズは続けとるけど魔導杯サボタージュや
進撃コラボまたせんかな

627 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/25(金) 23:54:02.52 0
刀は御朱印集めしとる人が楽しそうでええは

628 :名無し草 (ワッチョイ 6422-HJAy):2016/03/26(土) 00:05:43.81 0
オフトゥン冷え冷えや

629 : 【大吉】 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 00:20:51.39 0
わいは電気毛布でホカホカや

630 : 【中吉】 (アウアウ Sa9d-hO85):2016/03/26(土) 00:22:16.78 a
〔仝L仝〕腰アニ運
〔仝L仝〕今日は腹筋3000回や
http://imgur.com/ss2dGj5.png

631 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/26(土) 00:22:35.52 0
>>628
わいが先にあっためておくで///

632 : 【神】 (ワッチョイ 6a7d-ZcPW):2016/03/26(土) 00:22:45.90 0
わいのガチャ運

633 :名無し草 (ワッチョイ 8236-tcWT):2016/03/26(土) 00:24:07.89 0
>>632
神やん!早速引きいこ

634 : 【末吉】 (ワッチョイ f92b-ZcPW):2016/03/26(土) 00:25:29.78 0
>>632
さわさわ

635 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 00:25:48.88 a
>>632
神やん!わいに幸せを!さわさわさわ

636 :名無し草 (スプー Sd34-tcWT):2016/03/26(土) 00:25:51.58 d
>>625
麦茶すっきわいも一年中のんでるは
昔大嫌いやったけど最近の麦茶飲みやすい気がするねん

637 : 【大吉】 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 00:26:41.78 0
前ジャンルの漫画読み漁ってもうた
これは危険や

638 : 【豚】 (ワッチョイ f92b-ZcPW):2016/03/26(土) 00:26:49.03 0
魔道杯しんどい
ずっと仕事やけど総合取れますように

639 :名無し草 (ワッチョイ f9a7-foXx):2016/03/26(土) 00:26:52.30 0
バットマンスーパーマン観に行きたいけどロッテントマト31%やねんな

640 : 【大吉】 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/26(土) 00:28:40.08 0
>>632
神や!!!わいも神こいや!!!!!!

641 :名無し草 (ワッチョイ 8270-tcWT):2016/03/26(土) 00:29:14.93 0
「今でしょ!」
「この弟とはあなたの想像上の存在なのではないでしょうか?」
「なんで俺がそんなもん調理せなあかんねん!」

日本三大林先生

642 :641 (ワッチョイ 8270-tcWT):2016/03/26(土) 00:29:51.15 0
ごめん誤爆したからスルーして

643 : 【末吉】 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/26(土) 00:30:13.89 0
>>642
ほうほうそれで?

644 :名無し草 (ワッチョイ 04af-tcWT):2016/03/26(土) 00:30:53.43 0
>>632
神おさわりさせてーサワサワ

645 : 【大吉】 (アウアウ Sa9d-lwuG):2016/03/26(土) 00:37:12.07 a
彡゜^`・∋ゴ【魔導杯総合入手祈願】

646 :名無し草 (ワッチョイ 6422-HJAy):2016/03/26(土) 00:39:13.53 0
>>632
神やありがたやー

647 : 【凶】 (アウアウ Sa9d-lwuG):2016/03/26(土) 00:39:22.96 a
>>632
彡゜^`‐∋ゴ〈パンパン!!ナムナム……

648 :名無し草 (ワッチョイ 044c-ZcPW):2016/03/26(土) 00:39:41.16 0
>>632
神様さわさわ
わいの願いを叶えて下さいやで

649 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 00:41:08.24 a
>>639
DCに興味あってこれまで映画化されとるシリーズの基礎知識あるならまあまあ楽しめるで
あと監督のファンとか
それ以外の客層には正直微妙やろな

650 : 【末吉】 (ワッチョイ 041e-tcWT):2016/03/26(土) 00:41:38.68 0
>>632
んほー次のガチャで嫁引けますように

651 : 【吉】 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 00:41:59.96 0
わいのバットマンはクリスチャンベールやねん

652 : 【凶】 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/26(土) 00:42:32.07 0
わいの今日の運勢!!!!!!

653 : 【大吉】 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 00:42:38.58 0
ガチャ運神とか何が起きるんや

654 :名無し草 (ワッチョイ 56bc-tcWT):2016/03/26(土) 00:43:48.33 0
ゴッフェス大勝利や

655 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 00:45:02.77 a
>>651
ベールのバットマン良かったよな
クルーニーバットマン以外は各々ええと思う
アフレックバットマンも中々良かったで

656 : 【大吉】 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 00:49:14.91 0
ホモホモしないスーパーマンvsバットマンなんてわいはもう火星ダッシュ村見るで

657 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 00:54:08.06 a
>>656
未見やったら正直火星ダッシュ村すすめるは
わいはBvSそこそこ楽しめたけど期待外れな部分もあったでな

658 :名無し草 (ワッチョイ f9a7-foXx):2016/03/26(土) 00:55:17.83 0
>>649
バットマン3部作とマンオブ〜は観たけどどれも面白いけどなげーよハゲって印象あるねん
今回は体感時間どんな感じ?

659 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 01:02:37.78 a
>>658
今回も長いで
あと主要キャラが割と多いから話の中で視点がコロコロ変わって正直物語の筋は把握し難いと思う

予備知識はノーランバットマン(今回の話には直接関係ないけど)とマンオブ観とるんやったら大体大丈夫や

660 :名無し草 (ワッチョイ f9a7-foXx):2016/03/26(土) 01:08:39.43 0
>>659
はぇ〜やっぱ長いんか!
でも予習ok出してもろたし観に行くはトンやで
ワンダーウーマンさん気になるねん

661 :!omikuji (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 01:10:26.59 a
>>632
ふぁーすごい

662 :!omikuji (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 01:10:38.98 0
わいはスーパーマンとバットマンだけやと思ってたんに
誰やねんあの姉ちゃん

663 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 01:12:51.81 a
>>660
ワンダーウーマンは今作の中で手放しで誉められる部分やから期待してええで
楽しめるとええな

664 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 01:14:25.11 a
>>662
今度こっちも映画するんでよろしくって顔見せやねん今回は

665 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 01:20:47.61 0
>>664
なんや番宣かいな
でも評判良さそうやなわいの見たいテンションが上がってきたで

666 :名無し草 (ワッチョイ d1da-vHhq):2016/03/26(土) 01:29:33.42 0
>>575
遅レスやけど
ドコカの国にようこそ!大海 赫著やで
「メキメキえんぴつ」いうのおススメや

667 :名無し草 (ワッチョイ db2b-tcWT):2016/03/26(土) 01:53:50.76 0
>>641
今でしょの林先生がある雑学を知ってるか知らないかだけで
番組が成立するの凄いと思うは

668 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 02:09:08.63 d
おそ松さんの現行スレご報告ダヨーン❤

●一番勢いのあるおそ松さんスレ●
おそ松雑談790
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458920805/

空松の閲覧数を見守る362
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458922565/
おそ松さん愚痴189
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458715072/
松お絵描き2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1455804849/
自己責任のばら2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1450694337/
数字松野アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458363406/
数字松コンビ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1446802553/
BL松アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1449625545/
十四松アンチ21
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458719318/
トド松アンチ2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1449421897/
チョロ松アンチ2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458738834/
おそ松アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1454314191/
一松アンチ5
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458827343/
カラ松アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1453752117/
松雑談2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1454134918/
空321
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458034307/
あぁん…十四松さぁん…
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458051002/
さん愚痴
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458147002/
出っ歯のままにおしゃべりにミーは君だけを傷つけない
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458149451/
カレーを付けずナンだけ食べると美味しいのだとデカパンは言った
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458313731/
デカパンマン
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458325692/
亜人にいい声したおそ松がいるってマジ?
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458400926/
したらば
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/23393/1453646440/

669 :名無し草 (ワッチョイ 33bb-ZcPW):2016/03/26(土) 03:24:51.26 0
みんなわいやで!
腹痛いから横なってたらいつの間にか寝てたは!今日は無理せんともう寝るは!

と思うたら週末やのに人おらんかった
ババアらどこ行ったんや?

670 :名無し草 (ワッチョイ 409f-HJAy):2016/03/26(土) 03:26:33.91 0
>>669
BBAこそ誰や

671 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 04:20:27.19 d
 秋も終わり、深夜の風はすっかり冷たいが、空にまたたく星はいっそう澄んで夜道を照らしている。
 リヴァイは足取りも軽く帰途についていた。原因はわかっている。エレンだ。
 まだ付き合いたての恋人であるエレンとは、人生の転機となる衝撃的な出会いからこっち、半同棲が続いている。
 今日は会社にとって重要な接待があり、リヴァイも出席しなければならなかった。
 数日前にそれを聞いたエレンは友人と飲みの約束をし、今日は実家に帰ると言っていたのだが、先程スマホをチェックしたところリヴァイの家に帰っているというメールがきていたのだ。
 一昨日会ったばかりとはいえ、やはり浮かれる。『今日のオレは一味違います』という意味深な追記は期待していいということだろうか。どんな味がすることやら。
(寝てなきゃいいがな)
 とはいえ寝てたら寝てたで明日は休みだ。たっぷり堪能させてもらう。

672 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 04:20:42.53 d
 そんなことを考えながら自宅の扉を開けたリヴァイは、すぐに違和感に気がついた。
 エレンの靴があり、リビングの電気がついている。しかしいつもならばエレンがおかりなさいのハグをしに犬のように走ってくるのだが、それがない。
 消灯を忘れて寝たのだろうかとリビングに入り、リヴァイはそこでソファに突っ伏しているエレンを発見した。
「……エレン?」
 寝ている。しかもただ寝ているのではく、上半身は何故か裸でビニール紐がぐるぐると巻かれてあった。
 ズボンのベルトは外されテーブルに放られており、そのテーブルにはガムテープとはさみが置かれていた。
 どういうことだ。何がしたかったのか謎だが、とにかくこのままでは体が冷える。リヴァイはエレンの肩を揺さぶった。
「おいエレン起きろ。風邪引くぞ」
「ん……」
 むにゃむにゃと口を動かすもののエレンは起きない。仕方ない。ゆるく巻かれただけのビニー紐を外し、リヴァイはエレンを抱き上げた。
「んぅ〜」
 むずがるエレンが、目を閉じたままリヴァイの肩口に額をぐりぐりと押し付けてくる。いとけないエレンの様子に機嫌が浮上する。

673 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 04:21:08.22 d
 寝室へ入り、エレンをベッドへ座らせたリヴァイは布団をあけてエレンの体をそこに滑り込ませてやった。
 ズボンと下着も脱がせる。そこまでしてもエレンは目を開けない。どうも大分飲んできたようだ。
(今日のお楽しみはなしか)
 少々残念に思いながら、エレンにそっとくちづける。
 そうしてからリヴァイは音をたてないようベッドを離れた。
 コートを脱いで所定の位置へかけ、リビングで部屋着に着替える。
 シャワーを浴びるつもりだったが、その前に冷蔵庫からミネラルウォーターを取り出しエレンの眠るベッドへ戻った。
 それほど飲んできたのなら水を飲ませておいたほうがいいだろうと思ってのことだ。あたたまった部屋ではエレンが裸の肩を出して眠っている。
「……」
 足の裏から頭のてっぺんまで貫いた充足感に、リヴァイは無言でエレンの寝顔を撮ることに決めた。
 そうでもしないことにはこの気持ちが収まらない。くすぐったいくらい、深くやわらかい感情。
 まさか自分が恋人の写メなど撮るようになるとは。感慨深くなりながら何枚か角度を変えて撮っていると、音に気づいたのかエレンがもそもそ体を動かし、ゆるり瞼を開けた。
「ただいま」
 髪を梳きながらそっとくちづける。酒と眠気でとろんとしている金を見つめ、今度はもう少しだけ深くキスすればエレンの唇が受け入れるように開いてゆく。

674 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 04:21:12.38 d
 吸い込まれるように、飽きず何度も音をたててくちづけていれば、エレンの反応も段々しっかりしてくる。
 このままやっちまうか。しかしシャワー浴びてえなと迷っていると、唇を離したエレンがふにゃりと笑った。
「リヴァイさんだあ」
 とろけた無防備な笑顔にリヴァイの心臓がどくりと音をたてた。だから反応が遅れた。
「しばってえ」
「あ?」
「しばるー」
 くすくす笑っている。言葉も舌ったらずで思った以上に酔っているようだ。
 エレンは強い筈なのでかなり飲んだのだろう。だとしても聞き捨てならん。
「しばるって、縛る、か? Tie me up please?」
「はい! ぷりーず!」
 子供のようにうんっと頷いたエレンが首に抱きついてくる。
 シャワーを諦めたリヴァイはそのままエレンの横に滑り込んだ。ちゅっちゅっとリヴァイの頬にキスしてくるエレンが楽しげに説明しだす。
「SMです。リヴァイさんの好きな」
 ちょっと待て。
「道具勉強したし、きっこー縛り、します! あ、でも」
 出来なかった……と途端に顔が曇り、酔ってるせいだろう目までうるうるし始めた。
「オレ、まだまだ、ぎゃふんじゃないれすね……」
「アホか」
 いやホントにアホか。
 前髪をのけて額にキスしてやりながら、リヴァイは考えを巡らせた。

675 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 04:21:41.37 d
 何をどうなってSM好きと判断されたのか知らないが、してみると先のビニール紐は亀甲縛りの練習でもしていたようだ。十二メートルはいるだろ。あれ。
 いややったことはないが。もう少し尋ねてみると、ガムテープは口を塞いだり手錠の代わりに用意したのだという。
 そんなもんかぶれるに決まってる。酔っ払いに言っても仕方ないが。
「そもそもなんでSMだ」
「ちがう……」
「なにが」
「たいつ売ってなかったんれす」
「タイツ?」
「全身タイツ……」
 そのままうにゃうにゃと不明瞭なことを言いながらエレンが胸板に頬ずりしてくる。
 あやしてやりながら、リヴァイはもう片方の手でスマホを操作した。
 自分が恋人の寝顔を撮るようになるというのも予想外だったが、全身タイツの意味を調べるはめになるのはもっと予想外だった。果たして検索結果が出る。
 曰く、全身タイツとはその名の通り頭から足先までの全身をタイツで覆ったもので、日本では新しいジャンルのプレイとしてポルノ界の片隅を風靡しており、ZENTAIという名称で海外でも認知度が高まっているとのこと。平和か。

676 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 04:21:47.77 d
 そもそもエレンはそれを買ってきて何をどうしたかったのか。
 今日のオレは一味違いますって、一味どころじゃねえだろ、これ。
 あの馬面とどんな飲み会してきやがった。いや。誰に断ってエロ話してきた。
「エレン、起きろ」
 きつく呼んで強めに肩を揺さぶる。眠りの粉をかけられて再度深いところへ行こうとしていたエレンが重たげに瞼を開く。
「んん……?」
「なんだ全身タイツって」
「ドイツ人に……」
「ドイツ?」
「ドイツ人に勝つにはそれしかないから……」
「ハァ!?」
「リヴァイさん、よろこぶ」
 よろこばねえよ。どんな目で見てんだ。半眼になるものの骨子が掴めてきたリヴァイは、うにうに言うエレンから辛抱強く事と次第を尋問した。
 がしかし、自分にテクニックがないから、リヴァイはSEXで満足出来ていないのでは→実はもの凄い趣味を隠しているのでは→リヴァイは四分の一ドイツ人→ドイツ人といえばSM→マニアの友人宅でAVを見せてもらおう。
 という経緯を聞き出したリヴァイは、呆れてものも言えなかった。
 しかもその友人に見せてもらったものが凄かったらしく、これに対抗するには全身タイツしかない! と覚悟を決めたそうだ。
 覚悟の決めどころの大いなる逸脱よ。感動もんである。
 語るうちにエレンがぼろぼろ泣き出す。

677 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 04:22:12.80 d
「だって、だってドイツのやつらひどいんです。あれは飲み物じゃねえしそれは食べ物じゃねえ。そこは手袋じゃねえし、ましてブーツでもねえ。ヘルメットでもねえんだよ!! なに考えてんだあのジャーマン!!」
「お前のダチがなに考えてんだ」
「E・Tパロでポルノ撮るなよ! どこだよ抜きどころ! あいつら全員くちくしてやるー!!」

 わっと泣き伏すエレンの背をリヴァイは仕方なく撫でた。ちょっとPTSDになってんじゃねえかよ。
 リヴァイを喜ばせたいと悩み、友人に相談し、準備して帰りを待ち、裸でポルノの話をしているというのに色気というのがどこにもない。
 斬新な……と抱きしめていると、落ち着いたエレンが今度は静かにしゃくりあげる。
「……イギリスもひどいんです……」
 国境越えた。
「変態ニュースで世界のトップをひた走るんです。ジェントリやべぇ」
「長いか、その話」
「自動車とかフェンスとかテーブルとか冷凍チキンとか、どうやってヤルんだよ!? 愛好サークル作ってんじゃねえよ! ……くちくしてやる……一匹残らず……!!」
 全然落ち着いてなかった。
 涙を流す凶暴な金に、しかしリヴァイの心臓が不覚に高鳴る。初めて見た時のエレンを思い出したのだ。
 月光の下、刃物を持った男と対峙するエレンを見た、あの衝撃。何者の指図も受けぬ焔をまとう獣のような。血まみれの化物のような。気づけばリヴァイは口を開いていた。
「……手伝ってやろうか」
「う?」
「皆殺し」
「あいっ!」
「いい返事だ」
 ご褒美に頬にキスすれば、くすぐったがったエレンが笑みをこぼして抱きついてくる。

678 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 04:22:17.68 d
 なめらかな肌を手のひらで堪能しながら、リヴァイは笑みを噛み殺した。
 残念な酔っ払いだ。大変残念な酔っ払いではあるが――――実に悪くない。。
「ほら、いい子だからもう寝ろ」
「んん……でも……アメリカの奴らだって……」
「大西洋を越えられる程夜は長くねえ。おら」
 エレンを抱き直し、幼児を寝かしつけるように布団の上からぽんぽんしてやる。
 元々眠たかったエレンは抵抗せず瞼を閉じた。リヴァイの腕の中でごそごそと寝心地のいいように体を動かし、隙間なくひっついてひとつ大きく満足気な息を吐く。
 しばらくそうしていると、やがて規則正しい寝息が聞こえてきた。
破壊神のような話をした当の本人の癖に、その寝顔はあまりに無垢で幼く、リヴァイはSDカードを交換せねばならなかった。

679 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 04:22:47.45 d
 トーストの焼ける匂いで目が覚めた。
 あたたかな太陽の気配がする。重い瞼を開けたエレンは、ぼんやりとあたりを見回してここがリヴァイのマンションであることに気がついた。
(あれ……昨夜どうしたっけ)
 猛烈に喉が渇いている。リヴァイのほうが早く起きるとは珍しい。
 朝が超絶に弱い彼を起こすのが普段のエレンの役目なのに。と、そこへリヴァイが姿を現した。
「起きたか」
 瞬間、エレンは昨夜のことをあますところなく思い出した。
「ぎゃー!!」
「人の顔見て悲鳴あげるたあ随分な恋人だな」
「あ、あわわ、あわわわわ」
 慌てて起き上がり、エレンは自分が何も着ていないことに気がついた。
 飛び上がってシーツにくるまる。リヴァイはドアにもたれたまま面白そうにそんなエレンを見つめた。
「変な格好してたから脱がせただけだ。何か飲むか」
「えっ!?」
「酒以外」
「うあー! 昨日はすいませんっ!!」
「構わん。で、何飲む」
「う、あ、え」
 しどろもどろになりながら、なんか甘いのと呟くとリヴァイが踵を返す。

680 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 04:22:51.78 d
 エレンはわたわたと昨夜の記憶を掘り起こした。途切れ途切れだが、多分ほとんど覚えている。
 オレ、すっげえリヴァイさんに絡んでなかったか!?
「エレン」
 呼ばれ、振り向くと戻ってきたリヴァイがペットボトルを渡してきた。苺ミルクだ。
 珍しいもの買ってるなと思いつつありがとうございますと蓋を開けてあおる。
 落ち着きたいのと喉が渇いているのと、リヴァイの視線から逃れたいのもあって心持ち視線を外しながらごくごく喉を鳴らしていると、リヴァイがベッドに座った。
 心持ち楽しそうである。
「それで、どこからにする」
「?」
「滅ぼすんだろ。ドイツとイギリス」
 なにそのハルマゲドン。
 しかも昨夜のエレンの理屈だと日本が真っ先に滅ぼされておかないことには。
 ペットボトルから恐る恐る口を外し、エレンは情けなく眉を八の字にした。
「わ、忘れてくださいぃ……」
「仕方ねえな」
 やわらく目を細め、リヴァイは腕を伸ばしエレンの髪を撫でた。
 何だか物凄く上機嫌だ。優しい。
 髪を撫でた手のひらが、どぎまぎしているエレンの頬に触れる。
 ベッドに乗り上げたリヴァイは、ペットボトルを取り上げてサイドテーブルに置き、エレンにそっとくちづけた。
 ぶわっと頬が熱くなる。

681 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 04:23:17.24 d
 くちびるを離したリヴァイはいたずらっぽく首を傾げた。
「……この程度で赤くなるくせにな」
「それはっ!」
 反論しようと声をあげたところで視界がまわり、気づくとリヴァイがエレンを押し倒していた。
 布団もシーツも引っペがされて裸の体にかぶさられる。
 朝の明るい光のなか、一人だけ裸で伸し掛られるという恥ずかしさにエレンはぎゅっと目を閉じた。
「リヴァイさんっ!」
「俺とのSEXに不満があるか」
 エレンはぱちりとまたたいた。意味を理解するなり、頭の奥で怒りの火花が弾ける。
「っなわけないでしょう!?」
「なら」
 両頬をぐっと掴まれる。
「一人で焦ってんじゃねえ。俺もお前も満足してる。それでいいだろうが」
「焦るに決まってんじゃないですか!」
 がばりと身を起こす。鼻と鼻が触れ合う距離でエレンはキッとリヴァイを睨んだ。ここだけは外せない。
「確かにSMだのなんだのはいきすぎでしたけど、でも、リヴァイさんはオレに何してもいいっていうのは本気なんです。遠慮なんてかけらもさせたくない。オレは経験不足でテクもないし、男だし、だけど、でも――オレだって男です」
 アイスブルーを見据える。
「リヴァイさんを気持ちよくしてあげたい」
 死ぬほど。
 エレンの、それが今出来うる精一杯で最大の愛の渡し方なのだ。

682 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 04:23:22.41 d
 このひとが運命だと思った。
 しかし一目惚れは理屈の欠如であり、運命に保証書はなく、愛が変化するものならば、この恋はふと覚める夢のようなものであることを考えなければならなかった。
 ならばエレンがどれほど焦がれようと、リヴァイが我に返ったように『これは勘違いだった』と言い出す日が来るかもしれない。
 その時、エレンの体はそれを繋ぎ止めるくさびになる必要があった。
 たといそこまで最悪なことにならなくとも、リヴァイが完全にエレンに満足することで、そうする可能性を限りなく減らすことが出来る。
 なにもかも初めてのこの恋は、なにもかもが幸福で、だからこそとても恐ろしい。
 なんでもするというエレンの覚悟を探るように見つめたリヴァイは、ひとつ息を吐くとエレンの腕を引いて起き上がった。
 ベッドの上にぺたり座るエレンにシーツを巻いて、真正面にあぐらをかき顔の下半分を手のひらで抑える。
 その表情にマイナス要素がないか注意深く見つめ、エレンはふと気づいた。あれっ。
 よろこんでる?
「……遠慮、と言ったがな、エレン。俺はなにひとつ遠慮してない」
「嘘ですよね」
 エレンは即答した。
「リヴァイさんのSEXは優しすぎるんです。不自然なくらいオレを気遣ってくれる」
「そういうプレイだからな」

 エレンはまばたきした。窓の隙間から風がさしこみ、カーテンが揺れる。

683 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 04:23:49.38 d
「え?」
「そういうプレイだからだ」
 顎を撫でてリヴァイが続ける。
「負担をかけないようにだとか、そういうのも勿論あるが、優しいフリしたほうがお前の羞恥心を煽れるし、トロ顔だのイキ顔だのもじっくり見られる。
些細な表情の変化も見逃すつもりはねえし、お前、エレン、優しい言葉かけりゃあかなり恥ずかしいポーズだって言うこと聞くだろ。オレに得だ」
 何故か偉そうに胸を張るリヴァイをエレンは呆然と見つめた。開いた口が塞がらない。なんか、もしかしてもしかしなくとも。
(……お、オレ……もしかして、凄い勘違いをしてたんじゃ……)
「それを知っちまったお前は、今後更なる羞恥と屈辱に耐えるハメになるわけだ」
 いい墓穴を掘ってくれた。満足そうにトドメを刺すリヴァイに、エレンはゆっくりと崩れ落ちた。
「あああああ……」
「なんでもするっていう言質もとったしな」
「あああああ!!」
 とうとう絶叫するエレンである。
 さんざん悩んだオレとか! 昨夜の覚悟とか! 亀甲縛りだとか全身タイツだとか、死ねオレ!!
 リヴァイはサイドテーブルから苺ミルクを取ると、一口飲んで顔をしかめた。
「甘え」
「ああああああああ」
「遠慮とか言ったがな。エレン、お前こそ俺にすべて差し出してはねえだろ」
「あ!?」
 涙目で顔を上げるエレンにリヴァイはペットボトルを軽く振ってみせた。
「お前、苺ミルク好きだろ」
「えっ」
 なぜそれを。言ったことはないのにと目をまるくすれば、リヴァイが得意げに目を細める。

684 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 04:23:54.29 d
「苺ミルクが好きだが、興味無いフリをする。紅茶は砂糖を入れたい。コーヒーはカフェオレぐれえにしねえと飲めない。本当は淋しい癖に、なんでもないフリして実家に帰る。オレの前で大人ぶりたいんだ。違うか」
「あ……あぅぅ……」
 口をぱくぱく開閉させる。違わない。大人なリヴァイの前で、ガキっぽいと思われたくなかったから少しだけ見栄を張っていた。
 けれどまさか気づかれていたなんて。
「いいじゃねえか」
 羞恥に丸まろうとするのを持ち上げられ、膝の上に乗せられる。
 赤くなった顔を下から覗き込まれて、エレンは視線を彷徨わせた。
「遠慮したり、見栄張ったりすんのはカッコつけたいからだ。惚れた相手には特にな。俺だって同じだ」
「……リヴァイさんも?」
 意外だと目を見張れば当たり前だと呆れたように返答される。
「お前は俺との違いを気に病んでるようだが、社会的地位だの、金だの力だのはな、誘蛾灯にはなってもお前が俺に惚れる要素にはなってくれん。
そもそもそんなもん、望めばこれからいくらでも手に入れられる筈だ。お前は根性がある」
 やさしく頭を叩かれ、エレンは突如膨れ上がった喜びと誇らしさに声もなかった

(そんな風に思っててくれたんだ……)

 胸がいっぱいになる。その胸に、すとんと落ちてくるものがあった。

685 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 04:24:24.29 d
 自分が本当に欲しかったものは、きっとこれだったのだ。追いつきたい。
 認めて欲しい。果てしないような広い差を、なんでもいいからどうにか埋めたかったのだ。
 エレンはそっとリヴァイの首に腕をまわした。
「リヴァイさん」
「ん?」
「……リヴァイさん、テディベア好きでしょ」
 リヴァイが固まった。静止した青のなかにある驚愕の色を見下ろし、エレンはにんまりと笑った。
「テディベアとか、子猫とか、可愛いぬいぐるみ大好きですよね。隠してるけど、知ってるんですよ。オレ」
 リヴァイがエレンに張っている見栄があるのなら、絶対にこれが入っている筈だと確信して笑う。
 TVでテディベアが特集されていれば、PCや仕事の手は止まっているのに頑として見ようともしない。
 だのに意識だけはそちらに一点集中している。映像が終われば動き出す。リヴァイは本当は、とてもわかりやすいひとだ。
 反応のないリヴァイの頬に手をあて、鼻の頭にちゅっとキスを落とす。
「リヴァイさん可愛いっ!」
「ってめえ!」
「あはははは!」
 がばっと襲いかかるのを、ベッドの上で転がりながら逃げる。
 すぐに捕まって抱きしめられて、くすぐられて、げらげら笑いながら暴れるともっと拘束がきつくなって、苦しくて、リヴァイが重くて、くすぐったくって、笑いが止まらない。
 リヴァイががぶがぶと犬みたいにキスしてくるのだって楽しい。リヴァイにぎゅうと思い切り抱きつけばくすぐりは止んで、乱暴なキスがほんのちょっと甘くなる。
 そうしてキスを交わしていれば、やがてくすぐっていた手のひらがねっとりとエレンの背筋をなぞった。
「ん……」
 腰の奥をじんわり揺らす感覚にエレンはそっと目を開けた。

686 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 04:24:30.39 d
「リヴァイさん。あの、もうひとつだけ」
「まだ納得してねえのか」
「んんっ、いえ……納得はしました、ケド、やっぱもうちょっとテクニシャンにはなりたいです」
 手を止めたリヴァイがエレンを覗き込む。そういや昨夜もそんなこと言ってたなという呟きに頷く。
「だってリヴァイさん、オレのフェラじゃイかないじゃないですか」
 くちびるを尖らせてみせると、リヴァイはああ成程とエレンを抱き直した。
「射精だけが快楽じゃねえだろうが。オナニー覚えたての猿じゃあるめえし」
「お、大人の発言だ……」
 性を覚えたての猿ことエレンはおののくのみである。しゃぶられるとすぐイってしまうのをどう思われているのか、怖くて聞けない。
 リヴァイは楽しげに続けた。
「お前、食いちぎるつもりかってぐらいに必死にかぶりついてくるだろう。あの形相は悪くねえ」
「形相て」
「テクニックがどうのこうの言ってたが、そういう表情を視姦させてもらってるし、お前が裸でいるだけでさっきから犯したくて仕方ねえんだ。今はそれで充分だろうが」
 あけすけな言いようにエレンは顔を赤くした。
(……なんか、リヴァイさん、ほんとにオレのこと好きなんだな)
 空回りしたし全然噛み合ってなかったけれど、リヴァイの思っていることが聞けてよかった。

687 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 04:24:56.11 d
 口も悪くてぶっきらぼうだけど、エレンの不安は台風の後のように一掃されていた。
 いつか近い未来、エレンはまた不安になったり、勘違いしたり、暴走したりしてしまうんだろう。
 リヴァイのことを好きでいる限り、幸せでいる限り、失うことを恐れずにはいられない。ただ……
「リヴァイさん」
「ん?」
 微笑んだエレンは、とびきりの内緒ごとを話すように囁いた。

「これから、何百回も、何万回も、オレとSEXしてくださいね」

 リヴァイが瞠目する。エレンは喉の奥で笑った。
 リヴァイがエレンとの未来を考えてくれているのならば、自分が迷ってちゃ駄目だ。もしかしたらの不安なんてリヴァイが軽く蹴飛ばしてくれる。なら、自分はひたすら一生懸命にリヴァイを愛せばそれでいい。
(それに何万回も抱かれたら、テクニックぐらいつくだろ!)
 完璧だ。多分! 
 覚悟ととに拳を握り締め、リヴァイを見つめ――今度はエレンが瞠目する番だった。

688 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 04:24:59.76 d
 リヴァイの目の色が変わっていた。獲物を捕食する黒豹のような、狼のような、絶対王者のようにゆるり己の唇を舐めるリヴァイにエレンの本能がエマージェンシーを放つ。
 硬直するエレンに、リヴァイはそっととのしかかった。恐怖のような快楽のような痺れがエレンの背筋を這う。
「忠告はした筈だ」
「ひっ!?」
「言っただろう。優しさはただのギミックだと。昨夜から散々煽ってくれやがって」
 頬、首筋、胸板。撫でられるところから震えが走る。
「仕方ねえよな。お前がここまで暴走するってことは、次のステージに移行するべき時期を俺が逃したからだ。違うか?」
「えっ……」
 なんだ次のステージって。全身タイツとか言い出した癖にわけもわからず思考停止していると、素早く抱え上げられ反射的に首に腕をまわす。
 リヴァイはベッドから降りて歩き出した。
「え、ど、どこに……」
「風呂。隅々まで洗ってやる。抵抗したら縛る」
 どんな洗い方されんだ!? あわあわとエレンはうろたえた。
 どうしようなんか虎の尾を踏んだ。いや、もしかしたら最初から踏んでいて、リヴァイの忍耐が切れただけだったのか。

689 :名無し草 (ワッチョイ 409f-HJAy):2016/03/26(土) 04:25:31.85 0
ぎゃー
怖いぃぃぃ

690 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 04:25:51.88 d
 未知への恐怖に本能が逃げたがるが、そもそもこれは最初からエレンが望んでいたことではなかったかと思うと体が動かない。
 まだ朝なのに、これから何をされてしまうのか。
 何を教えられてしまうのか。
 怯えたままリヴァイにしがみつくままなエレンは、しかし脱衣所で鏡に映る自分の顔を見て唖然と口を開けた。

 さぞや青ざめているのだろうと思った自分の顔が、はしたないくらい真っ赤だったのだ。

「降ろすぞ」
 声とともに抱っこから降ろされる。ふんわりしたマットの上に降り立ったエレンは、浴室のドアを開けるリヴァイのシャツを掴んだ。振り向いたリヴァイが鋭く反応する。
「なんだ。反論は却下する」
「はい」
 紅潮の冷めぬまま、エレンはリヴァイをしっかりと見据えた。なんにもわからなくたって、なにをされたって、覚悟はありますと伝わるように。
 あなたが好きだって、伝えるように。
「望むところです」
 そうしてエレンは、噛み付くようにくちづけた。


 

 その後の二人を語る必要はあるまい。出会いの瞬間からフルスロットルで爆走しているバカップルにとって、エレンの一夜の暴走などその磐石になんの影響も及ぼさない。
 ただ、リヴァイの部屋にエレンの実家の家具が運ばれ、冷蔵庫には苺ミルクが常備され、棚にはテディベアのぬいぐるみが置かれるようになった、ただそれだけのことである。





 ちなみにこれはエレンの余談だが、後日我に返ったジャンにその後の経緯を尋ねられたので、「オレの存在自体がテクニシャンだから大丈夫だった」と答えたら「意味がわからない」とキレられた。





END

691 :名無し草 (スプー Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 04:57:43.23 d
>>630
もうすぐ四月なんに気温低すぎひん
毎年こんなもんやっけ

692 :名無し草 (ササクッテロ Sp85-ZiM/):2016/03/26(土) 05:58:59.31 p
>>630
Σ(;´・J・`)ゴリちゃんおはよう…おみくじありがとう…そして腹筋3000回は流石に頑張りすぎなんじゃないかな…⁉︎

693 :名無し草 (ワッチョイ 18da-vHhq):2016/03/26(土) 06:02:48.61 0
>>691
毎年寒くなったり熱かったり触れ幅大きいで
週末はいつも人稲やな
ここに限らず2全部その傾向や

694 :名無し草 (スプッ Sd24-tcWT):2016/03/26(土) 06:51:03.00 d
おそ松さんの現行スレご報告ダヨーン❤

●一番勢いのあるおそ松さんスレ●
おそ松雑談790
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458920805/

空松の閲覧数を見守る362
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458922565/
おそ松さん愚痴189
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458715072/
松お絵描き2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1455804849/
自己責任のばら2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1450694337/
数字松野アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458363406/
数字松コンビ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1446802553/
BL松アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1449625545/
十四松アンチ21
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458719318/
トド松アンチ2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1449421897/
チョロ松アンチ2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458738834/
おそ松アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1454314191/
一松アンチ5
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458827343/
カラ松アンチ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1453752117/
松雑談2
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1454134918/
空321
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458034307/
あぁん…十四松さぁん…
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458051002/
さん愚痴
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458147002/
出っ歯のままにおしゃべりにミーは君だけを傷つけない
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458149451/
カレーを付けずナンだけ食べると美味しいのだとデカパンは言った
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458313731/
デカパンマン
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458325692/
亜人にいい声したおそ松がいるってマジ?
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458400926/
したらば
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/23393/1453646440/

695 :名無し草 (ワッチョイ 6422-HJAy):2016/03/26(土) 08:28:29.36 0
みんなエルド人の民になってもたんや

696 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-gW5C):2016/03/26(土) 08:39:30.66 0
わいも夜中のバットマンの話に参加したかったは
予告と宣伝ではあんまにホモホモしかったんに本編では大したことあらへんから
予告で全然ホモホモしくないわいの本命もしかして本編ではしゅごいホモな可能性も微レ存?

697 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 08:51:26.86 0
>>632
神様おはようございます!寝違えて首が痛いので治りますように
>>636
超亀ごめんあれから寝てた
麦茶香ばしくて大好きなんよ冬も麦茶は冷やして飲むで緑茶はhotやけど
>>666
それや!あれラストどう思った?わい当時は拍子抜けしたねんけど
メキメキえんぴつググったらレビューいうか解説すごいな…読みたくなったで
この大海なんとかさんの作品なら期待できるは

698 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 09:09:46.53 0
デズニ楽しいけど行くメンバーで萎えるよな
わいは不参加するって勇気だして言うべきやけど何でや!?何でなん?攻撃されるのがめんどくさくて今に至るで…
うまくやんわり言うのが苦手や

699 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 09:26:16.66 0
デズニなんてババ様なわいには縁がないで
あそこは恐ろしいとこや

700 :名無し草 (ワッチョイ 6422-HJAy):2016/03/26(土) 09:27:52.93 0
最初デニーズやと思ったはダハハ

701 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 09:33:47.02 0
>>699
わい婆やで
諸々の事情でわいもいかなあかん流れが苦しすぎる草
しかもホテルやなくて人様んちに泊まりとかあかんは
ちょっと相談してみるは

702 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-HJAy):2016/03/26(土) 09:36:47.36 0
おはやでー

>>632
神様やー運もらっとこ!
わいとこにはよティナたそ来ますように
バッツはもう3体来たんでいりませんで!!

703 :名無し草 (ワッチョイ 6422-HJAy):2016/03/26(土) 09:39:04.71 0
神のガチャがどうなったのか気になるで

704 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 09:42:49.27 0
BBAチャイ淹れたで
手作りヨーグルトもあるで

705 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-HJAy):2016/03/26(土) 09:50:05.82 0
>>699
デズニは夢の国やから年齢関係ないねん
BBAキャッキャしても誰も文句言うてこん
吹っ切れたら楽しいで

706 :名無し草 (ワッチョイ 1eda-EdJM):2016/03/26(土) 09:53:36.25 0
昨日の一撃本はついに2位にまで上り詰めたで草
17位の刀本ぼったくリリやな
斜陽なりかけジャンルやのにまだこんな価格つける奴おるんやな
20位の黒子本はお買い得価格やは

お粗末45 刀27 決壊6 進撃5(リジ4、リハ1) 排球5 黒子4
ちな全年齢・18禁別200冊中に進撃本は10冊ランキンで、リジ7、リハ2、ルリ1やで

3/25付  特に表記ないものはB5、価格は税抜き表示やで
 ※順位かぶりを無視した絶対順位では下から10番目の順位は59位、20番目は36位や

1 お粗末 18禁 32p 600円 予約1日目 完売
2 一撃 全年齢 A5 86p 1,194円 予約2日目 完売
3 黒子 全年齢 24p 403円 予約2日目
4 お粗末 全年齢 62p 1,045円 予約2日目
5 お粗末 18禁 16p 448円 予約2日目
6 刀 全年齢 42p 550円
7 お粗末 全年齢 28p 597円 予約1日目
8 刀 全年齢 32p 746円 予約1日目
9 お粗末 18禁 48p 896円 予約2日目
10 刀 全年齢 A5 56p 692円 予約3日目
11 お粗末 18禁 32p 690円 予約1日目
11 お粗末 18禁 24p 625円 予約1日目 完売
13 刀 18禁 32p 750円 予約1日目
14 リジ 18禁 16p 448円 予約1日目
15 刀 全年齢 文庫 114p 900円 予約1日目 完売
16 刀 18禁 A5 26p 448円 予約1日目
17 刀 18禁 26p 896円 予約1日目
18 お粗末 18禁 20p 448円 予約1日目 完売
18 決壊 全年齢 36p 722円 予約1日目
20 黒子 全年齢 28p 448円 予約1日目

その他の進撃カプの最高位
39 リハ 全年齢

同人グッズの進撃グッズは42位のルリストラップだけランキンや
ちな42位が59点、23位が19点順位かぶりやで

男に売れとる女向け本の上位に進撃本ランキンなしや

男向け本と合わせての総合ランキングのワンツーは女向け本やけど
昨日8位やった男向け本が3位に躍進や
女向け本は全部で93冊と増えとるで


女王のデイリーは進撃本ランキンなしや

707 :名無し草 (ワッチョイ 18da-vHhq):2016/03/26(土) 10:03:24.20 0
おはー

708 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 10:05:15.81 0
BBAわいケインしたい
安井金比羅もう一回行った方がええんか

709 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 10:17:09.31 0
ちょっとドッジボールしてくる涙
こんな時に何で奴はおらんのや
わいは首が痛いんに…

710 :名無し草 (ワッチョイ 8236-tcWT):2016/03/26(土) 10:45:19.73 0
今日こそ部屋の掃除するねん

711 : 【年収 7819 万】 (スプー Sd34-tcWT):2016/03/26(土) 10:53:30.31 d
わいもケインしたい
ケイン妄想はかどるは
スパダリ様と二人の子供とデカい犬と白いお家や

712 :名無し草 (アウアウ Sa9d-ZcPW):2016/03/26(土) 11:00:55.22 a
貴様……!!

713 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/26(土) 11:05:43.86 0
休日の朝からBLCDを聞いてるわい

714 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 11:09:40.37 0
たらいまんドッジくそ楽しかった!
3人でドッジ言えるかは疑問やけどな
体動かすのはええもんやで
今日はランチパックみたいなパン
ゆでたまとハムとツナやBBAらもやってみて結構楽しいねん

715 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 11:11:42.63 0
>>713
聞く勇気ないから質問や
それってエロがある場合…男が喘ぐんよな?男が喘ぐって想像つかんのやけど女がやってるやつをまんま言うてる感じ?

716 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/26(土) 11:14:54.32 0
>>715
喘ぐでーまあ慣れやな
わいは喋ってる声は好きやけど喘ぎ無理な声優が割と多くて
そういう場合はそこだけ飛ばしてるで
作者によって女みたいな喘ぎのやつもあるからその作者のは聞かない

717 :名無し草 (アウアウ Sa9d-ZcPW):2016/03/26(土) 11:17:07.12 a
ホモAVやとおォン♡あぉォン♡ぬンッ♡って感じやな

718 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 11:19:35.38 0
>>716
ひゃー!こわくてますます聞けんで草

719 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 11:20:51.98 0
>>717
うるせえ!ってなりそうや大草原

720 :名無し草 (ワッチョイ 6422-HJAy):2016/03/26(土) 11:21:06.56 0
耳がカユカユなりそうやは

721 :名無し草 (スプー Sd24-HJAy):2016/03/26(土) 11:21:45.41 d
薄い本はOK
ホモAVもOK
BLAVはイケるのもある
声優のBLCDは恥ずかしくて聞くのもあかん
っちゅう謎の基準あるは

722 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 11:22:47.69 0
ぬンッってのはどういうシチュやろ
何でぬンッやねん

723 :名無し草 (ブーイモ MM24-ZcPW):2016/03/26(土) 11:26:09.93 M
>>721
わいは薄い本までや
動くもんはあかん

724 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/26(土) 11:29:48.76 0
わいは逆に薄い本のほうがごく最近まで読めなかったは
視覚的なものがダメなんやろうな
今でもホモAVは無理や

725 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 11:32:36.94 a
■受け声■ 
耐え系…櫻井、関智、鳥海、中井、三木、森川 
吐息系…上田、置鮎、鈴村、谷山、 
絶叫系…岩永、千葉、保志、松本 
超音波系…福山 
激痛系…関俊 
ショタ系…宮田、山口、下野、阪口、下和田 
AV系…石田、鈴木千尋、緑川、イトケン、松野、鳥海? 
変態系…成田剣 
未熟系…岸尾、菅沼、森久保、水島、杉田? 
リアル系…石川 
オカマ喘ぎ系…ノジケン、飛田、平川? 

■攻め声■ 
喘ぐより喋る系…森川、置鮎、中井?、杉田? 
絞り吐息系…小西、中田? 
フンフン系…増谷、梁田? 
せっぱ詰まってる系…花田 
黙るか段取り系…子安 
受より喘ぐ系…石川、櫻井、鳥海、井上、鈴置、伊藤、小杉、遊佐、萩原、黒田?、三宅? 
変態系…成田(リザーブシート) 、檜山(張出横綱

726 :名無し草 (ブーイモ MM24-ZcPW):2016/03/26(土) 11:33:06.10 M
にゃーあつめくじやっとる
そしていつもの下位賞やダハハハ

727 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/26(土) 11:36:02.41 0
>>725
これ上手くまとめてあるな草
わいは受けも攻めも鳥海好きやな
千葉はほんっまに絶叫で全く萌えん
発作かよみたいな感じや

728 :名無し草 (ワッチョイ 18da-vHhq):2016/03/26(土) 11:36:17.98 0
BLCDは恥ずかしくなってまうから聞かれへんは
普通のドラマCDもなんや恥ずかしい
絵がないからかアフレコ風景がめっちゃ頭に浮かんでまうねん

729 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 11:37:19.41 a
コピペ貼ったけど
BLCD聞いたことないねん
たぶん草生えて聞かれへんは

730 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 11:37:27.18 a
>>728
わかるは
目に浮かぶのはアフレコ風景よな

731 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 11:38:57.37 0
>>725
声優が全くわからんけど気になったいうかわい的に絶許(声優さんに対してやないで!)なのが「受けより喘ぐ系」や草
あとようシャベルやつも頂けない
絞り吐息系と段取り系とは?絞り吐息って出す時に漏れる系か?
ちょっと説明よろやで
わいランチパック作ってくるで

732 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/26(土) 11:40:58.67 0
>>730
昔森川と三木がやってたBL裏話ってシリーズで
アフレコの話たくさんあったけど面白かったで
1つのマイクで向かい合わせで濡れ場シーンやったとか
普段はスタッフに背中向けて収録するのに濡れ場は顔見せながらやったとか

733 :名無し草 (ワッチョイ 8236-tcWT):2016/03/26(土) 11:42:01.95 0
>>725
鳥海多様やな

734 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 11:42:30.14 a
こういうの受けは好みのAV女優とか攻めは本人の普段のセクロスとか反映されるんかな思ったけど
女声優の喘ぎもリアリティ0やし関係ないやろな

735 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 11:42:53.46 0
段取り…って気になる
はい次こうしてや!ここつかまるんや!とか言うてくるんか?
それともセッティングに段取りなんか?
頭の中不埒な事でいっぱいや

736 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 11:43:51.87 a
>>735
指示厨攻め子安浮かんで草
めっちゃ段取り指示してきそうや

737 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/26(土) 11:44:31.88 0
わいも段取り系って分からんな
90年代からBLCD聴いてるけど

738 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 11:44:53.28 a
このコピペのもっとカオスなん見た覚えあるんやけどな
超音波系とかあった様な

739 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/26(土) 11:46:36.17 0
>>738
超音波系あるで福山や
フィニッシュに向かってどんどん声が高くなっていくさまがな
わいは笑いながら聞いとるは

740 :名無し草 (ワッチョイ 3849-vHhq):2016/03/26(土) 11:46:53.96 0
>>736
指示厨草

説明系は漫画でもワロてまうねん
「お前の○○がXXXらしく包み込んで〜〜してるぞ!」とかめっちゃ余裕あるやん
受けも「△△の@@した++がびくびくしてるよぉ!」て説明乙やでって思ってまうねん

741 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 11:47:41.32 0
>>736
謎やねん
つかわいはよランチパック作らなあかんのに気になってしゃあない
せっせに至るまでの段取りやろかね
わいちょっと作ってくるでホンマやで!

742 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 11:49:24.31 a
>>740
解説聞いてる気分になるやつやな
ここでもミン攻めやったら解説しそうって話出て草やった思い出

743 :名無し草 (スプー Sd24-HJAy):2016/03/26(土) 11:50:56.24 d
>>725
あかんひとつもわからん草

744 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 11:51:42.19 0
あとフンフン系の攻めとは何か教えてやで

745 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 11:52:58.06 a
>>739
ほんまやあったは草
気になるでピィィィ!て鳴くん想像してまうは

746 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/26(土) 11:53:16.00 0
でもこのまとめ今はBLNGな人も多いからちょっと古いかもな
神谷もシリーズ以外はもう受けないんよな

747 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/26(土) 11:55:15.23 0
ちなみにわいが朝聴いてたのは三木攻め神谷受けのやつや
神谷は事故前と事故後でちょっと喘ぎが変わったんよなー

748 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 11:55:58.34 a
若手の男声優やったらみんな出るもんなんかな

749 :名無し草 (アウアウ Sa9d-HJAy):2016/03/26(土) 11:57:02.03 a
>>742
わいここでミン受けでもそんな話した覚えあるは草

750 :名無し草 (アウアウ Sa9d-HJAy):2016/03/26(土) 11:58:35.13 a
BLCDは売れてくると出へんくなるんかな

751 :名無し草 (ワッチョイ 6422-HJAy):2016/03/26(土) 11:59:09.97 0
石田て何系なん
確かいっぱい出てたんやろ?

752 :名無し草 (ワッチョイ 8272-tcWT):2016/03/26(土) 12:00:44.07 0
BLCD聴かんけどワロタは
お仕事はやっぱり大変やな

753 :名無し草 (アウアウ Sa9d-HJAy):2016/03/26(土) 12:02:06.77 a
超音波と激痛聞いてみたいけど聞く勇気ないは

754 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 12:03:35.86 a
>>750
売れてないけど出てない人はNGなんかね

755 :名無し草 (アウアウ Sa9d-HJAy):2016/03/26(土) 12:07:05.17 a
>>754
そうかもしれへんな
女性声優もエッチなんは出ませんとかあるんかな

756 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/26(土) 12:08:59.79 0
宮野は事務所がNGやしな

757 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 12:10:58.06 a
男向けのエロアニメ見てて
悪役に若本出てくるとクソ笑た

758 :名無し草 (ブーイモ MM24-ZcPW):2016/03/26(土) 12:11:35.69 M
BLって難しそうや
ただゼエゼエ言っとればええもんやないし

759 :名無し草 (ワッチョイ f9a7-foXx):2016/03/26(土) 12:13:16.53 0
ドラマCDでさえ小っ恥ずかしくていっそ殺せって気持ちになるんにBLCDなんかまともな顔して聞ける気がせえへん

760 :名無し草 (アウアウ Sa9d-ZcPW):2016/03/26(土) 12:15:23.34 a
ナツメグ死んでもうた
わいはもう

761 :名無し草 (アウアウ Sa9d-HJAy):2016/03/26(土) 12:15:46.25 a
>>757
アナゴさんの人やっけ
エロアニメ出演可なんやな草

762 :名無し草 (アウアウ Sa9d-HJAy):2016/03/26(土) 12:18:30.47 a
お昼や
BBAちゃんまたな

763 :名無し草 (ワッチョイ 18da-vHhq):2016/03/26(土) 12:21:44.45 0
わいはマッマの作ったチャーハン食べたやで

764 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/26(土) 12:23:49.45 0
わいも今日は楽して息子に作ってもらってるは

765 :名無し草 (アウアウ Sa9d-HJAy):2016/03/26(土) 12:25:15.67 a
食べるのめんどいからコーヒー一杯でええは

766 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-ZiM/):2016/03/26(土) 12:26:07.01 0
ミスド買いに行こかな

767 :名無し草 (アウアウ Sa9d-ZcPW):2016/03/26(土) 12:36:55.79 a
>>765
空きっ腹にコーヒーは



いや、やめておこう

768 :名無し草 (ワッチョイ 5824-ZW2j):2016/03/26(土) 12:41:28.65 0
超音波が気になってぐぐってみたらBLCDの感想に「コウモリが寄ってきそうな超音波だった」て書かれてて草

769 :名無し草 (アウアウ Sa9d-ZcPW):2016/03/26(土) 12:49:32.31 a
ミン「それはおかしいよ。超音波は可聴領域よりも高い振動数をもつ弾性振動波だから聴くことなんてできないはずだよ。君は彼の声を知覚して批評した時点でそれが超音波ではないということを自ら認めてしまっているんだ」

770 :!omikuji (ササクッテロ Sp85-ZcPW):2016/03/26(土) 12:51:49.53 p
>>702
バッツ寄こせや!

771 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 13:01:16.53 0
800を恐れずに進もうやで
わいは暇やし桃ジャムのパウンドケーキ作るは

772 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 13:02:40.53 0
あっ!端切れとファスナー買うの忘れてたは
わいポーチに挑戦するねん

773 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 13:06:05.79 0
そういや
ホッチキスみたいなミシン見た事あるねんあれほしい

774 :名無し草 (アウアウ Sa9d-HJAy):2016/03/26(土) 13:09:03.11 a
>>773
家にあるけど活躍してるのを見たことないは

775 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 13:14:53.22 0
>>774
テレビ通販で見た時は出し入れの苦労なく簡単に!とか言うててん
でもその時は興味なかったからふーん…やったけど
使わんもんなん?

776 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 13:17:42.31 0
レトロなミシンってええインテリアになりそうでそういう用途でほしいは
ミシンって言えばブラザーやけどからい事故あったなからい事故やった
あれ会社が悪かったんよな

777 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 13:19:08.89 0
わいはミシンより日本語勉強すべきやな
先に端切れ買ってこ!パウンドケーキ後回しや

778 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-gW5C):2016/03/26(土) 13:19:49.43 0
ベン・アフレックの反応ほんま大草原やった

https://www.youtube.com/watch?v=cwXfv25xJUw

779 :名無し草 (ワッチョイ f993-311B):2016/03/26(土) 13:26:31.44 0
なんかもう主婦の独り言みたいなスレになってるな

780 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 13:31:00.29 a
>>779
明らかチュプ率高くなったよな

781 :名無し草 (ワッチョイ f993-311B):2016/03/26(土) 13:32:12.66 0
>>780
正直うんざりやは
進撃の話題ないんやろけどここで語らずともええやんと思うは

782 :名無し草 (スプー Sd34-HJAy):2016/03/26(土) 13:32:20.44 d
そんな中輝く喪のわい

783 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 13:34:15.99 a
>>781
まあ雑談スレやしなあ
わいこないだおめー小姑かよみたいな煽りされて鬼女力高いな思ったは

784 :名無し草 (スプー Sd34-HJAy):2016/03/26(土) 13:35:56.41 d
おってもええけど説教してくるチュプはいらんは

785 :名無し草 (ワッチョイ f993-311B):2016/03/26(土) 13:36:13.60 0
雑談スレやけど日記みたくなってるしな

786 :名無し草 (スプー Sd34-HJAy):2016/03/26(土) 13:38:07.63 d
まあここはTwitterやからな

787 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 13:39:13.64 a
>>784
そう説教とか沸点低くてネチネチ愚痴言うチュプが目に付くようになったは

788 :名無し草 (ワッチョイ db2b-tcWT):2016/03/26(土) 13:39:26.08 0
>>769
エスパー魔美の高畑くんみたいや

789 :名無し草 (スプー Sd34-HJAy):2016/03/26(土) 13:40:18.88 d
でもわいはここがすき!!!

790 :名無し草 (ワッチョイ f993-311B):2016/03/26(土) 13:42:20.12 0
連投しまくりの人はツイのが向いてると思うで

791 :名無し草 (ワッチョイ 6422-HJAy):2016/03/26(土) 13:43:13.98 0
トレンドの「核実験受け」で腐もとうとうそっち方面の妄想へ進撃したんかと思ったら普通のニュースやった

792 :名無し草 (アウアウ Sa9d-ZcPW):2016/03/26(土) 13:44:34.58 a
ここをわいのツイとする!(ドンッ)
Ην γπακ ιο τακ ποωατοκα!!!!!!!!!!

793 :名無し草 (ワッチョイ 3efc-vHhq):2016/03/26(土) 13:48:49.58 0
>>789
わいも
見たくないものは見ないですむようになったし1守らんやつ激減したから居心地ええは
はよバレの話したいよバボアアアア

794 :名無し草 (ワッチョイ bb51-7yVq):2016/03/26(土) 13:49:20.20 0
わいこないだUSJ行ったで
進撃エリアは他にも連れがおったで行けへんだけど
近くの販売ブースでお掃除リリのボールペン値段見やんと
買ったら1200円でびっくりしたは
売り子の兄ちゃんにとってもカッコいいの選ばれましたね!てでっかい声で言われて
BBAのわい恥ずかしかったで…

795 :名無し草 (アウアウ Sa9d-HJAy):2016/03/26(土) 13:50:59.84 a
>>770
ほんまあげたいで!

セフィロスもライトニングさんもこんしどうなってんねん!

796 :名無し草 (ワッチョイ 329b-vHhq):2016/03/26(土) 13:53:20.63 0
レーダーBBAおるやろか
進撃キャラをリーダー設定にして山手線か小田急線あたりででレーダーのサーチをポチポチしてたらBBAとすれ違わへんかな///

797 :名無し草 (スプー Sd34-HJAy):2016/03/26(土) 14:17:02.06 d
頭空っぽでぼーっとしてたら無意識におっぱいって口走って我に返ったは
わいは何を言うてるんや…

798 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 14:30:36.80 0
ただいま
連投とかも嫌ならコテNGしたら建設的やと思うんやけど
名無し草 (ワッチョイ f993-311B)BBAさんはこのスレで急に出てきたけど自分から何か雑談や進撃話するでもなく他のBBAの話へのレスもないやん
でいきなりそれ?

799 :名無し草 (ワッチョイ 18da-vHhq):2016/03/26(土) 14:35:44.47 0
人が少なくなったから話題が変わりにくいねん

800 :!omikuji (ササクッテロ Sp85-ZcPW):2016/03/26(土) 14:48:34.70 p
>>795
わいはティナたそとバッツが欲しいだけやねん…どっちも来ないねん…

801 :名無し草 (ブーイモ MM24-ZcPW):2016/03/26(土) 14:57:37.67 M
わいは御朱印袋作るため布買いに来たで
女子力高いはーダハハハ

802 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 15:02:50.91 a
最高の昼寝日和や

803 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 15:04:29.71 a
ツイで連投とかうざがられるだけやで
せやからこっちで気ままに連投しとるねん
おならプップッとかうんことか気軽にかきたいねん

804 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 15:05:44.94 a
くだらないこと連投するとそこでストレス抜けるで他カプやら地雷やらにイライラもせんし荒らしすらスルーできるねん

805 :名無し草 (ワッチョイ 8272-HJAy):2016/03/26(土) 15:06:53.08 0
うんこの話だけは許してくれや

806 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 15:11:24.47 a
うんこの話は許す

807 :名無し草 (ササクッテロ Sp85-ZcPW):2016/03/26(土) 15:12:57.79 p
>>800
ティナたそ金玉で唯一きたけど
あんま使えへんみたいやな
クラウドとかライトニングさん欲しかったは

808 :名無し草 (アウアウ Saa1-lMVm):2016/03/26(土) 15:14:10.09 a
連投とか独り言が気になるならワッチョイなんかしなきゃよかったんちゃうん
雑談でも半コテ化ってやりづらいはって人おるんやろし
レスの内容になんか言うなら今よりももっとレスしづらくなってますます過疎るで

809 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 15:15:27.69 a
次スレて800やったっけ

810 :名無し草 (ワッチョイ 6422-HJAy):2016/03/26(土) 15:16:40.14 0
BBAたちが卒業して一人でも真人間に戻れたならそれはええことや

811 :名無し草 (ワッチョイ 408a-ZcPW):2016/03/26(土) 15:18:09.42 0
みんなおーぷんにおんねん
最近こっちより進み早いで

812 :名無し草 (ワッチョイ 582b-0hJO):2016/03/26(土) 15:20:43.88 0
おーぷんてなんや

813 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 15:22:05.28 a
おーぷんいったら卒業ならへんやんけ!

814 :名無し草 (ワッチョイ 8272-HJAy):2016/03/26(土) 15:22:49.11 0
おーぷんがわからんわいここに骨を埋めることを決意

815 :名無し草 (ワッチョイ 18da-vHhq):2016/03/26(土) 15:23:24.67 0
おーぷん分からんって相当新規やないの

816 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 15:23:34.80 a
>>800
埋まる前に次スレよろやで

817 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 15:24:05.28 a
>>814
骨は拾ったるで
恥骨だけおーぷん持って行ったるは

818 :名無し草 (ササクッテロ Sp85-ZcPW):2016/03/26(土) 15:34:37.17 p
おーぷん分かるけど
2やないから行かない

819 :名無し草 (ワッチョイ 6422-HJAy):2016/03/26(土) 15:35:02.77 0
分からんときはグクル先生に聞いてみたらええねん

820 :名無し草 (ササクッテロ Sp85-ZcPW):2016/03/26(土) 15:36:11.01 p
お腹空いたけど
頭痛いから動きたくないは
誰か作ってベットまで持ってきてくり

821 :名無し草 (ワッチョイ 8272-HJAy):2016/03/26(土) 15:38:34.28 0
>>817
やめて!!!頭蓋骨あげるから!!

822 :名無し草 (ワッチョイ 8272-HJAy):2016/03/26(土) 15:39:06.03 0
>>820
かんばってお湯作ったで!!!

823 :名無し草 (ワッチョイ 18da-vHhq):2016/03/26(土) 15:41:18.08 0
わいも貧血酷いから代わりにわんの散歩行ってきてほしいは
わいが倒れたらあいつわいのこと見捨てて自由を謳歌しそうやねん
ビニール袋あげるからうんこも拾ってや

824 :名無し草 (ワッチョイ 582b-0hJO):2016/03/26(土) 15:41:28.61 0
ケインすると仕事やめられるって思うBBAおるようやけど
相手によるんやで 

825 :名無し草 (ワッチョイ 8272-HJAy):2016/03/26(土) 15:44:35.32 0
そんなんわかっとるから石油王がええねん

826 :名無し草 (ワッチョイ 409f-HJAy):2016/03/26(土) 15:46:47.55 0
石油王にも女性選ぶ権利あるねんで

827 :名無し草 (ワッチョイ 8272-HJAy):2016/03/26(土) 15:48:39.67 0
83人目でええから!!!!!

828 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 15:59:34.61 0
>>824
わいの会社みんな子供産んだら戻ってきとるは
現実はあまないんやな

829 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 16:02:58.22 0
瞬間的に創作意欲湧くけどすぐ無くなるねん
書きかけの仕上げて支部デビューしたいねんねん

830 :名無し草 (スプー Sd24-HJAy):2016/03/26(土) 16:03:56.92 d
ババア教えて
今やっとるスーパーマンのやつは腐的におもろいなん?

831 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 16:22:37.92 a
クラウドもスキル上げして回転の速いパーチー組めへんと使えへんで
セフィロスとライトニング欲しいねん

832 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 16:24:14.54 0
手芸屋行ったらいろんなグッズあったは
あんだけあったら今はなんでも作れるは

833 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 16:27:18.65 a
>>800
スレよろ

834 :名無し草 (ワッチョイ 8217-gW5C):2016/03/26(土) 16:29:17.49 0
男性向けエロゲーは別名で参加してる
有名声優(男女ともに)多いで
アナゴさんもエロゲ用別名持ってるけど
バレバレやねん

835 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 16:36:13.84 0
ササクッテロ逃げたんか?

836 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 16:38:34.05 ID:FExV4CP7a
ストレス発散にカラオケしてるけど発散にならんでぐぬぬや
次スレわい行ってみる?
ここ立てたから無理かもやから待機よろ
出先でWi-Fi切れてるから行けるかもやけど

837 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 16:42:17.21 ID:FExV4CP7a
ひゃだわいIDの最初がFで良かったで///

【腐女子カプ厨】巨雑6430【なんでもあり】 [無断転載禁止]©2ch.net
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1458978092/

838 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 16:44:40.50 0
>>837
セックスBBA乙やで

839 :名無し草 (ワッチョイ 8272-HJAy):2016/03/26(土) 16:47:56.83 0
>>837
ありがとうやで♡♡♡

840 :名無し草 (ワッチョイ bb51-7yVq):2016/03/26(土) 17:12:19.27 0
>>837
乙ババ

841 :名無し草 (ワッチョイ 7eda-HJAy):2016/03/26(土) 17:24:15.83 0
>>837
おつんぽソイヤ
>>829
シリーズものにしてぶった切ってええからはようpってや!
BBAが来る日を待ちくたびれたで

842 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 17:33:30.17 0
ただいまん
はなまるぴっぴってちゃんと聞くとかわええノリのええ曲やな
暗殺教室と火星ダッシュ村見に行ったBBAおる?
わい暗殺教室よりダッシュ村に惹かれるは

843 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 17:36:40.93 0
あと友達がスパマンとバトマンの見た言うてたけどおもろかった言うてたで
ここのレビューやと微妙みたいやけど迷うな

844 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/26(土) 17:51:31.72 0
>>834
本名で参加してる緑川光てすごいと思うは

845 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 17:51:43.49 0
>>843
ホモ的には微妙らしいは

846 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/26(土) 17:52:01.64 0
>>837
乙やで

847 :名無し草 (ワッチョイ bbae-qodn):2016/03/26(土) 17:52:13.22 0
>>837
おつや!

クリミナルマインドのモーガン降板でワイはショックで灰のようや…

848 :名無し草 (ワッチョイ 041e-tcWT):2016/03/26(土) 17:53:45.64 0
>>837
おつんぽぽ

849 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/26(土) 17:57:17.14 0
わいもおーぷん行くは

850 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 17:59:50.86 0
>>845
あなる*友達はなかなか暗めでそれも良かったって言ってたは
ネタバレは勿論してないけどな

上にあったけど手芸屋行ったBBA作品up待ってるで

851 :名無し草 (ワッチョイ d1da-vHhq):2016/03/26(土) 18:14:40.80 0
ただいまやでミスドの100円ドーナツうまいは

852 :名無し草 (ワッチョイ 409f-HJAy):2016/03/26(土) 18:16:36.86 0
>>851
4月からなくなるんやっけ

853 :名無し草 (ワッチョイ 6422-HJAy):2016/03/26(土) 18:28:12.15 0
実際は一部店舗だけとかここで見たで

観葉植物用の土まだ残ってたの忘れて新しいの買ってきてもうた
もうわいんちジャングルにするしかない

854 :名無し草 (ワッチョイ a1ff-HJAy):2016/03/26(土) 18:33:18.69 0
mateの更新来たけど相変わらずdat落ち多いんやけど何を更新したねん

855 :名無し草 (ワッチョイ 6422-HJAy):2016/03/26(土) 18:34:22.20 0
dat落ちは鯖側の問題ちゃうか
マスチフだけやろ

856 :名無し草 (ワッチョイ 044c-ZcPW):2016/03/26(土) 18:44:32.90 0
http://i.imgur.com/Kdsaut4.jpg
札幌巨人展のワークショップおもしろそうや

857 :名無し草 (ワッチョイ d1da-vHhq):2016/03/26(土) 18:50:43.03 0
>>856
ええなこれ

858 :名無し草 (ワッチョイ 409f-HJAy):2016/03/26(土) 18:53:17.97 0
>>856
長瀬の木の板はなんや?

859 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 18:58:02.73 0
自分で作る進撃グッズめっちゃええやん!って思ったけどこれ器用BBAやないと出来上がりがこわいな
長瀬のは最初まな板に見えたけどまさかやしブックスタンドやろか?にしては分厚いな

860 :名無し草 (ワッチョイ 3257-TwnX):2016/03/26(土) 18:58:33.76 0
>>858
まな板ちゃうけ?

このミカマフの色合いええなー
現物はまたわからんけど

861 :名無し草 (ワッチョイ 044c-vHhq):2016/03/26(土) 18:59:26.65 0
>>858
上に穴あいてるし絵馬みたいな何かやろか?

862 :名無し草 (ワッチョイ 3257-TwnX):2016/03/26(土) 19:01:42.48 0
クローゼットとかにかけてええ匂いさせるやつ

863 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 19:07:16.97 0
>>856
このリリとミカちゃんの絵どこのや?

864 :名無し草 (ワッチョイ f15f-tcWT):2016/03/26(土) 19:17:38.09 0
ただいま
札幌見事にリジミグッズしかないねんな草

865 :名無し草 (ワッチョイ 044c-ZcPW):2016/03/26(土) 19:20:35.81 0
http://i.imgur.com/sap1yS8.jpg
巨中表紙もきたは
前にここのババアが言うてたけど中川はアニちゃんに弓クリ絡めるようになってきたな

866 :名無し草 (ワッチョイ 6422-HJAy):2016/03/26(土) 19:22:59.90 0
>>865
でこがヤバい…

867 :名無し草 (ワッチョイ 7ef2-CLia):2016/03/26(土) 19:24:15.70 0
>>865
自分で凸広すぎと思わんのやろか

868 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-gW5C):2016/03/26(土) 19:25:01.77 0
>>843
予備知識がないとちょっと難しいかもしれへんけど噂とレビューほど悪くないと思うは
かっこいいバットマンすこならやめたほうがええやけど

>>845
殺し愛は腐に受けそうやんにな

869 :名無し草 (ワッチョイ f9a7-foXx):2016/03/26(土) 19:25:03.22 0
中川絵劣化いうか癖つよなってきてへん?大丈夫?

870 :名無し草 (ワッチョイ 3257-TwnX):2016/03/26(土) 19:25:10.95 0
>>865
ちょぉおおこれアニちゃんが一番やばくないけ
ミン以外みんなハゲやんけどないなっとんねん

871 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 19:32:40.09 a
>>865
巨頭症やん

872 :名無し草 (スプー Sd34-HJAy):2016/03/26(土) 19:32:43.06 d
ちゅうか中川ほんま…全く上達せえへんな…

873 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 19:34:33.83 0
>>872
むしろ癖出て劣化…ゴホンゴホン

874 :名無し草 (ササクッテロ Sp85-ZcPW):2016/03/26(土) 19:36:53.06 p
800踏んでたの気付いてなかったはごめんやで

875 :名無し草 (ワッチョイ db2b-Q5Yb):2016/03/26(土) 19:42:14.13 0
>>865
ユミクリがまだデフォルメの範疇に留まってるけどアニちゃんがやばいな…

876 :名無し草 (ワッチョイ 409f-HJAy):2016/03/26(土) 19:44:44.76 0
ハゲ散らかしてるやん
巨中絵

877 :名無し草 (ワッチョイ f9a7-foXx):2016/03/26(土) 19:53:12.07 0
あかんでぇ
http://i.imgur.com/oZ0r4YW.jpg
http://i.imgur.com/jGfohrN.jpg
http://i.imgur.com/d4bsWAi.jpg

878 :名無し草 (ワッチョイ a1ff-HJAy):2016/03/26(土) 19:53:38.09 0
>>865
弓クリ初表紙よな

879 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 19:55:36.27 a
>>877
あっ

880 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 20:04:39.68 a
>>837
おちゅやで!

881 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 20:05:40.95 a
>>865
クリちゃんの内股やりすぎやで!
もっと謙虚や

882 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 20:07:26.22 0
なんでスーパーマンは悪いことしとるんや?

883 :名無し草 (ワッチョイ 7ef2-CLia):2016/03/26(土) 20:16:53.30 0
バットマンてええことしてる人なん?悪役なん?

884 :名無し草 (ワッチョイ f15f-tcWT):2016/03/26(土) 20:22:32.29 0
>>865
うわほんま禿げ散らかしとるやん
女の子描くのほんまあかんな
リリルルは比較的安定しててジョンは最近めっちゃ馬くなっとるけど

885 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 20:24:24.48 a
>>865
なんやこれ酷いは

886 :名無し草 (アウアウ Sa9d-HJAy):2016/03/26(土) 20:25:43.05 a
ゆみうは真ん中分けで描けるのになぜジェルは

887 :名無し草 (ワッチョイ 3257-TwnX):2016/03/26(土) 20:28:46.42 0
今日の世界ふしぎ発見台湾なんやな
B級グルメ出るらしいし見よかな
ここの台湾帰りババアのおかげで興味出てきたで

888 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 20:28:50.49 0
>>883
私財でヒーローやってる良い人

889 :名無し草 (ワッチョイ e11e-fcGn):2016/03/26(土) 20:29:11.22 0
こんばん〜
制服とど☆いた
かわええ〜

890 :名無し草 (ワッチョイ f15f-tcWT):2016/03/26(土) 20:31:41.99 0
>>886
腰ちゃんも斜め分けやったな
センター分けなのを知らないわけじゃないんよな…?

891 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 20:34:37.16 a
>>890
15歳やからヘアセットできないねん

892 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 20:35:04.95 a
まちがえた
12〜3歳やからヘアセットできないねん

893 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/26(土) 20:35:12.38 0
>>887
わいのことかな
世界ふしぎ発見何年も見てへんけどわいも見よかな
今のうちに風呂入っとこ

894 :名無し草 (ワッチョイ 041e-vHhq):2016/03/26(土) 20:35:29.97 0
>>865
工エエェェ(´д`)ェェエエ工

この顔文字を数年ぶりに使いたくなった絵やな
まるで上達していない…

895 :名無し草 (ワッチョイ f15f-tcWT):2016/03/26(土) 20:35:42.89 0
ジェルセットしてたん;;

896 :名無し草 (ワッチョイ e11e-fcGn):2016/03/26(土) 20:37:01.47 0
ジェルの誕生日ここで祝いたいけど丁度ここには来れん日やな
ていうかキャラの誕生日祝うって何すればええねん
わいやったことないで
いつも通り愛するだけじゃダメなん
ええやろ🗿

897 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/26(土) 20:38:25.63 0
わいの嫁次の誕生日まで生きてるか危うい

898 :名無し草 (ワッチョイ 3257-TwnX):2016/03/26(土) 20:38:27.20 0
>>893
見出しに水辺のホテルてなっててリゾートホテル好きのわいはこれも楽しみやねん

899 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/26(土) 20:39:41.60 0
>>898
水辺のホテルて台湾?どこやろ
わいはキティちゃんスイートに泊まったで!
もう何から何までキティちゃんでキティラーは一生に一度は泊まるべきや

900 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 20:39:55.08 0
>>896
グッズで祭壇作って痛ケーキ買ってくるんや

901 :名無し草 (アウアウ Sa9d-HJAy):2016/03/26(土) 20:41:37.54 a
>>896
呪文唱えたりいろいろあるやろ

902 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 20:42:34.32 a
>>897
癌BBA?

903 :名無し草 (ワッチョイ 409f-HJAy):2016/03/26(土) 20:43:08.13 0
>>902
よく読もう

904 :名無し草 (ワッチョイ 7ef2-CLia):2016/03/26(土) 20:44:20.86 0
>>888
ほーボランティアマンなんや
なんかコスチュームが悪者っぽいから勘違いしとったは

905 :名無し草 (ワッチョイ e11e-fcGn):2016/03/26(土) 20:44:20.95 0
>>900
ええーそりゃ恥ずかしくてできんは
一人暮らしやったらできたんかな
やっぱり愛💋💕を送るだけにしとくは

906 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 20:44:21.05 a
>>903
ちょっと埋まってくるは

907 :名無し草 (ワッチョイ 3257-TwnX):2016/03/26(土) 20:44:54.26 0
>>899
せや台湾やで
ふしぎ発見の見出しや

908 :名無し草 (ワッチョイ 409f-HJAy):2016/03/26(土) 20:45:28.06 0
>>906
深夜わいが掘り起こすな

909 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-gW5C):2016/03/26(土) 20:45:51.45 0
そもそもアメコミのスーパーヒーロー達は大体ボランティアやは

910 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 20:46:46.29 0
>>904
しかもめちゃ金持ちやで

911 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 20:48:00.03 a
昔の画像漁ってみたけど一部のキャラに関しては連載当初の方がええな
カリアゲsは上でも言われてる通り原作に寄せてきた感あるけど女の子とジェルはほんまどないなっとんねん
http://i.imgur.com/2p0UMp2.png
http://i.imgur.com/DIBK1r4.jpg

912 :名無し草 (ワッチョイ 7ef2-CLia):2016/03/26(土) 20:48:09.39 0
>>910
スパダリやん!
顔もイケメンなんか?

913 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 20:49:44.97 0
>>912
イケメンやで
表の顔はぼんぼんのプレイボーイやねん

914 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 20:50:12.51 a
>>911
このリリルルジョンちょっと好きや

915 :名無し草 (ワッチョイ 409f-HJAy):2016/03/26(土) 20:50:20.09 0
>>911
ミカちゃんの等身どないなっとるねん

916 :名無し草 (ワッチョイ 044c-ZcPW):2016/03/26(土) 20:51:18.32 0
>>911
ハゲ散らかす要素は最初からあったんやな

917 :名無し草 (ワッチョイ 7ef2-CLia):2016/03/26(土) 20:51:18.57 0
>>913
ふぁーーめっちゃスパダリ

918 :名無し草 (ワッチョイ f15f-tcWT):2016/03/26(土) 20:51:56.26 0
>>916
今よりは毛根しっかりしてそうや

919 :名無し草 (ワッチョイ db2b-vHhq):2016/03/26(土) 20:51:58.78 0
>>911
この腰ちゃんめちゃくちゃ美少年
ハンちゃんとミカちゃんはげすぎてからい

920 :名無し草 (ワッチョイ f15f-tcWT):2016/03/26(土) 20:52:48.16 0
>>919
(腰ちゃんどこやろと探してもうたわい)

921 :名無し草 (ワッチョイ 409f-HJAy):2016/03/26(土) 20:53:23.63 0
>>920
(わいもや)

922 :名無し草 (ワッチョイ 05da-HJAy):2016/03/26(土) 20:53:47.72 0
>>911
腰ちゃんおらんくない?

923 :名無し草 (ワッチョイ db2b-vHhq):2016/03/26(土) 20:53:48.06 0
>>920
ゴリちゃんの横におるんが腰ちゃんや!!!
この先入観がなかったらたぶん見つからんかったは

924 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 20:53:56.69 a
>>908
あかん!あかんで!

925 :名無し草 (ワッチョイ f15f-tcWT):2016/03/26(土) 20:54:33.64 0
>>922
せやんな?
>>923
わいには…わいにはモブがいるようにしか…

926 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 20:55:03.15 0
竹取物語やってたやを
わいの靖子たん

927 :名無し草 (ワッチョイ 3c87-tcWT):2016/03/26(土) 20:56:10.04 0
>>923
ゴリちゃんどこや?

928 :名無し草 (アウアウ Sa9d-HJAy):2016/03/26(土) 20:56:54.36 a
>>927
背中が男らしいやつや

929 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 20:57:09.14 a
>>927
ミカちゃんの左やないか?

930 : 【年収 5115 万】 (スプッ Sd24-HJAy):2016/03/26(土) 20:58:38.33 d
>>911
この絵初めて見た
コミックス入っとるっけ

931 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 20:58:43.86 a
>>929
それジョンや…
BBAハンちゃんなん?

932 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 20:59:02.06 0
ちはやガラガラ言うとる記事でまた進撃バカにされとるやん
邦画コケるたびに進撃の名前出るんか

933 :名無し草 (ワッチョイ 041e-tcWT):2016/03/26(土) 20:59:06.61 0
>>877
あかん

934 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 20:59:09.47 a
>>930
確か2巻や

935 :名無し草 (ワッチョイ 3c87-tcWT):2016/03/26(土) 20:59:27.02 0
>>928>>929
ゴリちゃん二人おるやん!
腰ちゃんらしきものも挟まれてゴリちゃんぽい何かになってまう

936 :名無し草 (ワッチョイ bb1e-tcWT):2016/03/26(土) 20:59:52.40 0
>>923
わいには腰ちゃんすぐ見つけられたで
いつもの中川のよりは似てるは
ゴリちゃんのがわからなかったは
ジョンと間違えたねん

937 : 【年収 5115 万】 (スプッ Sd24-HJAy):2016/03/26(土) 21:00:32.88 d
>>934
ふぁ3巻くらいまで持ってるはずやのに
いかにちゃんと読んでないか明らかになったは…
とんやで

938 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 21:01:36.27 a
腰ちゃんが隣におるとゴリちゃんなのかジョンなのかもあやふやや
そもそもその腰ちゃん自身の存在があやふやすぎて両隣の存在もあやふやや

939 :名無し草 (ワッチョイ bb1e-tcWT):2016/03/26(土) 21:01:49.87 0
あっでもこのゴリちゃんライラー(大)や
これゴリちゃんやは
この辺の描き分けはしてるん…
中川謎やは

940 :名無し草 (ワッチョイ f15f-tcWT):2016/03/26(土) 21:06:48.56 0
分け目が逆とかはもうどうでもええから育毛だけはしてほしいやんな

941 :名無し草 (ワッチョイ 18da-vHhq):2016/03/26(土) 21:08:04.39 0
イサヤマンモデルに描いてるんちゃう

942 :名無し草 (ワッチョイ 33bb-ZcPW):2016/03/26(土) 21:08:21.70 0
みんなお待たせ!わいやで!
今日も勉強しとるよ!
芋はまだストックあるから今日は焼かへんで

943 :名無し草 (ワッチョイ 7ef2-CLia):2016/03/26(土) 21:08:42.89 0
ちはやとかめっちゃ実写化しやすそうや思ったけどガラガラなん?

944 :名無し草 (ワッチョイ 409f-HJAy):2016/03/26(土) 21:10:59.85 0
かにかま食べたい

945 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 21:12:12.32 0
>>943
原作売れとるからいける!思ってたらなんか期待はずれ

946 :名無し草 (ワッチョイ f15f-tcWT):2016/03/26(土) 21:14:15.32 0
>>942
どんだけ芋食うねん…

947 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 21:19:21.98 0
>>942
お疲れ様いつも頑張ってるな

漫画の実写化は意見別れるやろな
人気あるとそれだけ原作に思い入れあるやろからイメージ崩れるのが嫌で見に行かんって人も多そうやし
わいが進撃行かんやったのもそれやけど
るろ剣は原作を知らなかったから行けた部分があるは
んで知らんから楽しめた

948 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 21:20:58.36 0
原作は原作
映画は映画別物で楽しんでる人もおったし結局何が原因かわからんけどな

949 :名無し草 (ワッチョイ f15f-tcWT):2016/03/26(土) 21:22:21.22 0
けど進撃知らんかったらあの映画楽しめたんかな…?

950 :名無し草 (ワッチョイ 3257-TwnX):2016/03/26(土) 21:22:46.75 0
今井翼ていつからあんなんなんや…
フラメンコ踊ってた時はかっこえかったんに

台湾とてつもなくおにちくな飯テロや

951 :名無し草 (ワッチョイ 7ef2-CLia):2016/03/26(土) 21:23:04.40 0
最近アニメ以外の邦画とかドラマ全然流行らんな

952 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 21:24:23.96 0
>>949
そう言われたらせやな
おんもの原作知らん人はどう思ったんやろか

953 :名無し草 (ワッチョイ 7ef2-CLia):2016/03/26(土) 21:25:05.20 0
>>950
タキツバ前不仲やったが今は和解したって聞いたけどどないしたん

954 :名無し草 (ワッチョイ f15f-tcWT):2016/03/26(土) 21:25:20.54 0
>>952
わいやったらそもそも見に行かんかも
なんやかんやあの巨人怖かったし

955 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 21:26:47.23 0
>>954
しぶしぶ孫にねだられて連れてく羽目になったじっじとかくらいか草

956 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 21:28:02.84 0
結局原作のネタバレが隠されてます…は何やったんやろ
見てないけど見た人にはわかるんよな

957 :名無し草 (ワッチョイ f15f-tcWT):2016/03/26(土) 21:28:18.15 0
>>955
じっじ心臓に悪いでやめたげてや草

958 :名無し草 (ワッチョイ 3257-TwnX):2016/03/26(土) 21:28:34.43 0
>>953
いやー普通に着物着て出てるだけやねんけどな
前からやけどかなりムチってて加齢臭みがあるねん
一瞬誰かわからんくて新進の落語家かと思たで

全然幸せそうやし楽しそうやねんけどな

959 :名無し草 (ワイモマー MMa1-tcWT):2016/03/26(土) 21:28:43.93 M
映画別物として観てもB級映画やん
普通の大作映画みたいな宣伝方法したんと製作陣のコメントが微妙やったせいで余計あれたは

誇大広告あかん

960 :名無し草 (ワッチョイ 7ef2-CLia):2016/03/26(土) 21:31:31.84 0
>>958
確かに歳とってから太るとほんまアカンよな
剛も痩せたらええのに

961 :名無し草 (ワッチョイ f15f-tcWT):2016/03/26(土) 21:33:08.48 0
>>956
わい前後編見たけどさっぱりやで
ジェルに兄がいるとか鎧が超大型の口の中に入って爆発とかそこらへんやろか

962 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-HJAy):2016/03/26(土) 21:34:31.42 0
>>942
もうその芋腐ってへんか?
1度に焼きすぎちゃう?

963 :名無し草 (ワッチョイ 33a2-HJAy):2016/03/26(土) 21:37:08.56 0
>>956
まさかジョン…

964 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 21:37:11.18 0
もう加齢な年なんに絶頂期の美貌期待されるのもからいな

965 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 21:39:12.44 0
>>961
ジェルに兄はさすがにないよな?グリ猿は兄弟かも?しれんけど
鎧が爆発もネタバレではないような…わいにはわからん
>>963
えっ何かあったっけ
実写興味なかったからコテなしの時からあんまり頭に入ってないねん

966 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 21:40:42.89 0
わいは爆発が起きてハンちゃんが瓦礫から出てきたってのは覚えてるで
せやからそれがネタバレならええのや

967 :名無し草 (ワッチョイ 3257-TwnX):2016/03/26(土) 21:42:20.38 0
>>964
せやな…
もうアイドル枠から降りて何年にもなるんよな多分
ファンやないからタキツバの時点で時が止まってたは
フラメンコでももう10年近く前になるんかなあ

968 :名無し草 (ワッチョイ 8217-gW5C):2016/03/26(土) 21:43:14.03 0
>>965
何の感慨も前フリもなく一瞬で死んだジョンのことやろ
わいもあまりのつまらなさに3秒ほど意識飛んでる間に
ジョン死んでもうて気がつけば居なくなってたは

969 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 21:43:27.55 a
>>956
故郷が現代てとこちゃう

970 :名無し草 (ワッチョイ 8217-gW5C):2016/03/26(土) 21:44:58.24 0
>>966
それはネタバレちゅうかイサヤマンが逆輸入しそうな気がするで

971 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 21:50:49.33 0
ジョンに何があったか調べてきたら…あかんこれネタバレとか絶対いやや
他の部分もミカちゃんを変なキャラ(わい個人評)にしくさってホンマ
ミカちゃんあんな子やないで!!

972 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/26(土) 21:53:51.46 0
タキツバて歌もダンスも翼のほうが上手かった気がするけど
人気の格差がひどくて可哀想やったで
ヒット曲はあったんやろか

973 :名無し草 (アウアウ Sa9d-CLia):2016/03/26(土) 21:55:13.53 a
>>972
言うて今はタッキーも全然見んは
芸能界って難しいな

974 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 21:55:25.58 0
>>968
それがネタバレはやめてほしいは
ジョンが誰もが劇的に…って言ったのが浮かんだ
>>969
それかもな!コーヒーならまだしも野球で現代説濃厚になった
>>970
何でもええからそれお願いしたいで

975 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 21:57:16.91 0
でも現代から来たとして何で文明の利器使わんのやろか
置いてきてタイムスリップしてきたんか?

976 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/26(土) 21:58:48.30 0
>>973
タッキーは最近バラエティで見たような

977 :名無し草 (ワッチョイ 3257-TwnX):2016/03/26(土) 21:59:43.80 0
>>975
猿様立体機動は持って帰るとか言うてたから
ほな何か持っては来られへんのけ?てなるよなあ
あの言い方やと猿様だけは割と不自由なく行き来できそうやったんに

978 :名無し草 (アウアウ Sa9d-tcWT):2016/03/26(土) 21:59:55.23 a
故郷は現代人のきのこった人々ちゃうけ

979 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-gW5C):2016/03/26(土) 22:00:14.36 0
嵐の相葉くんの新CMやけどあの衣装アメコミのパクリちゃう?

980 :名無し草 (ワッチョイ 3257-TwnX):2016/03/26(土) 22:01:20.36 0
あっコーシーとコーシーミルだけは持って来てるんよな
樽もまだ残ってるし何か出てくるかもや

981 :名無し草 (ワッチョイ d5ae-O3dS):2016/03/26(土) 22:01:27.44 0
わい後編見とらんから結局実写のストーリー分からんは
明日レンタルしたほうがええんやろか

982 :名無し草 (ワッチョイ 3257-TwnX):2016/03/26(土) 22:02:43.96 0
あとゴリちゃん達の服とキャンプセット一式もか
結構持ってきとるな

>>981
見らんでええあんなもん

983 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 22:03:45.79 0
>>977
イサヤマンにしか真相はわからんのやけどイサヤマンが深く考えてなかった可能性もちょびっとある
あとそういう現代の武器持って来られたらひとたまりもないしな

984 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 22:05:15.67 0
もしかして現代の武器を使わんのは猿なりの武士道精神なんやろか
あるもんでやる…みたいな

985 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 22:06:07.39 0
イサヤマンここ見てるんやっけ

986 :名無し草 (ワッチョイ f993-vHhq):2016/03/26(土) 22:08:15.94 0
次回まであと2週間か
また回想やったら嫌やは

987 :名無し草 (ワッチョイ f9a7-foXx):2016/03/26(土) 22:08:50.61 0
イサヤマンが本気か冗談か別として実写主人公にしたらええやん!言うたジョンを瞬殺する監督嫌いやないで

988 :名無し草 (ワッチョイ 8217-gW5C):2016/03/26(土) 22:09:09.58 0
猿様てどうやって壁内出たり入ったりしてるん
ウド城の時とか

989 :名無し草 (ワッチョイ ed45-cJpR):2016/03/26(土) 22:13:41.12 0
腐女子ってマナー悪い

990 :名無し草 (ワッチョイ 041e-tcWT):2016/03/26(土) 22:17:49.84 0
>>988
普通に壁登ってたで

991 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 22:18:56.24 0
わからん考えてもわからんは
わいには難しい作品やは

992 :名無し草 (ワッチョイ 8217-gW5C):2016/03/26(土) 22:19:01.73 0
>>990
駐屯兵団は壁上で監視してへんの

993 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 22:20:29.23 0
なら見えない夜間とか?
今までは夜は巨人が出ないって事と夜間は遠くまで見渡せなかったからそこをついたんやろか

994 :名無し草 (ワッチョイ 408a-ZcPW):2016/03/26(土) 22:21:25.87 0
あれやない
今の世界を滅ぼそうとしとるんが初代王者でその過去を変えに来たのが猿様たちちゅうありがちなストーリー…

995 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 22:23:13.58 0
>>994
そしたらグリパがジェルに言ったミカちゃん達を救うんやはどうなるんや

996 :名無し草 (ワッチョイ 408a-ZcPW):2016/03/26(土) 22:24:51.30 0
>>995
人類を救うやないから一部だけ助けられて人類は滅ぶねん

997 :名無し草 (ワッチョイ 8217-gW5C):2016/03/26(土) 22:25:57.70 0
>>993
なるほど夜間は監視してへんのかもな
それか1巻であったように駐屯兵団も腐りきってて
監視もろくにしてへんかったかや
そういう内部事情を聞かされとった猿様は
夜間壁を登って来て出て行ったんやろか

998 :名無し草 (エーイモ SE9a-otcG):2016/03/26(土) 22:28:42.55 E
1000なら腰ちゃんわいと結婚

999 :名無し草 (ワッチョイ a1a7-tcWT):2016/03/26(土) 22:29:41.78 0
>>996
壁内初代は人類の存続をのぞまんかったんよな
もしかしたら猿は初代と縁故あるんやないか
初代王に任せて?たら人類は放っててもいずれ滅亡する思ってたら壁外からグリパ来て子を作って注射打ったから予定が狂ったいうか
それで山奥を送り込んだんちゃう

1000 :名無し草 (ワッチョイ 408a-ZcPW):2016/03/26(土) 22:29:57.72 0
>>998
腰ちゃんは守られた

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
おみくじ集計(特殊)
【男の娘】 0
【腐女子】 0
【髪】 0
【神】 1
【姫君】 0
【女神】 0
【尊師】 0

life time: 2日 13時間 32分 22秒

1002 :1002:Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/
http://pink-chan-store.myshopify.com/


439 KB
>>894
で、そのバンドはradioheadのトムやU2のボノより偉大なバンドなの?
この二人はロックシーンのカリスマ、その二人からも支持されるカート。
重箱の隅から引っ張り出してカートを叩こうとしてもカートがカリスマなのは変わらないよ。
ついでにいうならアクセルは色物だし
モトリーのメンバーがアメリカのケーブルテレビでダイヤモンドユカイ的に笑らわれてるのも事実だしな。 /test/read.cgi/nanmin/1458777455/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)